人工爪剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

人工爪剤

人工爪剤の定義

人工爪剤とは、爪を作製、延伸するために爪を強化する目的で用いられる成分のことをいいます[1]

これらは様々なモノマー、ポリマー、重合用触媒、安定剤、促進剤からなり、爪に適用している間に自然の爪板によく似た硬い構造の重合体を乾燥することで作成します。

参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「人工爪剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,658-659.

人工爪剤一覧

数字(0) / A-Z(1) / α-ω(0) / ア(0) / イ(0) / ウ(0) / エ(0) / オ(0) / カ(0) / キ(0) / ク(0) / ケ(0) / コ(0) / サ(0) / シ(0) / ス(0) / セ(0) / ソ(0) / タ(0) / チ(0) / ツ(0) / テ(0) / ト(0) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(0) / ヒ(0) / フ(0) / ヘ(0) / ホ(0) / マ(0) / ミ(0) / ム(0) / メ(0) / モ(0) / ヤ(0) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(0) / リ(0) / ル(0) / レ(0) / ロ(0) / ワ(0)

化粧品表示名称HEMA
配合目的人工爪形成
化学式HEMA
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ

TOPへ