美白成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

色素沈着抑制成分

メラニン色素とは

肌の色は、半透明の皮膚組織に存在するメラニン、血液中のヘモグロビン、カロテノイドの3つの因子によって決定されますが、白色、黄色、黒色など人種を定義する肌の色などはメラニン色素によって分類されていることから、実質的に肌の色はメラニン色素が支配していると考えられています[1a]

また、一般に「メラニン」というと黒色メラニンを指しますが、メラニン色素には茶褐色-黒色のユウメラニン(eumelanin)と黄色-赤色のフェオメラニン(pheomelanin)の2種類があり、黒色人種では大半をユウメラニンが、白色人種では大半をフェオメラニンが占め、黄色人種は中間に位置するもののユウメラニンのほうが多いことが知られています[1b]

色素沈着の解説と種類

色素沈着とは、皮膚色の変化を起こす色素異常の一種であり、メラニンが過剰に生成されることにより褐色-暗褐色の色素が皮膚に多く沈着した状態のことをいいます[2a]

色素沈着には原因や形状などにより様々な種類がありますが、一般に「シミ」と認識されているものとしては、

種類定義・症状病因
老人性色素斑
(日光黒子)
いわゆる「シミ」であり、ほとんどの中年以降の男女の顔面、手の甲、前腕などの露光部において出現する大小種々の類円形褐色斑。境界は比較的明瞭。主に紫外線の長期反復曝露
肝斑30代以降の女性に発生頻度が高い、頬部を中心とした左右対称性の境界明瞭な淡褐色斑。大きさや形は一定せず、紫外線により夏季に増悪し、冬季に軽減する。妊娠を契機に発症することもある(妊娠性肝斑)。性ホルモン・副腎皮質ホルモンの分泌変化、紫外線などの慢性的な物理的刺激
雀卵斑いわゆる「そばかす」であり、3歳頃から顔面、頸部、前腕などの露光部に多発する直径3mm程度の類円形・表面平滑な褐色斑。とくに夏季の日光(とくに紫外線)で色が濃くなり、冬季には消失傾向になる。加齢とともに増悪し、思春期に最も顕著となるが、以後色調は薄くなっていく。家族内発症が多く、遺伝や先天的素因に基づいて発症する。

これら3種類に分類されています[2b][3]

メラニンの生成機構 - 合成から排出まで -

メラニンの生成機構については、以下のメラニン生成機構図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

メラニン合成-排出メカニズム

皮膚が紫外線に曝露されると、細胞や組織内では様々な活性酸素が発生するとともに、様々なメラノサイト活性化因子(情報伝達物質)がケラチノサイトから分泌され、これらが直接またはメラノサイト側で発現するメラノサイト活性化因子受容体を介して、メラノサイトの増殖やメラノサイトでのメラニン生合成を促進させることが知られています[2b][4a][5a]

そして、メラノサイト内でのメラニン生合成は、メラニンを貯蔵する細胞小器官であるメラノソームで行われ、生合成経路としてはアミノ酸の一種かつ出発物質であるチロシンに酸化酵素であるチロシナーゼが働きかけることでドーパに変換され、さらにドーパにも働きかけることでドーパキノンへと変換されます[4b][5b]

ドーパキノンは、システイン存在下の経路では黄色-赤色のフェオメラニン(pheomelanin)へ変化しますが、それ以外は以下のドーパキノンからユウメラニンまでの合成図をみてもらうとわかるように、

ドーパキノンがユウメラニンに変化するまでの詳細な仕組み

ドーパキノンはドーパクロムへの変化していき、チロシナーゼ関連タンパク質2(tyrosinaserelated protein-2:TRP-2)やチロシナーゼ関連タンパク質1(tyrosinaserelated protein-1:TRP-1)の働きかけにより茶褐色-黒色のユウメラニン(eumelanin)へと変換(酸化・重合)されることが明らかにされています[4c][5c]

このような合成プロセスを通じて生成されたメラニン色素は、一定量に達すると樹枝状に伸びているデンドライト(メラノサイトの突起)を通して表皮細胞へ向かって移送された後にメラノソームの分解を通じて周辺の表皮細胞に送り込まれ、ターンオーバーとともに皮膚表面に押し上げられ、最終的には角片とともに垢となって落屑(排泄)されるというサイクルを繰り返します[2c][4d]

正常な皮膚においてはメラニンの排泄と生成のバランスが保持される一方で、紫外線の曝露、加齢、ホルモンバランスの乱れ、皮膚の炎症などによりメラニン色素の生成と排泄の代謝サイクルが崩れると、その結果としてメラニン色素が過剰に表皮内に蓄積されてしまい、色素沈着が起こることが知られています[4e]

このような背景から、紫外線の曝露からメラニン排出までのプロセスの中で、どこかのポイントでメラニンにアプローチすることが色素沈着の抑制において重要であると考えられています。

美白成分の解説と美白成分の作用ポイント

化粧品および医薬部外品における美白成分とは、紫外線の曝露、加齢、ホルモンバランスの乱れ、皮膚の炎症などによりメラニン色素の生成と排泄の代謝サイクルが崩れ、メラニン色素が過剰に表皮内に蓄積されてしまうことによる色素沈着を抑制する成分のことをいいます。

色素沈着抑制における実際の美白成分の作用ポイントは、以下のメラニン合成-排出プロセスにおける美白成分の作用ポイント図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

メラニン合成-排出プロセスにおける美白成分の作用ポイント

  1. メラノサイト活性化因子の作用阻害によるメラニン生合成阻害
  2. チロシナーゼ活性阻害によるメラニン生合成阻害
  3. TRP-2および/またはTRP-1活性阻害によるメラニン生合成阻害
  4. メラノソーム移送阻害による色素沈着抑制
  5. 基底細胞のメラニン排出促進による色素沈着抑制
  6. ユウメラニン還元による淡色化

主にこのようなポイントに作用する成分が報告されており[2d][6a]、これらのうち1つ以上の効果を有することで色素沈着抑制にアプローチします。

またこれらの他にも、紫外線曝露によって発生する活性酸素の抑制や生成され表皮に送り出されたメラニンを正常に排出するためにターンオーバーを促進することも美白の作用ポイントではありますが、これらの効果はそれぞれ抗酸化成分および細胞賦活成分で解説しています。

ここからそれぞれの美白成分の作用ポイントを解説します。

1.メラノサイト活性化因子の作用阻害によるメラニン生合成阻害について

メラノサイト活性化因子(情報伝達物質)には、

慣用名正式名称分類作用
ET-1endothelin-1
エンドセリン-1
エンドセリンメラノサイトの増殖
チロシナーゼの合成促進
α-MSHα-melanocyte-stimulating hormone
α-メラノサイト刺激ホルモン
メラノサイト刺激ホルモンメラノサイトの増殖
チロシナーゼの合成促進
bFGFbasic fibroblast growth factor
線維芽細胞増殖因子
サイトカイン
成長因子(増殖因子)
メラノサイトの増殖
TRPの合成促進
チロシナーゼの活性促進
SCFstem cell factor
幹細胞因子
サイトカインメラノサイトの増殖
メラニン生成を促進
COX-2cyclooxygenase-2
シクロオキシゲナーゼ-2
プロスタグランジン産生酵素プロスタグランジンを生成
PGE2Prostaglandin E2
プロスタグランジン E2
エイコサノイドメラノサイトの突起形成
メラニン生成を促進
プラスミンplasminタンパク質分解酵素MSHの合成促進
SCFの活性化
ADMadrenomedullin
アドレノメデュリン
アドレノメデュリンメラノサイトの突起伸長
メラニン生成を促進

主にこれらの種類が報告されており[2e][7a][8][9][10]、これらのいずれかまたは複数を抑制・阻害しメラノサイトに届けないことで、メラノサイトの活性化やメラニンの生合成を抑制します。

また、これらの中には直接メラノサイトに作用するのではなく、メラノサイト側に存在する受容体に結合することによりメラノサイトやメラニンの生合成を促進するものもあり、それらの受容体については、

慣用名正式名称結合因子
MC1Rmelanocortin-1 receptor
メラノコルチン1受容体
α-MSH
c-kitc-kit受容体SCF
ETBREndothelin B receptor
エンドセリンB型受容体
ET-1

主にこれらの種類が報告されており[2f][7b]、これらは受容体側の活性を抑制・阻害することでメラノサイト活性化因子の結合を抑制・阻害し、結果としてメラノサイトの活性化を抑制・阻害するアプローチも報告されています。

2.チロシナーゼ活性阻害によるメラニン生合成阻害

メラノサイト活性化因子などによってメラノサイトが活性化すると、メラニンの生合成が始まります。

以下のメラニンが合成されるメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

メラノサイト内でメラニンが合成されるメカニズム

酸化酵素であるチロシナーゼが活性化し、アミノ酸の一種かつ出発物質であるチロシンに働きかけることでドーパに変換されることでメラニン合成がはじまり、さらにチロシナーゼがドーパにも働きかけることでドーパキノンへと変換されていきます[4f][5d]

このような背景から、酸化酵素であるチロシナーゼの活性を阻害し、チロシンとの反応を抑制・阻害することで、メラニン生合成を抑制するアプローチが報告されており、このアプローチは代表的な色素沈着抑制作用のひとつです。

3.TRP-2および/またはTRP-1活性阻害によるメラニン生合成阻害

ドーパキノンは自発的ドーパクロムまで変化し、それ以降は以下のドーパキノンからユウメラニンまでの合成経路図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

ドーパキノンがユウメラニンに変化するまでの詳細な仕組み

ドーパクロムは、自発的にDHI(5,6-dihydroxyindole)に変化する合成経路と、TRP-2(tyrosinaserelated protein-2:チロシナーゼ関連タンパク質2)およびTRP-1(tyrosinaserelated protein-1:チロシナーゼ関連タンパク質1)と反応する合成経路の2つの経路からユウメラニンに合成されることが知られています[4g][5e]

このような背景から、TRP-2および/またはTRP-1の活性を抑制・阻害し、ドーパクロムまたはDHICA(5,6-dihydroxyindole-2-carboxylic acid)との反応を阻害することで、ユウメラニンの合成を抑制するアプローチが報告されています。

4.メラノソーム移送阻害による色素沈着抑制

以下のメラニン輸送図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

メラニン輸送の仕組み

合成されたメラニンが貯蔵されていくとメラノソームは成熟し、デンドライトと呼ばれるメラノサイトの棒状突起の先端から周囲のケラチノサイトに移送されます。

このメラノソームの移送に関連する物質としては、

慣用名正式名称分類作用
キネシン-モータータンパク質順行性移送(細胞辺縁部への移送)
ダイニンモータータンパク質逆行性移送(細胞中心部への移送)
PAR-2Protease-Activated Receptor-2プロテアーゼ活性化受容体メラノソーム移送促進

これらの物質の存在が報告されており[11][12][13][14]、メラノソームの移送は両方向性(順行性および逆行性)で、メラノサイト辺縁部への移送にはキネシン、細胞中心部への移送にはダイニンが関与し、またPAR-2がこれらの移送を促進するといった機構となっています。

このような背景から、キネシンやダイニンの発現を抑制したり、PER-2の活性を抑制・阻害することで、デンドライトのメラノソーム量の減少、その結果として表皮に拡散されるメラニン量に影響を与えることから、色素沈着の抑制アプローチとして報告されています。

5.基底細胞のメラニン排出促進による色素沈着抑制

過剰な紫外線や炎症によって過渡のメラニンが産生されると、以下の図のように、

過剰な紫外線や炎症によりメラニンが基底細胞に滞留

正常時にはメラニンを取り込まない表皮基底細胞にもメラニンが受け渡されてしまい、メラニンを取り込んだ基底細胞は分裂能力が低下し、また取り込んだメラニンが角化によって排出されず、長期にわたってメラニンを蓄積・滞留させてしまうことが報告されています[6b]

このような背景から、メラニンを蓄積している表皮基底細胞の分裂を促進し、正常なターンオーバーの流れにメラニンを載せることで、表皮のメラニン量に影響を与えることから、色素沈着の抑制アプローチとして報告されています。

6.ユウメラニン還元による淡色化

ケラチノサイトに移送されたメラノソームは、表面の脂質膜の消化、メラニンタンパク複合体の消化を経て小さなメラニン顆粒となり、皮膚内で広範囲に拡散し、皮膚の色素増加として認識されます。

このような背景から、有色の酸化型メラニンを無色の還元型メラニンに変化させることで、黒化メラニンを淡色化するアプローチが報告されています。

医薬部外品美白有効成分一覧

美白成分には、厚生労働省に医薬部外品として色素沈着抑制効果と安全性が認められた美白有効成分があり、それらの成分を医薬部外品の配合範囲内で使用し、認可されたものは医薬部外品の薬用化粧品として販売されます。

ただし、必ずしも医薬部外品に承認された美白有効成分を配合した薬用化粧品のほうが承認されていない美白成分配合化粧品よりも効果が高いというわけではなく、薬用化粧品はあくまでも国によって色素沈着抑制効果が認められる配合範囲量を含有した化粧品であるということであり、一方で化粧品は濃度や効果が製造・販売会社に委ねられているということです。

以下に現時点までの医薬部外品に承認された美白有効成分をまとめました(∗1)

∗1 医薬部外品表示名称の()内は慣用名です。

医薬部外品表示名称申請企業承認年美白作用点
プラセンタエキス 1988以前メラニン生成抑制
メラニン排出促進
リン酸 L-アスコルビルマグネシウム武田薬品工業チロシナーゼ活性抑制
メラニン還元
リン酸 L-アスコルビルナトリウムカネボウチロシナーゼ活性抑制
メラニン還元
コウジ酸三省製薬1988チロシナーゼ活性抑制
TRP-2活性抑制
アルブチン資生堂1989チロシナーゼ阻害
L-アスコルビン酸 2-グルコシド
(アスコルビルグルコシド)
資生堂1994チロシナーゼ活性抑制
メラニン還元
エラグ酸ライオン1997チロシナーゼ活性抑制
4-n-ブチルレゾルシノール
(ルシノール)
ポーラ化成工業1998チロシナーゼ活性抑制
TRP-1活性阻害
カモミラET花王1998ET-1伝達阻害
リノール酸S
(リノレックS)
サンスター2001チロシナーゼ分解促進
トラネキサム酸資生堂2002プロスタグランジン生成抑制
プラスミン産生抑制
4-メトキシサリチル酸カリウム塩
(4MSK)
資生堂2003チロシナーゼ活性抑制
3-O-エチルアスコルビン酸
(VCエチル)
日本ハイボックス2004チロシナーゼ活性抑制
アデノシン一リン酸二ナトリウム
(エナジーシグナルAMP)
大塚製薬2004メラニン排出促進
(表皮ターンオーバー促進)
5,5'-ジプロピル-ビフェニル-2,2'-ジオール
(マグノリグナン)
カネボウ2005チロシナーゼ成熟抑制
テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルEX
(NIKKOL VC-IP EX)
日光ケミカルズ2007チロシナーゼ活性抑制
メラニン還元
ニコチン酸アミド
(D-メラノ)
P&G2007メラノソーム移送抑制
TXCシャネル2009プロスタグランジン生成抑制
デクスパンテノールW
(PCE-DP)
ポーラ化成工業2018メラニン排出促進
(表皮ターンオーバー促進)

参考文献

  1. ab毛利 邦彦(2010)「メラニンと肌色」化粧品科学ガイド,106-109.
  2. abcdef日光ケミカルズ株式会社(2016)「美白剤」パーソナルケアハンドブックⅠ,534-550.
  3. 清水 宏(2018)「色素異常症 B.色素増加を主体とするもの」あたらしい皮膚科学 第3版,309-313.
  4. abcdefg朝田 康夫(2002)「メラニンができるメカニズム」美容皮膚科学事典,170-175.
  5. abcde田中 浩(2019)「美白製品とその作用」日本香粧品学会誌(43)(1),39-43. DOI:10.11469/koshohin.43.39.
  6. ab一丸ファルコス株式会社(2014)「ファルコレックス キウイ B」Fragrance Journal(42)(5),64-65.
  7. abG. Imokawa(2004)「Autocrine and paracrine regulation of melanocytes in human skin and in pigmentary disorders」Pigment Cell Res(17)(2),96-110. DOI:10.1111/j.1600-0749.2003.00126.x.
  8. G. Scott, et al(2004)「Proteinase-activated receptor-2 stimulates prostaglandin production in keratinocytes: analysis of prostaglandin receptors on human melanocytes and effects of PGE2 and PGF2alpha on melanocyte dendricity」Journal of Investigative Dermatology(122)(5),1214-1224. 10.1111/j.0022-202X.2004.22516.x.
  9. G. Imokawa(2005)「Role of keratinocyte-derived factors involved in regulating the proliferation and differentiation of mammalian epidermal melanocytes」Pigment Cell Res(18)(1),2-12. 10.1111/j.1600-0749.2004.00198.x.
  10. X. Bertagna(1994)「Proopiomelanocortin-derived peptides」Endocrinology & Metabolism Clinics of North America(23)(3),467-485. PMID:7805649.
  11. 福田 光則(2019)「メラニン合成酵素およびメラノソーム輸送の分子機構 - 輸送阻害に着目した美白剤開発 -」日本香粧品学会誌(43)(1),28-31. DOI:10.11469/koshohin.43.28.
  12. D.C. Barral & M.C. Seabra(2004)「The Melanosome as a Model to Study Organelle Motility in Mammals」Pigment Cell Res(17)(2),111-118. DOI:10.1111/j.1600-0749.2004.00138.x.
  13. M. Seiberg, et al(2000)「The Protease-Activated Receptor 2 Regulates Pigmentation via Keratinocyte-Melanocyte Interactions」Experimental Cell Research(254)(1),25-32. DOI:10.1006/excr.1999.4692.
  14. L. Babiarz‐Magee, et al(2004)「The Expression and Activation of Protease‐Activated Receptor‐2 Correlate with Skin Color」Pigment Cell Res(17)(3),241-251. DOI:10.1111/j.1600-0749.2004.00133.x.

美白成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

3-O-エチルアスコルビン酸
3-O-エチルアスコルビン酸
色素沈着抑制 抗老化成分
チロシナーゼおよびTRP-2活性阻害およびメラニン還元による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進目的で化粧品に配合される成分、3-O-エチルアスコルビン酸の効果や安全性について解説します。
→ 3-O-エチルアスコルビン酸詳細ページ

4-n-ブチルレゾルシノール
4-n-ブチルレゾルシノール
色素沈着抑制
チロシナーゼおよびTRP-1活性阻害による色素沈着抑制作用、肝斑改善作用目的で化粧品に配合される成分、4-n-ブチルレゾルシノールの効果や安全性について解説します。
→ 4-n-ブチルレゾルシノール詳細ページ

5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール
5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール
色素沈着抑制
チロシナーゼ成熟抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオールの効果や安全性について解説します。
→ 5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール詳細ページ

L-アスコルビン酸2-グルコシド
L-アスコルビン酸2-グルコシド
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗老化成分
メラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における抗炎症作用、コラーゲン産生増強による抗老化作用目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、L-アスコルビン酸2-グルコシドの効果や安全性について解説します。
→ L-アスコルビン酸2-グルコシド詳細ページ

L-オキシプロリン
L-オキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、L-オキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ L-オキシプロリン詳細ページ

L-リジン液
L-リジン液
保湿成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、L-リジン液の効果や安全性について解説します。
→ L-リジン液詳細ページ

α-アルブチン
α-アルブチン
色素沈着抑制
チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、α-アルブチンの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ α-アルブチン詳細ページ

アーチチョーク葉エキス
アーチチョーク葉エキス
色素沈着抑制 抗老化
NF-κB活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、NF-κB活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アーチチョーク葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アーチチョーク葉エキス詳細ページ

アーティチョークエキス
アーティチョークエキス
色素沈着抑制 抗老化
NF-κB活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、NF-κB活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アーティチョークエキスの効果や安全性について解説します。
→ アーティチョークエキス詳細ページ

アスコルビルリン酸Na
アスコルビルリン酸Na
色素沈着抑制
メラニン還元による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アスコルビルリン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ アスコルビルリン酸Na詳細ページ

アスコルビルグルコシド
アスコルビルグルコシド
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗老化成分
メラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における抗炎症作用、コラーゲン産生増強による抗老化作用目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アスコルビルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ アスコルビルグルコシド詳細ページ

アスタキサンチン
アスタキサンチン
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アスタキサンチンの成分効果や安全性について解説します。
→ アスタキサンチン詳細ページ

アスタキサンチン液
アスタキサンチン液
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アスタキサンチン液の成分効果や安全性について解説します。
→ アスタキサンチン液詳細ページ

アスパラガス茎エキス
アスパラガス茎エキス
保湿 色素沈着抑制
角層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラガス茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラガス茎エキス詳細ページ

アセロラ果実エキス
アセロラ果実エキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アセロラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ アセロラ果実エキス詳細ページ

アデノシン一リン酸二ナトリウムOT
アデノシン一リン酸二ナトリウムOT
色素沈着抑制
メラニン排出促進・表皮ターンオーバー促進による色素沈着抑制作用目的で薬用化粧品(医薬部外品)に配合される成分、アデノシン一リン酸二ナトリウムOTの効果や安全性について解説します。
→ アデノシン一リン酸二ナトリウムOT詳細ページ

アルブチン
アルブチン
色素沈着抑制
チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用、肝斑改善作用目的で化粧品に配合される成分、アルブチンの効果や安全性について解説します。
→ アルブチン詳細ページ

アロエ液汁
アロエ液汁
保湿 色素沈着抑制 抗炎症
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、色素沈着抑制作用、紅斑抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、アロエ液汁の効果や安全性について解説します。
→ アロエ液汁詳細ページ

アロエベラ液汁
アロエベラ液汁
保湿 色素沈着抑制 抗炎症
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、色素沈着抑制作用、紅斑抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ液汁の効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ液汁詳細ページ

アンズ種子エキス
アンズ種子エキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、アンズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ アンズ種子エキス詳細ページ

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
色素沈着抑制 抗酸化成分 抗老化成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン産生抑制による色素沈着抑制作用、紫外線照射における活性酸素抑制による細胞保護・抗酸化作用、コラーゲン合成促進目的で化粧品に配合される成分、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリルアスコルビルリン酸2Na詳細ページ

イタドリエキス
イタドリエキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、イタドリエキスの効果や安全性について解説します。
→ イタドリエキス詳細ページ

イタドリ根エキス
イタドリ根エキス
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、イタドリ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ イタドリ根エキス詳細ページ

エラグ酸
エラグ酸
色素沈着抑制
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、エラグ酸の効果や安全性について解説します。
→ エラグ酸詳細ページ

塩酸リジン
塩酸リジン
保湿 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、塩酸リジンの効果や安全性について解説します。
→ 塩酸リジン詳細ページ

オウゴンエキス
オウゴンエキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 紫外線吸収
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害およびET-1産生抑制による色素沈着抑制作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴンエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴンエキス詳細ページ

オウゴン根エキス
オウゴン根エキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 紫外線吸収
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害およびET-1産生抑制による色素沈着抑制作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴン根エキス詳細ページ

オトギリソウエキス
オトギリソウエキス
色素沈着抑制 抗アレルギー 抗炎症
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウエキス詳細ページ

オトギリソウエキス
オトギリソウエキス
色素沈着抑制 抗酸化
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウエキス詳細ページ

オトギリソウ花/葉/茎エキス
オトギリソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗アレルギー 抗炎症
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、オトギリソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ オトギリソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

加水分解コンキオリン
加水分解コンキオリン
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン詳細ページ

加水分解コンキオリン液
加水分解コンキオリン液
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリン液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン液詳細ページ

加水分解シルク末
加水分解シルク末
保湿成分 抗酸化成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加およびバリア保護による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で配合される成分、加水分解シルク末の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解シルク末詳細ページ

カッコンエキス
カッコンエキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、カッコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ カッコンエキス詳細ページ

カニナバラ果実エキス
カニナバラ果実エキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実エキス詳細ページ

カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸
色素沈着抑制 抗菌成分 抗老化成分
メラニン産生抑制による色素沈着抑制作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、線維芽細胞増殖およびコラーゲン合成促進目的で化粧品に配合される成分、カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸の効果や安全性について解説します。
→ カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸詳細ページ

カモミラET
カモミラET
色素沈着抑制
ET-1阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カモミラETの効果や安全性について解説します。
→ カモミラET詳細ページ

カワラヨモギエキス
カワラヨモギエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制
IL-1α産生阻害による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギエキスの効果や安全性について解説します。
→ カワラヨモギエキス詳細ページ

カワラヨモギ花エキス
カワラヨモギ花エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制
IL-1α産生阻害による抗炎症作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ カワラヨモギ花エキス詳細ページ

カンゾウフラボノイド
カンゾウフラボノイド
色素沈着抑制
チロシナーゼおよびTRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カンゾウフラボノイドの効果や安全性について解説します。
→ カンゾウフラボノイド詳細ページ

甘草フラボノイド
甘草フラボノイド
色素沈着抑制
チロシナーゼおよびTRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、甘草フラボノイドの効果や安全性について解説します。
→ 甘草フラボノイド詳細ページ

キイチゴエキス
キイチゴエキス
抗アレルギー 保湿 色素沈着抑制 抗老化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ キイチゴエキス詳細ページ

キウイエキス
キウイエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、基底細胞のメラニン排出促進による色素沈着抑制目的で化粧品に配合される成分、キウイエキスの効果や安全性について解説します。
→ キウイエキス詳細ページ

キョウニンエキス
キョウニンエキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、キョウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ キョウニンエキス詳細ページ

クズ根エキス
クズ根エキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クズ根エキス詳細ページ

クララエキス(1)
クララエキス(1)
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ クララエキス(1)詳細ページ

クララ根エキス
クララ根エキス
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クララ根エキス詳細ページ

クワエキス
クワエキス
色素沈着抑制 抗老化 消臭
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、クワエキスの効果や安全性について解説します。
→ クワエキス詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス詳細ページ

コウジ酸
コウジ酸
色素沈着抑制 抗糖化
チロシナーゼ活性阻害およびTRP-2活性抑制による色素沈着抑制作用、AGEs産生抑制による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、コウジ酸の効果や安全性について解説します。
→ コウジ酸詳細ページ

コーヒーエキス
コーヒーエキス
抗酸化成分 紫外線吸収 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制およびSOD様活性による抗酸化作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、コーヒーエキスの効果や安全性について解説します。
→ コーヒーエキス詳細ページ

コーヒー種子エキス
コーヒー種子エキス
抗酸化成分 紫外線吸収 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制およびSOD様活性による抗酸化作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、コーヒー種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ コーヒー種子エキス詳細ページ

ゴレンシ葉エキス
ゴレンシ葉エキス
抗老化 色素沈着抑制
Ⅰ型コラーゲン産生促進、線維芽細胞増殖促進およびMMP-1活性阻害による抗老化作用、SCF発現増加抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ゴレンシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴレンシ葉エキス詳細ページ

サンザシエキス
サンザシエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、サンザシエキスの効果や安全性について解説します。
→ サンザシエキス詳細ページ

シャクヤクエキス
シャクヤクエキス
色素沈着抑制 抗老化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用などの目的で化粧品に配合される成分、シャクヤクエキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤクエキス詳細ページ

シャクヤク根エキス
シャクヤク根エキス
色素沈着抑制 抗老化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用などの目的で化粧品に配合される成分、シャクヤク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤク根エキス詳細ページ

ショウブ根エキス
ショウブ根エキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、ショウブ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根エキス詳細ページ

ショウブ根茎エキス
ショウブ根茎エキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、ショウブ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根茎エキス詳細ページ

スギナエキス
スギナエキス
保湿 色素沈着抑制 抗白髪成分
皮膚柔軟化による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、メラニン生成促進による抗白髪作用目的などで化粧品に配合される成分、スギナエキスの効果や安全性について解説します。
→ スギナエキス詳細ページ

スターフルーツ葉エキス
スターフルーツ葉エキス
抗老化 色素沈着抑制
Ⅰ型コラーゲン産生促進、線維芽細胞増殖促進およびMMP-1活性阻害による抗老化作用、SCF発現増加抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、スターフルーツ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ スターフルーツ葉エキス詳細ページ

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗酸化
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

セイヨウトチノキ種子エキス
セイヨウトチノキ種子エキス
抗炎症 抗酸化成分 色素沈着抑制
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、SOD様活性による抗酸化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウトチノキ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウトチノキ種子エキス詳細ページ

セイヨウノコギリソウエキス
セイヨウノコギリソウエキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウノコギリソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウノコギリソウエキス詳細ページ

セリシン
セリシン
保湿成分 抗酸化成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加およびバリア保護による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で配合される成分、セリシンの効果や安全性について解説します。
→ セリシン詳細ページ

ダイズエキス
ダイズエキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズエキス詳細ページ

ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズ種子エキス詳細ページ

タイムエキス(1)
タイムエキス(1)
色素沈着抑制
キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(1)詳細ページ

タイムエキス(2)
タイムエキス(2)
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(2)詳細ページ

タチジャコウソウ花/葉/茎エキス
タチジャコウソウ花/葉/茎エキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、タチジャコウソウ花/葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ タチジャコウソウ花/葉/茎エキス詳細ページ

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル
テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗酸化成分 抗老化成分 毛髪修復成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における活性酸素抑制による細胞保護・抗酸化作用、炎症性皮疹および炎症後の紅斑に対する抗炎症作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、キューティクルの損傷改善による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルの効果や安全性について解説します。
→ テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル詳細ページ

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗酸化成分 抗老化成分 毛髪修復成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における活性酸素抑制による細胞保護・抗酸化作用、炎症性皮疹および炎症後の紅斑に対する抗炎症作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、キューティクルの損傷改善による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの効果や安全性について解説します。
→ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル詳細ページ

トウキエキス(1)
トウキエキス(1)
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ トウキエキス(1)詳細ページ

トウキ根エキス
トウキ根エキス
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキ根エキス詳細ページ

トウキンセンカエキス
トウキンセンカエキス
抗酸化 色素沈着抑制
フリーラジカル消去による抗酸化作用、デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、トウキンセンカエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキンセンカエキス詳細ページ

トウキンセンカ花エキス
トウキンセンカ花エキス
抗酸化 色素沈着抑制
フリーラジカル消去による抗酸化作用、デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、トウキンセンカ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキンセンカ花エキス詳細ページ

トラネキサム酸
トラネキサム酸
色素沈着抑制 抗炎症成分
プロスタグランジンおよびプラスミン生成抑制による色素沈着抑制作用、肝斑改善効果、プラスミン生成抑制による抗炎症作用目的で薬用化粧品(医薬部外品)に配合される成分、トラネキサム酸の効果や安全性について解説します。
→ トラネキサム酸詳細ページ

トラネキサム酸セチル塩酸塩
トラネキサム酸セチル塩酸塩
色素沈着抑制
プロスタグランジンE₂生成抑制による色素沈着抑制作用目的で薬用化粧品(医薬部外品)に配合される成分、トラネキサム酸セチル塩酸塩の効果や安全性について解説します。
→ トラネキサム酸セチル塩酸塩詳細ページ

ナイアシンアミド
ナイアシンアミド
バリア改善成分 色素沈着抑制 抗シワ成分
グルコシルセラミド、スフィンゴミエリンおよびセラミド合成促進によるバリア機能改善作用、メラノソーム輸送抑制による色素沈着抑制作用、コラーゲン減少改善による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ナイアシンアミドの効果や安全性について解説します。
→ ナイアシンアミド詳細ページ

ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミド
バリア改善成分 色素沈着抑制 抗シワ成分
グルコシルセラミド、スフィンゴミエリンおよびセラミド合成促進によるバリア機能改善作用、メラノソーム輸送抑制による色素沈着抑制作用、コラーゲン減少改善による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ニコチン酸アミドの効果や安全性について解説します。
→ ニコチン酸アミド詳細ページ

ノバラエキス
ノバラエキス
収れん成分 色素沈着抑制
収れん作用、キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ノバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ ノバラエキス詳細ページ

ハイドロキノン
ハイドロキノン
色素沈着抑制
チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハイドロキノンの効果や安全性について解説します。
→ ハイドロキノン詳細ページ

パイナップル果実エキス
パイナップル果実エキス
色素沈着抑制 バリア改善
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、セラミド産生促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、パイナップル果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ パイナップル果実エキス詳細ページ

パイナップルセラミド
パイナップルセラミド
色素沈着抑制 バリア改善
メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、セラミド産生促進によるバリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、パイナップルセラミドの効果や安全性について解説します。
→ パイナップルセラミド詳細ページ

パパイア果実エキス
パパイア果実エキス
角質剥離 色素沈着抑制
タンパク質分解による角質剥離作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、パパイア果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ パパイア果実エキス詳細ページ

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
色素沈着抑制 抗酸化成分 抗老化成分 抗シワ成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン産生抑制による色素沈着抑制作用、ヒドロキシラジカル消去能による抗酸化作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、抗シワ作用目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na詳細ページ

ヒドロキシプロリン
ヒドロキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシプロリン詳細ページ

ビワ葉エキス
ビワ葉エキス
抗アレルギー 抗酸化 抗老化 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、POMC発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ビワ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ビワ葉エキス詳細ページ

フェルラ酸
フェルラ酸
紫外線吸収 色素沈着抑制
UVB吸収による紫外線防御作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、フェルラ酸の効果や安全性について解説します。
→ フェルラ酸詳細ページ

ブドウ種子エキス
ブドウ種子エキス
抗酸化 色素沈着抑制
SOD様活性による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ブドウ種子エキス詳細ページ

プラセンタエキス
プラセンタエキス
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキスの効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス詳細ページ

プラセンタエキス(1)
プラセンタエキス(1)
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス(1)詳細ページ

プラセンタエキス(2)
プラセンタエキス(2)
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス(2)詳細ページ

プルーン酵素分解物
プルーン酵素分解物
色素沈着抑制
メラニン移送阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン酵素分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン酵素分解物詳細ページ

プルーン分解物
プルーン分解物
色素沈着抑制
メラニン移送阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン分解物詳細ページ

ヘマトコッカスプルビアリスエキス
ヘマトコッカスプルビアリスエキス
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ヘマトコッカスプルビアリスエキスの成分効果や安全性について解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリスエキス詳細ページ

ヘマトコッカスプルビアリス油
ヘマトコッカスプルビアリス油
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 色素沈着抑制
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ヘマトコッカスプルビアリス油の成分効果や安全性について解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリス油詳細ページ

ボタンエキス
ボタンエキス
抗アレルギー 抗炎症 色素沈着抑制 抗老化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、IL-1α産生阻害による抗炎症作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ボタンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ボタンエキス詳細ページ

マグワ根皮エキス
マグワ根皮エキス
色素沈着抑制 抗老化 消臭
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マグワ根皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ マグワ根皮エキス詳細ページ

マロニエエキス
マロニエエキス
抗炎症 抗酸化成分 色素沈着抑制
ストレスに起因する肌荒れ・炎症改善作用、SOD様活性による抗酸化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マロニエエキスの効果や安全性について解説します。
→ マロニエエキス詳細ページ

メマツヨイグサ種子エキス
メマツヨイグサ種子エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 色素沈着抑制 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ種子エキス詳細ページ

メマツヨイグサ抽出液
メマツヨイグサ抽出液
抗炎症成分 抗酸化成分 色素沈着抑制 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ抽出液詳細ページ

メリッサエキス
メリッサエキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサエキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサエキス詳細ページ

メリッサ葉エキス
メリッサ葉エキス
色素沈着抑制 抗酸化
チロシナーゼ活性阻害およびPOMC発現抑制による色素沈着抑制作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサ葉エキス詳細ページ

ユキノシタエキス
ユキノシタエキス
抗アレルギー 色素沈着抑制
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユキノシタエキス詳細ページ

リシン
リシン
保湿成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、リシンの効果や安全性について解説します。
→ リシン詳細ページ

リシンHCl
リシンHCl
保湿 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、リシンHClの効果や安全性について解説します。
→ リシンHCl詳細ページ

リノール酸
リノール酸
色素沈着抑制 エモリエント成分 抗菌成分
メラニン生合成抑制およびチロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟によるエモリエント作用、黄色ブドウ球菌増殖抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、リノール酸の効果や安全性について解説します。
→ リノール酸詳細ページ

リノレン酸
リノレン酸
色素沈着抑制 エモリエント成分
メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟によるエモリエント作用目的で化粧品に配合される成分、リノレン酸の効果や安全性について解説します。
→ リノレン酸詳細ページ

リン酸L-アスコルビルナトリウム
リン酸L-アスコルビルナトリウム
色素沈着抑制
メラニン還元による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、リン酸L-アスコルビルナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸L-アスコルビルナトリウム詳細ページ

リン酸L-アスコルビルマグネシウム
リン酸L-アスコルビルマグネシウム
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗老化成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における抗炎症作用、コラーゲン産生増強による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、リン酸L-アスコルビルマグネシウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸L-アスコルビルマグネシウム詳細ページ

リン酸アスコルビルMg
リン酸アスコルビルMg
色素沈着抑制 抗炎症成分 抗老化成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン還元による色素沈着抑制作用、紫外線照射における抗炎症作用、コラーゲン産生増強による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、リン酸アスコルビルMgの効果や安全性について解説します。
→ リン酸アスコルビルMg詳細ページ

ワイルドタイムエキス
ワイルドタイムエキス
色素沈着抑制
キネシン抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ワイルドタイムエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワイルドタイムエキス詳細ページ

TOPへ