紫外線防止成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして紫外線防止成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

紫外線防止剤は、肌を紫外線から守るために紫外線を遮る効果が大きい成分で、紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2種類に分かれます。

また、肌に影響を与える紫外線はUV-AとUV-Bの2種類があり、それぞれ肌への影響も違います。

紫外線の種類UV-AとUV-B

UV-B(中波長紫外線)

一部は真皮に到達することがあるものほとんどは表皮にとどまります。

皮膚に対する刺激はUV-Aよりも強く、細胞のDNAを損傷する影響が大きく、皮膚がんの原因にもなります。

長時間にわたってUV-Bを浴びた皮膚は軽微の熱傷症状を生じることがあります(∗1)

∗1 海水浴やアウトドア・スポーツで顔や腕や背中がヒリヒリするのはUV-Bによる熱傷です。

UV-A(長波長紫外線)

真皮を超えて表皮の最下層である基底層まで達し、メラノサイトの活動を活性化させる作用があり、その結果、メラノサイトの周囲の角質細胞に大量のメラニンが送り込まれることになり、皮膚の色を浅黒くする日焼けの要因となっています。

UV-Aは、波長が長いため、雲やガラスなども難なく通過するので窓越しに太陽のあたる部屋や車の中、曇り空のときも紫外線対策は必要となる。

紫外線防止成分なら紫外線をすべて防止してくれると思うかもしれませんが、紫外線吸収剤の場合、UV-Bを吸収するものが多く、UV-Aを吸収しないものもあるので注意が必要です。(∗1)

現在はUV-Aも吸収する成分がありますが、多くの場合紫外線散乱剤と合わせて使うことですべての紫外線に対応している日焼け止めが多いです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の特徴やそれぞれの肌へのはたらき方は下の図を参考にしてください。

紫外線吸収剤と紫外線防止剤の比較

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、吸収した紫外線を熱など別の弱いエネルギーに変えて放出する性質をもった成分です。

肌が紫外線を取り込む代わりに紫外線エネルギーを取り込み、肌に影響しないようにエネルギーを消費させたり、変換させたりする役割です。

ただし、紫外線を浴びている間はずっと紫外線を取り込んで化学変化を起こし続けるので、時間が経つとどうしても壊れてしまって紫外線吸収剤の役割が果たせなくなるので、定期的に付け直しが必要です。

また、紫外線吸収剤は有機化合物なので、人によっては刺激を感じたりアレルギー反応がでることがあります。

紫外線吸収剤は、無色透明で白浮きがなく、塗り心地もなめらかですが、化粧品への配合量は10%以下に規制されており、UV-A(長波紫外線)を吸収できるものが少なく、紫外線吸収剤だけでSPF値やPA値の高い日焼け止めをつくるのは難しく、紫外線散乱剤と合わせて使われることが多いです。

化粧品に主に配合される紫外線吸収剤は、

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(別名:パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル)
  • オキシベンゾン-3(2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン)
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(4-tert-ブチル-4'-メトキシジベンゾイルメタン)

これらの3種類で、紫外線吸収剤配合製品の約75%に及びます。

配合規制のある紫外線吸収剤一覧と配合上限は厚生労働省がまとめた以下の化粧品基準の9~11ページを参照してください。

参考:化粧品基準新しいウィンドゥが開きます(PDFファイル)

紫外線吸収剤の安全性は、

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射して皮膚に直接作用を及ぼす紫外線量を減らす成分です。

代表的な紫外線散乱剤には、酸化チタン酸化亜鉛がありますが、これらは白色の粉体で皮脂を吸着しやすく、肌がカサついたり白浮きしやすいといったデメリットがあります。

現在は白浮きしにくくするためにナノ化し透明感を損なわないような技術ができて採用されているものが増えています。

また、日本化粧品工業連合会は2006年からナノ化の調査を続けていますが、酸化チタンや酸化亜鉛のナノ化において現在まで人の健康に影響を及ぼした報告はないとのことです。

参考:日本化粧品工業連合会のナノマテリアルに関する調査新しいウィンドゥが開きます

紫外線防止成分一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。



t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンとは…成分効果と毒性を解説
紫外線防止成分 紫外線吸収剤
紫外線(UV-A)防止目的で他の紫外線吸収剤と合わせて日焼け止めに配合される成分、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン記事を読む


オキシベンゾン
オキシベンゾンとは…成分効果と毒性を解説
紫外線防止成分 紫外線吸収剤
紫外線防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾンの効果や毒性(安全性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ オキシベンゾン記事を読む


酸化亜鉛
酸化亜鉛とは…成分効果と毒性を解説
紫外線防止成分 紫外線散乱剤 着色剤 収れん
紫外線防止や白色の着色目的で日焼け止めやファンデーションに配合される成分、酸化亜鉛の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 酸化亜鉛記事を読む

酸化チタン
酸化チタンとは…成分効果と毒性を解説
紫外線防止成分 紫外線散乱剤 着色剤
紫外線(UV-A,UV-B)防止目的で日焼け止めやファンデーションに配合される成分、酸化チタンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 酸化チタン記事を読む

シア脂(シアバター)
シア脂(シアバター)とは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 抗炎症成分 紫外線吸収剤
保湿目的で配合される成分、シア脂(シアバター)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ シア脂記事を読む


フェルラ酸
フェルラ酸とは…成分効果と毒性を解説
美白成分 抗酸化成分 紫外線吸収剤
メラニン抑制や紫外線吸収目的で化粧品に配合される成分、フェルラ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フェルラ酸記事を読む


メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルとは…成分効果と毒性を解説
紫外線防止成分 紫外線吸収剤
紫外線(UV-B)防止目的で化粧品に配合される成分、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ メトキシケイヒ酸エチルヘキシル記事を読む

TOPへ