根拠に基づく化粧品成分情報で化粧品選びがますます楽しく。

化粧品成分オンライン

アクセスしていただきありがとうございます。

化粧品成分オンラインは、

  • カタカナや英数字のよくわからない成分がどういう成分なのか知っておきたい
  • 各化粧品成分にどのような効果・役割があるのかを知りたい
  • 化粧品成分によって皮膚刺激や皮膚感作(アレルギー)が起こる可能性がどれくらいあるのか調べたい

という興味、関心をもつ化粧品ユーザーのための化粧品成分情報検索サイトです。

サイト上部に検索ボックスを配置しているので、調べたい成分がある場合は成分名の一部またはすべてを入力すると候補一覧が表示されます。

また、保湿作用を有する成分など特定の効果からどんな成分があるのか調べる場合は、PCの場合は右の化粧品成分カテゴリから、モバイルの場合はページ下部の化粧品成分カテゴリから目的のカテゴリをクリックしてください。

化粧品を選ぶ上で、化粧品成分の見方がわからなかったり、化粧品の構成について基本的なことを知っておきたい方は「化粧品成分の読み方」をクリックしてお読みください。

また、化粧品成分オンラインを閲覧する上で各成分の効能効果および安全性情報の解釈は非常に重要なので、誤解を避けるためにも「化粧品成分における効能効果の解釈について」「化粧品成分の安全性の記載ポリシー」の項目にも目を通しておいてほしいです。

はじめての方へ:化粧品成分の読み方【凝縮版】

化粧品の成分表示にはルールがあり、それは以下の4つになります。

  1. すべての成分を記載する
  2. 配合量が多い順番に記載する(∗1)(∗2)
  3. 配合量が1%以下の成分は、記載順序が自由である
  4. 香料成分は複数の成分をまとめて香料と表示してもよい

∗1 着色料は配合量に関係なく末尾に記載する
∗2; 医薬部外品は配合量に関係なく強調したい有効成分を先に記載することができる

現在は化粧品において全成分の表示が義務付けられており、製品パッケージまたは製品本体に必ず全成分が記載されているため、使用者は必ず全成分情報を知ることができます(∗3)

∗3 全成分表示義務は製品に表示してあればいいので、ホームページなど販売媒体には全成分を記載していない場合があります。

成分の配合量に関しては、基本的には1%以上か1%以下かで判断しますが、1%以下の目安としては、

配合量1%以下の可能性が高い成分

植物エキス類、ヒアルロン酸Na類、コラーゲン類、防腐剤、増粘剤、酸化防止剤、キレート剤

これらの成分は1%未満でも十分な効果を発揮するものが多いため、全成分表示の中でこれらの位置が1%以下の目安となります。

また、1%以下の成分の中でも一般的には、植物エキスや有効成分など効果がイメージできるものは前に表示されやすく、防腐剤やキレート剤などイメージの悪い成分は最後のほうに表示される傾向にあります。

3分でわかる化粧品の基本構造

簡単にですが、化粧品の構造を解説しておきます。

化粧品の成分表示一覧には難しい化学的な横文字が並んでいますが、基本的には以下の図のように70%-100%を占めるベース成分を主成分とし、そこに機能性成分(美白、抗老化、抗炎症、抗酸化、細胞賦活、紫外線防御など)、感覚性成分(着色、香り、温感など)および安定化成分(防腐、pH調整、粘度調整、キレートなど)を加えることで構成されています。

化粧品の成分構造

ベース成分は水性成分、油性成分、界面活性剤、顔料・粉体のいずれかまたは複数で構成されており、基剤の役割を担います。

代表的な水性ベース成分としては、エタノール、水を逃さないように保持する多価アルコールBGグリセリンなどがあり、代表的な油性ベース成分は、炭化水素ワセリンミネラルオイル植物油脂、ロウホホバ種子油ミツロウなどがあります。

界面活性剤は、乳化または洗浄作用を有する成分であり、陰イオン界面活性剤、陽イオン界面活性剤、両性界面活性剤、非イオン界面活性剤の4種類に分類されます。

顔料・粉体は、主にメイクアップ化粧品に基本的な形や使用感などの特性をもたせるために使用されます。

これらのベース成分を基剤とした上で、機能成分で様々な効果・効能を付加し、感覚性成分で五感に訴える機能(香り、色、感触、温感など)を付加するとともに安定化成分で品質および安全性を高めています。

これらの成分の中でも機能成分は一般的に美容成分と呼ばれ、化粧品の代表的な特徴となることが多く、美白、抗老化(抗光老化、抗糖化など)、細胞賦活(ターンオーバー促進、細胞機能改善)、抗炎症など皮膚への様々な効果が期待されます。

一方で安定化成分は、防腐剤やキレート剤など安全性や品質を高めるのために配合される成分でありながら、同時に使用への不安を感じさせる成分でもあり、最も正確な情報を知ることが望まれる成分であるといえます。

また感覚性成分は、主に視覚、嗅覚、温度感覚など感覚に訴える成分を指しますが、最近の研究では香り、色、使用感などの使い心地が心理に及ぼす影響が決して少なくないことが明らかにされてきており、今後ますます重要になってくると考えられます。

化粧品成分のほとんどはこれらのどれかに属しているので、この7つの分類を意識すると理解しやすいです。

化粧品成分における効能効果の解釈について

化粧品成分オンラインでは、各成分が有する効能効果の根拠を示す目的で研究結果を著作権の範囲内でエビデンスとして利用し、可能な限り正確にユーザーに伝えることを心がけています。

ただし、閲覧・利用する上で知っておいてほしいのは、試験によって得られた効能効果はその研究条件における効能効果であり、必ずしも化粧品(製品)で同様の濃度が配合されているとは限らず、それゆえ同等の効能効果が得られるとは限らないということです。

製品においては技術の関係もあり、濃度は非公開であることが多く、十分な効能効果が得られる濃度が配合されているかどうかはメーカーの経営方針および各製品のコンセプト設計に委ねられています。

また近年は化粧品の機能性を高めることにこだわったコンセプト製品に期待が集まっていますが、薬機法によると化粧品とは、

" 「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう "

引用元:薬機法 第二条

このように定義されており、基本的には連用による緩和な作用を発揮し皮膚の健常性を維持するものであることも心に止めておいてほしいと思います。

安全性の記載ポリシー

化粧品成分オンラインでは、各成分ごとに皮膚刺激性・眼刺激性・皮膚感作性(アレルギー性)について化粧品使用者が参考にしていただけるように、公的機関が公開している安全性評価書や病院、医大研究室、化粧品原料会社の安全性試験データなどエビデンス情報をできるだけ正確にわかりやすく記載することを心がけています。

また、皮膚刺激やアレルギーのイメージが定着している成分(∗4)に関しては、そのイメージの根拠となるニュースや情報も合わせて掲載するようにし、危険性において確度の高い根拠があるかどうかを可能な限り明らかにした上で、正確な情報を記載するように心がけています。

∗4 たとえば、旧表示指定成分や合成石油成分、合成ポリマー、パラベンなどの防腐剤、界面活性剤などです。

化粧品成分の安全性情報を参考にする上で知っておいてほしいことは、食品でいうならそばや卵のように、一定数のアレルギーが報告されている成分であっても影響がでない個人にとっては安全に使用できるということです。

また、大前提として肌には個人差があり、同じ個人においても体調や精神ストレスなどにより皮膚バリア状態が変化し、皮膚状態によっては一般に安全性に問題のない成分であっても皮膚刺激やアレルギ-を引き起こす可能性があるということです。

このような背景があるため、化粧品成分オンラインで安全性に問題がないと結論づけている成分であっても、過去の皮膚疾患歴や現在の皮膚バリア機能の状態によっては皮膚刺激や接触性皮膚炎などを引き起こす可能性があることを知っておいてください。

  • 金属や食品などにアレルギーのある方
  • 皮膚炎や炎症(肌荒れ)の起こりやすい方
  • 今まで化粧品や医薬品などで肌トラブルが起こったことがある方

など、皮膚がアレルギーや刺激に弱いと感じている方は、一般的に安全性が高い成分であっても初めて塗布する製品はいきなり顔につけるのではなく、二の腕などに塗布して48時間ほど放置して皮膚に赤み、かぶれ、ほてり、発疹などの異常がないか確認してから使用することをおすすめします。

化粧品で皮膚に異常を感じた方は、その化粧品を避けるだけでも構いませんが、どの成分で刺激やアレルギーが起こったのか特定するために、皮膚科やアレルギー科、またはアレルギー専門のクリニックなどで皮膚パッチテストを行って原因を明らかにしておくと、より安全な化粧品選びが可能になると思います。

パッチテストとは、アレルギーが多い代表的な成分を染み込ませたシールを10個ほど背中に48時間ほど貼っておき、剥がしたときに赤くなっているものがアレルギー反応があるとわかるテストです。

情報の正確性にはとくに気を遣っていますが、正確性に欠けた情報があればお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。

最新情報

2021年6月13日
トコトリエノールの基本情報・配合目的・安全性
「化粧品表示名称:トコトリエノール」の基本情報(定義、トコフェロールとトコトリエノールの違い、分布、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(退色防止)、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート
2021年6月12日
トコフェロールの基本情報・配合目的・安全性
「化粧品表示名称:トコフェロール」「医薬部外品表示名称:dl-α-トコフェロール、d-δ-トコフェロール、天然ビタミンE」「医薬部外品表示名称(簡略名):トコフェロール、ビタミンE」の基本情報(定義、種類と生物活性、分布と歴史、皮膚におけるトコフェロールの機能、化粧品以外の主な用途)、化粧品としての配合目的(酸化防止)、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート
2021年6月9日
フィチン酸Naの基本情報・配合目的・安全性
「化粧品表示名称:フィチン酸Na」の基本情報(定義)、化粧品としての配合目的(金属イオン封鎖・キレート)、配合製品数および配合量範囲、安全性についての総合レポート

TOPへ