カンフルとは…成分効果と毒性を解説

冷感 可塑
カンフル
[化粧品成分表示名称]
・カンフル

[医薬部外品表示名称]
・dl-カンフル、d-カンフル

[慣用名]
・カンファー、樟脳(しょうのう)

クスノキ科植物クスノキ(学名:Cinnamomum camphora 英名:Camphor Laurel)に多量に含まれる(∗1)テルペノイド化合物(∗2)であり、樟脳(しょうのう)の芳香を有したモノテルペン(∗3)に分類される分子量152.24の二環性モノテルペンケトン(∗4)です(文献2:1994)

∗1 d-カンフルはクスノキに含まれ、dl-カンフルはα-ピネンを原料とした合成によって得られます(文献3:2017)。

∗2 二重結合をもち炭素数5個(C5)を分子構造とするイソプレンを分子構造単位(イソプレンユニット)とし、イソプレンが直鎖状に複数個(C5×n個)連結した後に環化や酸化など種々の修飾を経て生成する化合物のことです(文献3:2017)。イソプレン単体(C5)の場合はイソプレンまたはテルペンと呼ばれますが、イソプレンが2個以上連なった場合(C5×2個以上)は複数形としてテルペノイド(イソプレノイド)と呼ばれます。

∗3 イソプレン(C5)ユニットが2個連結した炭素数10個(C5×2)のテルペノイド化合物です。

∗4 モノテルペン骨格に官能基としてケトン基(>C=O)が結合した化合物の総称です。

化粧品以外の主な用途としては、医薬品分野において消炎薬として湿布剤や塗り薬などに、また止痒作用があることからかゆみ止めなどに使用されます(∗5)(文献3:2017;文献4:2012)

∗5 以前は香りに虫の忌避効果があることから衣服の防虫剤として使用されていましたが、現在ではあまり使用されていないようです。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディケア製品、シャンプー製品、頭皮ケア製品、洗顔料、リップケア製品など様々な製品に汎用されています。

清涼感付与効果

清涼感付与効果に関しては、皮膚に浸透してクスノキ特有のスーッとする清涼感を付与する効果を有していることから(文献4:2012;文献5:2015)、一般的に同様の効果をもつメントールと併用してスキンケア化粧品、ボディケア製品、シャンプー製品、頭皮ケア製品、洗顔料、リップケア製品などに汎用されています。

可塑

可塑(かそ)に関しては、まず可塑性について解説します。

可塑性とは、粘土のように自由自在に形を整えることのできる物性のことであり、ニトロセルロースや樹脂など被膜形成剤に適度な柔軟性と弾力を付与する目的で、ネイル製品に使用されています(文献6:1990;文献7:2001)

dl-カンフルは医薬品成分であり、化粧品に配合する場合は以下の配合範囲内においてのみ使用されます。

種類 最大配合量(g/100g)
粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流すもの 4.0
粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流さないもの 4.0
粘膜に使用されることがある化粧品 1.0

d-カンフルおよびdl-カンフルは、医薬部外品(薬用化粧品)への配合において配合上限があり、配合範囲は以下になります。

種類 配合量 その他
薬用石けん・シャンプー・リンス等、除毛剤 1.0 d-カンフル及びdl-カンフルとして合計。
育毛剤 1.0
その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 1.0
薬用口唇類 1.0
薬用歯みがき類 1.0
浴用剤 1.0

スポンサーリンク

カンフルの安全性(刺激性・アレルギー)について

カンフルの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 50年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:3%濃度においてほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

名古屋大学医学部附属病院分院皮膚科のパッチテストデータ(文献1:1984)によると、

  • [ヒト試験] 健常な皮膚を有する30人の被検者に3%カンフルを含むワセリンを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去1,24および48時間後に皮膚刺激性を評価したところ、24時間で1人の被検者にアレルギー反応を疑わせる反応(++)がみられたが、いずれの被検者も48時間で皮膚反応はみられなかった

と記載されています。

カンフルは医薬品成分であることから化粧品および医薬部外品への配合上限が定められており、また試験データをみるかぎり、3%濃度において皮膚刺激なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

日本薬局方および医薬部外品原料規格2006に収載されており、50年以上の使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

∗∗∗

カンフルは温冷感成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:温冷感成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 早川 律子(1984)「医療用形成パップ剤の皮膚刺激性」皮膚(26)(4),758-763.
  2. 大木 道則, 他(1994)「d-ショウノウ」化学辞典,680.
  3. 池田 剛(2017)「モノテルペン」エッセンシャル天然薬物化学 第2版,120-124.
  4. 鈴木 一成(2012)「カンフル」化粧品成分用語事典2012,403.
  5. 宇山 侊男, 他(2015)「カンフル」化粧品成分ガイド 第6版,112.
  6. 柴谷 順一, 他(1990)「最近の化粧品用樹脂の動向」色材協会誌(63)(4),217-225.
  7. 大枝 一郎(2001)「メイクアップ化粧品の最近の動向」色材協会誌(74)(10),518-525.

スポンサーリンク

TOPへ