感触改良剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

感触改良剤

感触改良剤の定義

感触改良剤とは、製品の使用感(∗1)を向上させるために用いられる成分のことをいいます[1a]

∗1 使用感とは、化粧品の内容物を直接触った時に感じる触り心地および化粧品の内容物を皮膚や毛髪に塗布している時や塗布した直後に感じる付け心地のことをいいます。

感触改良剤の配合目的

製品の密着性(つき)、展延性(のび)、潤滑性(なめらかさ)、皮膚親和性(肌なじみ)、硬度(硬さ-柔らかさ)、重量感(重い-軽い)、ぬめり感、べたつき感、油感(油っぽさ)などを調整し、使用感を高める目的で様々な製品に用いられます[1b][2][3][4][5]

参考文献

  1. ab霜川 忠正(2001)「官能検査」BEAUTY WORD 製品科学用語編,136-137.
  2. 霜田 道子・阿部 恒之(1993)「化粧水の使い心地に関する心理学的研究」日本化粧品技術者会誌(27)(1),41-47. DOI:10.5107/sccj.27.41.
  3. 塚田 弘行(2000)「ボディーケア製品の使用性評価」Fragrance Journal(28)(10),67-72.
  4. 坂 貞德, 他(2009)「マッサージクリームのレオロジー特性の研究」Fragrance Journal(37)(12),12-18.
  5. 名畑 嘉之(2009)「口紅の感触とレオロジー研究」Fragrance Journal(28)(10),26-32.

感触改良剤一覧

数字(0) / A-Z(0) / α-ω(0) / ア(2) / イ(1) / ウ(0) / エ(0) / オ(1) / カ(16) / キ(0) / ク(0) / ケ(1) / コ(11) / サ(5) / シ(6) / ス(11) / セ(5) / ソ(0) / タ(2) / チ(0) / ツ(0) / テ(1) / ト(4) / ナ(0) / ニ(3) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(1) / ヒ(1) / フ(1) / ヘ(2) / ホ(7) / マ(0) / ミ(2) / ム(0) / メ(4) / モ(0) / ヤ(0) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(0) / リ(0) / ル(0) / レ(0) / ロ(1) / ワ(0)

化粧品表示名称アラキジルアルコール
配合目的粘稠性調整による感触改良 など
化学式アラキジルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称アラキルアルコール
配合目的粘稠性調整による感触改良 など
化学式アラキルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
イソステアリルアルコール
配合目的油性基剤、展延性による感触改良 など
化学式イソステアリルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
オレイルアルコール
配合目的エモリエント、油性感および密着性低減による感触改良、加脂肪、溶剤 など
化学式オレイルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称架橋型メチルポリシロキサン
配合目的パウダリー感付与およびベタつき感軽減による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式架橋型メチルポリシロキサン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称加水分解エラスチン
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良、機能性成分の効果促進作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称加水分解コラーゲン
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コラーゲン液
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コラーゲン液(3)
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コラーゲン液(4)
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コラーゲン塩酸塩
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コラーゲン液末
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称加水分解コンキオリン
配合目的なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、潤滑性による感触改良 など
抽出元イメージ加水分解コンキオリン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解コンキオリン液
配合目的なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用、潤滑性による感触改良 など
抽出元イメージ加水分解コンキオリン液
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解ゼラチン液
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解蛋白質
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称加水分解プロテイン
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
加水分解卵白
配合目的潤滑性による感触改良 など
抽出元イメージ加水分解卵白
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称カニナバラ果実油
配合目的エモリエント、密着性による感触改良 など
抽出元イメージカニナバラ果実油
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
カルナウバロウ
配合目的耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ、物理的脱毛 など
抽出元イメージカルナウバロウ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称乾燥トウモロコシデンプン
配合目的展延性および付着性による感触改良、親水性増粘およびゲル化、結合、研磨(スクラブ) など
化学式乾燥トウモロコシデンプン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
結晶セルロース
配合目的展延性による感触改良、結合、乳化安定化、研磨(スクラブ) など
化学式結晶セルロース
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称硬化油
配合目的油性基剤、展延性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称合成炭化水素ワックス
配合目的固化、非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称合成ワックス
配合目的固化、非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称高融点ポリエチレン末
配合目的固化、非水系増粘、クリーミィな感触付与による感触改良 など
化学式高融点ポリエチレン末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称コーンスターチ
配合目的展延性および付着性による感触改良、親水性増粘およびゲル化、結合、研磨(スクラブ) など
化学式コーンスターチ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称コハク酸ジ2-エチルヘキシル
配合目的油性基剤、硬度調整による感触改良、溶剤、光沢付与 など
化学式コハク酸ジ2-エチルヘキシル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称コハク酸ジエチルヘキシル
配合目的油性基剤、硬度調整による感触改良、溶剤、光沢付与 など
化学式コハク酸ジエチルヘキシル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称コハク酸ジオクチル
配合目的油性基剤、硬度調整による感触改良、溶剤、光沢付与 など
化学式コハク酸ジオクチル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
コメヌカロウ
配合目的耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ など
抽出元イメージコメヌカロウ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称コラーゲン加水分解物
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称コラーゲン・トリペプチド F
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称酢酸セルロース
配合目的潤滑性および展延性による感触改良、研磨(スクラブ) など
化学式酢酸セルロース
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称酢酸セルロース末
配合目的潤滑性および展延性による感触改良、研磨(スクラブ) など
化学式酢酸セルロース末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称サクシノイルアテロコラーゲン液
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称サクシノイルアテロコラーゲン
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称サラシミツロウ
配合目的粘着性および可撓性による感触改良、物理的脱毛 など
取得元イメージサラシミツロウ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー
配合目的潤滑性および柔軟性向上による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称ジメチコンクロスポリマー
配合目的パウダリー感付与、なめらかさ向上およびベタつき感軽減による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式ジメチコンクロスポリマー
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
配合目的パウダリー感付与およびベタつき感軽減による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ジメチルシロキサン・メチルステアロキシシロキサン共重合体
配合目的非水系増粘、密着性向上およびベタつき感軽減による感触改良、光沢付与 など
化学式ジメチルシロキサン・メチルステアロキシシロキサン共重合体
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ジメチル/ステアロキシポリシロキサン
配合目的非水系増粘、密着性向上およびベタつき感軽減による感触改良、光沢付与 など
化学式ジメチル/ステアロキシポリシロキサン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
シロキクラゲ多糖体
配合目的皮表水分保持による保湿作用、ベタつき感およびつっぱり感軽減による感触改良、泡質および泡持続性増強 など
抽出元イメージシロキクラゲ多糖体
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称水素添加ホホバ油
配合目的非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称水添ココグリセリル
配合目的油性基剤、展延性による感触改良、加脂肪 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称水添パーム油
配合目的油性基剤、展延性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称水添ホホバ油
配合目的非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
水溶性コラーゲン
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称水溶性コラーゲン液
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称水溶性コラーゲン液(1)
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称水溶性コラーゲン液(3)
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称水溶性コラーゲン液(4)
配合目的皮表水分保持による保湿作用、潤滑性による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
ステアリルアルコール
配合目的乳化安定化、粘稠性向上による感触改良、加脂肪 など
化学式ステアリルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー
配合目的非水系増粘、密着性向上およびベタつき感軽減による感触改良、光沢付与 など
化学式(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
セタノール
配合目的乳化安定化、油性感および密着性低減による感触改良、加脂肪 など
化学式セタノール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称セテアリルアルコール
配合目的乳化安定化、粘稠性調整による感触改良、加脂肪 など
化学式セテアリルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称セトステアリルアルコール
配合目的乳化安定化、粘稠性調整による感触改良、加脂肪 など
化学式セトステアリルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称セルロース
配合目的展延性および吸油性による感触改良、賦形、乳化安定化、研磨(スクラブ) など
化学式セルロース
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称セルロース末
配合目的展延性および吸油性による感触改良、賦形、乳化安定化、研磨(スクラブ) など
化学式セルロース末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称タピオカデンプン
配合目的展延性および付着性による感触改良、親水性増粘およびゲル化、結合 など
化学式タピオカデンプン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称たん白加水分解液
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
デキストリン
配合目的親水性増粘、粘着性による感触改良、結合、賦形 など
化学式デキストリン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称トウモロコシデンプン
配合目的展延性および付着性による感触改良、親水性増粘およびゲル化、結合、研磨(スクラブ) など
化学式トウモロコシデンプン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称トリベヘニン
配合目的硬度調整による感触改良、非水系増粘 など
化学式トリベヘニン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称トリベヘン酸グリセリル
配合目的硬度調整による感触改良、非水系増粘 など
化学式トリベヘン酸グリセリル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称トリメチルグリシン
配合目的角層水分量増加による保湿作用、潤滑性および展延性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式トリメチルグリシン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
乳酸オクチルドデシル
配合目的エモリエント、油性感低減および展延性向上による感触改良 など
化学式乳酸オクチルドデシル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
乳酸セチル
配合目的エモリエント、油性感低減、クリーミィな感触付与および展延性向上による感触改良 など
化学式乳酸セチル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
乳酸ミリスチル
配合目的エモリエント、油性感低減、クリーミィな感触付与および展延性向上による感触改良 など
化学式乳酸ミリスチル
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
パラフィン
配合目的固化、硬度調整による感触改良 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
配合目的潤滑性および柔軟性向上による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
プルラン
配合目的潤滑性および密着性による感触改良 など
化学式プルラン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
ベタイン
配合目的角層水分量増加による保湿作用、潤滑性および展延性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式ベタイン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
べヘニルアルコール
配合目的乳化安定化、粘稠性調整による感触改良、加脂肪 など
化学式べヘニルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称飽和脂肪酸グリセリル
配合目的油性基剤、展延性による感触改良、加脂肪 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称ポリエチレン
配合目的固化、非水系増粘、クリーミィな感触付与による感触改良 など
化学式ポリエチレン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ポリエチレン末
配合目的固化、非水系増粘、クリーミィな感触付与による感触改良 など
化学式ポリエチレン末
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ポリエチレンワックス
配合目的固化、非水系増粘、クリーミィな感触付与による感触改良 など
化学式ポリエチレンワックス
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ポリオキシエチレンメチルグルコシド
配合目的角層水分量増加による保湿作用、潤滑性および皮膜感による感触改良 など
化学式ポリオキシエチレンメチルグルコシド
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ポリペプタイド
配合目的皮表水分保持および角層水分量増加による保湿作用、潤滑性による感触改良、なめらかさおよびツヤ向上によるヘアコンディショニング作用 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称ポリメチルシルセスキオキサン
配合目的滑り性および展延性向上による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式ポリメチルシルセスキオキサン
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
ミツロウ
配合目的粘着性および可撓性による感触改良、物理的脱毛 など
取得元イメージミツロウ
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
ミリスチルアルコール
配合目的乳化安定化、粘稠性調整による感触改良、加脂肪 など
化学式ミリスチルアルコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称メチルグルセス-10
配合目的角層水分量増加による保湿作用、潤滑性および皮膜感による感触改良 など
化学式メチルグルセス-10
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称メチルグルセス-20
配合目的角層水分量増加による保湿作用、潤滑性および皮膜感による感触改良 など
化学式メチルグルセス-20
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称メチルシロキサン網状重合体
配合目的滑り性および展延性向上による感触改良、ソフトフォーカス効果 など
化学式メチルシロキサン網状重合体
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
化粧品表示名称
医薬部外品表示名称
メドウフォーム油
配合目的エモリエント、湿潤性、密着性および重厚感付与による感触改良 など
抽出元イメージメドウフォーム油
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ
医薬部外品表示名称ローズヒップ油
配合目的エモリエント、密着性による感触改良 など
抽出元イメージローズヒップ油
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性の詳細ページ

TOPへ