刺激緩和成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

刺激緩和成分

刺激緩和成分の定義

刺激緩和成分とは、皮膚に対する成分の刺激性自体を緩和する作用を有する成分のことをいいます。

刺激緩和成分の配合目的

化粧品成分は安全性が最重要視されるため、皮膚刺激自体を目的(∗1)として設計されたものを除いて、皮膚に対する刺激性がほとんどないことが確認された濃度範囲で用いられますが、バリア機能が低下している場合(∗2)は、一般にほとんど皮膚刺激を引き起こさない成分でも皮膚刺激を引き起こすことがあり、皮膚に対する刺激緩和としてはバリア機能の修復が本質的であることから、バリア機能修復成分などを使用して皮膚バリア機能を正常に戻すアプローチが用いられます[2]

∗1 例えばトウガラシ果実エキスなど皮膚刺激を与えて血行を促進する成分や二酸化炭素炭酸水素Naなどパチパチした皮膚刺激感そのものを楽しみつつ血行を促進する成分などがあります。

∗2 アトピー性皮膚炎や肌荒れなど目に見えてバリア機能が低下している場合だけでなく、同じ個人においても環境変化、精神的ストレス、ホルモンバランスの変化、体調不良などで一時的にバリア機能が低下し、皮膚が過敏になることがあるため、誰にでも皮膚刺激が起こる可能性があります。

一方で、刺激緩和成分は成分がもつ効果を目的に設計に組み込みたいものの、その成分の刺激性に懸念がある場合に、その成分が有する皮膚に対する刺激性自体を緩和する目的で使用されます。

代表的な刺激緩和成分の配合目的として、洗浄性を有する陰イオン界面活性剤の刺激性を緩和する成分などがあります。

参考文献

  1. 日光ケミカルズ株式会社(2016)「刺激緩和・抗炎症剤」パーソナルケアハンドブックⅠ,599-601.

刺激緩和成分一覧

アラントイン
アラントイン
刺激緩和 細胞賦活
刺激緩和作用、表皮角化細胞の増殖促進による細胞賦活目的で化粧品に配合される成分、アラントインの効果や安全性について解説します。
→ アラントイン詳細ページ

グリチルリチン酸2K
グリチルリチン酸2K
抗炎症 抗アレルギー 刺激緩和
プロスタグランジンE2産生抑制による抗炎症作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、グリチルリチン酸2Kの効果や安全性について解説します。
→ グリチルリチン酸2K詳細ページ

グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウム
抗炎症 抗アレルギー 刺激緩和
プロスタグランジンE2産生抑制による抗炎症作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、グリチルリチン酸ジカリウムの効果や安全性について解説します。
→ グリチルリチン酸ジカリウム詳細ページ

大豆リン脂質
大豆リン脂質
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、大豆リン脂質の効果や安全性について解説します。
→ 大豆リン脂質詳細ページ

ビサボロール
ビサボロール
抗炎症成分 刺激緩和 防腐助剤
紅斑抑制による抗炎症作用、皮膚刺激緩和作用、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、ビサボロールの効果や安全性について解説します。
→ ビサボロール詳細ページ

卵黄レシチン
卵黄レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、卵黄レシチンの効果や安全性について解説します。
→ 卵黄レシチン詳細ページ

レシチン
レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、レシチンの効果や安全性について解説します。
→ レシチン詳細ページ

TOPへ