ソウハクヒエキス(クワエキス)とは…成分効果と副作用を解説

美白成分 抗炎症成分
ソウハクヒエキス(クワエキス)
[化粧品成分表示名称]
・ソウハクヒエキス

[医薬部外品表示名称]
・クワエキス

[慣用名]
・桑エキス

ソウハクヒエキスは、別名クワエキスとも呼ばれており、クワの根の皮を乾燥させたものから抽出した淡黄褐色のエキスです。

クワの根が白いのでクワの根のことをソウハクヒ(桑白皮)といいます。

チロシナーゼの活性を抑制する効果が優れているオキシレスベラトロール(2,3,4,5-テトラヒドロキシスチルベン)という成分がソウハクヒエキスから発見されて以来、美白効果の有効性が報告されています。

他にも主な成分としてフラボノイド、クマリン、タンニンなどの成分を含んでおり、抗酸化作用や抗炎症作用も兼ね備えています。

スポンサーリンク

ソウハクヒエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

ソウハクヒエキスは、植物エキスなのでごくまれに刺激やアレルギー反応が出る方がいますが、安全性が高く副作用もなく使用できます。

抗炎症作用もあり、敏感肌やアトピー肌の方でも使用できる成分です。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ソウハクヒエキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ソウハクヒエキスは美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ