アルブチンとは…成分効果と毒性を解説

美白
アルブチン
[化粧品成分表示名称]
・アルブチン

[医薬部外品表示名称]
・アルブチン

[慣用名]
・β-アルブチン

1989年に医薬部外品美白有効成分として承認された(文献2:1990)ハイドロキノングルコースをβ結合してつくられるハイドロキノン誘導体です。

一般的にアルブチンと成分表示に記載されているアルブチンはβ-アルブチンであり、アルブチンには他に2002年に江崎グリコによってβ-アルブチンの約10倍のチロシナーゼ活性阻害効果を有するα-アルブチンが開発されており、こちらはα-アルブチンと表示されます。

アルブチンは天然にはウワウルシやコケモモなどの植物の葉に含まれています。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、美白化粧品、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、洗顔料&洗顔石鹸、シート&マスク製品に使用されます。

チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用

チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン生合成のメカニズムおよびチロシナーゼについて解説します。

以下のメラニン生合成のメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユーメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合し、チロシンが酸化することでドーパ、ドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されます。

このような背景からチロシンとチロシナーゼの結合を阻害し、チロシンとチロシナーゼの結合量を減らすことは、色素沈着抑制という点で重要であると考えられます。

1991年に資生堂によって報告されているアルブチンのメラニンに対する影響検証によると、

in vitro試験においてメラニン生成、細胞内チロシナーゼ活性に対するアルブチンの作用について検討し、さらにこれらの作用に対するハイドロキノンの寄与について検討した。

最初にメラニン生成抑制に対するアルブチンの影響を検討するために、マウス由来B16メラノーマ細胞を用いた培地5mLに5×10⁻⁵M濃度のアルブチン20μLを添加し、3日間培養・処理後にチロシナーゼ活性を測定したところ、以下のグラフのように、

B16メラノーマ細胞におけるアルブチンのメラニン生成への影響

アルブチンは、10⁻⁶M濃度では無添加の約98%、10⁻⁵M濃度では約60%、5×10⁻⁵M濃度では約39%、10⁻⁴M濃度では約41%と濃度依存的なメラニン生成率の減少を示した(∗1)

∗1 10⁻⁶は0.000001、10⁻⁵は0.00001および10⁻⁴は0.0001のことです。

5×10⁻⁵M以下濃度で細胞増殖に影響を与えないことが明らかになっているため、アルブチンは細胞増殖に影響を与えない濃度で、メラニン生成抑制作用があることが示された。

次にチロシナーゼ活性への影響を検討するために、マウス由来B16メラノーマ細胞を用いた培地5mLに5×10⁻⁵M濃度のアルブチン20μLを添加し、3日間培養・処理後にチロシナーゼ活性を測定したところ、以下のグラフのように、

B16メラノーマ細胞におけるアルブチンのチロシナーゼへの影響

5×10⁻⁵M濃度のアルブチンを添加した場合、細胞内のチロシナーゼ活性は無添加の場合の約51%であり、明らかな活性の減少を示した。

さらにアルブチンのチロシナーゼ阻害率は、アルブチンの終濃度が1mMでは約35%、10mMでは約65%、100mMでは約76%と濃度依存的にチロシナーゼ阻害作用を示した。

またアルブチンを添加した培地において、1,3,5および24時間のいずれの培養時間でも反応液中にハイドロキノンは検出されず、B16メラノーマ培養細胞の細胞浮遊液によってアルブチンはハイドロキノンに加水分解されないことが示された。

このような検証結果が明らかになっており(文献4:1991)、アルブチンにチロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用が認められています。

1990年に資生堂によって報告されているアルブチンのヒトに対する有効性検証によると、

40人の被検者(男性19人、女性21人)の上腕内側部に隣接する2箇所に、3%アルブチン配合エッセンスおよび対照としてアルブチン無配合エッセンスをそれぞれ塗布し、1MED(最小紅斑線量)の紫外線を1日1回、連続3日間照射した。

試料の塗布は、紫外線照射開始日より1日3回、6日間の合計18回塗布し、試験開始7,14および21日後に試験部位について黒化度を肉眼判定したところ、以下の表のように、

  有効 やや有効 不変 やや悪化 悪化
7日後 24 12 4 0 0
14日後 20 15 4 0 1
21日後 21 14 5 0 0

3%アルブチン配合エッセンスは、7日後の観察日において、「やや有効」以上の有効率は90%以上であり、紫外線による皮膚の黒化を抑制することが示された。

なお、試験期間内に副作用のため、試験を中止した例はなかった。

以上の結果から3%アルブチン配合エッセンスは、紫外線照射により生じる色素沈着を効果的に抑制し、かつ安全なものと考えられた。

このような検証結果が明らかになっており(文献2:1990)、アルブチンにヒトに対する色素沈着抑制作用が認められています。

肝斑改善による色素沈着抑制作用

肝斑改善による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識として肝斑(かんぱん)について解説します。

肝斑はシミ(色素増加症)の一種であり、以下のイラストのように、

肝斑の症状

臨床的には境界が明瞭な淡褐色斑であり、顔面とくに額、頬、頬骨部、口周囲に左右対称に認められるのが特徴で、ほとんどの場合30-40歳代の女性に発症すると報告されている後天性斑状色素増加症です。(文献6:2008)

発症する原因として、肝斑患者の20%-50%の症例で妊娠が憎悪因子となっており、経口避妊薬による憎悪も報告されているほか、紫外線照射を発症の誘引とする肝斑患者が30%-50%を占めます(文献6:2008)

1992年に大阪回生病院皮膚科によって報告されたアルブチンの肝斑に対する臨床効果検証によると、

外来を訪れた32人の肝斑女性患者(22-53歳)に3%アルブチン配合化粧水、乳液およびクリームを順に使用し、12週間にわたって朝は化粧水と乳液のみ、就寝前は乳液およびクリームを使用してもらい、試験開始から2,4,6,8,10および12週間後に観察・評価を行った。

28人の肝斑患者の主観的印象は、以下の表のように、

  非常に良好 良好 やや良好 不変 悪化 良好以上 やや良好以上
2週       28   0% 0%
4週       28   0% 0%
6週     3 24 1 0% 10.7%
8週     5 22 1 0% 17.8%
10週   1 12 14 1 3.6% 46.4%
12週   7 9 11 1 25.0% 57.1%
最終   7 10 10 1 25.0% 60.7%

最終的に3%アルブチン配合製剤の使用によって、約60%が「やや良くなった以上」の印象を示した。

このような検証結果が明らかになっており(文献5:1992)、アルブチンに肝斑改善による色素沈着抑制作用が認められています。

スポンサーリンク

アルブチンの安全性(刺激性・アレルギー)について

アルブチンの現時点での安全性は、

  • 医薬部外品有効成分
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:10%以下濃度においてほとんどなし
  • 眼刺激性:10%以下濃度においてほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):10%以下濃度においてほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

Scientific Committee on Consumer Safetyの安全性データ(文献1:2015)によると、

  • [ヒト試験] ボランティア(人数不明)に10%アルブチン水溶液および7-10%アルブチンを含む化粧品製剤を単一パッチ適用したところ、この物質は非刺激性であることが明らかになった
  • [ヒト試験] ボランティアに日光の有無にかかわらず、10%β-アルブチンを含む化粧品製剤を解放パッチで繰り返し適用したところ、試験物質に有害反応は認められず、十分使用に耐えうるものであった
  • [動物試験] ウサギの擦傷された皮膚における10%濃度までのβ-アルブチンを含む溶液の皮膚刺激試験の結果、刺激性を示さなかったため、ウサギの皮膚に対して10%濃度まで非刺激性であるとみなされた

と記載されています。

試験データをみるかぎり、10%以下濃度において共通して刺激性なしと報告されているため、10%以下濃度において皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

Scientific Committee on Consumer Safetyの安全性データ(文献1:2015)によると、

  • [動物試験] ウサギを用いて10%濃度までのβ-アルブチン溶液の眼刺激試験の結果、刺激性を示さなかったため、ウサギの眼に対して10%濃度まで非刺激性であるとみなされた

と記載されています。

試験データをみるかぎり、10%以下濃度まで眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

Scientific Committee on Consumer Safetyの安全性データ(文献1:2015)によると、

  • 10%濃度までのβ-アルブチンを使用した皮膚感作性試験の結果、試験した濃度は陰性であることが示され、また陽性対照は明らかにアレルギー反応を誘発したため、β-アルブチンは皮膚感作物質でないと考えられた

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

安全性についての補足

アルブチンはハイドロキノン誘導体ですが、アルブチンが皮膚に作用するメカニズムはアルブチン自身によるものであり、皮膚に浸透する際に分解・代謝を通じてグルコースから遊離したハイドロキノンによるものではありません(文献3:1989;文献4:1991)

ハイドロキノンと比較しても極めて毒性が低く、これはハイドロキノンに糖(グルコース)が付加することで、細胞毒性が大きく低下したためであると考えられています。

∗∗∗

アルブチンは美白成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. Scientific Committee on Consumer Safety(2015)「β-arbutin」OPINION ON.
  2. 富田 健一, 他(1990)「アルブチンの作用機序とヒトに対する有用性」Fragrance Journal(18)(6),72-77.
  3. 三島 豊, 他(1989)「加齢で増加する色素沈着とメラニン生成抑制物質の研究」Fragrance Journal(17)(1),25-33.
  4. 秋保 暁, 他(1991)「アルブチンのメラニン生成抑制作用」日本皮膚科学会雑誌(101)(6),609-613.
  5. 須貝 哲郎(1992)「アルブチンの肝斑に対する臨床効果」皮膚(34)(4),522-529.
  6. 真船 英一, 他(2008)「トラネキサム酸と肝斑」ファルマシア(44)(5),437-442.

スポンサーリンク

TOPへ