4-n-ブチルレゾルシノール(ルシノール)とは…成分効果と毒性を解説

美白成分
4-n-ブチルレゾルシノール(ルシノール)
[医薬部外品表示名称]
・4-n-ブチルレゾルシノール

[慣用名]
・ルシノール

ポーラ化成工業株式会社の申請により、1998年に医薬部外品として承認された、レゾルシンの4位にn-ブチル基を導入したレゾルシン誘導体(美白剤)です。

ルシノールの美白作用機序は、メラニン産生の鍵となる酵素であるチロシナーゼ拮抗阻害作用およびTRP-1活性阻害作用によるメラニン産生抑制です。

専門的なのでわかりやすく解説しますが、まず最初にメラニンができる仕組みを復習しておくと、

メラニンが合成される仕組み

紫外線を浴びた皮膚は基底層のメラノサイトに存在するチロシンというアミノ酸にチロシナーゼという活性酵素が結合することでドーパに変化し、またドーパでもチロシナーゼが結合することでドーパキノンに変化します。

ドーパキノンの段階では、チロシナーゼではなくTRP-1およびTRP-2という酵素と結合し、その一部がユウメラニン(黒色メラニン)に変わっていきます。

ルシノールは、チロシンおよびドーバの段階でそれぞれのチロシナーゼを阻害し、またドーパキノンの段階でもTRP-1の活性を阻害するため、高いメラニン抑制作用を示します。

最初にチロシナーゼは拮抗阻害作用でTRP-1は活性阻害作用と記載しましたが、上図の「メラニンが合成される仕組み」を参考に、拮抗阻害作用というのはチロシナーゼの代わりにチロシンに結合することでチロシナーゼが結合しようとするのを防止することを意味しており、また活性阻害というのは、TRP-1が活性化するのを防止してドーパキノンと結合しないようにするという意味です。

ポーラ化成工業株式会社研究所が、B16マウスメラノーマ細胞由来チロシナーゼに対する直接阻害活性力比較を実施したところ、ルシノールのチロシナーゼ活性を50%阻害する濃度(IC₅₀値)は44μMとなり、以下の表をみるとわかるように、既存美白成分であるコウジ酸アルブチンおよび外用薬として用いられるハイドロキノンはそれぞれ250μM、4,500μMおよび17,000μMであり、

50%活性阻害濃度(IC₅₀)
ルシノール 44μM
コウジ酸 250μM
ハイドロキノン 4,500μM
アルブチン 17,000μM

チロシナーゼ直接活性阻害という点で、ルシノールはコウジ酸の5.6倍、ハイドロキノンの100倍、アルブチンの380倍の作用を有していることが明らかとなっています(文献1:2001)

また、TRP-1の活性阻害に関しては、

TRP-1におよぼすルシノールの影響

上記のように濃度依存的な直接阻害作用を示しており、TRP-1を50%阻害する濃度(IC₅₀値)は0.93μMとなっています(文献1:2001)

これらの結果からin vitro試験において、チロシナーゼに対する拮抗型阻害作用およびTRP-1活性阻害作用により高いメラニン産生作用を示すものと考えられています。

ヒトに対する効果としては、人工サンバーン予防効果をかねた色素沈着抑制作用評価、人工サンバーン後の色素沈着抑制作用評価、健常女性に対する使用試験および肝斑に対する使用試験が実施されています。

人工サンバーン予防効果をかねた色素沈着抑制作用評価の詳細は、

紫外線照射によるヒト皮膚色素沈着に対するルシノール配合ローションの抑制効果についてプラセボローション(ルシノール未配合)を対照とした二重盲検法にて検討した。

健常人44人の上腕内側に隣接する2試験部位を設け、試験試料を試験部位に1日3回塗布し、塗布開始より2日後に試験部位に0.7MED(最小紅斑線量)相当の紫外線を1日1回、連続3日間照射した。

照射期間中は、照射前に2回、照射後に3回の1日5回塗布とし、照射終了後より試験終了まで1日3回に戻した。

照射開始より7,14および21日後に試験部位の黒化度を肉眼観察によりスコア評価し(変化なし(スコア0)~明瞭な強度の黒化(スコア2.0))、また色彩色差計を用いて皮膚明度(L値)を測定した(以下グラフ)。

人工サンバーン予防効果をかねたルシノールの色素沈着抑制作用(肉眼観察)

人工サンバーン予防効果をかねたルシノールの色素沈着抑制作用(皮膚明度測定)

その結果、プラセボローション塗布部位と比較し、0.3%ルシノール配合ローション塗布部位では肉眼観察によるスコア値および色彩色差計のL値ともに照射7日後より有意な抑制作用が示された(文献1:2001)

このような試験結果となっており、0.3%濃度のルシノール配合で、ヒト皮膚の有意な黒化抑制作用が認められています。

人工サンバーン後の色素沈着抑制作用評価の詳細は、

紫外線照射1週間後からのルシノール配合ローション塗布による色素沈着抑制効果について、健常人13人を用いて二重盲検法にて検討したところ、以下のグラフのように、

人工サンバーン後の色素沈着に対するルシノールの効果(肉眼観察)

人工サンバーン後の色素沈着に対するルシノールの効果(皮膚明度測定)

プラセボローション(ルシノール未配合)と比較して、0.3%ルシノール配合ローション塗布により明らかに色素沈着改善効果が認められ、6週塗布後の黒化度スコア値に統計的有意差(p<0.01)が認められた。 また、塗布開始からのL値についても6週間後に有意差(p<0.05)が認められた(文献1:2001)

これらのヒト皮膚試験結果より、ルシノールは細胞レベルで有効であるだけでなく、ヒト紫外線色素沈着に対しても有効であることが示されています。

健常女性に対する使用試験に関しては、

18-55歳までの健康な女性449人を対象に1ヶ月間の使用試験を行ったところ、使用前と使用後でシミ・くすみ・ソバカスに対して「気になる」「やや気になる」「気にならない」の割合が以下のように変化した。

0.3%ルシノール配合ローションの使用試験結果

1ヶ月という短期間においてもシミ・くすみ・ソバカスが気にならなくなったと自己申告した人の割合が増加しており、0.3%ルシノール配合ローションの有効性が示された(文献1:2001)

このように記載されており、一般的なシミ・くすみ・ソバカスを目立たなくする可能性が示されています。

肝斑に対する臨床試験に関しては、

8施設の皮膚科外来を受診した患者のうち、19人の担当医師が適当と判断し、かつ十分な説明の上で試験参加に同意の得られた肝斑患者67人に24週間連続して1日朝夕2回以上、0.3%ルシノール配合ローションを全顔に使用してもらった。

試験対象者のうち使用12週未満の4人、使用不十分者1人の合計5人を除いた62人を対象として解析した結果、肝斑の濃さ・範囲とも使用4週間後より有意に低下し、使用開始時と比較した改善度も上昇した。

また、24週間継続使用において医師の判定による有用度では、以下の円グラフにみられるように、

0.3%ルシノール配合ローションの肝斑に対する臨床効果

「やや有用」以上が83.9%、「非常に有用」も14.5%認められ、肝斑に対するルシノールの有用性が示された(文献1:2001)

このように記載されており、肝斑に対する有用性が医師によって臨床的に示されています。

スポンサーリンク

4-n-ブチルレゾルシノールの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

4-n-ブチルレゾルシノールの現時点での安全性は、安全試験データを提出して厚生労働省に医薬部外品として承認されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

ポーラ化成工業株式会社研究所の「4-n-ブチルレゾルシノール (ルシノール®) のメラニン産生抑制作用とヒト色素沈着に対する有効性」(文献1:2001)によると、

  • [ヒト試験] 試験使用期間を通じて問題となるような皮膚症状は認められなかったことから安全な美白剤であると考えられた

ポーラ化成工業株式会社研究所の「新美白剤ルシノールの開発」(文献2:1999)によると、

  • ルシノールの安全性については、皮膚刺激性試験を実施し、安全に使用できることが確認されている

と記載されています。

試験データが記載された医薬部外品に関する申請書は公開されていませんが、皮膚刺激性試験のデータを厚生労働省に提出して医薬部外品として承認されていること、またルシノールに関する論文において、安全に使用できることが確認されていると記載されているため、医薬部外品配合範囲において、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全データがみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

ポーラ化成工業株式会社研究所の「4-n-ブチルレゾルシノール (ルシノールR) のメラニン産生抑制作用とヒト色素沈着に対する有効性」(文献1:2001)によると、

  • [ヒト試験] 試験使用期間を通じて問題となるような皮膚症状は認められなかったことから安全な美白剤であると考えられた

ポーラ化成工業株式会社研究所の「新美白剤ルシノールの開発」(文献2:1999)によると、

  • ルシノールの安全性については、皮膚感作性試験を実施し、安全に使用できることが確認されている

と記載されています。

試験データが記載された医薬部外品に関する申請書は公開されていませんが、皮膚感作性試験のデータを厚生労働省に提出して医薬部外品として承認されていること、またルシノールに関する論文において、安全に使用できることが確認されていると記載されているため、皮膚感作はほとんどないと考えられます。

安全性についての捕捉

ルシノールによるメラニン産生の抑制は可逆的であり、細胞毒性によるものではないことが強く示唆されており(文献1:2001)、また健康な皮膚に対して色素脱失や白斑の形成などの副作用がないことがポーラ化成工業株式会社研究所によって確認されています(文献2:1999)

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
4-n-ブチルレゾルシノール 掲載なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、4-n-ブチルレゾルシノールは掲載なし(∗2)となっていますが、これは化医薬部外品成分であるためです。

安全性の記載について医薬部外品として厚生労働省に承認されていることから、厚生労働省基準の安全性としては問題ないと考えられます。

∗∗∗

ルシノールは美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 片桐 崇行, 大久保 禎, 及川 みどり, 二木 希世子, 釈 政雄, 河合 充夫, 竹ノ内 正紀(2001)「4-n-ブチルレゾルシノール (ルシノール®) のメラニン産生抑制作用とヒト色素沈着に対する有効性」, <https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj1979/35/1/35_1_42/_article/-char/ja> 2018年4月23日アクセス.
  2. 竹ノ内 正紀(1999)「新美白剤ルシノールの開発」, <http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902143564701545> 2018年4月23日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ