タマリンドガムの基本情報・配合目的・安全性

タマリンドガム

化粧品表示名称 タマリンドガム
医薬部外品表示名称 タマリンドシードガム
化粧品国際的表示名称(INCI名) Tamarindus Indica Seed Gum
配合目的 増粘 など

1. 基本情報

1.1. 定義

マメ科常緑高木であるタマリンド(学名:Tamarindus indica)の種子から得られる種子粘質物であり、以下の化学式で表されるグルコースを主鎖とし、側鎖にキシロースとガラクトースをもつ構造(∗1)の繰り返し単位で構成されたキシログルカン(多糖)かつ植物系水溶性高分子です[1a][2a]

∗1 詳細な化学構造としては、β-D-グルコースのβ-1,4結合を主鎖とし、O-6でα-D-キシロースと結合し、キシロースのいくつか(ユニットあたり0-2個)にO-2でβ-D-ガラクトースが結合したオリゴ糖ユニットです。

タマリンドガム

1.2. 分布

タマリンドガムは、自然界においてタイやインドなど東南アジアをはじめ、エジプトやアメリカのフロリダなど世界各地に広く分布するマメ科常緑高木であるタマリンド(学名:Tamarindus indica)の種子胚乳部に存在しています[2b][3a]

1.3. 化粧品以外の主な用途

タマリンドガムの化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 乳化安定目的でアイスクリームなどに、増粘目的でソースなどに、ゲル化目的で各種デザートなどに用いられています[3b]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 親水性増粘およびゲル化

主にこれらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、マスク製品、洗顔料、洗顔石鹸、クレンジング製品、トリートメント製品、アウトバストリートメント製品、など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 親水性増粘およびゲル化

親水性増粘およびゲル化に関しては、タマリンドガムは増粘剤として使用される他の天然系多糖と比較すると中程度の粘度を示しますが、耐熱性、耐酸性、耐塩性に優れ、その液性はシュードプラスチック性(∗2)を示すといった特徴をもつことから、粘度を調整し粘度あるいは製品の乳化安定性を保つ目的で様々な製品に使用されています[1b][2c][4a]

∗2 シュードプラスチック性とは、加える力を強くすることで粘度が低下する特性のことで、たとえばシュードプラスチック性を有するマヨネーズは、保管している状態(力が加わっていない状態)では液が動かず、チューブを押す(力を加える)と粘度が低下して液が絞り出されます。また口に入れると咀嚼による力が加えられるので、口の中では粘度を感じにくくなります。

粘度に関しては、DSP五協フードによると以下のグラフのように、

天然系水溶性高分子の濃度と粘度の関係

タマリンドガムは、添加量に比例して粘度が大きくなりますが、他の多糖と比較すると中程度の粘度を示します[4b]

また、タマリンドガムはアルコール類や糖類と併用することで相乗効果によりゲル化することが知られており[2d]、併用する成分によって、

併用成分(∗3) 硬さ 弾力 離水 透明性
低級アルコール 硬い

柔らかい
弱い

強い
多い

少ない
白濁

透明
多価アルコール
糖アルコール・糖類

∗3 タマリンドガムと併用される代表的な低級アルコールとしてはエタノール、多価アルコールとしてはBGPEG-400グリセリン、糖アルコールとしてはソルビトール、糖類としてはトレハロースなどがあります。

このようなゲル物性を示します[4c]

3. 配合製品数および配合量範囲

配合製品数および配合量に関しては、海外の2013-2015年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

タマリンドガムの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2015年)

4. 安全性評価

タマリンドガムの現時点での安全性は、

  • 食品添加物の既存添加物リストに収載
  • 15年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

食品添加物の既存添加物リストに収載されており、15年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「タマリンドガム」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,635-636.
  2. abcdK. Yamatoya, et al(2020)「Tamarind seed polysaccharide: Unique profile of properties and applications」Biopolymer-Based Formulations,445-461. DOI:10.1016/B978-0-12-816897-4.00020-5.
  3. ab樋口 彰, 他(2019)「タマリンドシードガム」食品添加物事典 新訂第二版,215.
  4. abc“多糖類.com”(-)「タマリンドガム」,2021年10月2日アクセス.

TOPへ