シャクヤクエキスとは…成分効果と副作用を解説

美白成分 抗炎症成分 収れん成分
シャクヤクエキス
[化粧品成分表示名称]
・シャクヤクエキス

ボタン科植物シャクヤクの根から抽出した黄褐色~褐色のエキスです。

主な成分はペオニフロリンで筋肉のケイレン、冷え性や月経不順など婦人病の改善目的で古くから使用されていますが、化粧品に配合すると皮膚の炎症抑制や収斂効果、血行促進効果があります。

また、チロシナーゼを抑制するガロタンニンという成分も含まれており、シミ防止目的で美白化粧品に使用されることの多いエキスです。

つまり、シャクヤクエキスひとつで、

  • シミ防止や肌の透明感の改善
  • ニキビや肌荒れの赤みや炎症を抑えて肌を安定にしてくれる
  • 肌を引き締めなめらかに整えてくれる
  • 血行促進で顔色を明るくしターンオーバーを正常化する

という効果が期待できます。

スポンサーリンク

シャクヤクエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

植物エキスなのでごくまれに刺激やアレルギー反応を感じる方がいるかもしれませんが、安全性は高く副作用の心配もない安心して使える成分です。

敏感肌やアトピー肌の方でも使用できます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、シャクヤクエキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

シャクヤクエキスとセットで使用される成分と効果

・シャクヤクの根から得られる抽出エキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
水、エタノール、BG、シャクヤク根エキス
・シャクヤクの根から得られる抽出エキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
BG、水、シャクヤク根エキス
・シャクヤクの根から抽出されたエキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
シャクヤク根エキス、エタノール、水
・シャクヤクの根から抽出されたエキスとして、以下の成分表示順で使用されます。
シャクヤク根エキス、BG、水

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

シャクヤクエキスは美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ