美白成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして美白成分一覧をチェックする ↓

美白成分

美白成分とは、肌を白くする作用を有するものではなく、

  1. 紫外線による黒化メラニン生合成の阻害
  2. ストレスによる黒化メラニン生合成の阻害
  3. 黒化メラニンの排出抑制(できてしまったシミの元をターンオーバーに乗せない)
  4. 黒化メラニンの排出促進(できてしまったシミの元をターンオーバーに乗せて排出)
  5. 黒化メラニンの淡色化(皮膚明度改善化)

主にこれらの作用のいずれか、または複数を有する成分のことをいいます。

詳しくは以下のメラニン生合成のメカニズム図およびメラニン輸送のメカニズム図を用いて解説します。

最初に紫外線によるメラニン生合成のメカニズムについて解説しますが、以下の図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びると最初に活性酸素が発生し、活性酸素の発生によって数々の情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)がメラノサイトに存在する受容体に届けられることでメラノサイト内でメラニン生合成がはじまります。

メラニンの生合成は、最初にアミノ酸のひとつであるチロシンとチロシンの酸化還元酵素であるチロシナーゼが結合(反応)することにより、ドーパに変化し、ドーパもチロシナーゼと結合することでドーパキノンへと変化します。

ドーパキノンからユーメラニン(黒化メラニン)の間はわかりやすさを優先して省略されることが多いので、上図のようにドーパキノンがユーメラニンに変化しているようにみえますが、この間には以下の図のように様々な変化を経てユーメラニンに変化します。

ドーパキノンがユウメラニンに変化するまでの詳細な仕組み

最終的には、ドーパクロムがTRP-2(チロシナーゼ関連タンパク-2:ドーパクロムトートメラーゼ)という酵素と結合してDHICAに変化し、DHICAはTRP-1(チロシナーゼ関連タンパク-1:DHICAオキシダーゼ)と結合してユーメラニン(黒化メラニン)に変化します。

これが主な紫外線によるメラニン生合成のメカニズムになりますが、このメカニズムにおける美白成分の作用ポイントは、

  1. 活性酸素(一重項酸素または一酸化窒素)抑制・消去作用
  2. 情報伝達物質の活性抑制・阻害作用
  3. 情報伝達物質受容体の活性抑制・阻害作用
  4. チロシナーゼ活性抑制・阻害作用
  5. TRP-2活性抑制・阻害作用
  6. TRP-1活性抑制・阻害作用

これらになります。

以下、それぞれの作用について簡単に解説します。

1.活性酸素(一重項酸素または一酸化窒素)抑制・消去作用について

紫外線を浴びて最初に起こるのが活性酸素の発生であり、理想的には活性酸素の発生を完全に抑制・消去できれば、それ以下のメラニン生合成のプロセスが行われることはほとんどないと考えられるため、重要度の高い作用ポイントといえます。

活性酸素の消去能はどちらかといえば抗酸化・抗炎症作用なのですが、活性酸素の中でも一重項酸素や一酸化窒素などは紫外線を浴びることで活性化されるため、美白成分としてカテゴライズしています。

2.情報伝達物質の活性抑制・阻害作用について

情報伝達物質には

  • ET-1(エンドセリン-1)
  • α-MSH(α-メラノサイト刺激ホルモン)
  • bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)
  • COX-2(シクロオキシゲナーゼ-2)
  • SCF(幹細胞増殖因子)
  • PGE2(プロスタグランジンE2)
  • プラスミン
  • ADM(アドレノメジュリン)
  • POMC(プロオピオメラノコルチン:α-MSH前駆体)

などがあり、これらのひとつ、または複数を抑制・阻害し、メラノサイトに届けないことでメラニン生合成を抑制します。

3.情報伝達物質受容体の活性抑制・阻害作用について

情報伝達物質は、メラノサイトに存在するそれぞれの受容体に届けることでメラニン生合成が始まりますが、情報伝達物質の受容体の活性化を抑制・阻害することで情報伝達物質をメラノサイトで受け取ることができなくなるため、メラニン生合成を抑制することが可能になります。

4.チロシナーゼ活性抑制・阻害作用について

メラニン生合成における初期段階においてチロシンと結合するチロシナーゼ酵素を抑制・阻害し、チロシンをドーパに変化させないことで、黒化メラニンへの変化を抑制・阻害する作用です。

美白作用としては最も有名な作用であり、多くの美白成分がチロシナーゼ活性阻害・抑制作用を有しています。

5.TRP-2活性抑制・阻害作用について

メラニン生合成の過程においてドーパクロムと結合するTRP-2を阻害・抑制し、ドーパクロムをDHICAに変化させないことで、黒化メラニンへの変化を抑制・阻害する作用です。

6.TRP-1活性抑制・阻害作用について

メラニン生合成の過程においてDHICAと結合するTRP-1を阻害・抑制し、DHICAをユーメラニンに変化させないことで、黒化メラニンへの変化を抑制・阻害する作用です。

ここまでが紫外線におけるメラニンの生合成のメカニズムとメラニン生合成における美白作用ポイントの解説になります。

次にストレスによる黒化メラニン生合成のメカニズムを解説します。

ストレスによるメラニン生合成は、紫外線によるメカニズムとは異なり、身体がストレスを感じた際に脳下垂体前葉で産生される副腎皮質刺激ホルモンであるACTHが副腎皮質に作用することでステロイドホルモンの産生を促進し、身体はストレスに対して防御態勢をとりますが、その結果のひとつとして皮膚におけるメラノサイトの活性化を促進します。

そのため、美白成分の作用ポイントは、ACTHを阻害・抑制する作用になります。

次に黒化メラニン輸送のメカニズムについてですが、以下の図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

メラニン輸送の仕組み

メラノサイトで生合成されたメラニンは、メラニン色素を貯蔵する細胞小器官であるメラノソームに貯蔵され、メラノサイト内の触手部分であるデンドライトを通り、表皮ケラチノサイトへ輸送され、ターンオーバーによって角質とともに排出されます。

これが主なメラニン輸送のメカニズムになりますが、このメカニズムにおける美白成分の作用ポイントは、

  1. メラノソーム輸送阻害・抑制作用
  2. メラニン排出促進作用

これらになります。

以下、それぞれの作用について簡単に解説します。

1.メラノソーム輸送阻害・抑制作用について

生合成されたメラニンはメラノソームに貯蔵され、デンドライトを通じて表皮ケラチノサイトに輸送されますが、黒化メラニンを表皮ケラチノサイトに取り込ませないことで、表皮に黒化メラニンが沈着しないという作用です。

2.メラニン排出促進作用について

生合成されたメラニンはメラノソームに貯蔵され、デンドライトを通じて表皮ケラチノサイトに輸送されますが、ターンオーバーが不安定(遅くなる)だと、表皮ケラチノサイトに黒化メラニンが滞留しやすくなるため、メラニン排出促進(ターンオーバー促進)も美白作用のひとつとなります。

また、別のメラニン排出作用として、表皮ケラチノサイトに輸送されたメラニンの一部は、基底細胞にも受け渡され、基底細胞内にメラニンが滞留し、色素沈着の一因となりますが、この場合は基底細胞の分裂を促進することでメラニン排出を促進するという作用もあります。

ここまでがメラニン輸送のメカニズムとメラニン輸送における美白作用ポイントの解説になり、ここまでの解説がメラニン生合成のメカニズムと美白作用ポイントの全容になります。

美白成分には、厚生労働省に医薬部外品として美白効果と安全性が認められた美白有効成分があり、それらの成分を医薬部外品の配合範囲内で使用し、認可されたものは医薬部外品の美白化粧品として販売されます。

ただし、必ずしも医薬部外品に承認された美白有効成分のほうが認証されていない美白成分よりも効果が高いというわけではなく、あくまでも一定の配合範囲による美白効果と安全性が国の審査基準を通過した成分であるということです。

以下に現時点までの医薬部外品に承認された美白有効成分をまとめました。

慣用名申請企業承認年作用の種類
プラセンタエキス  ターンオーバー促進
コウジ酸三省製薬1989チロシナーゼ活性抑制
アルブチン資生堂1990チロシナーゼ活性抑制
アスコルビン酸グルコシド資生堂1994チロシナーゼ活性抑制
リン酸アスコルビルマグネシウム塩武田薬品工業 チロシナーゼ活性抑制
アスコルビルリン酸ナトリウム塩カネボウ チロシナーゼ活性抑制
エラグ酸ライオン1997チロシナーゼ活性抑制
ルシノールポーラ化成1998チロシナーゼ活性抑制およびTRP-1活性阻害
カモミラET花王1999エンドセリン-1伝達抑制
リノール酸S(リノレックS)サンスター2001チロシナーゼ分解促進
トラネキサム酸(t-AMCHA)資生堂2002プラスミン抑制
4MSK資生堂2003チロシナーゼ活性抑制
VCエチル日本ハイボックス2004チロシナーゼ活性抑制
エナジーシグナルAMP大塚製薬2004ターンオーバー促進
マグノリグナンカネボウ2005チロシナーゼ成熟抑制
ニコチン酸アミド(D-メラノ)P&G2007メラノソーム移送抑制
TXCシャネル2009プラスミン抑制

美白成分一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。


3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
美白成分 抗酸化成分
チロシナーゼ活性阻害作用とプレメラニンの黒色化防止目的で配合されるビタミンC誘導体、3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル,ビタミンCエチル)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 3-O-エチルアスコルビン酸記事を読む

4-n-ブチルレゾルシノール
4-n-ブチルレゾルシノール
美白成分
チロシナーゼ拮抗阻害作用およびTRP-1活性阻害作用によるメラニン黒化予防・防止およびシミ・くすみ・ソバカス・肝斑を目立たなくする目的で化粧品に配合される成分、4-n-ブチルレゾルシノールの効果や安全性について解説します。
→ 4-n-ブチルレゾルシノール記事を読む

5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール
5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール
美白成分
色素沈着の抑制および改善目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオールの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール記事を読む

AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

APIS
APIS
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
メラニンの抑制、紫外線による活性酸素抑制、コラーゲン産生目的で化粧品に配合される両親媒性ビタミンC誘導体、APISの効果や安全性について解説します。
→ APIS記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
APPS
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているAPPSの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ APPS記事を読む

D-メラノTM
D-メラノTM
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、D-メラノTMの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ D-メラノTM記事を読む

美白成分t-AMCHA
t-AMCHA
美白成分 抗炎症成分
シミの予防をはじめ肌荒れや肝斑改善効果が厚生省に認められており、美白化粧品に配合される成分t-AMCHAの成分効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ t-AMCHA記事を読む

TXC
TXC
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、TXCの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ TXC記事を読む

VC-IP
VC-IP
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、VC-IPの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ VC-IP記事を読む

VCエチル
VCエチル
美白成分 抗酸化成分
チロシナーゼ活性阻害作用とプレメラニンの黒色化防止目的で配合されるビタミンC誘導体、VCエチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ VCエチル記事を読む

α-アルブチン
α-アルブチン
美白成分
チロシナーゼ活性阻害による黒色メラニンの予防および防止効果、日焼け抑制効果目的で化粧品に配合される成分、α-アルブチンの効果や安全性について解説します。
→ α-アルブチン記事を読む


アーチチョーク葉エキス
アーチチョーク葉エキス
美白成分 抗炎症成分 抗老化成分 収れん成分
NF-κB活性抑制による抗炎症作用、色素沈着抑制作用および抗老化作用、OCA2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、毛穴引き締め作用目的で化粧品に配合される成分、アーチチョーク葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アーチチョーク葉エキス記事を読む

アーティチョークエキス
アーティチョークエキス
美白成分 抗炎症成分 抗老化成分 収れん成分
NF-κB活性抑制による抗炎症作用、色素沈着抑制作用および抗老化作用、OCA2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、毛穴引き締め作用目的で化粧品に配合される成分、アーティチョークエキスの効果や安全性について解説します。
→ アーティチョークエキス記事を読む

アスコルビルリン酸Na
アスコルビルリン酸Na
美白成分 抗酸化成分 抗シワ成分
メラニンの抑制と還元、抗酸化、皮膚や毛髪の保護目的で水溶性化粧品に配合される医薬部外品承認のビタミンC誘導体、アスコルビルリン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ アスコルビルリン酸Na記事を読む

アスコルビン酸グルコシド(アスコルビルグルコシド)
アスコルビン酸グルコシド(アスコルビルグルコシド)
美白成分
シミ防止やシミ還元作用目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アスコルビン酸グルコシドの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アスコルビン酸グルコシド記事を読む

アスタキサンチン
アスタキサンチン
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 美白成分
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アスタキサンチンの成分効果や安全性について解説します。
→ アスタキサンチン記事を読む

アスタキサンチン液
アスタキサンチン液
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 美白成分
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アスタキサンチン液の成分効果や安全性について解説します。
→ アスタキサンチン液記事を読む

アスパラガス茎エキス
アスパラガス茎エキス
保湿成分 バリア機能 抗炎症成分 美白成分 毛髪保護剤
角層水分量増加による保湿作用、表皮ヒアルロン酸産生促進によるバリア機能改善作用、ニキビ改善による抗炎症作用、ACTH阻害およびチロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、フケ抑制による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラガス茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラガス茎エキス記事を読む

アスパラサスリネアリスエキス
アスパラサスリネアリスエキス
抗炎症成分 抗アレルギー 抗酸化成分 美白成分
抗炎症作用、抗アレルギー作用、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能による抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラサスリネアリスエキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラサスリネアリスエキス記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
アプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アプレシエ記事を読む

アルテアエキス
アルテアエキス
保湿成分 収れん成分 美白成分 消臭剤
保湿作用、収れん作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アルテアエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテアエキス記事を読む

アルテア根エキス
アルテア根エキス
保湿成分 収れん成分 美白成分 消臭剤
保湿作用、収れん作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アルテア根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテア根エキス記事を読む

アルニカ花エキス
アルニカエキス
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分
抗炎症作用、鎮静作用、血行促進作用、ACTH抑制、チロシナーゼ抑制、TRP-1抑制、TRP-2抑制およびPmel17抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルニカエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカエキス記事を読む

アルニカ花エキス
アルニカ花エキス
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分
抗炎症作用、鎮静作用、血行促進作用、ACTH抑制、チロシナーゼ抑制、TRP-1抑制、TRP-2抑制およびPmel17抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルニカ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルニカ花エキス記事を読む

アルブチン
アルブチン
美白成分
シミの予防や防止目的で美白化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、アルブチンについて具体的に種類や効果をわかりやすく解説します。
→ アルブチン記事を読む

アンズ種子エキス
アンズ種子エキス
保湿成分 美白成分 育毛剤 消臭剤
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用、アンドロステノン発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アンズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ アンズ種子エキス記事を読む

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
メラニンの抑制、紫外線による活性酸素抑制、コラーゲン産生目的で化粧品に配合される両親媒性ビタミンC誘導体、イソステアリルアスコルビルリン酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリルアスコルビルリン酸2Na記事を読む

イタドリ根エキス
イタドリ根エキス
美白成分 抗老化成分
エンドセリン-1またはα-MSH阻害、チロシナーゼ活性阻害およびチロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、イタドリ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ イタドリ根エキス記事を読む

イブキトラノオエキス
イブキトラノオエキス
美白成分
チロシナーゼ阻害によるシミ防止目的で化粧品に配合される成分、イブキトラノオエキスの効果や安全性について解説します。
→ イブキトラノオエキス記事を読む

ウーロン茶エキス
ウーロン茶エキス
抗酸化成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用、抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ウーロン茶エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウーロン茶エキス記事を読む

ウコンエキス
ウコンエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 抗老化成分 美白成分
肌荒れおよび肌荒れ時の炎症に伴う過剰な皮膚ターンオーバー亢進抑制による抗炎症作用、活性酸素除去能による抗酸化作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ウコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ウコンエキス記事を読む

ウコン根茎エキス
ウコン根茎エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 抗老化成分 美白成分
肌荒れおよび肌荒れ時の炎症に伴う過剰な皮膚ターンオーバー亢進抑制による抗炎症作用、活性酸素除去能による抗酸化作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ウコン根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウコン根茎エキス記事を読む

ウスバサイシン根エキス
ウスバサイシン根エキス
美白成分
ACTH抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ウスバサイシン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウスバサイシン根エキス記事を読む

ウスバサイシン根茎/根エキス
ウスバサイシン根茎/根エキス
抗酸化成分 美白成分 保湿成分 バリア機能
スーパーオキシド(O₂⁻)および過酸化水素(H₂O₂)消去能およびグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、還元型グルタチオン産生促進による色素沈着淡色化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド産生促進およびインボルクリン発現促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、ウスバサイシン根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウスバサイシン根茎/根エキス記事を読む

ウワウルシ葉エキス
ウワウルシ葉エキス
美白成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン産生抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ウワウルシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウワウルシ葉エキス記事を読む

エイジツエキス
エイジツエキス
保湿成分 美白成分 抗アレルギー 抗菌成分 抗老化成分 収れん成分 消臭剤
フィラグリン産生促進による保湿作用、SLC45A2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、収れん作用、Ⅶ型コラーゲン減少抑制および産生促進による抗老化作用、イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、エイジツの効果や安全性について解説します。
→ エイジツエキス記事を読む

エラグ酸
エラグ酸
美白成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着予防および改善目的で美白化粧品に医薬部外品有効成分として配合される成分エラグ酸の成分効果と安全性について解説します。
→ エラグ酸記事を読む

オウゴンエキス
オウゴンエキス
抗炎症成分 抗菌成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、タバコの煙による抗シワ作用、育毛作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴンエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴンエキス記事を読む

オウゴン根エキス
オウゴン根エキス
抗炎症成分 抗菌成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、タバコの煙による抗シワ作用、育毛作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、オウゴン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オウゴン根エキス記事を読む


カッコンエキス
カッコンエキス
保湿成分 美白成分 抗老化成分 育毛剤
アルギナーゼ活性促進およびセラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、Ⅰ型コラーゲン合成促進による抗老化作用、毛乳頭活性化による育毛作用、硫酸転移酵素遺伝子発現量増強によるミノキシジルの発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、カッコンの効果や安全性について解説します。
→ カッコンエキス記事を読む

カニナバラ果実エキス
カニナバラ果実エキス
保湿成分 収れん成分 美白成分
角質水分量増加による保湿作用、収れん作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実エキス記事を読む

カモミラET
カモミラET
美白成分
エンドセリン-1抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カモミラETの効果や安全性について解説します。
→ カモミラET記事を読む

カモミラエキス(1)
カモミラエキス(1)
抗炎症成分 血行促進成分 収れん成分 美白成分
消炎、収れん、血行促進およびエンドセリン-1阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カモミラエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ カモミラエキス(1)記事を読む

カワラヨモギエキス
カワラヨモギエキス
抗炎症成分 抗掻痒 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分 育毛剤
掻痒抑制による抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、活性酸素消去能による抗酸化作用、メラニン転送抑制による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ カワラヨモギエキス記事を読む

カワラヨモギ花エキス
カワラヨモギ花エキス
抗炎症成分 抗掻痒 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分 育毛剤
掻痒抑制による抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、活性酸素消去能による抗酸化作用、メラニン転送抑制による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、カワラヨモギ花エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ カワラヨモギ花エキス記事を読む

カンゾウ根エキス
カンゾウ根エキス
抗炎症成分 美白成分 抗菌成分 抗酸化成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、チロシナーゼ活性阻害およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、カンゾウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ カンゾウ根エキス記事を読む

カンゾウ抽出末
カンゾウ抽出末
抗炎症成分 美白成分 抗菌成分 抗酸化成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、チロシナーゼ活性阻害およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、カンゾウ抽出末の効果や安全性について解説します。
→ カンゾウ抽出末記事を読む

キイチゴエキス
キイチゴエキス
保湿成分 美白成分 抗酸化成分
一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ キイチゴエキス記事を読む

キウイエキス
キウイエキス
美白成分 保湿成分
基底細胞メラニン排出促進による色素沈着抑制作用、角質水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、キウイエキスの効果や安全性について解説します。
→ キウイエキス記事を読む

キョウニンエキス
キョウニンエキス
保湿成分 美白成分 育毛剤 消臭剤
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用、アンドロステノン発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、キョウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ キョウニンエキス記事を読む


クズ根エキス
クズ根エキス
保湿成分 美白成分 抗老化成分 育毛剤
アルギナーゼ活性促進およびセラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、Ⅰ型コラーゲン合成促進による抗老化作用、毛乳頭活性化による育毛作用、硫酸転移酵素遺伝子発現量増強によるミノキシジルの発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クズ根エキス記事を読む

クチナシエキス
クチナシエキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗酸化成分 染料
消炎作用、鎮静作用、保湿作用、メラノコルチン1レセプター(MC1R)の発現低下およびチロシナーゼ関連タンパク質-1(TRP-1)の生合成抑制による色素沈着抑制作用、紫外線による活性酸素および脂質過酸化抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、また天然黄色染料目的でヘアカラー製品に配合される成分、クチナシエキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシエキス記事を読む

クチナシ果実エキス
クチナシ果実エキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗酸化成分 染料
消炎作用、鎮静作用、保湿作用、メラノコルチン1レセプター(MC1R)の発現低下およびチロシナーゼ関連タンパク質-1(TRP-1)の生合成抑制による色素沈着抑制作用、紫外線による活性酸素および脂質過酸化抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、また天然黄色染料目的でヘアカラー製品に配合される成分、クチナシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシ果実エキス記事を読む

クララエキス(1)
クララエキス(1)
抗菌成分 抗炎症成分 美白成分 育毛剤 毛髪保護剤
黄色ブドウ球菌生育阻害および弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、アクネ菌発育抑制およびプラスミン阻害による抗炎症作用、α-MSH抑制による色素沈着抑制作用、5α-リダクターゼ阻害による育毛作用、フケ菌生育阻害による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、クララエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ クララエキス(1)記事を読む

クララ根エキス
クララ根エキス
抗菌成分 抗炎症成分 美白成分 育毛剤 毛髪保護剤
黄色ブドウ球菌生育阻害および弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、アクネ菌発育抑制およびプラスミン阻害による抗炎症作用、α-MSH抑制による色素沈着抑制作用、5α-リダクターゼ阻害による育毛作用、フケ菌生育阻害による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、クララ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クララ根エキス記事を読む

クワエキス
クワエキス
美白成分 保湿成分 抗酸化成分 抗炎症成分 育毛剤 血行促進成分 消臭剤
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用、血管再生促進作用、ビニルケトン類生成抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、クワエキスの効果や安全性について解説します。
→ クワエキス記事を読む

ゲットウ葉エキス
ゲットウ葉エキス
抗老化成分 抗シワ成分 エモリエント成分 美白成分
線維芽細胞増殖促進、Ⅰ型コーラゲン産生促進およびMMP-1活性抑制による抗シワ作用、ヒアルロン酸産生促進およびカルボニル化抑制による抗老化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、グルタチオン産生促進による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ゲットウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲットウ葉エキス記事を読む

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 美白成分 保湿成分 育毛剤
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス記事を読む

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 美白成分 保湿成分 育毛剤
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス記事を読む

コウジ酸
コウジ酸
美白成分 抗老化成分
チロシナーゼ活性抑制、メラニン前駆体であるDHIおよびDHICA生成抑制、AGEs産生抑制目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、コウジ酸の成分効果や安全性について解説します。
→ コウジ酸記事を読む

紅茶エキス
紅茶エキス
抗酸化成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用、抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、紅茶エキスの効果や安全性について解説します。
→ 紅茶エキス記事を読む

コメヌカエキス
コメヌカエキス
保湿成分 美白成分 抗酸化成分
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性低下による色素沈着抑制作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、コメヌカエキスの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカエキス記事を読む

コメヌカスフィンゴ糖脂質
コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド)
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分 細胞賦活成分 美白成分
細胞間脂質とバリア機能の強化、線維芽細胞増殖作用やメラニン生成抑制作用など多目的で化粧品に配合される成分、コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド,コメスフィンゴ糖脂質)の効果や安全性(毒性)についてわかりやすく解説します。
→ コメヌカスフィンゴ糖脂質記事を読む

ゴレンシ葉エキス
ゴレンシ葉エキス
保湿成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗酸化成分 美白成分
保湿作用、Ⅰ型コーラゲン産生促進およびMMP-1活性抑制による抗シワ作用、ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、スーパーオキシド(O₂⁻)消去能による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ゴレンシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴレンシ葉エキス記事を読む


サイシンエキス
サイシンエキス
抗酸化成分 美白成分 保湿成分 バリア機能
スーパーオキシド(O₂⁻)および過酸化水素(H₂O₂)消去能およびグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、還元型グルタチオン産生促進による色素沈着淡色化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド産生促進およびインボルクリン発現促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、サイシンエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイシンエキス記事を読む

サイシンエキス
サイシンエキス
美白成分
ACTH抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、サイシンエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイシンエキス記事を読む

シコンエキス
シコンエキス
抗菌成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 着色剤
hBD-3産生促進による抗菌作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、暗紫色の着色剤目的で化粧品に配合される成分、シコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ シコンエキス記事を読む

シソエキス(1)
シソエキス(1)
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(1)記事を読む

シソエキス(2)
シソエキス(2)
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(2)記事を読む

シソ葉エキス
シソ葉エキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ シソ葉エキス記事を読む

シャクヤクエキス
シャクヤクエキス
美白成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗くぼみ 育毛剤 抗白髪成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロン酸の断片化抑制活性による抗炎症作用、XPC発現促進による細胞賦活作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、MMP-1活性阻害、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能および近赤外線によるコラーゲン分解酵素抑制による抗シワ作用、MYH2産生促進による目のまわりの抗くぼみ作用、毛髪幹細胞におけるDNA損傷抑制による育毛作用および白髪抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シャクヤクエキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤクエキス記事を読む

シャクヤク根エキス
シャクヤク根エキス
美白成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗くぼみ 育毛剤 抗白髪成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロン酸の断片化抑制活性による抗炎症作用、XPC発現促進による細胞賦活作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、MMP-1活性阻害、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能および近赤外線によるコラーゲン分解酵素抑制による抗シワ作用、MYH2産生促進による目のまわりの抗くぼみ作用、毛髪幹細胞におけるDNA損傷抑制による育毛作用および白髪抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シャクヤク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤク根エキス記事を読む

ショウガ根茎エキス
ショウガ根茎エキス
血行促進成分 美白成分 抗老化成分 冷感剤 感触改良剤 育毛剤
血行促進作用、チロシナーゼ活性低下による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、メントールとの併用による冷感増強作用、ベタつき軽減による感触改善作用、育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ショウガ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウガ根茎エキス記事を読む

ショウキョウエキス
ショウキョウエキス
血行促進成分 美白成分 抗老化成分 冷感剤 感触改良剤 育毛剤
血行促進作用、チロシナーゼ活性低下による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、メントールとの併用による冷感増強作用、ベタつき軽減による感触改善作用、育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ショウキョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウエキス記事を読む

ショウキョウチンキ
ショウキョウチンキ
血行促進成分 美白成分 抗老化成分 冷感剤 感触改良剤 育毛剤
血行促進作用、チロシナーゼ活性低下による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、メントールとの併用による冷感増強作用、ベタつき軽減による感触改善作用、育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ショウキョウチンキの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウチンキ記事を読む

ショウブ根エキス
ショウブ根エキス
抗菌成分 美白成分 細胞賦活剤
デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、DNA損傷抑制、表皮幹細胞性維持および幹細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ショウブ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根エキス記事を読む

ショウブ根茎エキス
ショウブ根茎エキス
抗菌成分 美白成分 細胞賦活剤
デンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、DNA損傷抑制、表皮幹細胞性維持および幹細胞増殖促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ショウブ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウブ根茎エキス記事を読む

スイカズラエキス
スイカズラエキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 美白成分 保湿成分 抗老化成分 抗白髪成分
NF-κB活性抑制およびホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、DPPH(ジフェニルピクリルヒドラジル)消去能による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、抗菌作用、カルボニル化抑制による抗老化作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、スイカズラエキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラエキス記事を読む

スイカズラ花エキス
スイカズラ花エキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 美白成分 保湿成分 抗老化成分 抗白髪成分
NF-κB活性抑制およびホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、DPPH(ジフェニルピクリルヒドラジル)消去能による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、抗菌作用、カルボニル化抑制による抗老化作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、スイカズラ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラ花エキス記事を読む

スターフルーツ葉エキス
スターフルーツ葉エキス
保湿成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗酸化成分 美白成分
保湿作用、Ⅰ型コーラゲン産生促進およびMMP-1活性抑制による抗シワ作用、ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、スーパーオキシド(O₂⁻)消去能による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、スターフルーツ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ スターフルーツ葉エキス記事を読む

センキュウエキス
センキュウエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 血行促進成分 育毛剤
抗炎症作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、血行促進作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウエキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウエキス記事を読む

センキュウ根茎エキス
センキュウ根茎エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 血行促進成分 育毛剤
抗炎症作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、血行促進作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウ根茎エキス記事を読む


ダイズエキス
ダイズエキス
抗老化成分 保湿成分 美白成分
コラーゲン代謝活性促進による抗老化作用、セラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズエキス記事を読む

ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキス
抗老化成分 保湿成分 美白成分
コラーゲン代謝活性促進による抗老化作用、セラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズ種子エキス記事を読む

タイムエキス(1)
タイムエキス(1)
保湿成分 バリア機能 美白成分 抗炎症成分 抗菌成分
フィラグリン産生促進による保湿作用、バリア機能改善作用、メラノソーム移動抑制による色素沈着抑制作用、抗炎症作用、抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(1)記事を読む

チャエキス(1)
チャエキス(1)
抗酸化成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用、抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、チャエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ チャエキス(1)記事を読む

チャ葉エキス
チャ葉エキス
抗酸化成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用、抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、チャ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ チャ葉エキス記事を読む

チョウジエキス
チョウジエキス
抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 保湿成分 抗シワ成分 育毛剤
グラム陽性菌およびグラム陰性菌に対する抗菌作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、O₂⁻消去能による抗酸化作用および抗シワ作用、チロシナーゼ活性阻害およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、線維芽細胞のコラーゲンへの接着性強化による抗シワ作用、5α-リダクターゼ活性阻害による抜け毛抑制作用目的で化粧品に配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性について解説します。
→ チョウジエキス記事を読む

ツボクサエキス
ツボクサエキス
抗老化成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分
抗シワ作用、抗酸化、抗炎症、抗糖化作用、皮膚細胞の再生促進作用、皮膚細胞の結合力促進作用、メラニン合成抑制作用など様々な目的で化粧品に配合される成分、ツボクサエキスの効果や安全性について解説します。
→ ツボクサエキス記事を読む

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミ防止およびシミ改善効果やコラーゲン生成促進や赤ニキビ改善目的などで化粧品に配合されるビタミンC誘導体、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル記事を読む

トウガラシ果実エキス
トウガラシ果実エキス
血行促進成分 温感剤 美白成分 抗老化成分 育毛剤
血行促進作用、血行促進による温感作用、メラニン生成抑制およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、線維芽細胞増殖促進による抗老化作用、血行促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、トウガラシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシ果実エキス記事を読む

トウガラシチンキ
トウガラシチンキ
血行促進成分 温感剤 美白成分 抗老化成分 育毛剤
血行促進作用、血行促進による温感作用、メラニン生成抑制およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、線維芽細胞増殖促進による抗老化作用、血行促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、トウガラシチンキの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシチンキ記事を読む

トウキエキス(1)
トウキエキス(1)
抗炎症成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 血行促進成分
優れた抗炎症作用、カテプシン活性促進によるメラノソーム分解促進作用、多角的なコラーゲン繊維産生・形成促進作用、コラーゲン分解阻害作用、穏やかな血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ トウキエキス(1)記事を読む

トウキ根エキス
トウキ根エキス
抗炎症成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 血行促進成分
優れた抗炎症作用、カテプシン活性促進によるメラノソーム分解促進作用、多角的なコラーゲン繊維産生・形成促進作用、コラーゲン分解阻害作用、穏やかな血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキ根エキス記事を読む

トウニンエキス
トウニンエキス
保湿成分 エモリエント成分 美白成分 細胞賦活剤 血行促進成分
保湿作用、エモリエント作用、チロシナーゼ活性阻害およびSCF発現抑制による色素沈着抑制作用、ZO-1発現促進による血行促進作用および細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、トウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウニンエキス記事を読む

トラネキサム酸
トラネキサム酸(t-AMCHA)
美白成分 抗炎症成分
シミの予防をはじめ肌荒れや肝斑改善効果が厚生省に認められており、美白化粧品に配合される成分トラネキサム酸(t-AMCHA)の成分効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トラネキサム酸記事を読む

トラネキサム酸セチルHCl
トラネキサム酸セチルHCl
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、トラネキサム酸セチルHClの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トラネキサム酸セチルHCl記事を読む

トラネキサム酸セチル塩酸塩
トラネキサム酸セチル塩酸塩
美白成分
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ目的で化粧品に配合される医薬部外品成分、トラネキサム酸セチル塩酸塩の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トラネキサム酸セチル塩酸塩記事を読む


ナイアシンアミド
ナイアシンアミド
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミドの効果や安全性について解説します。
→ ナイアシンアミド記事を読む

ナギイカダ根エキス
ナギイカダ根エキス
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分 バリア機能 抗菌成分 抗白髪成分
静脈血管収れんおよび皮脂分泌抑制による抗炎症作用、血管増強による血行促進作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、表皮ヒアルロン酸産生促進によるバリア機能改善作用、hBD-3およびRNase7発現促進による抗菌作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ナギイカダ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ナギイカダ根エキス記事を読む

ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミド
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ニコチン酸アミドの効果や安全性について解説します。
→ ニコチン酸アミド記事を読む

ノイバラ果実エキス
ノイバラ果実エキス
保湿成分 美白成分 抗アレルギー 抗菌成分 抗老化成分 収れん成分 消臭剤
フィラグリン産生促進による保湿作用、SLC45A2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、収れん作用、Ⅶ型コラーゲン減少抑制および産生促進による抗老化作用、イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ノイバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ノイバラ果実エキス記事を読む

ノバラエキス
ノバラエキス
保湿成分 収れん成分 美白成分
角質水分量増加による保湿作用、収れん作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ノバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ ノバラエキス記事を読む


ハイドロキノン
ハイドロキノン
美白成分
シミや色素沈着の解消や改善目的で化粧品に配合される成分、ハイドロキノンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ハイドロキノン記事を読む

ハイビスカス花エキス
ハイビスカス花エキス
抗炎症成分 保湿成分 バリア機能 美白成分
抗炎症作用、クローディン-1およびオクルディン産生促進による保湿作用およびバリア機能改善作用、SCF、bFGF、ET-1およびPOMC抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハイビスカス花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハイビスカス花エキス記事を読む

ハトムギ種子エキス
ハトムギ種子エキス
保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 消臭剤
保湿作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、イソ吉草酸抑制による汗の消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ハトムギ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハトムギ種子エキス記事を読む

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
シミの予防や防止、活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合されるビタミンC誘導体、アプレシエとも呼ばれているパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na記事を読む

ヒキオコシエキス(1)
ヒキオコシエキス(1)
細胞賦活剤 抗菌成分 抗炎症成分 血行促進成分 美白成分 抗白髪成分
細胞賦活作用、グラム陽性菌および陰性菌の抗菌作用、抗炎症作用、血行促進作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ヒキオコシエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ヒキオコシエキス(1)記事を読む

ヒキオコシ葉/茎エキス
ヒキオコシ葉/茎エキス
細胞賦活剤 抗菌成分 抗炎症成分 血行促進成分 美白成分 抗白髪成分
細胞賦活作用、グラム陽性菌および陰性菌の抗菌作用、抗炎症作用、血行促進作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ヒキオコシ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヒキオコシ葉/茎エキス記事を読む

ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体
美白成分 抗酸化成分 抗老化成分
抗酸化、メラニン色素の生成抑制目的で化粧品に配合される成分、ビタミンC誘導体の種類や効果について解説します。
→ ビタミンC誘導体記事を読む

ビワ葉エキス
ビワ葉エキス
抗炎症成分 抗アレルギー 美白成分 育毛剤 抗白髪成分
ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗炎症作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、毛髪幹細胞におけるDNA損傷抑制による育毛作用および白髪抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ビワ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ビワ葉エキス記事を読む

フェルラ酸
フェルラ酸
美白成分 抗酸化成分 紫外線吸収剤
メラニン抑制や紫外線吸収目的で化粧品に配合される成分、フェルラ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フェルラ酸記事を読む

ブッチャーブルームエキス
ブッチャーブルームエキス
抗炎症成分 血行促進成分 美白成分 バリア機能 抗菌成分 抗白髪成分
静脈血管収れんおよび皮脂分泌抑制による抗炎症作用、血管増強による血行促進作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、表皮ヒアルロン酸産生促進によるバリア機能改善作用、hBD-3およびRNase7発現促進による抗菌作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ブッチャーブルームエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブッチャーブルームエキス記事を読む

ブドウ種子エキス
ブドウ種子エキス
抗酸化成分 抗糖化 美白成分
抗糖化作用、フリーラジカル消去能による抗酸化作用、チロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用、ヘアカラー退色防止、毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ブドウ種子エキス記事を読む

プラセンタエキス
美白成分 保湿成分
シミの防止や排出目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、プラセンタエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プラセンタエキス記事を読む

プルーン酵素分解物
プルーン酵素分解物
美白成分 保湿成分 抗老化成分
メラニン輸送抑制による色素沈着抑制作用、保湿作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン酵素分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン酵素分解物記事を読む

プルーン分解物
プルーン分解物
美白成分 保湿成分 抗老化成分
メラニン輸送抑制による色素沈着抑制作用、保湿作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン分解物記事を読む

ベニバナエキス(1)
ベニバナエキス(1)
抗炎症成分 紫外線防御成分 着色剤 美白成分 抗老化成分 抗菌成分
プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、紫外線による過酸化水素のダメージ抑制による紫外線防御作用、天然紅色色素または天然黄色色素による着色剤、PAR2活性化阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、黄色ブドウ球菌、緑濃菌、大腸菌、カンジダおよび黒コウジカビ発育抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ベニバナエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ベニバナエキス(1)記事を読む

ベニバナ花エキス
ベニバナ花エキス
抗炎症成分 紫外線防御成分 着色剤 美白成分 抗老化成分 抗菌成分
プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、紫外線による過酸化水素のダメージ抑制による紫外線防御作用、天然紅色色素または天然黄色色素による着色剤、PAR2活性化阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、黄色ブドウ球菌、緑濃菌、大腸菌、カンジダおよび黒コウジカビ発育抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ベニバナ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ベニバナ花エキス記事を読む

ヘマトコッカスプルビアリスエキス
ヘマトコッカスプルビアリスエキス
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 美白成分
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ヘマトコッカスプルビアリスエキスの成分効果や安全性について解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリスエキス記事を読む

ヘマトコッカスプルビアリス油
ヘマトコッカスプルビアリス油
抗酸化成分 抗炎症成分 抗シワ成分 抗老化成分 美白成分
過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ヘマトコッカスプルビアリス油の成分効果や安全性について解説します。
→ ヘマトコッカスプルビアリス油記事を読む

ボタンエキス
ボタンエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分 保湿成分 血行促進成分 抗シワ成分 抗老化成分
ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用、活性酸素消去能による抗酸化作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、CXCR3抑制による抗炎症作用・色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、血行促進作用、コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3、MMP-11増加抑制による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ボタンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ボタンエキス記事を読む


マグノリグナン
マグノリグナン
美白成分
色素沈着の抑制および改善目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、マグノリグナンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ マグノリグナン記事を読む

マグワ根皮エキス
マグワ根皮エキス
美白成分 保湿成分 抗酸化成分 抗炎症成分 育毛剤 血行促進成分 消臭剤
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用、血管再生促進作用、ビニルケトン類生成抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、マグワ根皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ マグワ根皮エキス記事を読む

マドンナリリー根エキス
マドンナリリー根エキス
保湿成分 バリア機能 細胞賦活剤 抗くぼみ 抗酸化成分 美白成分
セラミド合成促進による保湿作用、表皮細胞分裂回数減少抑制および表皮菲薄化抑制による細胞賦活作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、MYH2産生促進による抗くぼみ作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マドンナリリー根エキスの効果や安全性について解説します。
→ マドンナリリー根エキス記事を読む

マヨラナエキス
マヨラナエキス
保湿成分 抗炎症成分 毛髪保護剤 育毛剤 美白成分
表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、ホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、17型コラーゲン産生促進による毛髪保護作用、5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用、アドレノメジュリン(ADM)抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナエキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナエキス記事を読む

マヨラナ葉エキス
マヨラナ葉エキス
保湿成分 抗炎症成分 毛髪保護剤 育毛剤 美白成分
表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、ホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、17型コラーゲン産生促進による毛髪保護作用、5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用、アドレノメジュリン(ADM)抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナ葉エキス記事を読む

ムラサキ根エキス
ムラサキ根エキス
抗菌成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 着色剤
hBD-3産生促進による抗菌作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用、暗紫色の着色剤目的で化粧品に配合される成分、ムラサキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ムラサキ根エキス記事を読む

メマツヨイグサ種子エキス
メマツヨイグサ種子エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ種子エキス記事を読む

メマツヨイグサ抽出液
メマツヨイグサ抽出液
抗炎症成分 抗酸化成分 美白成分 抗老化成分
過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ メマツヨイグサ抽出液記事を読む

メリッサエキス
メリッサエキス
収れん成分 抗アレルギー 美白成分 抗老化成分
収れん作用、抗アレルギー作用、創傷治癒作用、チロシナーゼ抑制および表皮細胞のメラニン取り込み抑制による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、皮膚コンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサエキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサエキス記事を読む

メリッサ葉エキス
メリッサ葉エキス
収れん成分 抗アレルギー 美白成分 抗老化成分
収れん作用、抗アレルギー作用、創傷治癒作用、チロシナーゼ抑制および表皮細胞のメラニン取り込み抑制による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、皮膚コンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、メリッサ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ メリッサ葉エキス記事を読む


ユキノシタエキス
ユキノシタエキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗アレルギー 保湿成分 美白成分 細胞賦活剤
抗炎症作用、抗菌作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、過酸化脂質生成抑制および活性酸素除去能による抗酸化作用、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性抑制による美白作用、DNA損傷修復による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユキノシタエキス記事を読む

ユズ種子エキス
ユズ種子エキス
細胞賦活成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
ターンオーバー促進やシミ予防、線維芽細胞・コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖による抗老化など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユズ種子エキス記事を読む

ユリエキス
ユリエキス
保湿成分 バリア機能 細胞賦活剤 抗くぼみ 抗酸化成分 美白成分
セラミド合成促進による保湿作用、表皮細胞分裂回数減少抑制および表皮菲薄化抑制による細胞賦活作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、MYH2産生促進による抗くぼみ作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ユリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユリエキス記事を読む

ヨクイニンエキス
ヨクイニンエキス
保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 消臭剤
保湿作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、イソ吉草酸抑制による汗の消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ヨクイニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨクイニンエキス記事を読む

ヨモギエキス
ヨモギエキス
抗炎症成分 抗アレルギー 抗菌成分 美白成分 抗糖化 抗たるみ 消臭剤
ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用、抗菌作用、活性酸素消去能および過酸化脂質抑制による抗酸化作用、アトピー性皮膚炎改善作用、血行促進作用、ACTH抑制およびチロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、AGEs減少による抗老化作用、消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ヨモギエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨモギエキス記事を読む

ヨモギ葉エキス
ヨモギ葉エキス
抗炎症成分 抗アレルギー 抗菌成分 美白成分 抗糖化 抗たるみ 消臭剤
ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用、抗菌作用、活性酸素消去能および過酸化脂質抑制による抗酸化作用、アトピー性皮膚炎改善作用、血行促進作用、ACTH抑制およびチロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、AGEs減少による抗老化作用、消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ヨモギ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨモギ葉エキス記事を読む


リノール酸
リノール酸
美白成分 エモリエント成分
チロシナーゼ阻害効果やエモリエント目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、リノール酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リノール酸記事を読む

リノレン酸
美白成分 エモリエント成分
エモリエントやシミ防止目的で化粧品に配合される成分、リノレン酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リノレン酸記事を読む

リン酸L-アスコルビルナトリウム
リン酸L-アスコルビルナトリウム
美白成分 抗酸化成分 抗シワ成分
メラニンの抑制と還元、抗酸化、皮膚や毛髪の保護目的で水溶性化粧品に配合される医薬部外品承認のビタミンC誘導体、リン酸L-アスコルビルナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸L-アスコルビルナトリウム記事を読む

リン酸アスコルビルMg
リン酸アスコルビルMg
美白成分 抗老化成分
シミ防止や活性酸素除去やコラーゲン促進目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、リン酸アスコルビルMgの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リン酸アスコルビルMg記事を読む

ルイボスエキス
ルイボスエキス
抗炎症成分 抗アレルギー 抗酸化成分 美白成分
抗炎症作用、抗アレルギー作用、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能による抗酸化作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ルイボスエキスの効果や安全性について解説します。
→ ルイボスエキス記事を読む

ルシノール
ルシノール
美白成分
チロシナーゼ拮抗阻害作用およびTRP-1活性阻害作用によるメラニン黒化予防・防止およびシミ・くすみ・ソバカス・肝斑を目立たなくする目的で化粧品に配合される成分、ルシノールの効果や安全性について解説します。
→ ルシノール記事を読む

ローズマリーエキス
ローズマリーエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん成分 抗菌成分 美白成分 抗老化成分 毛髪保護剤
抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用、TRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、パーマ、ブリーチ、カラーリングなどの化学処理された頭髪の抗酸化的な損傷抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリーエキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリーエキス記事を読む

ローズマリー葉エキス
ローズマリー葉エキス
抗炎症成分 抗酸化成分 収れん成分 抗菌成分 美白成分 抗老化成分 毛髪保護剤
抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用、TRP-2活性阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、パーマ、ブリーチ、カラーリングなどの化学処理された頭髪の抗酸化的な損傷抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリー葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリー葉エキス記事を読む


ワイルドタイムエキス
ワイルドタイムエキス
保湿成分 バリア機能 美白成分 抗炎症成分 抗菌成分
フィラグリン産生促進による保湿作用、バリア機能改善作用、メラノソーム移動抑制による色素沈着抑制作用、抗炎症作用、抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ワイルドタイムエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワイルドタイムエキス記事を読む

ワレモコウエキス
ワレモコウエキス
抗炎症成分 収れん成分 抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 抗老化成分 抗たるみ 育毛剤 消臭剤
抗炎症作用、収れん作用弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、筋細胞賦活による抗たるみ作用、唇のヒアルロン酸産生促進による抗老化作用、FGF-5拮抗および毛成長期延長作用による育毛作用、ビニルケトン類生成抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ワレモコウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワレモコウエキス記事を読む

TOPへ