増量剤・賦形剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

増量剤・賦形剤

増量剤・賦形剤の定義

増量剤・賦形剤とは、粉末原料に添加、分散して増量し、取り扱いを容易にするため、また他の成分を希釈するために用いられる成分のことをいいます[1][2a]

増量剤・賦形剤の配合目的

たとえば錠剤や丸剤は、製造過程で有効成分量にバラツキがあることが多く、そういった場合に濃度や大きさを一定にするために賦形剤を添加し、全体量を増やし混和して均一の濃度・量・大きさにすることで有効成分量を均一にすることができます。

このように、製造過程で有効成分量および濃度を均一にしたり、有効成分だけでは分量が少なくそのままだと容量や重量が足りない場合に、有効成分に影響を与えることなく分量を増やす目的で主に錠剤やパウダー製品に用いられます[3]

また、パウダー化粧品においては着色顔料のみでは肌の色は好みどおりでかつ肌の欠点も隠れたとしても、人工的で不自然な仕上がりとなり、とても美肌とはよべない状態となり、また肌への伸びや滑り性も悪いものとなってしまうことが知られており、着色剤の色を薄め、かつ塗りやすく均一で適切な仕上がりにするために用いられます[2b]

参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「増量剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,668-669.
  2. ab柴田 雅史(2021)「無色の光の美しさと感触調整 - 体質顔料」美しさをつくる色材工学,180-199.
  3. 薬科学大辞典編集委員会(2013)「賦形剤」薬科学大辞典 第5版,1337.

増量剤・賦形剤一覧

数字(0) / A-Z(1) / α-ω(0) / ア(2) / イ(0) / ウ(0) / エ(0) / オ(0) / カ(1) / キ(0) / ク(0) / ケ(4) / コ(4) / サ(1) / シ(6) / ス(2) / セ(3) / ソ(0) / タ(3) / チ(0) / ツ(0) / テ(3) / ト(0) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(2) / ヒ(1) / フ(0) / ヘ(0) / ホ(2) / マ(3) / ミ(2) / ム(1) / メ(1) / モ(0) / ヤ(0) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(1) / リ(0) / ル(0) / レ(0) / ロ(0) / ワ(0)

化粧品表示名Nε-ラウロイル-L-リジン
配合目的潤滑性およびしっとり感向上による感触改良、増量・希釈・賦形 など
化学式Nε-ラウロイル-L-リジン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名アーモンド
配合目的研磨・スクラブ、増量 など
化学式アーモンド
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名アルモンド核仁末
配合目的研磨・スクラブ、増量 など
化学式アルモンド核仁末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
カオリン
配合目的増量・希釈、吸着、研磨・スクラブ など
化学式カオリン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ケイ酸Mg
配合目的潤滑性向上およびなめらかな感触付与による感触改良、増量・希釈・賦形 など
化学式ケイ酸Mg
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ケイ酸マグネシウム
配合目的潤滑性向上およびなめらかな感触付与による感触改良、増量・希釈・賦形 など
化学式ケイ酸マグネシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名軽質炭酸カルシウム
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式軽質炭酸カルシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名軽質炭酸マグネシウム
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式軽質炭酸マグネシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名合成金雲母
配合目的増量・希釈、光沢付与 など
化学式合成金雲母
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名合成フッ素金雲母
配合目的増量・希釈、光沢付与 など
化学式合成フッ素金雲母
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名合成フルオロフロゴパイト
配合目的増量・希釈、光沢付与 など
化学式合成フルオロフロゴパイト
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
コメヌカ
配合目的研磨・スクラブ、増量 など
化学式コメ胚芽油
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名酸化スズ
配合目的増量 など
化学式酸化スズ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ジメチルシリル化シリカ
配合目的非水系増粘、増量・希釈・賦形 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名重質炭酸カルシウム
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式重質炭酸カルシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名重質炭酸マグネシウム
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式重質炭酸マグネシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名シリカ
配合目的増量・希釈、ソフトフォーカス効果、粉体の表面改質、不透明化 など
化学式シリカ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名シリル化シリカ
配合目的非水系増粘、増量・希釈・賦形 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名シリル化処理無水ケイ酸
配合目的非水系増粘、増量・希釈・賦形 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸Mg
配合目的なめらかな感触付与による感触改良、抗ケーキング、賦形、乳化安定化 など
化学式ステアリン酸Mg
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ステアリン酸マグネシウム
配合目的なめらかな感触付与による感触改良、抗ケーキング、賦形、乳化安定化 など
化学式ステアリン酸マグネシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名セリサイト
配合目的増量・希釈、光沢付与 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名セルロース
配合目的展延性および吸油性による感触改良、賦形、乳化安定化、研磨(スクラブ) など
化学式セルロース
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名セルロース末
配合目的展延性および吸油性による感触改良、賦形、乳化安定化、研磨(スクラブ) など
化学式セルロース末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
タルク
配合目的増量・希釈、吸着 など
化学式タルク
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名炭酸Ca
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式炭酸Ca
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名炭酸Mg
配合目的増量・希釈・賦形 など
化学式炭酸Mg
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
デキストラン
配合目的保水、賦形、結合 など
化学式デキストラン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名デキストラン40
配合目的保水、賦形、結合 など
化学式デキストラン40
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
デキストリン
配合目的親水性増粘、粘着性による感触改良、結合、賦形 など
化学式デキストリン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ハイドロオキシアパタイト
配合目的増量・希釈・賦形、吸着 など
化学式ハイドロオキシアパタイト
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名麦芽糖
配合目的保水、賦形 など
化学式麦芽糖
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
ヒドロキシアパタイト
配合目的増量・希釈・賦形、吸着 など
化学式ヒドロキシアパタイト
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ポリアクリル酸アルキル
配合目的展延性および潤滑性向上による感触改良、増量・希釈、ソフトフォーカス効果、皮膜形成 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ポリメタクリル酸メチル
配合目的展延性および潤滑性向上による感触改良、増量・希釈、皮膜形成 など
化学式ポリメタクリル酸メチル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
マイカ
配合目的増量・希釈、光沢付与 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
マルトース
配合目的保水、賦形 など
化学式マルトース
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名マルトデキストリン
配合目的乳化安定化、結合、賦形 など
化学式マルトデキストリン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ミリスチン酸Mg
配合目的なめらかな感触付与による感触改良、抗ケーキング、賦形、乳化安定化 など
化学式ミリスチン酸Mg
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ミリスチン酸マグネシウム
配合目的なめらかな感触付与による感触改良、抗ケーキング、賦形、乳化安定化 など
化学式ミリスチン酸マグネシウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名無水ケイ酸
配合目的増量・希釈、ソフトフォーカス効果、粉体の表面改質、不透明化 など
化学式無水ケイ酸
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名メタクリル酸メチルクロスポリマー
配合目的潤滑性向上による感触改良、増量・希釈、ソフトフォーカス効果 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ラウロイルリシン
配合目的潤滑性およびしっとり感向上による感触改良、増量・希釈・賦形 など
化学式ラウロイルリシン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ

TOPへ