美白成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして美白成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

美白成分の主な役割は、肌を白くするということではなく、紫外線によるメラニンの生成を抑制したり、黒化したメラニンを元の色に還元するというものですが、現在は以下の7つの美白作用ポイントがあります。

美白剤の作用点01

皮膚が紫外線を浴びると様々な活性酸素が発生し、ケラチノサイトから様々なメラノサイト活性化因子が分泌され、またメラニン合成を促進させるチロシナーゼ活性を増加させます。

そして、チロシンというアミノ酸とチロシナーゼが結合することでメラニンの素になるドーパキノンに変容し、ドーパキノンがメラニンに変わっていくのですが、上の図では紫外線を受けてからチロシナーゼがチロシンと結合しようとするまでに5つの美白作用点が存在します。

また、上の図ではチロシナーゼがチロシンと結合するまでの美白作用ですが、以下の図は、チロシンとチロシナーゼが結合した後の美白作用点になります。

美白剤の作用点02

チロシンはチロシナーゼと結合してドーパキノンに変容し、その後ドーパクロムトートメラーゼ(TRP-2)やオキシダーゼ(TRP-1)と結合してメラニンに変わりますが、いわゆる色素沈着になるのはユウメラニンと呼ばれるメラニンです。

チロシンがメラニンに変化するまでの仕組み

つまり、メラニンを促進させる活性酵素は、

  • チロシナーゼ
  • ドーパクロムトートメラーゼ(TRP-2)
  • オキシダーゼ(TRP-1)

これら3種類のみです。

美白の作用点は、すでに伝えたように7つありますが、美白成分によってそれぞれどこに作用するかが異なり、複数に作用するものもあれば、ひとつのポイントに強力に特化したものもあります。

美白成分は厚生労働省に医薬部外品として美白効果が認められたものがあり、以下にそれらの成分をまとめました。(∗1)

∗1 名称は医薬部外品表示名称で、()は一般名または商品名を表します。

  • プラセンタエキス
  • コウジ酸
  • アルブチン
  • アスコルビルグルコシド(AA2G)
  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビルリン酸Na
  • エラグ酸
  • 4-n-ブチルレゾルシン(ルシノール)
  • カモミラET
  • リノール酸S(リノレックS)
  • トラネキサム酸
  • 4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)
  • 3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
  • アデノシン一リン酸二ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP)
  • 5,5'-ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオール(マグノリグナン)
  • ニコチン酸アミド
  • トラネキサム酸セチル塩酸塩(TXC)

美白化粧品では、基本的にこれら医薬部外品の美白成分を主成分として処方することが多いです。

美白成分一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。



3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分
チロシナーゼ活性阻害作用とプレメラニンの黒色化防止目的で配合されるビタミンC誘導体、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル,ビタミンCエチル)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 3-O-エチルアスコルビン酸記事を読む

4-n-ブチルレゾルシノール
4-n-ブチルレゾルシノールとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
チロシナーゼ拮抗阻害作用およびTRP-1活性阻害作用によるメラニン黒化予防・防止およびシミ・くすみ・ソバカス・肝斑を目立たなくする目的で化粧品に配合される成分、4-n-ブチルレゾルシノールの効果や安全性について解説します。
→ 4-n-ブチルレゾルシノール記事を読む

5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール
5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオールとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
色素沈着の抑制および改善目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオールの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール記事を読む

AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)とは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

APIS
APISとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
メラニンの抑制、紫外線による活性酸素抑制、コラーゲン産生目的で化粧品に配合される両親媒性ビタミンC誘導体、APISの効果や安全性について解説します。
→ APIS記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
APPSとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているAPPSの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ APPS記事を読む

ナイアシンアミド
D-メラノTMとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、D-メラノTMの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ D-メラノTM記事を読む

美白成分t-AMCHA
t-AMCHAとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗炎症成分
シミの予防をはじめ肌荒れや肝斑改善効果が厚生省に認められており、美白化粧品に配合される成分t-AMCHAの成分効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ t-AMCHA記事を読む

TXC
TXCとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、TXCの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ TXC記事を読む

VC-IP
VC-IPとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、VC-IPの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ VC-IP記事を読む

VCエチル
VCエチルとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分
チロシナーゼ活性阻害作用とプレメラニンの黒色化防止目的で配合されるビタミンC誘導体、VCエチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ VCエチル記事を読む

α-アルブチン
α-アルブチンとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
チロシナーゼ活性阻害による黒色メラニンの予防および防止効果、日焼け抑制効果目的で化粧品に配合される成分、α-アルブチンの効果や安全性について解説します。
→ α-アルブチン記事を読む


アーチチョーク葉エキス
アーチチョーク葉エキスとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 収れん成分
メラニン生成抑制と毛穴引き締め目的で化粧品に配合される成分、アーチチョーク葉エキス(アーティチョーク葉エキス)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アーチチョーク葉エキス記事を読む

アスコルビルリン酸Na
アスコルビルリン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗シワ成分
メラニンの抑制と還元、抗酸化、皮膚や毛髪の保護目的で水溶性化粧品に配合される医薬部外品承認のビタミンC誘導体、アスコルビルリン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ アスコルビルリン酸Na記事を読む

アスコルビン酸グルコシド(アスコルビルグルコシド)
アスコルビン酸グルコシド(アスコルビルグルコシド)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分
シミ防止やシミ還元作用目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アスコルビン酸グルコシドの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アスコルビン酸グルコシド記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
アプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アプレシエ記事を読む

アルニカエキス
アルニカエキスとは…成分効果と毒性を解説
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分
抗炎症、鎮静、血行促進、美白(チロシナーゼ抑制,TRP-1抑制,TRP-2抑制,Pmel17抑制)目的で化粧品に配合される成分、アルニカエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカエキス記事を読む

アルニカ花エキス
アルニカ花エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分
抗炎症、鎮静、血行促進、美白(チロシナーゼ抑制,TRP-1抑制,TRP-2抑制,Pmel17抑制)目的で化粧品に配合される成分、アルニカ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカ花エキス記事を読む

アルブチン
アルブチンとは…種類・成分効果を解説
美白成分
シミの予防や防止目的で美白化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、アルブチンについて具体的に種類や効果をわかりやすく解説します。
→ アルブチン記事を読む

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
イソステアリルアスコルビルリン酸2Naとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
メラニンの抑制、紫外線による活性酸素抑制、コラーゲン産生目的で化粧品に配合される両親媒性ビタミンC誘導体、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリルアスコルビルリン酸2Na記事を読む

イブキトラノオエキス
イブキトラノオエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分
チロシナーゼ阻害によるシミ防止目的で化粧品に配合される成分、イブキトラノオエキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ イブキトラノオエキス記事を読む

エラグ酸
エラグ酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着予防および改善目的で美白化粧品に医薬部外品有効成分として配合される成分エラグ酸の成分効果と安全性について解説します。
→ エラグ酸記事を読む


カモミラET
カモミラETとは…成分効果と副作用を解説
美白成分
シミやソバカスの防止目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、カモミラETの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ カモミラET記事を読む

カンゾウフラボノイド
カンゾウフラボノイドとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗炎症成分 抗シワ成分
抗菌・抗炎症作用やシミのもととなるチロシナーゼ阻害目的で化粧品に配合される成分、カンゾウフラボノイドの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ カンゾウフラボノイド記事を読む

クチナシエキス
クチナシエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗炎症成分 美白成分
抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、クチナシエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ クチナシエキス記事を読む

ゲンノショウコエキス
ゲンノショウコエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗炎症成分 抗老化成分 美白成分
肌荒れを抑え、キメ細かい明るい肌に整えたり、活性酸素を抑制する目的で配合される成分、ゲンノショウコエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ゲンノショウコエキス記事を読む

コウジ酸
コウジ酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗老化成分
チロシナーゼ活性抑制、メラニン前駆体であるDHIおよびDHICA生成抑制、AGEs産生抑制目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、コウジ酸の成分効果や安全性について解説します。
→ コウジ酸記事を読む

コメヌカスフィンゴ糖脂質
コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分 細胞賦活成分 美白成分
細胞間脂質とバリア機能の強化、線維芽細胞増殖作用やメラニン生成抑制作用など多目的で化粧品に配合される成分、コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド,コメスフィンゴ糖脂質)の効果や安全性(毒性)についてわかりやすく解説します。
→ コメヌカスフィンゴ糖脂質記事を読む


シャクヤクエキス
シャクヤクエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗炎症成分 収斂成分
シミ防止や抗炎症や血行促進などの目的で化粧品に配合される成分、シャクヤクエキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ シャクヤクエキス記事を読む

スイカズラエキス
スイカズラエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗炎症成分 収斂成分 保湿成分
美白や保湿、抗炎症など総合的な肌向上目的で化粧品に配合される成分、スイカズラエキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ スイカズラエキス記事を読む

ソウハクヒエキス(クワエキス)
ソウハクヒエキス(クワエキス)とは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗炎症成分
チロシナーゼ阻害目的で化粧品に配合される成分、ソウハクヒエキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ ソウハクヒエキス記事を読む


ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 美白成分 保湿成分 細胞賦活成分
コラーゲン代謝活性や保湿やシミ予防など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキス(ダイズエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ダイズ種子エキス記事を読む

チョウジエキス
チョウジエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗炎症成分 抗菌成分 美白成分
常在菌の繁殖を抑制しニキビの化膿を抑制したり皮脂の過剰分泌を抑制したり、シミ予防などの目的で配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ チョウジエキス記事を読む

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル記事を読む

トウキエキス
トウキエキスとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗炎症成分 保湿成分
美白・保湿・抗炎症など総合的な効果向上目的で化粧品に配合される成分、トウキエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トウキエキス記事を読む

トラネキサム酸
トラネキサム酸(t-AMCHA)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗炎症成分
シミの予防をはじめ肌荒れや肝斑改善効果が厚生省に認められており、美白化粧品に配合される成分トラネキサム酸(t-AMCHA)の成分効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トラネキサム酸記事を読む

トラネキサム酸セチルHCl
トラネキサム酸セチルHClとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、トラネキサム酸セチルHClの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トラネキサム酸セチルHCl記事を読む

トラネキサム酸セチル塩酸塩
トラネキサム酸セチル塩酸塩とは…成分効果と毒性を解説
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、トラネキサム酸セチル塩酸塩の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トラネキサム酸セチル塩酸塩記事を読む


ナイアシンアミド
ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について解説します。
→ ナイアシンアミド記事を読む

ナイアシンアミド
ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)とは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について解説します。
→ ニコチン酸アミド記事を読む


ハイドロキノン
ハイドロキノンとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
シミや色素沈着の解消や改善目的で化粧品に配合される成分、ハイドロキノンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ハイドロキノン記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na記事を読む

ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
抗酸化、メラニン色素の生成抑制目的で化粧品に配合される成分、ビタミンC誘導体の種類や効果について解説します。
→ ビタミンC誘導体記事を読む

フェルラ酸
フェルラ酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 紫外線吸収剤
メラニン抑制や紫外線吸収目的で化粧品に配合される成分、フェルラ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フェルラ酸記事を読む

プラセンタエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 保湿成分
シミの防止や排出目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、プラセンタエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プラセンタエキス記事を読む


マグノリグナン
マグノリグナンとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
色素沈着の抑制および改善目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、マグノリグナンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ マグノリグナン記事を読む

メマツヨイグサ種子エキス(月見草種子エキス)
メマツヨイグサ種子エキス(月見草エキス)とは…成分効果と毒性を解説
抗炎症成分 美白成分
優れた抗酸化力とチロシナーゼ活性阻害力目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ種子エキス(月見草種子エキス,月見草エキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ メマツヨイグサ種子エキス記事を読む

メリッサエキス
メリッサエキス(メリッサ葉エキス)とは…成分効果と毒性を解説
抗炎症成分 収斂成分 美白成分
肌をキメ細かく整え、色素沈着を予防し肌荒れを改善する目的で配合される成分、メリッサエキス(メリッサ葉エキス,コウスイハッカエキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ メリッサエキス記事を読む


ユキノシタエキス
ユキノシタエキスとは…成分効果と副作用を解説
美白成分 抗老化成分 抗炎症成分
メラニン抑制の美白効果や抗老化目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユキノシタエキス記事を読む

ユズ種子エキス
ユズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説
細胞賦活成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
ターンオーバー促進やシミ予防、線維芽細胞・コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖による抗老化など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユズ種子エキス記事を読む


リノール酸
リノール酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 エモリエント成分
チロシナーゼ阻害効果やエモリエント目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、リノール酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リノール酸記事を読む

リノレン酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 エモリエント成分
エモリエントやシミ防止目的で化粧品に配合される成分、リノレン酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リノレン酸記事を読む

リン酸L-アスコルビルナトリウム
リン酸L-アスコルビルナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 抗シワ成分
メラニンの抑制と還元、抗酸化、皮膚や毛髪の保護目的で水溶性化粧品に配合される医薬部外品承認のビタミンC誘導体、リン酸L-アスコルビルナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸L-アスコルビルナトリウム記事を読む

リン酸アスコルビルMg
リン酸アスコルビルMgとは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗老化成分
シミ防止や活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、リン酸アスコルビルMgの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リン酸アスコルビルMg記事を読む

ルシノール
ルシノールとは…成分効果と毒性を解説
美白成分
チロシナーゼ拮抗阻害作用およびTRP-1活性阻害作用によるメラニン黒化予防・防止およびシミ・くすみ・ソバカス・肝斑を目立たなくする目的で化粧品に配合される成分、ルシノールの効果や安全性について解説します。
→ ルシノール記事を読む


ワレモコウエキス
ワレモコウエキスとは…成分効果と副作用を解説
抗炎症成分 収斂成分 美白成分
抗炎症目的で化粧品に配合される成分、ワレモコウエキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ ワレモコウエキス記事を読む

TOPへ