(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーの基本情報・配合目的・安全性

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー

化粧品表示名 (エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー
INCI名 Ethylene/Propylene/Styrene Copolymer
配合目的 増粘 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表されるエチレン(∗1)、プロピレン(∗2)およびスチレン(∗3)の共重合体(∗4)の末端を水素添加したものです[1a]

∗1 エチレン(ethylene 化学式:C2H4)とは、気体のエチレンガスであり、炭素3個に二重結合を1つ持つ不飽和炭化水素(炭化水素ガス)です。

∗2 プロピレン(propylene 化学式:C3H6)とは、気体のプロピレンガスであり、二重結合で結ばれた炭素2個を持つ不飽和炭化水素(炭化水素ガス)です。

∗3 スチレン(styrene 化学式:C8H8)とはベンゼンの水素原子の一つがビニル基に置換した構造をもつ芳香族炭化水素であり、天然樹脂である蘇合香(そごうこう 英名:styrax)の成分として発見され、蘇合香の英名である「styrax」と芳香族炭化水素を意味する「arene」からスチレン(styrene)と命名されています。

∗4 重合体とは、複数の単量体(モノマー:monomer)が繰り返し結合し、鎖状や網状にまとまって機能する多量体(ポリマー:polymer)のことを指し、2種類以上の単量体(モノマー:monomer)がつながってできているものを共重合体(copolymer:コポリマー)とよびます。

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 非水系増粘

主にこれらの目的で、メイクアップ製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 非水系増粘

非水系増粘に関しては、(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーは極性基を含まない油性成分の粘度調整目的で主にメイクアップ製品に使用されています[1b][2][3]

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーは単体で用いられている例はほとんどなく、一般に極性基を含まない油性成分(非極性油性成分)との混合原料として用いられています。

非極性油性成分としては、

併用されている非極性油性成分
ミネラルオイルイソヘキサデカン水添ポリイソブテンパルミチン酸イソプロピル

これらの成分があり、これらの成分を増粘する増粘剤として(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマーと併用して用いられています。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2013-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗5)

∗5 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2014年)

4. 安全性評価

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーの現時点での安全性は、

  • 15年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[4a]によると、

  • [ヒト試験] 117名の被検者に4-15%(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーおよび0.1-2%(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマーの混合物を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、試験期間を通じていずれの被検者においても皮膚刺激および皮膚感作を誘発しなかった(Stephens & Associates,1994)
  • [動物試験] ウサギの皮膚に4-15%(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーおよび0.1-2%(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマーの混合物を適用し、適用後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験条件下においてこの試験物質は皮膚刺激剤ではなかった(Stillmeadow,1992)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[4b]によると、

  • [動物試験] ウサギの片眼に4-15%(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーおよび0.1-2%(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマーの混合物を適用し、適用後に眼刺激性を評価したところ、この試験条件下においてこの試験物質は眼刺激剤ではなかった(Stillmeadow,1992)

このように記載されており、試験データをみるかぎり眼刺激なしと報告されているため、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,229.
  2. Cosmetics Innovations and Technologies s.a.r.l.(2016)「Creagel Crystal」Catalog.
  3. Calumet Refining, LLC.(2021)「Versagel Series」Catalog.
  4. abW.F. Bergfeld, et al(2014)「Safety Assessment of Styrene and Vinyl-type Styrene Copolymers as Used in Cosmetics(∗6)」, 2022年11月10日アクセス.
    ∗6 PCPCのアカウントをもっていない場合はCIRをクリックし、表示されたページ中のアルファベットをどれかひとつクリックすれば、あとはアカウントなしでも上記レポートをクリックしてダウンロードが可能になります。

TOPへ