細胞賦活成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

細胞賦活成分

細胞賦活について

「賦活(ふかつ)」とは、活力を与える、物質の機能・作用を活性化するといった意味ですが、皮膚科学分野においては細胞の働きが衰えることにより相対的に低下した皮膚機能の活性化を意味します[1]

表皮の新陳代謝メカニズム

皮膚は大きく最外層の表皮細胞と表皮細胞を支える真皮細胞に分かれており、以下の表皮の構造図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

表皮細胞の新陳代謝(ターンオーバー)のメカニズム

表皮細胞は、角化細胞(ケラチノサイト)とも呼ばれ、血液やリンパなどから栄養素や調節因子などの制御を受けながら、表皮最下層である基底層で生成された一個の角化細胞はその次につくられた、より新しい角化細胞によって皮膚表面に向かい押し上げられていき、相互に関連しながら各層を移動していく中で有棘細胞、顆粒細胞と分化し、最後はケラチンから成る角質細胞となり、角質層にとどまったのち、角片(∗1)として剥がれ落ちます[2]

∗1 角片とは、体表部分でいえば垢、頭皮でいえばフケを指します。

この表皮の新陳代謝は一般に「ターンオーバー(turnover)」と呼ばれ、細胞が正常に分裂・増殖し皮膚の機能性および恒常性を維持するためには、少なくともエネルギー伝達物質であるATP(adenosine tri-phosphate:アデノシン三リン酸)の供給が必要不可欠であることが知られています[3][4]

生体においてATPは、以下の細胞のATP産生メカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

細胞のATP産生メカニズム

細胞内に入った単糖の一種であるグルコースが分解され、「解糖系」「クエン酸回路」「電子伝達」とよばれる分解過程でそれぞれ産生されることが知られていますが[5a]、表皮細胞においては主に解糖系によって産生されるATPが供給されると考えられています[6]

表皮細胞に供給されるATPを産生する解糖系のATP産生メカニズムについては、以下の解糖系メカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

細胞内でATPを産生する解糖系のメカニズム

細胞内に入ったグルコースは、最初はATP産生準備段階として2分子のATPを消費しながら分解され、その後ATP産生段階として4分子のATPを産生し、最後はピルビン酸としてミトコンドリアのクエン酸回路(TCAサイクル)に進みます[5b][7]

一方で、加齢にともない基底細胞の分裂能が低下すること[8]、実際にヒト表皮細胞内のATP量が加齢にともない減少することが明らかにされていることから[9]、表皮細胞の分裂・増殖・分化を促進することは、表皮ターンオーバーの正常化、ひいては皮膚恒常性の維持において重要であると考えられています。

表皮の新陳代謝改善アプローチ

化粧品において表皮の新陳代謝改善成分とは、衰えた表皮細胞の分裂・増殖・分化を促進する成分であり、実際の表皮の新陳代謝改善作用としては、

  1. ATP産生促進
  2. ATP産生に直接関わる解糖系における加水分解酵素の活性促進

主にこのように作用する成分が報告されており、これらのうち1つ以上の効果を有することで表皮の新陳代謝(ターンオーバー)改善にアプローチします。

参考文献

  1. 霜川 忠正(2008)「細胞賦活剤」BEAUTY WORD 皮膚科学用語編,246-247.
  2. 朝田 康夫(2002)「表皮を構成する細胞は」美容皮膚科学事典,18.
  3. M. Kondo, et al(2000)「The Rate of Cell Growth Is Regulated by Purine Biosynthesis via ATP Production and G1 to S Phase Transition」The Journal of Biochemistry(128)(1),57-64. DOI:10.1093/oxfordjournals.jbchem.a022730.
  4. F. Grummt, et al(1977)「Regulation of ATP Pools, rRNA and DNA Synthesis in 3T3 Cells in Response to Serum or Hypoxanthine」European Journal of Biochemistry(76)(1),7-12. DOI:10.1111/j.1432-1033.1977.tb11564.x.
  5. ab二井 將光(2017)「植物から動物へ。糖を変換してATPエネルギー生産」生命を支えるATPエネルギー メカニズムから医療への応用まで,31-68.
  6. 大城戸 宗男(1978)「角化の生物学;脂質の代謝(2)」皮膚科の臨床(20)(4),265-269.
  7. 多賀谷 光男(2013)「解糖とピルビン酸化」イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書29版,194-203.
  8. M. Engelke, et al(1997)「Effects of xerosis and ageing on epidermal proliferation and differentiation」British Journal of Dermatology(137)(2),219-225. DOI:10.1046/j.1365-2133.1997.18091892.x.
  9. S. Shinohara, et al(2004)「Skin-lightening effects based on accelerated epidermal turnover」Abstract book of The 8th China-Japan Joint Meeting of Dermatology,131-132.

細胞賦活成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

L-オキシプロリン
L-オキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、L-オキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ L-オキシプロリン詳細ページ

γ-アミノ酪酸
γ-アミノ酪酸
細胞賦活 バリア改善 保湿
表皮細胞増殖作用、インボルクリン産生促進作用によるバリア機能改善作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、γ-アミノ酪酸の効果や安全性について解説します。
→ γ-アミノ酪酸詳細ページ

アミノ酪酸
アミノ酪酸
細胞賦活 バリア改善 保湿
表皮細胞増殖作用、インボルクリン産生促進作用によるバリア機能改善作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アミノ酪酸の効果や安全性について解説します。
→ アミノ酪酸詳細ページ

エクトイン
エクトイン
保湿 細胞賦活
水分保持による保湿作用、HSP(ヒートショックプロテイン)形成速度促進による細胞保護作用目的で化粧品に配合される成分、エクトインの効果や安全性について解説します。
→ エクトイン詳細ページ

加水分解コンキオリン
加水分解コンキオリン
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン詳細ページ

加水分解コンキオリン液
加水分解コンキオリン液
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリン液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン液詳細ページ

クロレラエキス
クロレラエキス
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、クロレラエキスの効果や安全性について解説します。
→ クロレラエキス詳細ページ

サイタイエキス
サイタイエキス
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化による保湿作用、上皮細胞増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サイタイエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイタイエキス詳細ページ

サイタイ抽出液
サイタイ抽出液
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化による保湿作用、上皮細胞増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サイタイ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ サイタイ抽出液詳細ページ

ザクロ種子油
ザクロ種子油
エモリエント成分 ベース成分 細胞賦活
エモリエント作用、表皮ケラチノサイト増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ザクロ種子油の効果や安全性について解説します。
→ ザクロ種子油詳細ページ

シラカバエキス
シラカバエキス
細胞賦活 抗アレルギー 抗老化
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバエキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバエキス詳細ページ

シラカンバ樹皮エキス
シラカンバ樹皮エキス
細胞賦活 抗アレルギー 抗老化
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカンバ樹皮エキス詳細ページ

タイソウエキス
タイソウエキス
細胞賦活
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、タイソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ タイソウエキス詳細ページ

ツボクサエキス
ツボクサエキス
抗老化 細胞賦活
Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用、脂肪細胞産生促進による唇の立体感・輪郭の改善作用目的などで化粧品に配合される成分、ツボクサエキスの効果や安全性について解説します。
→ ツボクサエキス詳細ページ

トウモロコシエキス
トウモロコシエキス
保湿成分 細胞賦活 抗酸化成分 抗シワ成分
皮膚コンディショニング、ATP産生促進による細胞賦活作用、フリーラジカル補足による過酸化脂質抑制作用、フィブロネクチン生成促進による抗シワ作用などの目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシエキス詳細ページ

ナツメ果実エキス
ナツメ果実エキス
細胞賦活
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ナツメ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ナツメ果実エキス詳細ページ

ハトムギ種子エキス
ハトムギ種子エキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハトムギ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハトムギ種子エキス詳細ページ

ヒオウギエキス
ヒオウギエキス
細胞賦活 抗炎症
ピルビン酸キナーゼ活性促進による細胞賦活作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒオウギエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヒオウギエキス詳細ページ

ヒオウギ抽出液
ヒオウギ抽出液
細胞賦活 抗炎症
ピルビン酸キナーゼ活性促進による細胞賦活作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的などで化粧品に配合される成分、ヒオウギ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ ヒオウギ抽出液詳細ページ

ビルベリー葉エキス
ビルベリー葉エキス
抗酸化 細胞賦活
SOD様活性とカタラーゼおよびグルタチオンペルオキシダーゼ産生促進による抗酸化作用、BMAL1発現量増加による細胞賦活作用目的などで化粧品に配合される成分、ビルベリー葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ビルベリー葉エキス詳細ページ

ヒドロキシプロリン
ヒドロキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシプロリン詳細ページ

ユズ種子エキス
ユズ種子エキス
細胞賦活 保湿 抗老化成分
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、Ⅳ型コラーゲン、Ⅶ型コラーゲンおよびラミニン5産生促進による抗老化作用目的で配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ種子エキス詳細ページ

ヨクイニンエキス
ヨクイニンエキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヨクイニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨクイニンエキス詳細ページ

TOPへ