表面改質剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

表面改質剤

表面改質剤の定義

表面改質剤とは、粉体に親水性または疎水性を付与するために粉体表面に対して用いられる成分のことをいいます[1]

表面改質剤の配合目的

粉体の表面を処理する目的は、

  • 粉体を配合するにあたっての問題点を改良
  • 粉体に新しい機能を付与

これらの2点にあり、実際には、

  • 無機粉体の分散性の向上(安定性および機能性向上)
  • 油性成分の酸化や活性成分の変色の要因となる光触媒活性の封鎖(安定性向上)
  • 潤滑性、展延性または流動性の付与(感触改良)
  • 付着性の付与(化粧つきの改良)
  • 撥水性または撥油性(∗1)の付与(化粧くずれ抑制)

∗1 撥水性とは水分をはじく特性のことであり、撥油性とは油分をはじく特性のことです。

これらの目的で用いられています[2][3]

たとえば、日焼け止め製品などに微粒子無機粉体である酸化チタンなどを配合するためには、配合する基剤(分散媒)との親和性を向上させて分散状態を改善する必要や光触媒を封鎖する必要があり、そのために粉体に表面処理を施す技術を用いるのが一般的です[4]

参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「表面改質剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,723.
  2. 福井 寛(1993)「顔料の触媒活性と表面修飾」日本化粧品技術者会誌(27)(1),3-10. DOI:10.5107/sccj.27.3.
  3. 田中 巧(2006)「化粧料用粉体の表面処理技術とその応用に関する総説」色材協会誌(79)(2),67-74. DOI:10.4011/shikizai1937.79.67.
  4. 日光ケミカルズ株式会社(2006)「粉体の表面処理技術」新化粧品原料ハンドブックⅡ,626.

表面改質剤一覧

数字(1) / A-Z(1) / α-ω(0) / ア(3) / イ(2) / ウ(0) / エ(0) / オ(0) / カ(4) / キ(0) / ク(0) / ケ(0) / コ(1) / サ(1) / シ(4) / ス(3) / セ(0) / ソ(0) / タ(0) / チ(1) / ツ(0) / テ(1) / ト(2) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(1) / ヒ(0) / フ(0) / ヘ(0) / ホ(1) / マ(0) / ミ(0) / ム(1) / メ(4) / モ(0) / ヤ(0) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(1) / リ(2) / ル(0) / レ(0) / ロ(0) / ワ(0)

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体
2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体
バリア改善 表面処理 刺激緩和 帯電防止 毛髪修復
バリア機能改善作用、刺激物質の刺激緩和作用、粉体の表面処理、帯電防止、毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体の効果や安全性について解説します。
→ 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体詳細ページ

Nε-ラウロイル-L-リジン
Nε-ラウロイル-L-リジン
ベース 感触改良 表面処理
感触改良、親水性粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、Nε-ラウロイル-L-リジンの効果や安全性について解説します。
→ Nε-ラウロイル-L-リジン詳細ページ

アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体
アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体
ヘアコンディショニング 表面処理
なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、潤滑性および撥水性付与による粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体詳細ページ

アモジメチコン
アモジメチコン
ヘアコンディショニング 表面処理
なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、潤滑性および撥水性付与による粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、アモジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ アモジメチコン詳細ページ

アルミナ
アルミナ
表面処理
表面処理目的で化粧品に配合される成分、アルミナの効果や安全性について解説します。
→ アルミナ詳細ページ

イソステアリン酸
イソステアリン酸
ベース成分 表面処理
油性基剤、無機酸化物の表面改質目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸詳細ページ

イソステアリン酸デキストリン
イソステアリン酸デキストリン
皮膜形成 付着
耐水性の皮膜形成、付着目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸デキストリン詳細ページ

含水ケイ酸
含水ケイ酸
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 表面処理 スクラブ
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、表面処理、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、含水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ 含水ケイ酸詳細ページ

含水シリカ
含水シリカ
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 表面処理 スクラブ
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、表面処理、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、含水シリカの効果や安全性について解説します。
→ 含水シリカ詳細ページ

カンテン
カンテン
増粘 結合 感触改良 表面処理
増粘・ゲル化、結合、感触改良、粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、カンテンの効果や安全性について解説します。
→ カンテン詳細ページ

カンテン末
カンテン末
増粘 結合 感触改良 表面処理
増粘・ゲル化、結合、感触改良、粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、カンテン末の効果や安全性について解説します。
→ カンテン末詳細ページ

高重合メチルポリシロキサン(1)
高重合メチルポリシロキサン(1)
ベース成分 ヘアコンディショニング 溶剤 表面処理
油性基剤、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、溶剤、紫外線散乱剤の表面改質目的で化粧品に配合される成分、高重合メチルポリシロキサン(1)の効果や安全性について解説します。
→ 高重合メチルポリシロキサン(1)詳細ページ

酸化アルミニウム
酸化アルミニウム
表面処理
表面処理目的で化粧品に配合される成分、酸化アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ 酸化アルミニウム詳細ページ

ジメチコン
ジメチコン
ベース成分 ヘアコンディショニング 溶剤 表面処理
油性基剤、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、溶剤、紫外線散乱剤の表面改質目的で化粧品に配合される成分、ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ジメチコン詳細ページ

シリカ
シリカ
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 遊色 表面処理 スクラブ 抗炎症成分
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、遊色効果、表面処理、スクラブ、ウロキナーゼ吸着による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、シリカの効果や安全性について解説します。
→ シリカ詳細ページ

シルク
シルク
ベース 感触改良 表面処理
感触改良・粉体基剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、シルクの効果や安全性について解説します。
→ シルク詳細ページ

シルク末
シルク末
ベース 感触改良 表面処理
感触改良・粉体基剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、シルク末の効果や安全性について解説します。
→ シルク末詳細ページ

水酸化Al
水酸化Al
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、水酸化Alの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化Al詳細ページ

水酸化アルミニウム
水酸化アルミニウム
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、水酸化アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化アルミニウム詳細ページ

ステアリン酸
ステアリン酸
ベース 乳化 表面処理
油性基剤、セッケン合成による乳化、無機酸化物の表面改質目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸詳細ページ

窒化ホウ素
窒化ホウ素
ベース 感触改良 表面処理
感触改良・粉体基剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、窒化ホウ素の効果や安全性について解説します。
→ 窒化ホウ素詳細ページ

テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン
テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン
表面処理
粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン詳細ページ

トリエトキシカプリリルシラン
トリエトキシカプリリルシラン
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、トリエトキシカプリリルシランの効果や安全性について解説します。
→ トリエトキシカプリリルシラン詳細ページ

トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルジメチコン
トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルジメチコン
表面処理
撥水性付与による粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルジメチコン詳細ページ

ハイドロゲンジメチコン
ハイドロゲンジメチコン
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、ハイドロゲンジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ハイドロゲンジメチコン詳細ページ

ポリクオタニウム-61
ポリクオタニウム-61
バリア改善 表面処理 刺激緩和 帯電防止 毛髪修復
バリア機能改善作用、刺激物質の刺激緩和作用、粉体の表面処理、帯電防止、毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-61の効果や安全性について解説します。
→ ポリクオタニウム-61詳細ページ

無水ケイ酸
無水ケイ酸
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 遊色 表面処理 スクラブ 抗炎症成分
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、遊色効果、表面処理、スクラブ、ウロキナーゼ吸着による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、無水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ 無水ケイ酸詳細ページ

メチコン
メチコン
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、メチコンの効果や安全性について解説します。
→ メチコン詳細ページ

メチルハイドロジェンポリシロキサン
メチルハイドロジェンポリシロキサン
表面処理
触媒活性抑制および撥水性付与による粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、メチルハイドロジェンポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルハイドロジェンポリシロキサン詳細ページ

メチルハイドロジェンポリシロキサン
メチルハイドロジェンポリシロキサン
表面処理
粉体の表面改質目的で化粧品に配合される成分、メチルハイドロジェンポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルハイドロジェンポリシロキサン詳細ページ

メチルポリシロキサン
メチルポリシロキサン
ベース成分 ヘアコンディショニング 溶剤 表面処理
油性基剤、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、溶剤、紫外線散乱剤の表面改質目的で化粧品に配合される成分、メチルポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルポリシロキサン詳細ページ

ラウロイルリシン
ラウロイルリシン
ベース 感触改良 表面処理
感触改良、親水性粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、ラウロイルリシンの効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルリシン詳細ページ

硫酸Ba
硫酸Ba
ベース 感触改良 凹凸ボカシ 表面処理
感触改良・粉体基剤、直進透過光抑制による凹凸ボカシ効果、表面処理目的で化粧品に配合される成分、硫酸Baの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸Ba詳細ページ

硫酸バリウム
硫酸バリウム
ベース 感触改良 凹凸ボカシ 表面処理
感触改良・粉体基剤、直進透過光抑制による凹凸ボカシ効果、表面処理目的で化粧品に配合される成分、硫酸バリウムの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸バリウム詳細ページ

TOPへ