植物エキス(植物抽出物)の解説と成分一覧

植物抽出物(植物エキス)

定義

植物エキス(植物抽出物)とは、エタノールBGのいずれかもしくはそれらの混合溶媒などの水性溶媒や油脂類を溶媒(∗1)として、植物から抽出した溶液(∗2)およびその乾燥物(∗3)をいいます[1a][2]

∗1 溶媒とは、他の物質を溶かす物質の呼称であり、化学工業分野では溶剤とよばれています。

∗2 溶媒に溶かされる成分を溶質といい、溶媒と溶質を合わせて溶液といいます。

∗3 乾燥物は、有効成分の含有量が高いため、化粧品においては安全性、効能効果、コストを考慮した上で一般に溶液が用いられることが多いです。

効能効果について

植物エキスは、長い歴史の中で西洋ではメディカルハーブとして、東洋では和漢生薬として民間薬や化粧品に用いられてきた歴史があり、植物の種類、抽出部位、抽出方法などにより様々な効能効果を有していることが知られています[1b]

メディカルハーブや和漢生薬は、処方において単独だけでなく複数を組み合わせることによって、各々の効果のほかに相乗的または複合的効果を発揮するように処方されていることから、化粧品においても複数を組み合わせることによって相乗的または複合的効果を発揮するように設計された混合原料が汎用されています[3]

ただし、メディカルハーブや和漢生薬と違い、化粧品は長期間にわたり継続して皮膚に使用するものであり、連用における安全性が最優先されることから、配合される植物エキスの多くは安全性、効能効果、製造コストの兼ね合いを考慮した結果としてほとんどが1%濃度以下の配合であることが多く、成分表示欄においては順不同となっています(∗4)

∗4 一般的に化粧品に配合される植物エキスは1%未満がほとんどであり、化粧品成分表示欄に植物エキスがでてきたらそこから後は1%未満の配合量だと推測できます。一方で特定の薬用植物をコンセプトにしている製品では植物エキス濃度が1%-70%のものもあり、この場合は成分表示一覧のかなり前のほうに表示されます。

一般に化粧品は、植物エキスの配合量が1%以下であっても、単体または複数を組み合わせることで連用による緩和な作用を発揮するよう設計されていますが、一方で効果が期待できるようにプロモーションされながらも実際には効果が期待できないほど微量配合である可能性も考えられます。

使用者側では植物エキスの濃度や複数の植物エキス配合の設計意図・技術を推し量ることができないため、この不明点はそのまま使用者に対する販売メーカーのポリシーや哲学に直結し、使用者は販売メーカーのメッセージを信頼することで関係が成り立ちます。

安全性について

植物エキスは、未精製の場合は良くも悪くも100%天然成分であり、種類によってはアレルギーの原因物質を含むものもありますが、アレルギー原因物質を含む植物エキスは安全性上、製品に配合できないため、一般的に化粧品に配合される植物エキスは、アレルギーの原因物質とされる成分を除去した上で原料化・製品化されます。

もともとアレルギー体質や過敏な皮膚を有する場合または環境要因や内的要因により皮膚状態が一時的に不安定な場合は、アレルギー原因物質以外でもまれに皮膚反応を起こすことがあり、配合する植物エキスの種類が増えるほど混在成分でかぶれなどの接触皮膚炎を生じる可能性が考えられるため、この可能性には留意しておく必要があります。

4. 参考文献

  1. ab神田 吉弘(2010)「植物抽出物類」化粧品科学ガイド 第2版,272-273.
  2. 宇山 侊男, 他(2020)「植物エキス類について」化粧品成分ガイド 第7版,167.
  3. 鈴木 一成(2012)「植物抽出エキス」化粧品成分用語事典2012,219-221.

5. 植物エキス一覧

  • ア-ンの順番に並べてあります
  • 知りたい植物エキスがある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です
ア(16) / イ(5) / ウ(6) / エ(2) / オ(16) / カ(13) / キ(8) / ク(10) / ケ(7) / コ(9) / サ(7) / シ(17) / ス(4) / セ(17) / ソ(1) / タ(7) / チ(4) / ツ(1) / テ(1) / ト(11) / ナ(2) / ニ(3) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(2) / ハ(9) / ヒ(6) / フ(7) / ヘ(2) / ホ(2) / マ(6) / ミ(0) / ム(3) / メ(4) / モ(2) / ヤ(2) / ユ(9) / ヨ(6) / ラ(5) / リ(2) / ル(1) / レ(3) / ロ(4) / ワ(2)

アーチチョーク葉エキス
アーチチョーク葉エキス
色素沈着抑制 抗老化
NF-κB活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、NF-κB活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アーチチョーク葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アーチチョーク葉エキス詳細ページ

アーティチョークエキス
アーティチョークエキス
色素沈着抑制 抗老化
NF-κB活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、NF-κB活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アーティチョークエキスの効果や安全性について解説します。
→ アーティチョークエキス詳細ページ

アカヤジオウ根エキス
アカヤジオウ根エキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、アカヤジオウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アカヤジオウ根エキス詳細ページ

アシタバエキス
アシタバエキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバエキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバエキス詳細ページ

アシタバ葉/茎エキス
アシタバ葉/茎エキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバ葉/茎エキス詳細ページ

アスパラガス茎エキス
アスパラガス茎エキス
保湿 色素沈着抑制
角層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラガス茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラガス茎エキス詳細ページ

アスパラサスリネアリスエキス
アスパラサスリネアリスエキス
抗酸化
SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラサスリネアリスエキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラサスリネアリスエキス詳細ページ

アセロラ果実エキス
アセロラ果実エキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アセロラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ アセロラ果実エキス詳細ページ

アマチャエキス
アマチャエキス
抑毛
休止期延長による抑毛作用目的などで化粧品に配合される成分、アマチャエキスの効果や安全性について解説します。
→ アマチャエキス詳細ページ

アルテアエキス
アルテアエキス
保湿 ヘアコンディショニング 消臭
皮表柔軟化による保湿作用、ヘアコンディショニング作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルテアエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテアエキス詳細ページ

アルテア根エキス
アルテア根エキス
保湿 ヘアコンディショニング 消臭
皮表柔軟化による保湿作用、ヘアコンディショニング作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルテア根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテア根エキス詳細ページ

アルニカエキス
アルニカエキス
抗アレルギー 抗酸化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、アルニカエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカエキス詳細ページ

アルニカ花エキス
アルニカ花エキス
抗アレルギー 抗酸化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、アルニカ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカ花エキス詳細ページ

アロエエキス(2)
アロエエキス(2)
保湿成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アロエエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ アロエエキス(2)詳細ページ

アロエベラ葉エキス
アロエベラ葉エキス
保湿成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ葉エキス詳細ページ

アンズ種子エキス
アンズ種子エキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、アンズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ アンズ種子エキス詳細ページ

イザヨイバラエキス
イザヨイバラエキス
抗炎症成分 紫外線防御成分 保湿 バリア改善 抗菌成分
DAMPs活性阻害による抗炎症作用、紫外線による紅斑抑制による紫外線防御作用、セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用、黄色ブドウ球菌、緑濃菌、大腸菌、カンジダおよび黒コウジカビ発育抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、イザヨイバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ イザヨイバラエキス詳細ページ

イタドリエキス
イタドリエキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、イタドリエキスの効果や安全性について解説します。
→ イタドリエキス詳細ページ

イタドリ根エキス
イタドリ根エキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、イタドリ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ イタドリ根エキス詳細ページ

イチョウエキス
イチョウエキス
抗酸化 血行促進成分
過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チオレドキシンリダクターゼ発現増強による抗酸化作用、血管拡張による血行促進作用目的などで化粧品に配合される成分、イチョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ イチョウエキス詳細ページ

イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキス
抗酸化 血行促進成分
過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チオレドキシンリダクターゼ発現増強による抗酸化作用、血管拡張による血行促進作用目的などで化粧品に配合される成分、イチョウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ イチョウ葉エキス詳細ページ

ウーロン茶エキス
ウーロン茶エキス
抗酸化 消臭
過酸化水素(H₂O₂)、一酸化窒素(NO)および過酸化脂質産生抑制による抗酸化作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、ウーロン茶エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウーロン茶エキス詳細ページ

ウコンエキス
ウコンエキス
着色 抗老化
黄色の着色、線維芽細胞エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ウコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ウコンエキス詳細ページ

ウコン根茎エキス
ウコン根茎エキス
着色 抗老化
黄色の着色、線維芽細胞エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ウコン根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウコン根茎エキス詳細ページ

ウスバサイシン根茎/根エキス
ウスバサイシン根茎/根エキス
抗酸化成分 保湿 バリア改善
グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成およびインボルクリン発現促進によるバリア改善作用目的などで化粧品に配合される成分、ウスバサイシン根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウスバサイシン根茎/根エキス詳細ページ

ウワウルシ葉エキス
ウワウルシ葉エキス
抗酸化成分
SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ウワウルシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウワウルシ葉エキス詳細ページ

ウンシュウミカン果皮エキス
ウンシュウミカン果皮エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、ウンシュウミカン果皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウンシュウミカン果皮エキス詳細ページ

エイジツエキス
エイジツエキス
保湿 抗アレルギー
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、エイジツエキスの効果や安全性について解説します。
→ エイジツエキス詳細ページ

エーデルワイスエキス
エーデルワイスエキス
抗炎症成分 抗酸化成分
日焼けによる抗炎症作用、過酸化水素(H₂O₂)消去能による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、エーデルワイスエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ エーデルワイスエキス詳細ページ

オウゴンエキス
オウゴンエキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 紫外線吸収
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害およびET-1産生抑制による色素沈着抑制作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴンエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴンエキス詳細ページ

オウゴン根エキス
オウゴン根エキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 紫外線吸収
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害およびET-1産生抑制による色素沈着抑制作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴン根エキス詳細ページ

オウバクエキス
オウバクエキス
抗菌 抗炎症 紫外線吸収
アクネ菌生育阻害による抗菌作用、ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、オウバクエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウバクエキス詳細ページ

オウレンエキス
オウレンエキス
抗アレルギー 抗菌 バリア改善
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、クローディン-1およびオクルディン発現促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、オウレンエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウレンエキス詳細ページ

オウレン根エキス
オウレン根エキス
抗アレルギー 抗菌 バリア改善
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、クローディン-1およびオクルディン発現促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、オウレン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オウレン根エキス詳細ページ

オクラエキス
オクラエキス
保湿 抗老化
角質層水分量増加による保湿作用、ヒアルロン酸合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、オクラエキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラエキス詳細ページ

オクラ果実エキス
オクラ果実エキス
保湿 抗老化
角質層水分量増加による保湿作用、ヒアルロン酸合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、オクラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラ果実エキス詳細ページ

オタネニンジン根エキス
オタネニンジン根エキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オタネニンジン根エキス詳細ページ

オトギリソウエキス
オトギリソウエキス
色素沈着抑制 抗アレルギー 抗炎症
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウエキス詳細ページ

オトギリソウエキス
オトギリソウエキス
色素沈着抑制 抗酸化
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウエキス詳細ページ

オトギリソウ花/葉/茎エキス
オトギリソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗アレルギー 抗炎症
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

オランダカラシエキス
オランダカラシエキス
育毛 抗脱毛
R-spondin1産生促進による抗脱毛・育毛作用目的などで化粧品に配合される成分、オランダカラシエキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダカラシエキス詳細ページ

オランダガラシ葉/茎エキス
オランダガラシ葉/茎エキス
育毛 抗脱毛
R-spondin1産生促進による抗脱毛・育毛作用目的などで化粧品に配合される成分、オランダガラシ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダガラシ葉/茎エキス詳細ページ

オリーブ葉エキス
オリーブ葉エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、オリーブ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ オリーブ葉エキス詳細ページ

オレンジエキス
オレンジエキス

保湿

皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オレンジエキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジエキス詳細ページ

オレンジ果実エキス
オレンジ果実エキス

保湿

皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オレンジ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジ果実エキス詳細ページ

カッコンエキス
カッコンエキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、カッコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ カッコンエキス詳細ページ

カニナバラ果実エキス
カニナバラ果実エキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実エキス詳細ページ

カミツレ花エキス
カミツレ花エキス
抗アレルギー 紫外線吸収
抗アレルギー作用、UVB吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、カミツレ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ カミツレ花エキス詳細ページ

カモミラET
カモミラET
色素沈着抑制
ET-1阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カモミラETの効果や安全性について解説します。
→ カモミラET詳細ページ

カモミラエキス(1)
カモミラエキス(1)
抗アレルギー 紫外線吸収
抗アレルギー作用、UVB吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、カモミラエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ カモミラエキス(1)詳細ページ

カリンエキス
カリンエキス
保湿 抗炎症
皮表柔軟化による保湿作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、カリンエキスの効果や安全性について解説します。
→ カリンエキス詳細ページ

カワラヨモギエキス
カワラヨモギエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制
IL-1α産生阻害による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギエキスの効果や安全性について解説します。
→ カワラヨモギエキス詳細ページ

カワラヨモギ花エキス
カワラヨモギ花エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制
IL-1α産生阻害による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ カワラヨモギ花エキス詳細ページ

カンゾウエキス
カンゾウエキス
抗アレルギー 抗炎症 刺激緩和
ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、カンゾウエキスの効果や安全性について解説します。
→ カンゾウエキス詳細ページ

カンゾウ根エキス
カンゾウ根エキス
抗アレルギー 抗炎症 刺激緩和
ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、カンゾウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ カンゾウ根エキス詳細ページ

カンゾウ抽出末
カンゾウ抽出末
抗アレルギー 抗炎症 刺激緩和
ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、カンゾウ抽出末の効果や安全性について解説します。
→ カンゾウ抽出末詳細ページ

カンゾウフラボノイド
カンゾウフラボノイド
色素沈着抑制
チロシナーゼおよびTRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カンゾウフラボノイドの効果や安全性について解説します。
→ カンゾウフラボノイド詳細ページ

甘草フラボノイド
甘草フラボノイド
色素沈着抑制
チロシナーゼおよびTRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、甘草フラボノイドの効果や安全性について解説します。
→ 甘草フラボノイド詳細ページ

キイチゴエキス
キイチゴエキス
抗アレルギー 保湿 色素沈着抑制 抗老化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ キイチゴエキス詳細ページ

キウイエキス
キウイエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、基底細胞のメラニン排出促進による色素沈着抑制目的で化粧品に配合される成分、キウイエキスの効果や安全性について解説します。
→ キウイエキス詳細ページ

キハダ樹皮エキス
キハダ樹皮エキス
抗菌 抗炎症 紫外線吸収
アクネ菌生育阻害による抗菌作用、ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、キハダ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ キハダ樹皮エキス詳細ページ

キューカンバーエキス(1)
キューカンバーエキス(1)
保湿成分
角質水分量増加による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、キューカンバーエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ キューカンバーエキス(1)詳細ページ

キュウリ果実エキス
キュウリ果実エキス
保湿成分
角質水分量増加による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、キュウリ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ キュウリ果実エキス詳細ページ

キョウニンエキス
キョウニンエキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、キョウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ キョウニンエキス詳細ページ

キラヤエキス
キラヤエキス
起泡 乳化
起泡、乳化目的で化粧品に配合される成分、キラヤエキスの効果や安全性について解説します。
→ キラヤエキス詳細ページ

キラヤ樹皮エキス
キラヤ樹皮エキス
起泡 乳化
起泡、乳化目的で化粧品に配合される成分、キラヤ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ キラヤ樹皮エキス詳細ページ

クズ根エキス
クズ根エキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クズ根エキス詳細ページ

クチナシエキス
クチナシエキス
保湿 抗老化 着色
角質層水分量増加による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、黄色の着色目的などで化粧品に配合される成分、クチナシエキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシエキス詳細ページ

クチナシ果実エキス
クチナシ果実エキス
保湿 抗老化 着色
角質層水分量増加による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、黄色の着色目的などで化粧品に配合される成分、クチナシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシ果実エキス詳細ページ

クマザサエキス
クマザサエキス
抗アレルギー
抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、クマザサエキスの効果や安全性について解説します。
→ クマザサエキス詳細ページ

クマザサ葉エキス
クマザサ葉エキス
抗アレルギー
抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、クマザサ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ クマザサ葉エキス詳細ページ

クララエキス(1)
クララエキス(1)
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ クララエキス(1)詳細ページ

クララ根エキス
クララ根エキス
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クララ根エキス詳細ページ

グレープフルーツエキス
グレープフルーツエキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツエキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツエキス詳細ページ

グレープフルーツ果実エキス
グレープフルーツ果実エキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツ果実エキス詳細ページ

クワエキス
クワエキス
色素沈着抑制 抗老化 消臭
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、クワエキスの効果や安全性について解説します。
→ クワエキス詳細ページ

ゲットウ葉エキス
ゲットウ葉エキス
抗老化
Ⅰ型コラーゲン産生促進、線維芽細胞増殖促進およびMMP-1活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ゲットウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲットウ葉エキス詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿 収れん 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん
日焼けによる抗炎症作用、過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナ根エキス
ゲンチアナ根エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん
日焼けによる抗炎症作用、過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根エキス詳細ページ

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿 収れん 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス詳細ページ

ゲンノショウコエキス
ゲンノショウコエキス
収れん 制汗
収れん作用、制汗作用目的などで化粧品に配合される成分、ゲンノショウコエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンノショウコエキス詳細ページ

ゲンノショウコ花/葉/茎エキス
ゲンノショウコ花/葉/茎エキス
収れん 制汗
収れん作用、制汗作用目的などで化粧品に配合される成分、ゲンノショウコ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンノショウコ花/葉/茎エキス詳細ページ

紅茶エキス
紅茶エキス
抗酸化 消臭
過酸化水素(H₂O₂)、一酸化窒素(NO)および過酸化脂質産生抑制による抗酸化作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、紅茶エキスの効果や安全性について解説します。
→ 紅茶エキス詳細ページ

コーヒーエキス
コーヒーエキス
抗酸化成分 紫外線吸収 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制およびSOD様活性による抗酸化作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、コーヒーエキスの効果や安全性について解説します。
→ コーヒーエキス詳細ページ

コーヒー種子エキス
コーヒー種子エキス
抗酸化成分 紫外線吸収 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制およびSOD様活性による抗酸化作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、コーヒー種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ コーヒー種子エキス詳細ページ

ゴボウエキス
ゴボウエキス
保湿 血行促進成分 育毛
保湿作用、血行促進作用、フケおよび脱毛予防作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゴボウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴボウエキス詳細ページ

ゴボウ根エキス
ゴボウ根エキス
保湿 血行促進成分 育毛
保湿作用、血行促進作用、フケおよび脱毛予防作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゴボウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴボウ根エキス詳細ページ

米エキスNo.6
米エキスNo.6
皮脂抑制
皮脂腺の脂質合成低下による皮脂抑制作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、米エキスNo.6の効果や安全性について解説します。
→ 米エキスNo.6詳細ページ

米エキスNo.11
米エキスNo.11
バリア改善 保湿
セラミド産生増加によるバリア機能改善作用、水分保持能による保湿作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、米エキスNo.11の効果や安全性について解説します。
→ 米エキスNo.11詳細ページ

コメヌカエキス
コメヌカエキス
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的などで化粧品に配合される成分、コメヌカエキスの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカエキス詳細ページ

ゴレンシ葉エキス
ゴレンシ葉エキス
抗老化 色素沈着抑制
Ⅰ型コラーゲン産生促進、線維芽細胞増殖促進およびMMP-1活性阻害による抗老化作用、SCF発現増加抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ゴレンシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴレンシ葉エキス詳細ページ

サイシンエキス
サイシンエキス
抗酸化成分 保湿 バリア改善
グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成およびインボルクリン発現促進によるバリア改善作用目的などで化粧品に配合される成分、サイシンエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイシンエキス詳細ページ

サクラ葉抽出液
サクラ葉抽出液
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、サクラ葉抽出液の効果や安全性について解説します。
→ サクラ葉抽出液詳細ページ

サボンソウエキス
サボンソウエキス
起泡
起泡目的で化粧品に配合される成分、サボンソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ サボンソウエキス詳細ページ

サボンソウ葉エキス
サボンソウ葉エキス
起泡
起泡目的で化粧品に配合される成分、サボンソウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ サボンソウ葉エキス詳細ページ

サンザシエキス
サンザシエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、サンザシエキスの効果や安全性について解説します。
→ サンザシエキス詳細ページ

サンショウエキス
サンショウエキス
抗アレルギー 抗老化 抗白髪
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、サンショウエキスの効果や安全性について解説します。
→ サンショウエキス詳細ページ

サンショウ果皮エキス
サンショウ果皮エキス
抗アレルギー 抗老化 抗白髪
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、サンショウ果皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ サンショウ果皮エキス詳細ページ

ジオウエキス
ジオウエキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、ジオウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ジオウエキス詳細ページ

シコンエキス
シコンエキス
抗菌 抗アレルギー 抗老化 着色
血管透過性亢進抑制による抗アレルギー作用、アクネ菌抑制による抗菌作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、紫色の着色目的で化粧品に配合される成分、シコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ シコンエキス詳細ページ

シソエキス(1)
シソエキス(1)
抗アレルギー バリア改善
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(1)詳細ページ

シソエキス(2)
シソエキス(2)
抗アレルギー バリア改善
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(2)詳細ページ

シソ葉エキス
シソ葉エキス
抗アレルギー バリア改善
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、シソ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ シソ葉エキス詳細ページ

シナノキエキス
シナノキエキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、シナノキエキスの効果や安全性について解説します。
→ シナノキエキス詳細ページ

シャクヤクエキス
シャクヤクエキス
色素沈着抑制 抗老化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用などの目的で化粧品に配合される成分、シャクヤクエキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤクエキス詳細ページ

シャクヤク根エキス
シャクヤク根エキス
色素沈着抑制 抗老化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用などの目的で化粧品に配合される成分、シャクヤク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤク根エキス詳細ページ

ショウガ根茎エキス
ショウガ根茎エキス
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウガ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウガ根茎エキス詳細ページ

ショウキョウエキス
ショウキョウエキス
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウキョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウエキス詳細ページ

ショウキョウチンキ
ショウキョウチンキ
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウキョウチンキの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウチンキ詳細ページ

ショウブ根エキス
ショウブ根エキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、ショウブ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根エキス詳細ページ

ショウブ根茎エキス
ショウブ根茎エキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、ショウブ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根茎エキス詳細ページ

シラカバエキス
シラカバエキス
抗アレルギー 紫外線吸収 抗白髪
プラスミン阻害による抗アレルギー作用、UVB吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバエキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバエキス詳細ページ

シラカバエキス
シラカバエキス
細胞賦活 抗アレルギー 抗老化
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバエキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバエキス詳細ページ

シラカンバ樹液
シラカンバ樹液
保湿 ベース成分
角質層柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹液の効果や安全性について解説します。
→ シラカンバ樹液詳細ページ

シラカンバ樹皮エキス
シラカンバ樹皮エキス
細胞賦活 抗アレルギー 抗老化
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカンバ樹皮エキス詳細ページ

スイカズラエキス
スイカズラエキス
保湿 バリア改善 角栓形成抑制
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、GATA3発現抑制およびカテプシンⅤ活性促進による角栓形成抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、スイカズラエキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラエキス詳細ページ

スイカズラ花エキス
スイカズラ花エキス
保湿 バリア改善 角栓形成抑制
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、GATA3発現抑制およびカテプシンⅤ活性促進による角栓形成抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、スイカズラ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラ花エキス詳細ページ

スギナエキス
スギナエキス
保湿 色素沈着抑制 抗白髪成分
皮膚柔軟化による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、メラニン生成促進による抗白髪作用目的などで化粧品に配合される成分、スギナエキスの効果や安全性について解説します。
→ スギナエキス詳細ページ

スターフルーツ葉エキス
スターフルーツ葉エキス
抗老化 色素沈着抑制
Ⅰ型コラーゲン産生促進、線維芽細胞増殖促進およびMMP-1活性阻害による抗老化作用、SCF発現増加抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、スターフルーツ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ スターフルーツ葉エキス詳細ページ

セイヨウアカマツ球果エキス
セイヨウアカマツ球果エキス
抗炎症
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウアカマツ球果エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウアカマツ球果エキス詳細ページ

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗酸化
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

セイヨウキズタエキス
セイヨウキズタエキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿 血行促進成分
抗炎症作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用、血管拡張・余分な水分の排出・ヒアルロニダーゼ活性阻害によるむくみ改善作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウキズタエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウキズタエキス詳細ページ

セイヨウキズタ葉/茎エキス
セイヨウキズタ葉/茎エキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿 血行促進成分
抗炎症作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用、血管拡張・余分な水分の排出・ヒアルロニダーゼ活性阻害によるむくみ改善作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウキズタ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウキズタ葉/茎エキス詳細ページ

セイヨウトチノキ種子エキス
セイヨウトチノキ種子エキス
抗炎症 抗酸化成分 色素沈着抑制
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、SOD様活性による抗酸化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウトチノキ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウトチノキ種子エキス詳細ページ

セイヨウニワトコエキス
セイヨウニワトコエキス
抗炎症
TNF-α産生抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウニワトコエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウニワトコエキス詳細ページ

セイヨウニワトコ花エキス
セイヨウニワトコ花エキス
抗炎症
TNF-α産生抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウニワトコ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウニワトコ花エキス詳細ページ

セイヨウノコギリソウエキス
セイヨウノコギリソウエキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウノコギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウノコギリソウエキス詳細ページ

セイヨウハッカエキス
セイヨウハッカエキス
抗酸化 ヘアコンディショニング
SOD様活性による抗酸化作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウハッカエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウハッカエキス詳細ページ

セイヨウハッカ葉エキス
セイヨウハッカ葉エキス
抗酸化 ヘアコンディショニング
SOD様活性による抗酸化作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウハッカ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウハッカ葉エキス詳細ページ

セージエキス
セージエキス
抗アレルギー 抗糖化 消臭
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、AGEs分解による抗糖化作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、セージエキスの効果や安全性について解説します。
→ セージエキス詳細ページ

セージ葉エキス
セージ葉エキス
抗アレルギー 抗糖化 消臭
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、AGEs分解による抗糖化作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、セージ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ セージ葉エキス詳細ページ

ゼニアオイエキス
ゼニアオイエキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイエキス詳細ページ

ゼニアオイ花エキス
ゼニアオイ花エキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイ花エキス詳細ページ

センキュウエキス
センキュウエキス
血行促進 抗酸化
血管拡張による血行促進作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウエキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウエキス詳細ページ

センキュウ根茎エキス
センキュウ根茎エキス
血行促進 抗酸化
血管拡張による血行促進作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウ根茎エキス詳細ページ

センブリエキス
センブリエキス
血行促進成分
局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、センブリエキスの効果や安全性について解説します。
→ センブリエキス詳細ページ

ソメイヨシノ葉エキス
ソメイヨシノ葉エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ソメイヨシノ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ソメイヨシノ葉エキス詳細ページ

ダイズエキス
ダイズエキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズエキス詳細ページ

ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズ種子エキス詳細ページ

タイソウエキス
タイソウエキス
細胞賦活
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、タイソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ タイソウエキス詳細ページ

タイムエキス(1)
タイムエキス(1)
色素沈着抑制
キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(1)詳細ページ

タイムエキス(2)
タイムエキス(2)
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(2)詳細ページ

タチジャコウソウ花/葉/茎エキス
タチジャコウソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、タチジャコウソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ タチジャコウソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

ダマスクバラ花エキス
ダマスクバラ花エキス
香料
ローズ花香の賦香目的で化粧品に配合される成分、ダマスクバラ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダマスクバラ花エキス詳細ページ

チャエキス(1)
チャエキス(1)
抗酸化 消臭
過酸化水素(H₂O₂)、一酸化窒素(NO)および過酸化脂質産生抑制による抗酸化作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、チャエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ チャエキス(1)詳細ページ

チャ葉エキス
チャ葉エキス
抗酸化 消臭
過酸化水素(H₂O₂)、一酸化窒素(NO)および過酸化脂質産生抑制による抗酸化作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、チャ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ チャ葉エキス詳細ページ

チョウジエキス
チョウジエキス
抗酸化 抗アレルギー 抗老化 抗脱毛
SOD様活性による抗酸化作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性について解説します。
→ チョウジエキス詳細ページ

チンピエキス
チンピエキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、チンピエキスの効果や安全性について解説します。
→ チンピエキス詳細ページ

ツボクサエキス
ツボクサエキス
抗老化 細胞賦活
Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用、脂肪細胞産生促進による唇の立体感・輪郭の改善作用目的などで化粧品に配合される成分、ツボクサエキスの効果や安全性について解説します。
→ ツボクサエキス詳細ページ

テンチャエキス
テンチャエキス
保湿 消臭
皮表柔軟化およびフィラグリン産生促進による保湿作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、テンチャエキスの効果や安全性について解説します。
→ テンチャエキス詳細ページ

トウガラシ果実エキス
トウガラシ果実エキス
血行促進成分 温感 着色
局所刺激による血管拡張作用、TRPV1活性化による温感付与効果、橙-赤の着色目的で配合される成分、トウガラシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシ果実エキス詳細ページ

トウガラシチンキ
トウガラシチンキ
血行促進成分 温感 着色
局所刺激による血管拡張作用、TRPV1活性化による温感付与効果、橙-赤の着色目的で配合される成分、トウガラシチンキの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシチンキ詳細ページ

トウキエキス(1)
トウキエキス(1)
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ トウキエキス(1)詳細ページ

トウキ根エキス
トウキ根エキス
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキ根エキス詳細ページ

トウキンセンカエキス
トウキンセンカエキス
抗酸化 色素沈着抑制
フリーラジカル消去による抗酸化作用、デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、トウキンセンカエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキンセンカエキス詳細ページ

トウキンセンカ花エキス
トウキンセンカ花エキス
抗酸化 色素沈着抑制
フリーラジカル消去による抗酸化作用、デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、トウキンセンカ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキンセンカ花エキス詳細ページ

トウニンエキス
トウニンエキス
保湿
フィラグリン産生促進による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、トウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウニンエキス詳細ページ

トウモロコシエキス
トウモロコシエキス
保湿 細胞賦活 抗酸化成分 抗シワ成分
皮膚コンディショニング、ATP産生促進による細胞賦活作用、フリーラジカル補足による過酸化脂質抑制作用、フィブロネクチン生成促進による抗シワ作用などの目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシエキス詳細ページ

ドクダミエキス
ドクダミエキス
抗アレルギー 抑毛 消臭
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、毛乳頭および毛母細胞増殖阻害による抑毛作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ドクダミエキスの効果や安全性について解説します。
→ ドクダミエキス詳細ページ

トマトエキス
トマトエキス
保湿 抗酸化
皮表柔軟化による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、トマトエキスの効果や安全性について解説します。
→ トマトエキス詳細ページ

トマト果実エキス
トマト果実エキス
保湿 抗酸化
皮表柔軟化による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、トマト果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トマト果実エキス詳細ページ

ナギイカダ根エキス
ナギイカダ根エキス
角質剥離
カテプシンD産生促進による角質剥離作用目的で化粧品に配合される成分、ナギイカダ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ナギイカダ根エキス詳細ページ

ナツメ果実エキス
ナツメ果実エキス
細胞賦活
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ナツメ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ナツメ果実エキス詳細ページ

ニンジンエキス
ニンジンエキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ニンジンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンジンエキス詳細ページ

ニンニクエキス
ニンニクエキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニクエキス詳細ページ

ニンニク根エキス
ニンニク根エキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニク根エキス詳細ページ

ノイバラ果実エキス
ノイバラ果実エキス
保湿 抗アレルギー
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ノイバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ノイバラ果実エキス詳細ページ

ノバラエキス
ノバラエキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ノバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ ノバラエキス詳細ページ

パイナップル果実エキス
パイナップル果実エキス
色素沈着抑制 バリア改善
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、セラミド産生促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、パイナップル果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ パイナップル果実エキス詳細ページ

パイナップルセラミド
パイナップルセラミド
色素沈着抑制 バリア改善
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、セラミド産生促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、パイナップルセラミドの効果や安全性について解説します。
→ パイナップルセラミド詳細ページ

ハイビスカス花エキス
ハイビスカス花エキス
抗アレルギー 紫外線吸収
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、ハイビスカス花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハイビスカス花エキス詳細ページ

パセリエキス
パセリエキス
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、SOD活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキスの効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス詳細ページ

パセリエキス(1)
パセリエキス(1)
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、SOD活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス(1)詳細ページ

ハトムギ種子エキス
ハトムギ種子エキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハトムギ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハトムギ種子エキス詳細ページ

パパイア果実エキス
パパイア果実エキス
角質剥離 色素沈着抑制
タンパク質分解による角質剥離作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、パパイア果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ パパイア果実エキス詳細ページ

ハマメリスエキス
ハマメリスエキス
収れん 効果促進
収れん作用、トコフェロールに対する抗酸化能増強作用目的などで化粧品に配合される成分、ハマメリスエキスの効果や安全性について解説します。
→ ハマメリスエキス詳細ページ

ハマメリス葉エキス
ハマメリス葉エキス
収れん 効果促進
収れん作用、トコフェロールに対する抗酸化能増強作用目的などで化粧品に配合される成分、ハマメリス葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハマメリス葉エキス詳細ページ

ヒオウギエキス
ヒオウギエキス
細胞賦活 抗炎症
ピルビン酸キナーゼ活性促進による細胞賦活作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒオウギエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヒオウギエキス詳細ページ

ヒオウギ抽出液
ヒオウギ抽出液
細胞賦活 抗炎症
ピルビン酸キナーゼ活性促進による細胞賦活作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒオウギ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ ヒオウギ抽出液詳細ページ

ヒキオコシエキス(1)
ヒキオコシエキス(1)
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒキオコシエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ヒキオコシエキス(1)詳細ページ

ヒキオコシ葉/茎エキス
ヒキオコシ葉/茎エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒキオコシ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヒキオコシ葉/茎エキス詳細ページ

ビルベリー葉エキス
ビルベリー葉エキス
抗酸化 細胞賦活
SOD様活性とカタラーゼおよびグルタチオンペルオキシダーゼ産生促進による抗酸化作用、BMAL1発現量増加による細胞賦活作用目的などで化粧品に配合される成分、ビルベリー葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ビルベリー葉エキス詳細ページ

ビワ葉エキス
ビワ葉エキス
抗アレルギー 抗酸化 抗老化 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、POMC発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ビワ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ビワ葉エキス詳細ページ

ブッチャーブルームエキス
ブッチャーブルームエキス
角質剥離
カテプシンD産生促進による角質剥離作用目的で化粧品に配合される成分、ブッチャーブルームエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブッチャーブルームエキス詳細ページ

ブドウ種子エキス
ブドウ種子エキス
抗酸化 色素沈着抑制
SOD様活性による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ブドウ種子エキス詳細ページ

ブドウ葉エキス
ブドウ葉エキス
抗アレルギー 抗老化 抗酸化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、AGEs生成抑制による抗糖化作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ブドウ葉エキス詳細ページ

ブナエキス
ブナエキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ブナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブナエキス詳細ページ

フユボダイジュ花エキス
フユボダイジュ花エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、フユボダイジュ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ フユボダイジュ花エキス詳細ページ

プルーン酵素分解物
プルーン酵素分解物
色素沈着抑制
メラニン移送阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン酵素分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン酵素分解物詳細ページ

プルーン分解物
プルーン分解物
色素沈着抑制
メラニン移送阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン分解物詳細ページ

ベニバナエキス(1)
ベニバナエキス(1)
保湿 着色
角質層水分量増加による保湿作用、紅色の着色目的などで化粧品に配合される成分、ベニバナエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ベニバナエキス(1)詳細ページ

ベニバナ花エキス
ベニバナ花エキス
保湿 着色
角質層水分量増加による保湿作用、紅色の着色目的などで化粧品に配合される成分、ベニバナ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ベニバナ花エキス詳細ページ

ボタンエキス
ボタンエキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 抗老化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、IL-1α産生阻害による抗炎症作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ボタンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ボタンエキス詳細ページ

ホップエキス
ホップエキス
抗脱毛 抗老化 抗白髪
5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ホップエキスの効果や安全性について解説します。
→ ホップエキス詳細ページ

マグワ根皮エキス
マグワ根皮エキス
色素沈着抑制 抗老化 消臭
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マグワ根皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ マグワ根皮エキス詳細ページ

マツエキス
マツエキス
抗炎症
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用目的で化粧品に配合される成分、マツエキスの効果や安全性について解説します。
→ マツエキス詳細ページ

マドンナリリー根エキス
マドンナリリー根エキス
保湿 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、マドンナリリー根エキスの効果や安全性について解説します。
→ マドンナリリー根エキス詳細ページ

マヨラナエキス
マヨラナエキス
抗酸化
スーパーオキシド生成阻害による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナエキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナエキス詳細ページ

マヨラナ葉エキス
マヨラナ葉エキス
抗酸化
スーパーオキシド生成阻害による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナ葉エキス詳細ページ

マロニエエキス
マロニエエキス
抗炎症 抗酸化成分 色素沈着抑制
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、SOD様活性による抗酸化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マロニエエキスの効果や安全性について解説します。
→ マロニエエキス詳細ページ

ムクロジエキス
ムクロジエキス
起泡 乳化 抗フケ
起泡、乳化、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用目的で化粧品に配合される成分、ムクロジエキスの効果や安全性について解説します。
→ ムクロジエキス詳細ページ

ムクロジ果皮エキス
ムクロジ果皮エキス
起泡 乳化 抗フケ
起泡、乳化、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用目的で化粧品に配合される成分、ムクロジ果皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ムクロジ果皮エキス詳細ページ

ムラサキ根エキス
ムラサキ根エキス
抗菌 抗アレルギー 抗老化 着色
血管透過性亢進抑制による抗アレルギー作用、アクネ菌抑制による抗菌作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、紫色の着色目的で化粧品に配合される成分、ムラサキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ムラサキ根エキス詳細ページ

メマツヨイグサ種子エキス
メマツヨイグサ種子エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 色素沈着抑制 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ種子エキス詳細ページ

メマツヨイグサ抽出液
メマツヨイグサ抽出液
抗炎症成分 抗酸化成分 色素沈着抑制 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ抽出液詳細ページ

メリッサエキス
メリッサエキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサエキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサエキス詳細ページ

メリッサ葉エキス
メリッサ葉エキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサ葉エキス詳細ページ

モモ種子エキス
モモ種子エキス
保湿
フィラグリン産生促進による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、モモ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ モモ種子エキス詳細ページ

モモ葉エキス
モモ葉エキス
抗炎症成分
プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、モモ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ モモ葉エキス詳細ページ

ヤグルマギクエキス
ヤグルマギクエキス
収れん 抗老化
収れん作用、リンパ管内皮細胞増殖促進による抗老化作用およびむくみ緩和作用目的で配合される成分、ヤグルマギクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヤグルマギクエキス詳細ページ

ヤグルマギク花エキス
ヤグルマギク花エキス
収れん 抗老化
収れん作用、リンパ管内皮細胞増殖促進による抗老化作用およびむくみ緩和作用目的で配合される成分、ヤグルマギク花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヤグルマギク花エキス詳細ページ

ユーカリエキス
ユーカリエキス
バリア改善 抗老化 冷感 ハリコシ改善
セラミド産生量増加およびタイトジャンクション形成促進によるバリア改善作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、TRPM8活性化による冷涼感付与効果、VEGF増加による毛髪ハリコシ改善作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユーカリエキス詳細ページ

ユーカリ葉エキス
ユーカリ葉エキス
バリア改善 抗老化 冷感 ハリコシ改善
セラミド産生量増加およびタイトジャンクション形成促進によるバリア改善作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、TRPM8活性化による冷涼感付与効果、VEGF増加による毛髪ハリコシ改善作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユーカリ葉エキス詳細ページ

ユキノシタエキス
ユキノシタエキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユキノシタエキス詳細ページ

ユズエキス
ユズエキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズエキス詳細ページ

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス詳細ページ

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
バリア改善 毛髪修復
バリア改善作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス詳細ページ

ユズ種子エキス
ユズ種子エキス
細胞賦活 保湿 抗老化成分
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、Ⅳ型コラーゲン、Ⅶ型コラーゲンおよびラミニン5産生促進による抗老化作用目的で配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ種子エキス詳細ページ

ユズセラミド
ユズセラミド
バリア改善 毛髪修復
バリア改善作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で配合される成分、ユズセラミドの効果や安全性について解説します。
→ ユズセラミド詳細ページ

ユリエキス
ユリエキス
保湿 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ユリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユリエキス詳細ページ

ヨーロッパシラカバ樹皮エキス
ヨーロッパシラカバ樹皮エキス
抗アレルギー 紫外線吸収 抗白髪
プラスミン阻害による抗アレルギー作用、UVB吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ヨーロッパシラカバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨーロッパシラカバ樹皮エキス詳細ページ

ヨーロッパブナ芽エキス
ヨーロッパブナ芽エキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヨーロッパブナ芽エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨーロッパブナ芽エキス詳細ページ

ヨクイニンエキス
ヨクイニンエキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヨクイニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨクイニンエキス詳細ページ

ヨモギエキス
ヨモギエキス
抗糖化
AGEs分解による抗糖化作用目的で化粧品に配合される成分、ヨモギエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨモギエキス詳細ページ

ヨモギエキス
ヨモギエキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ヨモギエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨモギエキス詳細ページ

ヨモギ葉エキス
ヨモギ葉エキス
抗アレルギー
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ヨモギ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨモギ葉エキス詳細ページ

ライスパワーNo.6
ライスパワーNo.6
皮脂抑制
皮脂腺の脂質合成低下による皮脂抑制作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、ライスパワーNo.6の効果や安全性について解説します。
→ ライスパワーNo.6詳細ページ

ライスパワーNo.11
ライスパワーNo.11
バリア改善 保湿
セラミド産生増加によるバリア機能改善作用、水分保持能による保湿作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、ライスパワーNo.11の効果や安全性について解説します。
→ ライスパワーエキスNo.11詳細ページ

ラベンダーエキス(1)
ラベンダーエキス(1)
香料 紫外線吸収
ラベンダー花香の賦香、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、ラベンダーエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ラベンダーエキス(1)詳細ページ

ラベンダーエキス(2)
ラベンダーエキス(2)
香料 紫外線吸収
ラベンダー花香の賦香、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、ラベンダーエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ ラベンダーエキス(2)詳細ページ

ラベンダー花エキス
ラベンダー花エキス
香料 紫外線吸収
ラベンダー花香の賦香、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、ラベンダー花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ラベンダー花エキス詳細ページ

リンゴエキス
リンゴエキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴエキス詳細ページ

リンゴ果実エキス
リンゴ果実エキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴ果実エキス詳細ページ

ルイボスエキス
ルイボスエキス
抗酸化
SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ルイボスエキスの効果や安全性について解説します。
→ ルイボスエキス詳細ページ

レモンエキス
レモンエキス
収れん 感触改良
収れん作用、糖類の感触改良目的で化粧品に配合される成分、レモンエキスの効果や安全性について解説します。
→ レモンエキス詳細ページ

レモン果実エキス
レモン果実エキス
収れん 感触改良
収れん作用、糖類の感触改良目的で化粧品に配合される成分、レモン果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ レモン果実エキス詳細ページ

レンゲソウエキス
レンゲソウエキス
保湿 抗アレルギー 抗老化 抗糖化
角質水分量増加による保湿作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、AGEs分解による抗糖化作用目的などで化粧品に配合される成分、レンゲソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ レンゲソウエキス詳細ページ

ローズマリーエキス
ローズマリーエキス
抗酸化 抗老化 酸化防止
SOD様活性による抗酸化作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、製品自体の酸化防止作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリーエキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリーエキス詳細ページ

ローズマリー葉エキス
ローズマリー葉エキス
抗酸化 抗老化 酸化防止
SOD様活性による抗酸化作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、製品自体の酸化防止作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリー葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリー葉エキス詳細ページ

ローマカミツレエキス
ローマカミツレエキス
抗糖化
AGEs生成抑制による抗糖化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ローマカミツレエキスの効果や安全性について解説します。
→ ローマカミツレエキス詳細ページ

ローマカミツレ花エキス
ローマカミツレ花エキス
抗糖化
AGEs生成抑制による抗糖化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ローマカミツレ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ローマカミツレ花エキス詳細ページ

ワイルドタイムエキス
ワイルドタイムエキス
色素沈着抑制
キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ワイルドタイムエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワイルドタイムエキス詳細ページ

ワレモコウエキス
ワレモコウエキス
抗アレルギー 抗老化 抗糖化 抗脱毛 消臭
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、AGEs分解による抗糖化作用、FGF-5活性阻害による抗脱毛作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ワレモコウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワレモコウエキス詳細ページ

TOPへ