溶剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

溶剤

溶剤とは

溶剤とは、化学分野においては溶媒ともよばれる、他の物質(溶質)を均一に溶かす物質(媒質)の総称です[1]

また、溶媒に溶かされる物質を溶質(solute)、溶媒と溶質を合わせた液体の均質混合物を溶液(solution)といいます[2]

溶剤の配合目的

液体中に他の原料・成分を溶かす目的で配合されています[3]

参考文献

  1. 大木 道則, 他(1989)「溶媒」化学大辞典,2423.
  2. 霜川 忠正(2001)「溶質」BEAUTY WORD 製品科学用語編,567.
  3. 日本化粧品工業連合会(2013)「溶剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,749-751.

溶剤一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

1,3-ブチレングリコール
1,3-ブチレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、1,3-ブチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ 1,3-ブチレングリコール詳細ページ

BG
BG
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、BGの効果や安全性について解説します。
→ BG詳細ページ

PG
PG
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、グラム陰性菌の一種である大腸菌の抗菌による製品安定化剤、色素および香料の溶剤、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、PGの効果や安全性について解説します。
→ PG詳細ページ

安息香酸アルキル(C12-15)
安息香酸アルキル(C12-15)
ベース  エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性有効成分または紫外線吸収剤の溶剤目的で化粧品に配合される成分、安息香酸アルキル(C12-15)の効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸アルキル(C12-15)詳細ページ

安息香酸アルキル(C12~15)
安息香酸アルキル(C12~15)
ベース  エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性有効成分または紫外線吸収剤の溶剤目的で化粧品に配合される成分、安息香酸アルキル(C12~15)の効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸アルキル(C12~15)詳細ページ

イソドデカン
イソドデカン
ベース成分 溶剤
シリコーンをはじめとする油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、イソドデカンの効果や安全性について解説します。
→ イソドデカン詳細ページ

イソプロパノール
イソプロパノール
溶剤
他の成分を溶かし込む溶剤、香気の発散性向上目的で配合される成分、イソプロパノールの効果や安全性について解説します。
→ イソプロパノール詳細ページ

イソヘキサデカン
イソヘキサデカン
ベース成分 エモリエント成分 溶剤
閉塞感のない軽い質感のエモリエント作用、油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、イソヘキサデカンの効果や安全性について解説します。
→ イソヘキサデカン詳細ページ

エタノール
エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、エタノールの効果や安全性について解説します。
→ エタノール詳細ページ

エトキシジグリコール
エトキシジグリコール
溶剤
他の成分を溶かし込む溶剤目的で配合される成分、エトキシジグリコールの効果や安全性について解説します。
→ エトキシジグリコール詳細ページ

オレイルアルコール
オレイルアルコール
ベース成分 エモリエント成分 乳化 溶剤
エモリエント作用、乳化補助、溶剤目的で化粧品に配合される成分、オレイルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ オレイルアルコール詳細ページ

軽質イソパラフィン
軽質イソパラフィン
ベース成分 溶剤
シリコーンをはじめとする油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、軽質イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 軽質イソパラフィン詳細ページ

軽質イソパラフィン
軽質イソパラフィン
ベース成分 エモリエント成分 溶剤
閉塞感のない軽い質感のエモリエント作用、油性成分を溶かし込む溶剤目的で化粧品に配合される成分、軽質イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 軽質イソパラフィン詳細ページ

軽質流動イソパラフィン
軽質流動イソパラフィン
ベース成分 感触改良 光沢 溶剤
感触改良、毛髪におけるツヤ・光沢感付与、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、軽質流動イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 軽質流動イソパラフィン詳細ページ

酢酸エチル
酢酸エチル
溶剤
ネイルエナメルに他の溶媒成分と組み合わせて溶かし込む目的で配合される成分、酢酸エチルの効果や安全性について解説します。
→ 酢酸エチル詳細ページ

酢酸ブチル
酢酸ブチル
溶剤
ネイルエナメルに他の溶媒成分と組み合わせて溶かし込む目的で配合される成分、酢酸ブチルの効果や安全性について解説します。
→ 酢酸ブチル詳細ページ

酢酸リナリル変性アルコール
酢酸リナリル変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、酢酸リナリル変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 酢酸リナリル変性アルコール詳細ページ

ジエチレングリコールモノエチルエーテル
ジエチレングリコールモノエチルエーテル
溶剤
他の成分を溶かし込む溶剤目的で配合される成分、ジエチレングリコールモノエチルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ジエチレングリコールモノエチルエーテル詳細ページ

シクロペンタシロキサン
シクロペンタシロキサン
ベース成分 感触改良 溶剤
感触改良、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、シクロペンタシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ シクロペンタシロキサン詳細ページ

シクロメチコン
シクロメチコン
ベース成分 感触改良 溶剤
感触改良、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、シクロメチコンの効果や安全性について解説します。
→ シクロメチコン詳細ページ

重質流動イソパラフィン
重質流動イソパラフィン
ベース成分 感触改良 光沢 溶剤
感触改良、毛髪におけるツヤ・光沢感付与、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、重質流動イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 重質流動イソパラフィン詳細ページ

水添ポリイソブテン
水添ポリイソブテン
ベース成分 感触改良 光沢 溶剤
感触改良、毛髪におけるツヤ・光沢感付与、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、水添ポリイソブテンの効果や安全性について解説します。
→ 水添ポリイソブテン詳細ページ

精製水
精製水
ベース成分 溶剤
水性基剤、他の成分を溶かし込む溶媒目的で化粧品に配合される成分、精製水の効果や安全性について解説します。
→ 精製水詳細ページ

炭酸プロピレン
炭酸プロピレン
溶剤
有機変性粘土鉱物の極性溶媒、ネイル製品の溶剤、酸性染料の溶出目的で配合される成分、炭酸プロピレンの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸プロピレン詳細ページ

デカメチルシクロペンタシロキサン
デカメチルシクロペンタシロキサン
ベース成分 感触改良 溶剤
感触改良、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、デカメチルシクロペンタシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ デカメチルシクロペンタシロキサン詳細ページ

デカメチルシクロペンタシロキサン
デカメチルシクロペンタシロキサン
ベース成分 感触改良 溶剤
感触改良、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、デカメチルシクロペンタシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ デカメチルシクロペンタシロキサン詳細ページ

テトラデセン
テトラデセン
表面処理 溶剤
無機粉体の表面処理、溶剤目的で化粧品に配合される成分、テトラデセンの効果や安全性について解説します。
→ テトラデセン詳細ページ

パルミチン酸イソプロピル
パルミチン酸イソプロピル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 溶剤 光沢
エモリエント作用、感触改良、溶剤、毛髪に対するツヤ感目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸イソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸イソプロピル詳細ページ

フェニルトリメチコン
フェニルトリメチコン
ベース 皮膜形成 光沢 分散 溶剤
ツヤのある被膜形成、光沢付与、顔料の分散、溶剤目的で化粧品に配合される成分、フェニルトリメチコンの効果や安全性について解説します。
→ フェニルトリメチコン詳細ページ

ブタノール
ブタノール
溶剤
ネイル製品の皮膜形成剤や可塑剤を溶かし込む助溶剤目的で配合される成分、ブタノールの効果や安全性について解説します。
→ ブタノール詳細ページ

プロピレングリコール
プロピレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、グラム陰性菌の一種である大腸菌の抗菌による製品安定化剤、色素および香料の溶剤、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ プロピレングリコール詳細ページ

ベンジルアルコール
ベンジルアルコール
溶剤 浸透
他の成分を溶かし込む溶剤、浸透による染毛促進目的で配合される成分、ベンジルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ベンジルアルコール詳細ページ

変性アルコール
変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 変性アルコール詳細ページ

水
ベース成分 溶剤
水性基剤、他の成分を溶かし込む溶媒目的で化粧品に配合される成分、水の効果や安全性について解説します。
→ 水詳細ページ

ミリスチン酸イソプロピル
ミリスチン酸イソプロピル
ベース成分 エモリエント成分 感触改良 溶剤 光沢
エモリエント作用、感触改良、溶剤、毛髪に対するツヤ感目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸イソプロピルの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸イソプロピル詳細ページ

ミリスチン酸オクチルドデシル
ミリスチン酸オクチルドデシル
ベース エモリエント成分 溶剤
エモリエント作用、油溶性植物エキスの溶剤目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸オクチルドデシルの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸オクチルドデシル詳細ページ

無水エタノール
無水エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、無水エタノールの効果や安全性について解説します。
→ 無水エタノール詳細ページ

流動イソパラフィン
流動イソパラフィン
ベース成分 感触改良 光沢 溶剤
感触改良、毛髪におけるツヤ・光沢感付与、シリコーンの溶剤目的で化粧品に配合される成分、流動イソパラフィンの効果や安全性について解説します。
→ 流動イソパラフィン詳細ページ

TOPへ