細胞賦活成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして細胞賦活成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

細胞賦活成分と言われても意味がわかりにくいと思うので、最初に簡単に説明しておきます。

賦活というのは、勢いよく動く元気を与えるという意味で、皮膚美容では、

  1. 衰えた皮膚の入れ替わり(ターンオーバー)を改善する働きができる
  2. 皮膚の細胞と細胞の間を埋めている間充物質(基質)を補うことができる
  3. 皮膚の水分保持を高められる
  4. 線維芽細胞の減少を補える
  5. コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質を正常に保てる
  6. メラニン色素の皮膚外排出を円滑に行う

など、総合的に皮膚機能の低下を活性化できる成分を細胞賦活成分と呼びます。

細胞賦活成分一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。




D-パントテニルアルコール
D-パントテニルアルコールとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分
育毛や細胞活性、抗炎症目的で化粧品に配合される成分、D-パントテニルアルコールの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ D-パントテニルアルコール記事を読む

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)と
EGF(ヒトオリゴペプチド-1)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 保湿成分
細胞賦活による老化防止やシミやシワの予防目的で化粧品に配合されるベース成分、ヒトオリゴペプチド-1(EGF,ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ EGF記事を読む


アスパラギン酸
アスパラギン酸とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
角質の潤いを保持する効果や皮膚の新陳代謝の促進目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アスパラギン酸記事を読む

アルゲエキス
アルゲエキス(マリンパージ)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
保湿効果や細胞を修復し代謝を正常化する細胞活性目的で化粧品に配合される成分、アルゲエキス(マリンパージ)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルゲエキス記事を読む

コムギ胚芽油
ウィートジャームオイル(コムギ胚芽油)とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 エモリエント成分 細胞賦活成分
血液を促進させ細胞を若返らせる細胞賦活やエモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、コムギ胚芽油(小麦胚芽油,ウィートジャームオイル,ウィートジャーム油)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ウィートジャームオイル記事を読む

ウォータークレスエキス(オランダガラシエキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の水分保持を正常化してうるおいや皮膚弾力性やバリア機能を回復させる目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス,クレソンエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ウォータークレスエキス記事を読む

オタネニンジンエキス
オタネニンジンエキスとは…成分効果と副作用を解説
細胞賦活成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗炎症成分
皮膚細胞の活性化や肌のハリや弾力の改善目的で化粧品に配合される成分、オタネニンジンエキス(オタネニンジン根エキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オタネニンジンエキス記事を読む

オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の水分保持を正常化してうるおいや皮膚弾力性やバリア機能を回復させる目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシエキス(ウォータークレスエキス,クレソンエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オランダガラシエキス記事を読む


加水分解コンキオリン
加水分解コンキオリンとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
保湿や細胞活性によるエイジングケア目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 加水分解コンキオリン記事を読む

グルタミン酸Na
グルタミン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
乾燥しない健康な肌を保ったり肌の代謝を活性化する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるグルタミン酸Naの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グルタミン酸Na記事を読む

コムギ胚芽油
コムギ胚芽油(ウィートジャームオイル)とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 エモリエント成分 細胞賦活成分
血液を促進させ細胞を若返らせる細胞賦活やエモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、コムギ胚芽油(小麦胚芽油,ウィートジャームオイル,ウィートジャーム油)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コムギ胚芽油記事を読む

コメヌカスフィンゴ糖脂質
コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分 細胞賦活成分 美白成分
細胞間脂質とバリア機能の強化、線維芽細胞増殖作用やメラニン生成抑制作用など多目的で化粧品に配合される成分、コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド,コメスフィンゴ糖脂質)の効果や安全性(毒性)についてわかりやすく解説します。
→ コメヌカスフィンゴ糖脂質記事を読む

コメヌカ発酵エキス
コメヌカ発酵エキス(コメヌカ発酵液)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
肌自体のうるおいやバリア機能を改善する目的で化粧品に配合される角質の保湿や細胞活性化目的で化粧品に配合される成分、コメヌカ発酵エキス(米糠発酵液)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コメヌカ発酵エキス記事を読む


水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)とは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ 水溶性プロテオグリカン記事を読む

センブリエキス
センブリエキスとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分
 抗酸化成分皮膚の抹消血管促進目的で化粧品に配合される成分、センブリエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ センブリエキス記事を読む


ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 美白成分 保湿成分 細胞賦活成分
コラーゲン代謝活性や保湿やシミ予防など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキス(ダイズエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ダイズ種子エキス記事を読む

トウニンエキス
トウニンエキスとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 細胞賦活成分
保湿や細胞活性化目的で化粧品に配合される成分、トウニンエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トウニンエキス記事を読む


ナイアシンアミド
ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について解説します。
→ ナイアシンアミド記事を読む

ナイアシンアミド
ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について解説します。
→ ニコチン酸アミド記事を読む


パンテノール
パンテノールとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分
育毛や細胞活性、抗炎症目的で化粧品に配合される成分、パンテノールの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ パンテノール記事を読む

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)と
ヒトオリゴペプチド-1(EGF)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 保湿成分
細胞賦活による老化防止やシミやシワの予防目的で化粧品に配合されるベース成分、ヒトオリゴペプチド-1(EGF,ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒトオリゴペプチド-1記事を読む

ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)
ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
天然保湿因子に似た保湿や損傷DNAの修復作用目的で化粧品に配合される成分、ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ビフィズス菌発酵エキス記事を読む

水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
プロテオグリカン(水溶性プロテオグリカン)とは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ プロテオグリカン記事を読む


アルゲエキス
マリンパージ(アルゲエキス)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 細胞賦活成分
保湿効果や細胞を修復し代謝を正常化する細胞活性目的で化粧品に配合される成分、アルゲエキス(マリンパージ)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ マリンパージ記事を読む


ユズ種子エキス
ユズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
ターンオーバー促進やシミ予防、線維芽細胞・コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖による抗老化など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユズ種子エキス記事を読む


ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)
ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分 抗菌成分
細胞の活性化や小ジワの改善や保湿など総合的な抗老化目的で化粧品に配合される成分、ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ローヤルゼリーエキス記事を読む

TOPへ