シリコーン系界面活性剤の解説と成分一覧

1. シリコーン系界面活性剤の解説

ケイ素(Si)と酸素(O)が化学結合により交互に連なったシロキサン結合を主骨格に持つシリコーンの一部に親水性の置換基を導入した構造をもつ界面活性剤です[1]

親水性置換基の種類を変えることで、種々の用途に適した界面活性剤が得られます。

2. シリコーン系界面活性剤の分類

化粧品において使用されるシリコーン系界面活性剤は、以下の表のように(∗1)

∗1 「●」には任意の数字が入ります。

分類 分類(詳細) 化粧品成分名
直鎖型 ポリエーテル変性 PEG-●ジメチコン
PEG-●メチルエーテルジメチコン
ポリエーテル・アルキル共変性 セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン
分岐型 ポリエーテル変性 PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
ポリグリセリン変性 ポリグリセリル-3ジシロキシジメチコン
ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
ポリエーテル・アルキル共変性 ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
ポリグリセリン・アルキル共変性 ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
架橋型 ポリエーテル変性 (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
ポリグリセリン変性 (ジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
ポリエーテル・アルキル共変性 (PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー
ポリグリセリン・アルキル共変性 (ラウリルジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
ポリエーテル・シリコーン・アルキル共変性 (PEG-15/ラウリルポリジメチルシロキシエチルジメチコン)クロスポリマー

直鎖、分岐したシロキサン鎖の一部に、親水性のポリエーテルまたはポリグリセリンや親油性のアルキル基を導入または架橋物としたものが用いられています[2][3]

3. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • シリコーン油の乳化
  • 親油性乳化
  • ヘアコンディショニング
  • 柔らかさおよびしっとり感向上による感触改良
  • 非水系増粘

これらのいずれかまたは複数の目的で様々な製品に汎用されています。

詳細は各シリコーン系界面活性剤のレポートページを参照してください。

4. 参考文献

  1. 神田 吉弘(2003)「シリコーン系界面活性剤」化粧品事典,525-526.
  2. 信越化学工業株式会社(2021)「活性剤/分散剤」化粧品用シリコーン オリジナル原料 Plus,6-9.
  3. 信越化学工業株式会社(2021)「シリコーンゲル活性剤」化粧品用シリコーン オリジナル原料 Plus,10-11.

シリコーン系界面活性剤一覧

数字(0) / A-Z(9) / α-ω(0) / ア(1) / イ(0) / ウ(0) / エ(0) / オ(0) / カ(0) / キ(0) / ク(0) / ケ(0) / コ(0) / サ(0) / シ(2) / ス(0) / セ(1) / ソ(0) / タ(0) / チ(0) / ツ(0) / テ(0) / ト(0) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(0) / ヒ(1) / フ(0) / ヘ(0) / ホ(4) / マ(0) / ミ(0) / ム(0) / メ(0) / モ(0) / ヤ(0) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(3) / リ(0) / ル(0) / レ(0) / ロ(0) / ワ(0)

化粧品表示名 PEG-3ジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 PEG-3ジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-9ジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 PEG-9ジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-10ジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 PEG-10ジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-10メチルエーテルジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化、ヘアコンディショニング など
化学式 PEG-10メチルエーテルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-11メチルエーテルジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化、ヘアコンディショニング など
化学式 PEG-11メチルエーテルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 PEG-12ジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 PEG-12ジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー
配合目的 親油性乳化、非水系増粘
化学式 (PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (PEG-15/ラウリルポリジメチルシロキシエチルジメチコン)クロスポリマー
配合目的 親油性乳化またはシリコーン油の乳化、非水系増粘
化学式 (PEG-15/ラウリルポリジメチルシロキシエチルジメチコン)クロスポリマー
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー
配合目的 分散
化学式  
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
配合目的 親油性乳化またはシリコーン油の乳化、非水系増粘
化学式 (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (ジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
配合目的 親油性乳化またはシリコーン油の乳化、柔らかさおよびしっとり感向上による感触改良
化学式 (ジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン
配合目的 親油性乳化およびシリコーン油の乳化
化学式  
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 ビス(PEG/PPG-14/14)ジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 ビス(PEG/PPG-14/14)ジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名 ポリ(オキシエチレン・オキシプロピレン)メチルポリシロキサン共重合体
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 ポリ(オキシエチレン・オキシプロピレン)メチルポリシロキサン共重合体
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名 ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
配合目的 シリコーン油の乳化
化学式 ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化、柔らかさおよびしっとり感向上による感触改良
化学式 ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
配合目的 シリコーン油の乳化、柔らかさおよびしっとり感向上による感触改良、分散
化学式 ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
配合目的 親油性乳化およびシリコーン油の乳化
化学式 ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 (ラウリルジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
配合目的 親油性乳化、なめらかな感触付与による感触改良
化学式 (ラウリルジメチコン/ポリグリセリン-3)クロスポリマー
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名 ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
配合目的 親油性乳化およびシリコーン油の乳化、柔らかさおよびしっとり感向上による感触改良
化学式 ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
レポート → 基本情報・配合目的・安全性ページ

TOPへ