グアーガムの基本情報・配合目的・安全性

グアーガム

化粧品表示名称 グアーガム
医薬部外品表示名称 グァーガム
化粧品国際的表示名称(INCI名) Cyamopsis Tetragonoloba (Guar) Gum
配合目的 増粘 など

1. 基本情報

1.1. 定義

マメ科植物クラスタマメ(学名:Cyamopsis tetragonoloba 英名:guar)(∗1)の胚乳から得られる種子粘質物であり、以下の化学式で表される2個のマンノースを直鎖状主鎖とし、側鎖に1個のガラクトースが結合した構造の繰り返し単位で構成されたガラクトマンナン(多糖)(∗2)かつ植物系水溶性高分子です[1a][2a]

∗1 クラスタマメはグアー豆とも呼ばれます。

∗2 ガラクトマンナン(galactomannan)とは、多糖類の一群で、マンノースからなる直線状主鎖にガラクトースがα1,6結合したものをいいます。マンノースとガラクトースの比率は由来により異なり、グアーガムのマンノースとガラクトースの比率は2:1です。

グアーガム

1.2. 分布

グアーガムは、自然界においてインド東部・パキスタン西部の乾燥地帯で栽培されているマメ科植物であるグアー豆(学名:Cyamopsis tetragonoloba)の種子の胚乳に存在しています[2b][3a]

1.3. 化粧品以外の主な用途

グアーガムの化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 増粘安定目的でドレッシングやアイスクリームなどに用いられています[3b]
医薬品 結合、乳化、粘着、崩壊目的の医薬品添加剤として経口剤などに用いられています[4]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 親水性増粘

主にこれらの目的で、ボディ&ハンドケア製品、ボディソープ製品、スキンケア化粧品、シート&マスク製品、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、ボディ石鹸、クレンジング製品、シャンプー製品、入浴剤などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 親水性増粘

親水性増粘に関しては、グアーガムは1%水溶液で非常に粘度が高く、その水溶液はシュードプラスチック性(∗3)および糸引き性を示すといった特徴から、粘度を調整し粘度あるいは製品の安定性を保つ目的で様々な製品に使用されています[1b][2c][5]

∗3 シュードプラスチック性とは、加える力を強くすることで粘度が低下する特性のことで、たとえばシュードプラスチック性を有するマヨネーズは、保管している状態(力が加わっていない状態)では液が動かず、チューブを押す(力を加える)と粘度が低下して液が絞り出されます。また口に入れると咀嚼による力が加えられるので、口の中では粘度を感じにくくなります。

粘度に関しては、DSP五協フードによると以下のグラフのように、

天然系水溶性高分子の濃度と粘度の関係

グアーガムは、同じガラクトマンナンであるグアーガムと同様に濃度依存的な粘度の増加を示します[6]

3. 配合製品数および配合量範囲

配合製品数および配合量に関しては、海外の2011年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

グアーガムの配合製品数と配合量の調査結果(2011年)

4. 安全性評価

グアーガムの現時点での安全性は、

  • 食品添加物の既存添加物リストに収載
  • 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-最小限
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7a]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷または擦過した皮膚に食塩水で湿らせたグアーガム0.5gを4時間半閉塞パッチ適用し、適用後にDraize法に基づいて4.5,24,48および72時間後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤であった(J.D. McCarty,1990)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚刺激なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7b]によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの片眼にグアーガム0.1gを適用し、3匹のウサギは適用後に眼をすすぎ、6匹はすすがず、Draize法に基づいて眼刺激性を評価したところ、洗眼の有無にかかわらず最小限の眼刺激剤に分類された(J.D. McCarty,1990)

このように記載されており、試験データをみるかぎり最小限の眼刺激が報告されているため、一般に眼刺激性は非刺激-最小限の眼刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

4.3. 皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7c]によると、

  • [ヒト試験] カーペット製造工場では染料を繊維に付着させるためにグアーガムが使用されており、このカーペット製造工場に勤務する162人の従業員に対するグアーガムの皮膚感作性を検討するために、グアーガム1mg/mLを皮膚に1滴垂らし、検査用の針を皮膚の表面に押し当てて、15分後に反応を観察するスキンプリックテストを実施した。その結果、8人の被検者は即時皮膚反応を示し、11人の被検者はグアーガムに対するIgE抗体を有していた(J.L. Malo,1990)

このように記載されていますが、職業的曝露によるデータのみであるため、一般的使用における安全性評価のデータとしては適さないと考えられます。

グアーガムは、既存添加物リスト、医薬品添加物規格2018および医薬部外品原料規格2021に収載されており、40年以上の使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「グアーガム」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,344.
  2. abc南口 利一(1998)「増粘安定剤としての多糖類の香粧品への応用」Fragrance Journal(26)(7),48-56.
  3. ab樋口 彰, 他(2019)「グァーガム」食品添加物事典 新訂第二版,97-98.
  4. 日本医薬品添加剤協会(2021)「グァーガム」医薬品添加物事典2021,172-173.
  5. 日光ケミカルズ株式会社(2016)「高分子」パーソナルケアハンドブックⅠ,106-134.
  6. “多糖類.com”(-)「グァーガム」,2021年9月22日アクセス.
  7. abcW. Johnson, et al(2015)「Safety Assessment of Galactomannans as Used in Cosmetics」International Journal of Toxicology(34)(1_Suppl),35S-65S. DOI:10.1177/1091581815586798.

TOPへ