研磨・スクラブ剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

研磨・スクラブ剤

研磨・スクラブ剤とは、

  • マッサージ効果の増強
  • 古い角質および皮脂の除去

主にこれらのいずれかまたは両方の目的で使用する粉末(粒子)のことであり、その作用は粒子の物理的な研磨によるものです。

研磨・スクラブ剤に用いられる粉末・粒子は、以下のように、

種類成分名称
天然糖類スクロース、乳糖、コーンスターチ
塩類海塩、重曹
植物種子・皮アーモンド、オートミール、クルミ殻粒、コメヌカ
植物ワックスカルナウバロウ、コメヌカロウ
顔料シリカ
繊維セルロース
半合成繊維結晶セルロース
植物種子水添ホホバ油、ホホバエステル
合成樹脂ポリエチレン
鉱物合成ワックス

天然物から合成物まで様々な種類が使用されており、研磨・スクラブ剤は物理的な研磨作用によって効果を発揮することから、物質の硬さ、弾性、さらに吸着性などで研磨・スクラブ効果や皮膚刺激性に違いがあると考えられます。

研磨・スクラブ剤に用いられるポリエチレンは、マイクロビーズまたはプラスチックビーズと呼ばれていますが、このマイクロプラスチックビーズには生分解性(∗1)がほとんどないことから、2010年代より直径5mm以下のマイクロプラスチックビーズによる生物被害および環境汚染が問題提起されている現状があります。

∗1 生分解性とは、環境中の微生物・酵素の働きによって最終的に無害な物質まで分解される性質のことです。

このような背景があり、環境保護の観点からEU加盟国であるオランダ、オーストラリア、ベルギーおよびスウェーデンの4ヶ国は、2014年に化粧品へのマイクロビーズの使用を禁止する共同声明を発表し、それを皮切りに2017年にはアメリカおよび韓国がマイクロビーズを含む化粧品の製造禁止を発表、2018年にはフランス、イギリス、台湾、ニュージーランドおよびカナダがマイクロビーズを含む化粧品の製造禁止を発表しています[1][2]

日本においては国による方針発表はないものの、2016年に日本化粧品工業連合会により化粧品販売企業に向けて、洗い流しのスクラブ製品におけるマイクロビーズの使用中止に関する文書の発信があり、2017年の三菱化学テクノリサーチによる調査結果では、市販150種類の洗顔料およびボディソープ(各75個)のうちポリエチレンの成分表示があったものは洗顔料に2種類のみであり、自主規制は着実に進んでいると考えられます[3]

参考文献

  1. The United Nations Environment Programme(2015)「Plastics in Cosmetics: Are we polluting the environment through our personal care (Factsheet)」 hdl:20.500.11822/21754.
  2. 環境省(2018)「プラスチックを取り巻く国内外の状況」, 2020年2月3日アクセス.
  3. 三菱ケミカルリサーチ(2017)「平成28年度国内外におけるマイクロビーズの流通実態等に係る調査業務報告書」, 2020年2月3日アクセス.

研磨・スクラブ剤一覧

アーモンド
アーモンド
スクラブ 賦形
研磨・スクラブ、増量目的で化粧品に配合される成分、アーモンドの効果や安全性について解説します。
→ アーモンド詳細ページ

アルモンド核仁末
アルモンド核仁末
スクラブ 賦形
研磨・スクラブ、増量目的で化粧品に配合される成分、アルモンド核仁末の効果や安全性について解説します。
→ アルモンド核仁末詳細ページ

海塩
海塩
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海塩の効果や安全性について解説します。
→ 海塩詳細ページ

海水乾燥物
海水乾燥物
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海水乾燥物の効果や安全性について解説します。
→ 海水乾燥物詳細ページ

海水乾燥物(2)
海水乾燥物(2)
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海水乾燥物(2)の効果や安全性について解説します。
→ 海水乾燥物(2)詳細ページ

カルナウバロウ
カルナウバロウ
安定化成分 光沢 感触改良 スクラブ 物理的脱毛
耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ、物理的脱毛目的で化粧品に配合される成分、カルナウバロウの効果や安全性について解説します。
→ カルナウバロウ詳細ページ

結晶セルロース
結晶セルロース
感触改良 結合 安定化 スクラブ
展延性による感触改良、結合、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、結晶セルロースの効果や安全性について解説します。
→ 結晶セルロース詳細ページ

硬化ヒマシ油
硬化ヒマシ油
ベース成分 加脂肪 スクラブ
油性基剤、加脂肪、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化ヒマシ油詳細ページ

硬化油
硬化油
ベース成分 加脂肪 スクラブ
油性基剤、加脂肪、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性について解説します。
→ 硬化油詳細ページ

合成炭化水素ワックス
合成炭化水素ワックス
固化 増粘 感触改良 スクラブ
固化、非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、合成炭化水素ワックスの効果や安全性について解説します。
→ 合成炭化水素ワックス詳細ページ

合成ワックス
合成ワックス
固化 増粘 感触改良 スクラブ
固化、非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、合成ワックスの効果や安全性について解説します。
→ 合成ワックス詳細ページ

コーンスターチ
コーンスターチ
付着 増粘 スクラブ
付着性の向上、増粘調整、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、コーンスターチの効果や安全性について解説します。
→ コーンスターチ詳細ページ

コメヌカ
コメヌカ
スクラブ 賦形
研磨・スクラブ、増量(賦形)目的などで化粧品に配合される成分、コメヌカの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカ詳細ページ

コメヌカロウ
コメヌカロウ
安定化 光沢 感触改良 スクラブ
耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、コメヌカロウの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカロウ詳細ページ

重曹
重曹
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、重曹の効果や安全性について解説します。
→ 重曹詳細ページ

重炭酸ナトリウム
重炭酸ナトリウム
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、重炭酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 重炭酸ナトリウム詳細ページ

シリカ
シリカ
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 遊色 表面処理 スクラブ 抗炎症成分
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、遊色効果、表面処理、スクラブ、ウロキナーゼ吸着による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、シリカの効果や安全性について解説します。
→ シリカ詳細ページ

水素添加ホホバ油
水素添加ホホバ油
増粘 感触改良 スクラブ
非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、水素添加ホホバ油の効果や安全性について解説します。
→ 水素添加ホホバ油詳細ページ

no-image
水素添加ホホバ油
増粘 スクラブ
非水系増粘、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、水素添加ホホバ油の効果や安全性について解説します。
→ 水素添加ホホバ油詳細ページ

水添ヒマシ油
水添ヒマシ油
ベース成分 加脂肪 スクラブ
油性基剤、加脂肪、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ 水添ヒマシ油詳細ページ

水添ホホバ油
水添ホホバ油
増粘 感触改良 スクラブ
非水系増粘、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、水添ホホバ油の効果や安全性について解説します。
→ 水添ホホバ油詳細ページ

スクロース
スクロース
保湿成分 透明化 スクラブ
固形石鹸の透明化、保水、研磨(スクラブ)目的で化粧品に配合される成分、スクロースの効果や安全性について解説します。
→ スクロース詳細ページ

セルロース
セルロース
感触改良 賦形 安定化 スクラブ
感触改良、賦形、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、セルロースの効果や安全性について解説します。
→ セルロース詳細ページ

セルロース末
セルロース末
感触改良 賦形 安定化 スクラブ
感触改良、賦形、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、セルロース末の効果や安全性について解説します。
→ セルロース末詳細ページ

炭酸水素Na
炭酸水素Na
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素Naの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素Na詳細ページ

炭酸水素ナトリウム
炭酸水素ナトリウム
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素ナトリウム詳細ページ

乳糖
乳糖
保湿成分 スクラブ
製品自体の保水、研磨(スクラブ)目的で化粧品に配合される成分、乳糖の効果や安全性について解説します。
→ 乳糖詳細ページ

白糖
白糖
保湿成分 透明化 スクラブ
固形石鹸の透明化、保水、研磨(スクラブ)目的で化粧品に配合される成分、白糖の効果や安全性について解説します。
→ 白糖詳細ページ

no-image
ホホバエステル
エモリエント 増粘 スクラブ
エモリエント効果、非水系増粘、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、ホホバエステルの効果や安全性について解説します。
→ ホホバエステル詳細ページ

無水ケイ酸
無水ケイ酸
ベース 感触改良 ソフトフォーカス 遊色 表面処理 スクラブ 抗炎症成分
ベアリング効果およびチキソトロピー性による感触改良・粉体基剤、光散乱によるソフトフォーカス効果、遊色効果、表面処理、スクラブ、ウロキナーゼ吸着による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、無水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ 無水ケイ酸詳細ページ

TOPへ