ステアリン酸亜鉛の基本情報・配合目的・安全性

ステアリン酸亜鉛

化粧品表示名 ステアリン酸亜鉛
医薬部外品表示名 ステアリン酸亜鉛
部外品表示簡略名 ステアリン酸Zn
INCI名 Zinc Stearate
配合目的 感触改良抗ケーキング など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表されるステアリン酸の亜鉛塩金属セッケンです[1a]

ステアリン酸亜鉛

1.2. 物性・性状

ステアリン酸亜鉛の物性・性状は、

状態 白色のかさ高い粉末
溶解性 水、エタノール、ジエチルエーテルに不溶

このように報告されています[2a]

1.3. 化粧品以外の主な用途

ステアリン酸亜鉛の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
医薬品 安定・安定化、滑沢、分散目的の医薬品添加剤として経口剤、外用剤に用いられます[2b]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • なめらかな感触付与による感触改良
  • 抗ケーキング

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. なめらかな感触付与による感触改良

なめらかな感触付与による感触改良に関しては、ステアリン酸亜鉛は皮膚への付着性を改善し、なめらかでソフトな感触を付与することから、なめらか感触の付与目的で主にメイクアップ製品に汎用されています[3][4]

また、コンパクトパウダーに用いると油様質感を付与することから、油様質感を付与する目的でコンパクトパウダー製品に使用されています[5]

2.2. 抗ケーキング

抗ケーキングに関しては、ステアリン酸亜鉛はプレスト状粉末化粧品において使用時にチップやスポンジなどで成形表面をこすると表面が固まって取れにくくなるのを防いだり、ルース状製品(∗1)においてまれに湿度の高い保存環境などにより粉体・顔料同士が塊(ダマ)になるのを防ぎ分散させる目的で主にパウダー系メイクアップ製品に配合されています[1b][6][7]

∗1 ルース(loose)とは、本来は「ゆるい」「バラバラの」といった意味であり、ルースパウダーなど化粧品の文脈で用いる場合は成型されていない(押し固められていない)、そのままの状態で容器に充填されていることを指します。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2001年および2016-2017年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗2)

∗2 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ステアリン酸亜鉛の配合製品数と配合量の調査結果(2001年および2016-2017年)

4. 安全性評価

ステアリン酸亜鉛の現時点での安全性は、

  • 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-最小限
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[8a]によると、

  • [ヒト試験] 202名の被検者に10%ステアリン酸亜鉛を含むアイシャドー製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、いずれの被検者も皮膚刺激および皮膚感作反応を示さなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1976)
  • [ヒト試験] 99名の被検者に10%ステアリン酸亜鉛を含むアイシャドー製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、いずれの被検者も皮膚刺激および皮膚感作反応を示さなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1978)
  • [ヒト試験] 52名の被検者に10%ステアリン酸亜鉛を含むアイシャドー製剤を28日間にわたって1日2回使用してもらったところ、この製品はテスト使用条件下でいずれの被検者においても皮膚刺激および皮膚感作の兆候を示さなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1977)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[8b]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に100%ステアリン酸亜鉛を適用し、眼はすすがず、Draize法に基づいて1,2および3日後に眼刺激性を評価したところ、1,2および3日目でそれぞれ眼刺激スコアは0であり、この試験物質は非刺激剤に分類された(S.B. Penick and Co,1977)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に100%ステアリン酸亜鉛を適用し、眼はすすがず、Draize法に基づいて1および2日後に眼刺激性を評価したところ、1および2日目でそれぞれ眼刺激スコアは2および0であり、この試験物質は最小限の眼刺激剤に分類された(Avon Products,1976)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に10%ステアリン酸亜鉛を含むアイシャドー製剤を適用し、適用24,48および72時間後に眼刺激性を評価したところ、すべての眼刺激スコアは0であり、この製剤は非刺激剤に分類された(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1976;1978)

このように記載されており、試験データをみるかぎり非刺激-最小限の眼刺激が報告されているため、一般に眼刺激性は非刺激-最小限の眼刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「ステアリン酸亜鉛」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,560.
  2. ab日本医薬品添加剤協会(2021)「ステアリン酸亜鉛」医薬品添加物事典2021,323-324.
  3. 広田 博(1997)「金属石けん」化粧品用油脂の科学,120-128.
  4. 田村 健夫・廣田 博(2001)「金属石けん」香粧品科学 理論と実際 第4版,129-130.
  5. 日光ケミカルズ株式会社(2016)「体質粉体」パーソナルケアハンドブックⅠ,290-298.
  6. 南 孝司(2003)「ケーキング」化粧品事典,440.
  7. 薬科学大辞典編集委員会(2013)「ケーキング」薬科学大辞典 第5版,487.
  8. abR.L. Elder(1990)「Final Report of the Safety Assessment of Lithium Stearate, Aluminum Distearate, Aluminum Stearate, Aluminum Tristearate, Ammonium Stearate, Calcium Stearate, Magnesium Stearate, Potassium Stearate, Sodium Stearate, and Zinc Stearate」International Journal of the American College of Toxicology(1)(2),143-177. DOI:10.3109/10915818209013152.

TOPへ