カモミラETとは…成分効果と副作用を解説

美白成分
カモミラET

キク科植物のカミツレの花から独自の方法で抽出されたエキスです。

日焼けによるシミやソバカスを防ぐ美白効果があるとして1998年に花王が厚生労働省により美白有効成分の認可を得ており、配合すると医薬部外品扱いとなります。

具体的なはたらきとして、紫外線が皮膚にあたると炎症が起こり、様々な情報伝達物質が生じますが、その中でメラノサイトを刺激してメラニン生成を促すひとつがエンドセリン-1で、カモミラETはこのエンドセリン-1の作用を抑制してシミを防止します。

また、メラノサイトの活性化抑制とメラノサイトの増殖を抑制するはたらきもあります。

カモミラETという名称は花王のみが使用しており、一般的にはカモミラエキス(カミツレエキス)を使用しています。

スポンサーリンク

カモミラETの安全性(毒性・刺激性・アレルギー・副作用)について

植物エキスなのでごくまれに刺激やアレルギー反応がでる方がいるかもしれませんが、ほとんど刺激がなく非常に安全性の高い安心して使用できる成分です。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、カモミラETは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

カモミラETは美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分一覧

スポンサーリンク

TOPへ