ヘクトライトの基本情報・配合目的・安全性

ヘクトライト

化粧品表示名 ヘクトライト
医薬部外品表示名 ヘクトライト
INCI名 Hectorite
配合目的 増粘 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される天然のコロイド状含水ケイ酸アルミニウムマグネシウムであり、粘土鉱物のスメクタイト(∗1)に分類されるモンモリロナイト鉱物(∗2)です[1a]

∗1 体積の数十倍に水を吸収して膨らむ(膨潤する)機能を有する粘土鉱物のグループをスメクタイトといいます。

∗2 モンモリロナイトベントナイトの主成分です。

ヘクトライト

1.2. 性状

ヘクトライトの性状は、

状態 白色の粉末

このように報告されています[2a][3a][4a]

1.3. 分布

ヘクトライトは、ベントナイトの主成分であるモンモリロナイトの一種であり、ベントナイトは自然界において主にアメリカ、ロシア、ギリシャ、イタリア、インド、中国など世界各地で産出され[5]、日本においては主要な鉱山として山形県大江町の月布鉱山、宮城県川崎町の川崎鉱山、宮城県蔵王町の土浮山鉱山から産するほか、青森県、福島-新潟県堺地域、岡山県、島根県、福岡県などにも分布しています[6]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 親水性増粘

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、ネイル製品、クレンジング製品、ボディケア製品、ハンドケア製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 親水性増粘

親水性増粘に関しては、ヘクトライトはスメクタイトに分類される粘土鉱物の一種であり、水相の粘度を増加させ、その液性はチキソトロピー性(∗3)を示すことから、ゲルを形成し粘度あるいは製品の乳化安定性を調整する目的でメイクアップ製品、化粧下地製品、ネイル製品などに使用されています[3b][4b][7]

∗3 チキソトロピー性とは、混ぜたり振ったり、力を加えることで粘度が下がり、また時間の経過とともに元の粘度に戻る現象をいいます。よく例に出されるのはペンキで、ペンキは塗る前によくかき混ぜることで粘度が下がり、はけなどで塗りやすくなります。そしてペンキは塗られた直後に粘度が上がり(元に戻り)、垂れずに乾燥します。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1998-1999年および2022年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ヘクトライトの配合製品数と配合量の調査結果(1998-1999年および2022年)

4. 安全性評価

ヘクトライトの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[8a][2b]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷および擦過した皮膚2箇所にヘクトライト0.5mLまたは0.5gを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去30分および72時間後に皮膚刺激性を評価したところ、皮膚刺激スコアは0でありこの試験物質はウサギの皮膚に対して非刺激であった(Food and Drug Research Labs Inc,1980)
  • [動物試験] 10匹のモルモットに50%ヘクトライトを対象に皮膚感作性試験(Buehler法)を実施したところ、この試験物質は皮膚感作剤ではなかった(Anonymous,2022)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[8b]によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの片眼にヘクトライト0.1mLまたは半個体100mgを適用し、3匹は約4秒間眼をすすぎ、6匹は眼をすすがず、適用24,48および72時間後および7日後に眼刺激性を評価したところ、24時間で平均眼刺激スコアは2.0であり、その後のスコアは0.0であった。ヘクトライトは非洗眼の場合は中程度の眼刺激剤であり、洗眼した場合は実質的に非刺激剤であると考えられた(Food and Drug Research Labs Inc,1981)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「ヘクトライト」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,865.
  2. abW.F. Bergfeld, et al(2022)「Amended Safety Assessment of Naturally-Sourced Clays as Used in Cosmetics(∗5)」, 2022年10月14日アクセス.
    ∗5 PCPCのアカウントをもっていない場合はCIRをクリックし、表示されたページ中のアルファベットをどれかひとつクリックすれば、あとはアカウントなしでも上記レポートをクリックしてダウンロードが可能になります。
  3. abElementis(2019)「BENTONE HYDROCLAY 2000」Information Sheet.
  4. abElementis(2019)「BENTONE HYDROCLAY 2001」Information Sheet.
  5. 鬼形 正伸(2007)「ベントナイトの特性とその応用」粘土科学(46)(2),131-138. DOI:10.11362/jcssjnendokagaku1961.46.131.
  6. 高木 哲一(2008)「2007年度秋期講習会「宮城・山形のベントナイト鉱床」」資源地質(58)(1),43-47. DOI:10.11456/shigenchishitsu1992.58.43.
  7. 鈴木 一成(2012)「ヘクトライト」化粧品成分用語事典2012,543.
  8. abF.A. Andersen, et al(2003)「Final Report on the Safety Assessment of Aluminum Silicate, Calcium Silicate, Magnesium Aluminum Silicate, Magnesium Silicate, Magnesium Trisilicate, Sodium Magnesium Silicate, Zirconium Silicate, Attapulgite, Bentonite, Fuller’s Earth, Hectorite, Kaolin, Lithium Magnesium Silicate, Lithium Magnesium Sodium Silicate, Montmorillonite, Pyrophyllite, and Zeolite」International Journal of Toxicology(22)(1_suppl),37-102. DOI:10.1177/1091581803022S115.

TOPへ