マグワ根皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

美白成分 抗酸化成分 抗炎症成分 育毛剤 血行促進成分 消臭剤
マグワ根皮エキス
[化粧品成分表示名称]
・マグワ根皮エキス

[医薬部外品表示名称]
・クワエキス

[慣用名]
・ソウハクヒエキス、桑白皮エキス

クワ科植物マグワ(学名:Morus alba)の根皮からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

マグワ根皮エキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • フラボノイド類:モルシン
  • ポリフェノール類:オキシレスベラトロール
  • アデニン
  • ベタイン

などで構成されています(文献1:2006)

マグワ根皮はクワの根のコルク層を除去した根皮で桑白皮(そうはくひ)といいます。

薬理的には降圧、利尿、降血糖作用などが報告されており、漢方では止咳、利水消腫の効能があり、炎症性の咳嗽や呼吸困難、血痰、浮腫、脚気、排尿減少などに用いられます(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、ヘアケア&頭皮ケア製品、洗顔料、洗浄製品、まつげ美容液、パック&マスク製品、消臭製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献5:2006;文献6:2014;文献9:2003)

また2018年にポーラ化成によって血管再生促進作用が報告されており、血管再生による唇の血色改善や栄養供給が高まることによる真皮状態の調整目的でリップケア化粧品にも使用されます(文献8:2018)

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用

色素沈着抑制の作用機序に関しては、まず黒化メラニンができる仕組みを解説しておくと、

メラニンが合成される仕組み

紫外線を浴びた皮膚は、紫外線の情報をメラノサイトまで転送し、メラノサイトに紫外線情報が届くと、チロシナーゼという酵素が活性化してチロシンというアミノ酸と結合してドーパに変化し、それ以降もそれぞれの酵素と結合して変化していき、黒化メラニンに生合成されます。

マグワ根皮エキスに含有されているオキシレスベラトロールにはチロシナーゼの活性を阻害する作用が様々な研究で認められており、マグワ根皮エキスの色素沈着抑制は、チロシナーゼの活性を阻害することでチロシンとの結合を抑制し、メラニン生合成を行わせないことで黒化メラニンを抑制するという作用になります。

毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用

毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用に関しては、まず毛周期(ヘアサイクル)の仕組みについて解説しておきますが、毛髪は以下の図のように、

毛周期(ヘアサイクル)

2~6年の「成長期」、数週間の「退行期」、数ヶ月の「休止期」というサイクルで自然な脱毛から新しい毛髪に生え替わるサイクルを繰り返しており、洗髪やブラッシングなどで抜ける髪は休止期のもので、1日の自然脱毛数は50~80本程度です(文献7:2002)

マグワ根皮エキスの毛周期改善作用とは、この数ヶ月ある休止期を短縮し成長期を伸ばす(毛髪を長く太くする)もので、2014年に富士産業によって報告されたマグワ根皮エキスの育毛効果検証によると、

脱毛症を有する68人の患者(男性型脱毛症患者55人、女性型びまん性脱毛症患者13人)の患部にマグワ根皮のエタノール抽出物2mLを1日2回9ヶ月にわたって塗布した。

その結果、男性型脱毛症では男性55人のうち33人(60%)に改善がみられ、女性型脱毛症では女性13人のうち7人(53.8%)に改善がみられ、全体として68人のうち40人(58.8%)に改善効果が確認された。

このような結果が明らかになっており(文献6:2014)、男性型脱毛症および女性型脱毛症の改善効果が示唆されています。

また、マグワ根皮エキスの毛周期改善作用は毛髪だけでなくまつ毛にも適用されており、まつ毛用化粧品に配合される場合は眼への刺激性を考慮してBG(ブチレングリコール)で抽出されたものが使用されます。

2014年に富士産業によって報告されたマグワ根皮エキスにおけるまつ毛の育毛効果検証によると、

11人の女性被検者(20代~50代)のまつ毛根元にマグワ根皮エキス配合まつ毛美容液を1日2回4週間にわたって、アイメイクを落とした状態で塗布し、写真およびアンケートによる評価を行ったところ、以下のアンケート結果のように、

  項目 回答 1週間後 2週間後 4週間後
1 まつ毛の量 多くなった 18% 45% 73%
変化なし 82% 55% 27%
少なくなった 0 0 0
2 まつ毛の長さ 長くなった 27% 64% 91%
変化なし 73% 36% 9%
短くなった 0 0 0
3 まつ毛のハリ・コシ 強くなった 64% 91% 100%
変化なし 36% 9% 0
弱くなった 0 0 0

50%以上の被検者が2週間後になんらかの改善効果を実感しており、4週間後には70%以上の被検者が改善効果を得られた。

これらの結果からマグワ根皮エキスの育毛作用はまつ毛においても有効であり、まつ毛への育毛効果は早期に実感できることが示された。

このような研究結果が明らかにされており(文献6:2014)、マグワ根皮エキスの育毛効果はまつ毛にも有効であり、またまつ毛においては早期に改善効果が実感できることが示唆されています。

ただし、まつ毛における研究では濃度が公開されておらず、化粧品に配合される場合は一般的に1%未満であると推測されるので、試験結果よりは穏やかな改善効果であると考えられます。

ビニルケトン類生成抑制による消臭作用(抗酸化作用)

ビニルケトン類生成抑制による消臭作用(抗酸化作用)に関しては、まず前提知識としてビニルケトン類について解説しておきます。

2003年にライオンがヒトの腋臭について研究した結果、臭気原因成分としてビニルケトン類であるOEO(1-octen-3-one)とODO(cis-1,5-octadien-3-one)が発見されました(文献9:2003)

これらのビニルケトン類は、人体代謝物中のリノール酸リノレン酸などの不飽和脂肪酸と鉄が作用することにより、不飽和脂肪酸が酸化を受けて生成されることが確認されており、このメカニズムにより発生するにおいは酸化臭と定義されています。

この酸化臭は、発汗直後から発生し、とくに汗のかき始めのツンとくるにおいに大きく寄与していると考えられています。

2003年にライオンによって報告された植物抽出エキスの抗酸化作用によるビニルケトン類の生成抑制検証によると、

酸化臭であるビニルケトン類(OEO,ODO)の生成を植物エキスの抗酸化作用により抑制することを検証するために、一般的な抗酸化力を評価するオーブン試験により各種植物抽出エキスの抗酸化力を共役ジエンの生成時間で評価したところ、クワエキス、ワレモコウエキス、ドクダミエキスに高い抗酸化力が認められた。

次に、高い抗酸化力が認められたクワエキス、ワレモコウエキス、ドクダミエキスの抗酸化力をさらに詳しく検証するためにリノール酸を用いたOEOの生成抑制試験を行ったところ、以下のグラフのように、

植物エキスによるOEO生成抑制作用比較

それぞれのエキスで高いOEO生成抑制作用が認められた。

このような検証結果が明らかにされており(文献9:2003)、クワエキス(マグワ根皮エキス)には強い酸化臭抑制作用が認められています。

ただし、試験では濃度などが不明であり、一般的に化粧品配合量は1%未満であるため、試験よりも穏やかな酸化臭抑制作用である可能性が考えられます。

複合植物エキスとしてのマグワ根皮エキス

プランテージ<ホワイト>EXという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 紫外線を浴びることで産生されるメラニン生成を加速させる紫外線情報伝達物質であるエンドセリン-1の抑制
  2. メラニンの生合成に必須の酵素であるチロシナーゼの阻害およびメラニン産生抑制
  3. できてしまったメラニンの転送を抑制
  4. できてしまったメラニンの排出を促進し、肌へのメラニン蓄積を防ぐためのターンオーバーの促進

とされており、それぞれ美白ポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン産生抑制およびくすみや色素沈着を多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はプランテージ<ホワイト>EXであると推測することができます(文献5:2006)

ファルコレックスMSTCという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 紫外線防御
  2. メラニン生成抑制(チロシナーゼ阻害)

とされており、それぞれ美白ポイントの違う植物エキスの相乗効果によってメラニン産生抑制およびくすみや色素沈着を多角的に予防するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスMSTCであると推測することができます。

スポンサーリンク

マグワ根皮エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

マグワ根皮エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されている成分でもあり、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の両前腕内側に2%マグワ根皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を20分FinnChamber適用し、パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応および接触蕁麻疹反応はなかった
  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%マグワ根皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、5人の被検者にわずかな紅斑が観察され、1人の被検者に明瞭な紅斑が観察されたが、72時間後には反応は観察されず、これらの反応は許容範囲内であると考えられた。他の被検者に皮膚刺激および皮膚感作反応は観察されなかった。

“富士産業”の安全性評価(文献6:2014)によると、

  • [ヒト試験] 32人の被検者(男性13人、女性19人、年齢24~53歳)の上腕部内側に2.5%,5%および10%マグワ根皮のブチレングリコール抽出物20μLを24時間FinnChamber適用し、パッチ除去30分後に皮膚反応を評価したところ、すべての濃度でいずれの被検者においても紅斑やかゆみなどの異常は観察されず、陰性であった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、紅斑反応は許容範囲内であると判断されており、皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“富士産業”の安全性評価(文献6:2014)によると、

  • [in vitro試験] 角膜上皮再生モデルを用いてマグワ根皮のブチレングリコール抽出物をプレバリデーション試験方法に準じて実施し評価したところ、現役では刺激性の判定がでたものの、3倍希釈、9倍希釈では無刺激性の判定であった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、現役では刺激性の判定ですが、3倍以上の希釈物では無刺激性の判定が報告されているため、化粧品配合範囲内において、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

光毒性および光感作性について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%マグワ根皮のエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去に塗布部位の左半分をアルミ箔を入れた黒色テープで覆い、UVAライト(3.0J/c㎡)を12.5cmの距離で5分間照射し、照射30分後および翌日に皮膚反応を評価したところ、皮膚反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
マグワ根皮エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、マグワ根皮エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

マグワ根皮エキスは美白成分、抗酸化成分、抗炎症成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分 抗酸化成分 抗炎症成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,369.
  2. 原島 広至(2017)「ソウハクヒ(桑白皮)」生薬単 改訂第3版,184-185.
  3. 鈴木 洋(2011)「桑白皮(そうはくひ)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,287.
  4. 須貝 哲郎(1996)「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」皮膚(38)(4),448-456.
  5. 川嶋 善仁(2006)「高機能植物コンプレックス(オウゴン,タイソウ,カンゾウフラボノイド)の美白効果」Fregrance Journal(34)(8),69-73.
  6. 竹安 共弘, 他(2014)「桑白皮エキスの育毛効果とまつ毛美容液への応用」Fregrance Journal(42)(6),33-37.
  7. 朝田 康夫(2002)「毛髪の成長と寿命」美容皮膚科学事典,359-362.
  8. “ポーラ化成工業株式会社”(2018)「ソウハクヒエキスに唇の血管の再生を促す効果」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20180628_2.pdf> 2018年7月18日アクセス.
  9. 飯田 悟, 他(2003)「体臭発生機構の解析とその対処(1)」日本化粧品技術者会誌(37)(3),195-201.

スポンサーリンク

TOPへ