エモリエント成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

エモリエント成分

皮膚コンディショニングの種類

皮膚コンディショニングとは乾燥や損傷を受けた皮膚をきれいにする効果全般を指し、化粧品分野において皮膚コンディショニング成分とは、

成分の種類成分の定義
保湿:ヒューメクタント
(humectant)
角層の水分量を増加させ皮膚を柔軟化するために用いられる親水性の吸湿性物質あるいは成分
保湿:エモリエント
(emollient)
高い閉塞性により皮膚からの水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するために用いられる疎水性の脂質成分
皮膚コンディショニング(未分類)皮膚に機能的効果をもたらすために用いられる物質あるいは成分

これら3種類に分類されています[1a][2][3][4a]

エモリエント成分の定義と種類

エモリエント成分(emollient)は、皮膚コンディショニング成分の一種であり、皮膚表面を閉塞することで皮膚からの水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与する疎水性の脂質成分を指します。

ただし、エモリエント成分は非常に種類が多く、中には機能性をもつものもあるため、ここでは機能によって以下のように、

機能機能型エモリエント成分の定義
なし高い閉塞性により皮膚からの水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するために用いられる疎水性の脂質成分
抱水性高い抱水性を有したエモリエント成分であり、高い閉塞性と皮膚上層の水分量を増加させる保湿性を兼ね備えた成分
バリア機能改善性高い閉塞性と角質および細胞間脂質で構成される角層のバリア機能の改善作用を兼ね備えた細胞間脂質およびその類似脂質

3種類に分類しています。

また、それぞれの成分例としては、

機能分類代表的な成分
なし(標準)炭化水素スクワランワセリン など
ロウミツロウホホバ種子油 など
エステルミリスチン酸イソプロピルエチルヘキサン酸セチル など
植物油脂ダイズ油オリーブ果実油 など
抱水性ロウラノリン など
エステルダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル) など
バリア機能改善性細胞間脂質系セラミドグルコシルセラミドラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル) など
エステルラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル) など

このような成分が汎用されており、中には抱水性とバリア機能改善性を兼ね備えた原料も開発されています。

バリア機能改善性を備えたエモリエント成分に関しては、バリア機能の改善目的で配合されることから、バリア改善成分にカテゴライズしています。

角質層の構造と役割

皮膚については、以下の皮膚構造図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

皮膚の構造と皮膚の主要成分

直接外界に接する皮膚最外層である角質層を含む表皮と表皮を支える真皮から構成されており、また角質層は、

角質層の構造

水分を保持する働きもつ天然保湿因子を含む角質と角質の間を細胞間脂質で満たした、レンガとモルタルの関係と同様の構造になっており、この構造が保持されることによって外界からの物理的あるいは化学的影響から身体を守り、かつ体内の水分が体外へ過剰に蒸散していくのを防ぐとともに一定の水分を保持する役割を担っています[5][6]

天然保湿因子の組成およびその生成プロセス

角質層において水分を保持する働きをもつ物質は、天然保湿因子(NMF:natural Moisturizing Factor)と呼ばれる親水性の吸湿物質であり、天然保湿因子は以下の表のように、

成分含量(%)
アミノ酸類40.0
ピロリドンカルボン酸(PCA)12.0
乳酸12.0
尿素7.0
アンモニア、尿酸、グルコサミン、クレアチン1.5
ナトリウム(Na⁺)5.0
カリウム(K⁺)4.0
カルシウム(Ca²⁺)1.5
マグネシウム(Mg²⁺)1.5
リン酸(PO₄³⁻)0.5
塩化物(Cl⁻)6.0
クエン酸0.5
糖、有機酸、ペプチド、未確認物質8.5

アミノ酸、有機酸、塩などの集合体として存在しています[7a]

この天然保湿因子において約40%を占めるアミノ酸組成は、以下の表のように、

アミノ酸の種類含量(%)
プロリン5.6
アスパラギン + アスパラギン酸0.8
トレオニン0.4
セリン19.7
グルタミン + グルタミン酸2.3
グリシン14.7
アラニン10.4
バリン3.4
メチオニン0.2
イソロイシン0.5
ロイシン1.5
チロシン0.8
フェニルアラニン0.7
リシン1.1
ヒスチジン1.4
アルギニン10.3

16種類のアミノ酸で構成されており[8]、これらアミノ酸の大部分は、以下の図のように、

天然保湿因子の産生メカニズム

表皮顆粒層に存在しているケラトヒアリン(∗1)が角質細胞に変化していく過程でフィラグリンと呼ばれるタンパク質となり、このフィラグリンがブレオマイシン水解酵素(bleomycin hydrorase)によって完全分解されることで産生されることが報告されています[9a][10]

∗1 ケラトヒアリンの主要な構成成分は、分子量300-1,000kDaの巨大な不溶性タンパク質であるプロフィラグリンであり、プロフィラグリンは終末角化の際にフィラグリンに分解されます。

さらに、角質層では以下の表のように、

アミノ酸アミノ酸の代謝産生物
グルタミンピロリドンカルボン酸(PCA)
ヒスチジンtrans-ウロカニン酸
アルギニン尿素、オルニチン、シトルリン
アスパラギン酸アラニン

アミノ酸の一部が代謝され、より保湿性の高い代謝産生物が生成されることが知られています(∗2)[11a][12][13][14][15][16]

∗2 グルタミンの代謝物であるPCAそのものは保湿性に乏しく、皮膚上ではPCAのナトリウム塩であるPCA-Naとなってはじめて保湿性を発揮することが明らかにされています[11b]

皮表脂質の組成と役割

角質層の表面は皮脂膜で覆われていますが、皮脂は以下の皮脂の流れ図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

皮脂の流れ

狭義には皮脂腺で合成された脂質が毛包を通って皮膚表面に分泌される脂肪のことをいい、この皮脂腺由来の皮脂と細胞間脂質の一種であるコレステロール、コレステロールエステルが皮膚表面で混ざったものを皮表脂質といいます[17][18]

このような背景から、皮表脂質の組成はヒトによって含有量が異なり、また同じヒトであっても日によって変動がありますが、

由来成分含量(%)含量範囲(%)
表皮細胞コレステリルエステル2.51.5 - 2.6
コレステロール1.51.2 - 2.3
皮脂腺スクアレン1010.1 - 13.9
ワックス2222.6 - 29.5
トリグリセリド2519.5 - 49.4
モノグリセリド
ジグリセリド
102.3 - 4.3
(ジグリセリドのみ)
遊離脂肪酸257.9 - 39.0

およそこのような割合が報告されており[19][20]、皮脂腺由来の脂肪が約90%を占めることから、広義には皮表脂質も皮脂と呼ばれています。

皮表脂質は、皮膚表面で汗と混合(乳化)して薄い脂肪の膜をつくり、皮表脂質膜(皮脂膜)を形成することで、

  • 皮膚や毛髪にうるおいやなめらかさを付与
  • 外界の刺激から皮膚を保護
  • 弱酸性を示し外部の影響などによりアルカリ性となった皮膚を弱酸性に戻す(緩衝作用)
  • 有害な細菌の増殖を抑制

このような生理的役割を担っています[21]

肌荒れ(dry skin)の解説とその原因

一般にキメが細かくみずみずしい肌は健康で若々しい印象を与え、皮膚科学的にも健常な状態とされる一方で、温度や湿度の変化、紫外線暴露、洗浄剤成分など化学物質との接触、物理的刺激などの外的要因や、生理機能の変調などの内的要因によって角層の角質と細胞間脂質のバランスが崩れ水分量が低下していくと、皮膚表面に乾燥、落屑、キメの乱れなどを特徴とする肌荒れが起こることが知られています[22][23a][24][25]

また、一般に肌荒れは乾燥肌や乾燥性脂性肌の肌質のヒトに起きやすく、季節的に低温で乾燥した冬季に多く発生することが明らかにされています[26a]

肌荒れによる皮膚状態の変化として、

形態的変化生理的変化
角質層の落屑
ひびわれ
キメの不明瞭化・消失
角層水分量の減少
バリア機能の低下
アミノ酸代謝量の減少
不全角化
ターンオーバーの亢進

これらの形態的・生理的変化が起こることが知られています[23b]

また、肌荒れの発生要因としては、

外的要因内的要因
気候変化による乾燥
紫外線による炎症
界面活性剤によるプロテアーゼ亢進
過度の洗浄による角層の脱落過剰
油汚れによる皮脂腺・汗腺のつまり
炎症誘発物による角化異常
皮脂腺機能低下
加齢による水分保持能低下
血行障害
発汗異常
ビタミンA欠乏
栄養不良

これらが報告されており[26b]、実際にはこれらの様々な要因が単独あるいは組み合わさって発現すると考えられています。

さらに、老人性乾皮症やアトピー性皮膚炎症状においても角質細胞中のアミノ酸類が顕著に低下していることが報告されていることから[7b][9b]、キメの乱れがみられる部位では天然保湿因子の減少により角質層の乾燥が引き起こされている可能性が考えられています。

エモリエント成分の作用ポイント

化粧品においてエモリエント成分とは、高い閉塞性により皮膚からの水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与する脂質成分であることが知られています[4c][27a]

エモリエント成分には種々の油剤が用いられますが、これらの油剤は分子量、不飽和度、分岐度および結合状態などにより閉塞性の高さ、油膜の維持時間、粘性、使用感などが異なっており[27b]、製品コンセプト、処方技術、コストに合わせて単独または組み合わせて用いられます。

また、エモリエント成分にはバリア機能改善性を備えたものもありますが、これらは主にバリア機能の改善目的で配合されることから、バリア改善成分にカテゴライズしています。

参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「エモリエント剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,620-628.
  2. 日本化粧品工業連合会(2013)「保湿・湿潤剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,743-746.
  3. 日本化粧品工業連合会(2013)「皮膚コンディショニング剤(未分類)」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,692-715.
  4. abc平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  5. 朝田 康夫(2002)「保湿能力と水分喪失の関係は」美容皮膚科学事典,103-104.
  6. 田村 健夫・廣田 博(2001)「表皮」香粧品科学 理論と実際 第4版,30-33.
  7. abI Horii, et al(1989)「Stratum corneum hydration and amino acid content in xerotic skin」British Journal of Dermatology(121)(5),587-592. DOI:10.1111/j.1365-2133.1989.tb08190.x.
  8. I. Horii, et al(1983)「Histidine-rich protein as a possible origin of free amino acids of stratum corneum」Current Problems in Dermatology(11),301-315. DOI:10.1159/000408684.
  9. abM Watanabe, et al(1991)「Functional analyses of the superficial stratum corneum in atopic xerosis」Archives of Dermatology(127)(11),1689-1692. DOI:10.1001/archderm.1991.01680100089010.
  10. T. Tezuka, et al(1994)「Terminal differentiation of facial epidermis of the aged: immunohistochemical studies」Dermatology(188)(1),21-24. DOI:10.1159/000247079.
  11. abK. Laden & R. Spitzer(1967)「Identification of a Natural Moisturizing Agent in Skin」Journal of the Society of Cosmetic Chemists(18)(6),351-360.
  12. J.G. Barrett & I.R. Scott(1983)「Pyrrolidone Carboxylic Acid Synthesis in Guinea Pig Epidermis」Journal of Investigative Dermatology(81)(2),122-124. DOI:10.1111/1523-1747.ep12542975.
  13. H.P. Badent & M.A. pathak(1967)「The Metabolism and Function of Urocanic Acid in Skin」Journal of Investigative Dermatology(48)(1),11-17. DOI:10.1038/jid.1967.3.
  14. I.R. Scott(1981)「Factors controlling the expressed activity of histidine ammonia-lyase in the epidermis and the resulting accumulation of urocanic acid」Biochemical Journal(194)(3),829-838. DOI:10.1042/bj1940829.
  15. A.F. Redmond & S. Rothberg(1978)「Arginase activity and other cellular events associated with epidermal hyperplasia」Journal of Cellular Physiology(94)(1),99-104. DOI:10.1002/jcp.1040940113.
  16. J. Koyama, et al(1984)「Free Amino Acids of Stratum Corneum as a Biochemical Marker to Evaluate Dry Skin」Journal of the Society of Cosmetic Chemists(35)(4),183-195.
  17. 朝田 康夫(2002)「皮脂腺の機能と構造」美容皮膚科学事典,38-45.
  18. 朝田 康夫(2002)「皮表脂質の組成とその由来」美容皮膚科学事典,45-48.
  19. 鈴木 敏幸(1990)「スキンケアと界面化学」表面科学(11)(4),260-264. DOI:10.1380/jsssj.11.260.
  20. D.T. Downing, et al(1969)「Variability in the Chemical Composition of Human Skin Surface Lipids」Journal of Investigative Dermatology(53)(5),322-327. DOI:10.1038/jid.1969.157.
  21. 松尾 聿朗・犬飼 則子(1988)「皮表脂質の生理的役割」油化学(37)(10),827-831. DOI:10.5650/jos1956.37.827.
  22. 朝田 康夫(2002)「角質層の水分量は」美容皮膚科学事典,90-93.
  23. ab小山 純一(1994)「香粧品科学の立場からの基礎研究」日本香粧品科学会誌(18)(3),144-148.
  24. 藤井 昭男(1995)「肌荒れ」日本香粧品科学会誌(19)(4),170-174.
  25. 平尾 哲二(2017)「保湿 温故知新」日本香粧品学会誌(41)(4),277-281. DOI:10.11469/koshohin.41.277.
  26. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「肌荒れ防止剤」パーソナルケアハンドブックⅠ,505-522.
  27. ab高橋 康之(2018)「保湿化粧品とその作用」日本香粧品学会誌(42)(4),280-287. DOI:10.11469/koshohin.42.280.

エモリエント成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です
数字(2) / A-Z(5) / ア(12) / イ(5) / ウ(0) / エ(1) / オ(5) / カ(3) / キ(2) / ク(2) / ケ(1) / コ(11) / サ(3) / シ(17) / ス(9) / セ(0) / ソ(0) / タ(7) / チ(2) / ツ(3) / テ(6) / ト(13) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(9) / ヒ(10) / フ(4) / ヘ(3) / ホ(3) / マ(5) / ミ(3) / ム(0) / メ(1) / モ(3) / ヤ(3) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(8) / リ(4) / ル(1) / レ(0) / ロ(1) / ワ(2)

2-エチルヘキサン酸セチル
2-エチルヘキサン酸セチル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、2-エチルヘキサン酸セチルの効果や安全性について解説します。
→ 2-エチルヘキサン酸セチル詳細ページ

2-オクチルドデカノール
2-オクチルドデカノール
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、2-オクチルドデカノールの効果や安全性について解説します。
→ 2-オクチルドデカノール詳細ページ

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)詳細ページ

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)詳細ページ

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善 泡質改善 毛髪修復
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用、泡質改善、CMC補充による毛髪強度改善作用目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)詳細ページ

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)詳細ページ

N-ラウロイルサルコシンイソプロピル
N-ラウロイルサルコシンイソプロピル
エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料分散目的で配合される成分、N-ラウロイルサルコシンイソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイルサルコシンイソプロピル詳細ページ

アーモンド油
アーモンド油
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アーモンド油の効果や安全性について解説します。
→ アーモンド油詳細ページ

アジピン酸ジグリセリル混合脂肪酸エステル
アジピン酸ジグリセリル混合脂肪酸エステル
エモリエント成分 光沢 分散
抱水性エモリエント作用、光沢付与、顔料分散目的で配合される成分、アジピン酸ジグリセリル混合脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ アジピン酸ジグリセリル混合脂肪酸エステル詳細ページ

アストロカリウムムルムル種子脂
アストロカリウムムルムル種子脂
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アストロカリウムムルムル種子脂の効果や安全性について解説します。
→ アストロカリウムムルムル種子脂詳細ページ

アフリカマンゴノキ核脂
アフリカマンゴノキ核脂
エモリエント成分 ベース成分
角質層水分量増加および柔軟な油膜形成によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アフリカマンゴノキ核脂の効果や安全性について解説します。
→ アフリカマンゴノキ核脂詳細ページ

アボカド油
アボカド油
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アボカド油の効果や安全性について解説します。
→ アボカド油詳細ページ

アマナズナ種子油
アマナズナ種子油
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟化によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アマナズナ種子油の効果や安全性について解説します。
→ アマナズナ種子油詳細ページ

アマニ油
アマニ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アマニ油の効果や安全性について解説します。
→ アマニ油詳細ページ

アルガニアスピノザ核油
アルガニアスピノザ核油
エモリエント成分 ベース成分 抗老化成分
エモリエント作用、皮膚弾力性改善による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アルガニアスピノザ核油の効果や安全性について解説します。
→ アルガニアスピノザ核油詳細ページ

アルモンド油
アルモンド油
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アルモンド油の効果や安全性について解説します。
→ アルモンド油詳細ページ

アンズ核油
アンズ核油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、アンズ核油の効果や安全性について解説します。
→ アンズ核油詳細ページ

安息香酸アルキル(C12-15)
安息香酸アルキル(C12-15)
ベース  エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性有効成分または紫外線吸収剤の溶剤目的で化粧品に配合される成分、安息香酸アルキル(C12-15)の効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸アルキル(C12-15)詳細ページ

安息香酸アルキル(C12~15)
安息香酸アルキル(C12~15)
ベース  エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性有効成分または紫外線吸収剤の溶剤目的で化粧品に配合される成分、安息香酸アルキル(C12~15)の効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸アルキル(C12~15)詳細ページ

イソステアリン酸フィトステリル
イソステアリン酸フィトステリル
エモリエント成分
抱水性エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸フィトステリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸フィトステリル詳細ページ

イソステアリン酸ポリグリセリル-4
イソステアリン酸ポリグリセリル-4
エモリエント成分 乳化
エモリエント作用、乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリグリセリル-4の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリグリセリル-4詳細ページ

イソノナン酸イソトリデシル
イソノナン酸イソトリデシル
ベース成分 エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、イソノナン酸イソトリデシルの効果や安全性について解説します。
→ イソノナン酸イソトリデシル詳細ページ

イソノナン酸イソノニル
イソノナン酸イソノニル
ベース成分 エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、イソノナン酸イソノニルの効果や安全性について解説します。
→ イソノナン酸イソノニル詳細ページ

イソヘキサデカン
イソヘキサデカン
ベース成分 エモリエント成分 溶剤
閉塞感のない軽い質感のエモリエント作用、油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、イソヘキサデカンの効果や安全性について解説します。
→ イソヘキサデカン詳細ページ

エチルヘキサン酸セチル
エチルヘキサン酸セチル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、エチルヘキサン酸セチルの効果や安全性について解説します。
→ エチルヘキサン酸セチル詳細ページ

オクチルドデカノール
オクチルドデカノール
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、オクチルドデカノールの効果や安全性について解説します。
→ オクチルドデカノール詳細ページ

オリーブ果実油
オリーブ果実油
エモリエント成分 洗浄 起泡
皮膚柔軟によるエモリエント作用、ナトリウムセッケン合成による起泡・洗浄、カリウムセッケン合成による起泡・選択洗浄目的で化粧品に配合される成分、オリーブ果実油の効果や安全性について解説します。
→ オリーブ果実油詳細ページ

オリブ油
オリブ油
エモリエント成分 洗浄 起泡
皮膚柔軟によるエモリエント作用、ナトリウムセッケン合成による起泡・洗浄、カリウムセッケン合成による起泡・選択洗浄目的で化粧品に配合される成分、オリブ油の効果や安全性について解説します。
→ オリブ油詳細ページ

オレイルアルコール
オレイルアルコール
ベース成分 エモリエント成分 乳化 溶剤
エモリエント作用、乳化補助、溶剤目的で化粧品に配合される成分、オレイルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ オレイルアルコール詳細ページ

オレイン酸フィトステリル
オレイン酸フィトステリル
エモリエント成分
抱水性エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸フィトステリルの効果や安全性について解説します。
→ オレイン酸フィトステリル詳細ページ

カカオ脂
カカオ脂
ベース成分 エモリエント成分
皮膚保護によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、カカオ脂の効果や安全性について解説します。
→ カカオ脂詳細ページ

カニナバラ果実油
カニナバラ果実油
エモリエント成分 ベース成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実油の効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実油詳細ページ

カノラ油
カノラ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、カノラ油の効果や安全性について解説します。
→ カノラ油詳細ページ

吸着精製ラノリン
吸着精製ラノリン
ベース成分 エモリエント成分 光沢
抱水性エモリエント作用、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、吸着精製ラノリンの効果や安全性について解説します。
→ 吸着精製ラノリン詳細ページ

キョウニン油
キョウニン油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、キョウニン油の効果や安全性について解説します。
→ キョウニン油詳細ページ

ククイナッツ油
ククイナッツ油
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ククイナッツ油の効果や安全性について解説します。
→ ククイナッツ油詳細ページ

クロフサスグリ種子油
クロフサスグリ種子油
エモリエント成分 ベース成分
角質水分量増加および経表皮水分蒸散量抑制によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、クロフサスグリ種子油の効果や安全性について解説します。
→ クロフサスグリ種子油詳細ページ

軽質イソパラフィン
軽質イソパラフィン
ベース成分 エモリエント成分 溶剤
閉塞感のない軽い質感のエモリエント作用、油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、軽質イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 軽質イソパラフィン詳細ページ

硬化ヒマシ油
硬化ヒマシ油
エモリエント成分 ベース成分 増粘
エモリエント作用、ゲル化による増粘目的で化粧品に配合される成分、硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化ヒマシ油詳細ページ

硬化油
硬化油
エモリエント成分 ベース成分 増粘
エモリエント作用、ゲル化による増粘目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化油詳細ページ

硬化油
硬化油
エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化油詳細ページ

硬化油
硬化油
エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、油性基剤の感触改良目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化油詳細ページ

合成スクワラン
合成スクワラン
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、合成スクワランの効果や安全性について解説します。
→ 合成スクワラン詳細ページ

コーン油
コーン油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、コーン油の効果や安全性について解説します。
→ コーン油詳細ページ

ゴマ油
ゴマ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ゴマ油の効果や安全性について解説します。
→ ゴマ油詳細ページ

コムギ胚芽油
コムギ胚芽油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、コムギ胚芽油の効果や安全性について解説します。
→ コムギ胚芽油詳細ページ

コメヌカ油
コメヌカ油
エモリエント成分 ベース成分 紫外線吸収
エモリエント作用、紫外線吸収作用目的で化粧品に配合される成分、コメヌカ油の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ コメヌカ油詳細ページ

コメ胚芽油
コメ胚芽油
エモリエント成分 ベース成分 紫外線吸収
エモリエント作用、紫外線吸収作用目的で化粧品に配合される成分、コメ胚芽油の効果や安全性について解説します。
→ コメ胚芽油詳細ページ

コレステロール
コレステロール
エモリエント成分 安定化成分
エモリエント作用、乳化安定化、リポソームの安定化、セラミドの安定化目的で化粧品に配合される成分、コレステロールの効果や安全性について解説します。
→ コレステロール詳細ページ

ザクロ種子油
ザクロ種子油
エモリエント成分 ベース成分 細胞賦活
エモリエント作用、表皮ケラチノサイト増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ザクロ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ザクロ種子油詳細ページ

サフラワー油
サフラワー油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、サフラワー油の効果や安全性について解説します。
→ サフラワー油詳細ページ

サフラワー油(2)
サフラワー油(2)
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、サフラワー油(2)の効果や安全性について解説します。
→ サフラワー油(2)詳細ページ

シア脂
シア脂
ベース成分 エモリエント成分
皮膚保護および皮膚水分量増加によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、シア脂の効果や安全性について解説します。
→ シア脂詳細ページ

ジイソステアリン酸グリセリル
ジイソステアリン酸グリセリル
ベース成分 エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸グリセリル詳細ページ

ジイソステアリン酸ポリグリセリル
ジイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル詳細ページ

ジイソステアリン酸ポリグリセリル
ジイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル詳細ページ

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2詳細ページ

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3の効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3詳細ページ

ジカプリル酸PG
ジカプリル酸PG
ベース エモリエント成分 可溶化
油性基剤、難溶性薬剤の可溶化目的で化粧品に配合される成分、ジカプリル酸PGの効果や安全性について解説します。
→ ジカプリル酸PG詳細ページ

ジカプリン酸PG
ジカプリン酸PG
ベース エモリエント成分 可溶化
油性基剤、難溶性薬剤の可溶化目的で化粧品に配合される成分、ジカプリン酸PGの効果や安全性について解説します。
→ ジカプリン酸PG詳細ページ

ジカプリン酸ネオペンチルグリコール
ジカプリン酸ネオペンチルグリコール
ベース エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、ジカプリン酸ネオペンチルグリコールの効果や安全性について解説します。
→ ジカプリン酸ネオペンチルグリコール詳細ページ

ジカプリル酸プロピレングリコール
ジカプリル酸プロピレングリコール
ベース エモリエント成分 可溶化
油性基剤、難溶性薬剤の可溶化目的で化粧品に配合される成分、ジカプリル酸プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ジカプリル酸プロピレングリコール詳細ページ

ジカプリン酸プロピレングリコール
ジカプリン酸プロピレングリコール
ベース エモリエント成分 可溶化
油性基剤、難溶性薬剤の可溶化目的で化粧品に配合される成分、ジカプリン酸プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ジカプリン酸プロピレングリコール詳細ページ

ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)
ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)
ベース エモリエント成分 光沢
エモリエント作用、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)の効果や安全性について解説します。
→ ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)詳細ページ

シュガースクワラン
シュガースクワラン
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、シュガースクワランの効果や安全性について解説します。
→ シュガースクワラン詳細ページ

植物性スクワラン
植物性スクワラン
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、植物性スクワランの効果や安全性について解説します。
→ 植物性スクワラン詳細ページ

ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル
エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ショ糖脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ ショ糖脂肪酸エステル詳細ページ

ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
エモリエント成分 光沢
抱水性エモリエント作用、光沢付与目的で配合される成分、ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)の効果や安全性について解説します。
→ ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)詳細ページ

ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)
ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)
エモリエント成分 光沢 分散
抱水性エモリエント作用、光沢付与、顔料分散目的で配合される成分、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の効果や安全性について解説します。
→ ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)詳細ページ

水素添加ヤシ油
水素添加ヤシ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、水素添加ヤシ油の効果や安全性について解説します。
→ 水素添加ヤシ油詳細ページ

水添ココグリセリル
水添ココグリセリル
ベース エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、水添ココグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 水添ココグリセリル詳細ページ

水添パーム核油
水添パーム核油
エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、水添パーム核油の効果や安全性について解説します。
→ 水添パーム核油詳細ページ

水添パーム油
水添パーム油
エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、油性基剤の感触改良目的で化粧品に配合される成分、水添パーム油の効果や安全性について解説します。
→ 水添パーム油詳細ページ

水添ヒマシ油
水添ヒマシ油
エモリエント成分 ベース成分 増粘
エモリエント作用、ゲル化による増粘目的で化粧品に配合される成分、水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ 水添ヒマシ油詳細ページ

水添ヤシ油
水添ヤシ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、水添ヤシ油の効果や安全性について解説します。
→ 水添ヤシ油詳細ページ

水添ロジン酸ペンタエリスリチル
水添ロジン酸ペンタエリスリチル
ベース エモリエント成分 光沢
エモリエント作用、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、水添ロジン酸ペンタエリスリチルの効果や安全性について解説します。
→ 水添ロジン酸ペンタエリスリチル詳細ページ

スクワラン
スクワラン
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、スクワランの効果や安全性について解説します。
→ スクワラン詳細ページ

スクレロカリアビレア種子油
スクレロカリアビレア種子油
エモリエント成分 ベース成分
経表皮水分蒸散抑制および角質水分量増加によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、スクレロカリアビレア種子油の効果や安全性について解説します。
→ スクレロカリアビレア種子油詳細ページ

ダイズステロール
ダイズステロール
エモリエント成分 安定化成分
エモリエント作用、乳化安定化、リポソームの安定化、セラミドの安定化目的で化粧品に配合される成分、ダイズステロールの効果や安全性について解説します。
→ ダイズステロール詳細ページ

ダイズ油
ダイズ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ油の効果や安全性について解説します。
→ ダイズ油詳細ページ

大豆油
大豆油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、大豆油の効果や安全性について解説します。
→ 大豆油詳細ページ

ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
エモリエント成分 光沢
抱水性エモリエント作用、光沢付与目的で配合される成分、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)の効果や安全性について解説します。
→ ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)詳細ページ

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル
エモリエント成分 光沢
エモリエント作用、光沢付与目的で配合される成分、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルの効果や安全性について解説します。
→ ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル詳細ページ

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)
エモリエント成分 光沢 分散
抱水性エモリエント作用、光沢付与、顔料分散目的で配合される成分、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の効果や安全性について解説します。
→ ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)詳細ページ

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べヘニル/イソステアリル/フィトステリル)
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べヘニル/イソステアリル/フィトステリル)
エモリエント成分 光沢 分散
抱水性エモリエント作用、光沢付与、顔料分散目的で配合される成分、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べヘニル/イソステアリル/フィトステリル)の効果や安全性について解説します。
→ ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べヘニル/イソステアリル/フィトステリル)詳細ページ

チャ実油
チャ実油
エモリエント成分 ベース成分
皮表柔軟化によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、チャ実油の効果や安全性について解説します。
→ チャ実油詳細ページ

チャ種子油
チャ種子油
エモリエント成分 ベース成分
皮表柔軟化によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、チャ種子油の効果や安全性について解説します。
→ チャ種子油詳細ページ

月見草油
月見草油
エモリエント成分 ベース成分
皮表柔軟化によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、月見草油の効果や安全性について解説します。
→ 月見草油詳細ページ

ツバキ種子油
ツバキ種子油
エモリエント成分 ベース成分 抗菌成分
エモリエント作用、黄色ブドウ球菌増殖抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ツバキ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ツバキ種子油詳細ページ

ツバキ油
ツバキ油
エモリエント成分 ベース成分 抗菌成分
エモリエント作用、黄色ブドウ球菌増殖抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ツバキ油の効果や安全性について解説します。
→ ツバキ油詳細ページ

テオブロマグランジフロルム種子脂
テオブロマグランジフロルム種子脂
エモリエント成分 ベース成分
皮膚柔軟化および皮表水分量増加によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、テオブロマグランジフロルム種子脂の効果や安全性について解説します。
→ テオブロマグランジフロルム種子脂詳細ページ

テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット
テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット
エモリエント成分 ベース 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリットの効果や安全性について解説します。
→ テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット詳細ページ

テトライソステアリン酸スクロース
テトライソステアリン酸スクロース
エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、テトライソステアリン酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ テトライソステアリン酸スクロース詳細ページ

テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル
テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル
エモリエント成分 ベース 分散 光沢
エモリエント作用、顔料の分散、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチルの効果や安全性について解説します。
→ テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル詳細ページ

テトライソステアリン酸ペンタエリトリット
テトライソステアリン酸ペンタエリトリット
エモリエント成分 ベース 分散 光沢
エモリエント作用、顔料の分散、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、テトライソステアリン酸ペンタエリトリットの効果や安全性について解説します。
→ テトライソステアリン酸ペンタエリトリット詳細ページ

テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル
テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル
エモリエント成分 ベース 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルの効果や安全性について解説します。
→ テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル詳細ページ

トウモロコシ油
トウモロコシ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシ油の効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシ油詳細ページ

トウモロコシ胚芽油
トウモロコシ胚芽油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシ胚芽油の効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシ胚芽油詳細ページ

トリ2-エチルヘキサン酸トリメチロールプロパン
トリ2-エチルヘキサン酸トリメチロールプロパン
エモリエント成分 ベース
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリ2-エチルヘキサン酸トリメチロールプロパンの効果や安全性について解説します。
→ トリ2-エチルヘキサン酸トリメチロールプロパン詳細ページ

トリイソステアリン
トリイソステアリン
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリンの効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン詳細ページ

トリイソステアリン酸グリセリル
トリイソステアリン酸グリセリル
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン酸グリセリル詳細ページ

トリイソステアリン酸ジグリセリル
トリイソステアリン酸ジグリセリル
ベース エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリン酸ジグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン酸ジグリセリル詳細ページ

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2
トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2
ベース エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2詳細ページ

トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン
トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン
エモリエント成分 ベース
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパンの効果や安全性について解説します。
→ トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン詳細ページ

トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル
トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 分散
エモリエント作用、感触改良、分散目的で化粧品に配合される成分、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル詳細ページ

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 分散
エモリエント作用、感触改良、分散目的で化粧品に配合される成分、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル詳細ページ

トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル
トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル詳細ページ

トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリル
トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリル
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリル詳細ページ

トリ酢酸テトラステアリン酸スクロース
トリ酢酸テトラステアリン酸スクロース
エモリエント成分 ベース
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、トリ酢酸テトラステアリン酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ トリ酢酸テトラステアリン酸スクロース詳細ページ

パーシック油
パーシック油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、パーシック油の効果や安全性について解説します。
→ パーシック油詳細ページ

馬油(ばあゆ)
馬油(ばあゆ)
エモリエント成分 ベース成分
角質水分量増加および皮膚油分量増加による皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、馬油の効果や安全性について解説します。
→ 馬油(ばあゆ)詳細ページ

ハイブリッドサフラワー油
ハイブリッドサフラワー油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ハイブリッドサフラワー油の効果や安全性について解説します。
→ ハイブリッドサフラワー油詳細ページ

ハイブリッドヒマワリ油
ハイブリッドヒマワリ油
エモリエント成分 ベース成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、ハイブリッドヒマワリ油の効果や安全性について解説します。
→ ハイブリッドヒマワリ油詳細ページ

バチルアルコール
バチルアルコール
ベース成分 エモリエント成分 増粘
エモリエント作用、増粘目的で化粧品に配合される成分、バチルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ バチルアルコール詳細ページ

パルミチン酸2-エチルヘキシル
パルミチン酸2-エチルヘキシル
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸2-エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸2-エチルヘキシル詳細ページ

パルミチン酸エチルヘキシル
パルミチン酸エチルヘキシル
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸エチルヘキシル詳細ページ

パルミチン酸イソプロピル
パルミチン酸イソプロピル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 溶剤 光沢
エモリエント作用、感触改良、溶剤、毛髪に対するツヤ感目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸イソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸イソプロピル詳細ページ

パルミチン酸セチル
パルミチン酸セチル
エモリエント成分 ベース 感触改良 光沢
エモリエント作用、感触改良、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸セチルの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸セチル詳細ページ

ピーナッツ油
ピーナッツ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ピーナッツ油の効果や安全性について解説します。
→ ピーナッツ油詳細ページ

ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2
ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2
エモリエント成分 光沢 分散
抱水性エモリエント作用、光沢付与、顔料分散目的で配合される成分、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2の効果や安全性について解説します。
→ ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2詳細ページ

ピスタシオ種子油
ピスタシオ種子油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ピスタシオ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ピスタシオ種子油詳細ページ

ヒドロキシステアリン酸2-エチルヘキシル
ヒドロキシステアリン酸2-エチルヘキシル
エモリエント成分 ベース 感触改良 分散
エモリエント作用、感触改良、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシステアリン酸2-エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシステアリン酸2-エチルヘキシル詳細ページ

ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル
ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル
エモリエント成分 ベース 感触改良 分散
エモリエント作用、感触改良、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル詳細ページ

ヒマシ油
ヒマシ油
エモリエント成分 ベース成分 可塑 分散
エモリエント作用、顔料の可塑・分散目的で化粧品に配合される成分、ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ヒマシ油詳細ページ

ヒマワリ種子油
ヒマワリ種子油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ヒマワリ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ヒマワリ種子油詳細ページ

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル
ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル
エモリエント成分
抱水性エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルの効果や安全性について解説します。
→ ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル詳細ページ

ヒマワリ油(1)
ヒマワリ油(1)
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ヒマワリ油(1)の効果や安全性について解説します。
→ ヒマワリ油(1)詳細ページ

ヒマワリ油(2)
ヒマワリ油(2)
エモリエント成分 ベース成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、ヒマワリ油(2)の効果や安全性について解説します。
→ ヒマワリ油(2)詳細ページ

フィトステロール
フィトステロール
エモリエント成分 安定化成分
エモリエント作用、乳化安定化、リポソームの安定化、セラミドの安定化目的で化粧品に配合される成分、フィトステロールの効果や安全性について解説します。
→ フィトステロール詳細ページ

フィトステロール
フィトステロール
エモリエント成分 安定化成分
エモリエント作用、乳化安定化、リポソームの安定化、セラミドの安定化目的で化粧品に配合される成分、フィトステロールの効果や安全性について解説します。
→ フィトステロール詳細ページ

フィトステロールズ
フィトステロールズ
エモリエント成分 安定化成分
エモリエント作用、乳化安定化、リポソームの安定化、セラミドの安定化目的で化粧品に配合される成分、フィトステロールズの効果や安全性について解説します。
→ フィトステロールズ詳細ページ

ブドウ種子油
ブドウ種子油
エモリエント成分 ベース成分
ソフトな感触を有したエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ブドウ種子油詳細ページ


ヘーゼルナッツ種子油
ヘーゼルナッツ種子油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ヘーゼルナッツ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ヘーゼルナッツ種子油詳細ページ

ヘーゼルナッツ油
ヘーゼルナッツ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ヘーゼルナッツ油の効果や安全性について解説します。
→ ヘーゼルナッツ油詳細ページ

ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル
ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル
ベース エモリエント成分 光沢
エモリエント作用、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチルの効果や安全性について解説します。
→ ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル詳細ページ

飽和脂肪酸グリセリル
飽和脂肪酸グリセリル
ベース エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、飽和脂肪酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 飽和脂肪酸グリセリル詳細ページ

ホホバ種子油
ホホバ種子油
ベース成分 エモリエント成分 抗炎症成分
エモリエント作用、プロスタグランジンE₂、TNA-αおよび好中球浸潤抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、ホホバ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ホホバ種子油詳細ページ

ホホバ油
ホホバ油
ベース成分 エモリエント成分 抗炎症成分
エモリエント作用、プロスタグランジンE₂、TNA-αおよび好中球浸潤抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、ホホバ油の効果や安全性について解説します。
→ ホホバ油詳細ページ

マカデミア種子油
マカデミア種子油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、マカデミア種子油の効果や安全性について解説します。
→ マカデミア種子油詳細ページ

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
エモリエント成分
抱水性エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルの効果や安全性について解説します。
→ マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル詳細ページ

マカデミアナッツ油
マカデミアナッツ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、マカデミアナッツ油の効果や安全性について解説します。
→ マカデミアナッツ油詳細ページ

マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
エモリエント成分
抱水性エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリルの効果や安全性について解説します。
→ マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル詳細ページ

マンゴー種子油
マンゴー種子油
エモリエント成分 ベース成分 界面活性 消臭
皮膚柔軟性によるエモリエント作用、鹸化による界面活性作用、ノネナールおよびイソ吉草酸の消臭作用目的で化粧品に配合される成分、マンゴー種子油の効果や安全性について解説します。
→ マンゴー種子油詳細ページ

ミネラルオイル
ミネラルオイル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作・油性基剤用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、ミネラルオイルの効果や安全性について解説します。
→ ミネラルオイル詳細ページ

ミリスチン酸イソプロピル
ミリスチン酸イソプロピル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 溶剤 光沢
エモリエント作用、感触改良、溶剤、毛髪に対するツヤ感目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸イソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸イソプロピル詳細ページ

ミリスチン酸オクチルドデシル
ミリスチン酸オクチルドデシル
ベース エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性植物エキスの溶剤目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸オクチルドデシルの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸オクチルドデシル詳細ページ

メドウフォーム油
メドウフォーム油
エモリエント成分 ベース成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、メドウフォーム油の効果や安全性について解説します。
→ メドウフォーム油詳細ページ

モクロウ
モクロウ
ベース成分 エモリエント成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、モクロウの効果や安全性について解説します。
→ モクロウ詳細ページ

モノイソステアリン酸ポリグリセリル
モノイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 乳化
エモリエント作用、乳化目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸ポリグリセリル詳細ページ

モモ核油
モモ核油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、モモ核油の効果や安全性について解説します。
→ モモ核油詳細ページ

ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)詳細ページ

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)詳細ページ

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)詳細ページ

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
エモリエント成分 分散 バリア改善 泡質改善 毛髪修復
抱水性および透湿性エモリエント作用、顔料分散、疑似細胞間脂質補充によるバリア改善作用、泡質改善、CMC補充による毛髪強度改善作用目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)詳細ページ

ラウロイルサルコシンイソプロピル
ラウロイルサルコシンイソプロピル
エモリエント成分 分散
エモリエント作用、顔料分散目的で配合される成分、ラウロイルサルコシンイソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルサルコシンイソプロピル詳細ページ

ラッカセイ油
ラッカセイ油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ラッカセイ油の効果や安全性について解説します。
→ ラッカセイ油詳細ページ

ラノリン
ラノリン
ベース成分 エモリエント成分 光沢
抱水性エモリエント作用、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、ラノリンの効果や安全性について解説します。
→ ラノリン詳細ページ

ラノリンアルコール
ラノリンアルコール
ベース 感触改良 安定化成分 エモリエント成分
感触改良、乳化補助、エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ラノリンアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ラノリンアルコール詳細ページ

リノール酸
リノール酸
色素沈着抑制 エモリエント成分 抗菌成分
メラニン生合成抑制およびチロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟によるエモリエント作用、黄色ブドウ球菌増殖抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、リノール酸の効果や安全性について解説します。
→ リノール酸詳細ページ

リノレン酸
リノレン酸
色素沈着抑制 エモリエント成分
メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、リノレン酸の効果や安全性について解説します。
→ リノレン酸詳細ページ

流動パラフィン
流動パラフィン
ベース成分 エモリエント成分 感触改良
エモリエント作用・油性基剤、感触改良目的で化粧品に配合される成分、流動パラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 流動パラフィン詳細ページ

リンゴ酸ジイソステアリル
リンゴ酸ジイソステアリル
ベース エモリエント成分 分散
エモリエント作用、無機粉体・顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、リンゴ酸ジイソステアリルの効果や安全性について解説します。
→ リンゴ酸ジイソステアリル詳細ページ

ルリジサ種子油
ルリジサ種子油
エモリエント成分 ベース成分
角質水分量増加および経表皮水分蒸散量抑制によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ルリジサ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ルリジサ種子油詳細ページ

ローズヒップ油
ローズヒップ油
エモリエント成分 ベース成分 感触改良
エモリエント作用、感触改良目的で化粧品に配合される成分、ローズヒップ油の効果や安全性について解説します。
→ ローズヒップ油詳細ページ

ワサビノキ種子油
ワサビノキ種子油
エモリエント成分 ベース成分
エモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ワサビノキ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ワサビノキ種子油詳細ページ

ワセリン
ワセリン
ベース成分 エモリエント成分
皮膚保護および表皮水分蒸散抑制によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、ワセリンの効果や安全性について解説します。
→ ワセリン詳細ページ

TOPへ