乳化剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

乳化剤

乳化剤の定義

乳化とは、互いに溶け合わない2種の液体の一方が微細な液滴(乳化粒子)となり他方の液体中に均一に分散されることをいい[1][2a]、乳化剤とは界面活性剤の一種で、水相と油相を乳化するために用いられる成分のことをいいます[3]

エマルション(乳化物)の種類

エマルション(emulsion)とは、油と水のように互いに溶け合わない2種の液体の一方が微細な液滴(乳化粒子)として他の液体中に分散しているものをいい[4]、エマルションには、以下の図のように、

エマルションの基本構造

水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散しているO/W型(Oil in Water type:水中油滴型)と、それとは逆に油を外部相とし、その中に水が微細粒子状に分散しているW/O型(Water in Oil type:油中水滴型)があります[5]

身近にあるO/W型エマルションとしては、牛乳、生クリーム、マヨネーズなどがあり、一方でW/O型エマルションとしてはバター、マーガリンなどがあります。

HLB(親水性-親油性バランス)と水溶性の関係

界面活性剤のような両親媒性分子は、分子内に水になじむ部分と油になじむ部分を併せもち水と油の両方に親和性を示しますが、どちらかといえば水になじみやすいものとどちらかといえば油になじみやすいものがあり、このわずかな親和性の違いが界面活性剤の挙動を劇的に変えることが知られています[6][7a]

このような背景から、界面活性剤の水と油へのなじみやすさの程度を示す指標としてHLB(hydrophile-lipophile-balance:親水性-親油性バランス)が提案・提唱されており、以下の図のように、

界面活性剤のHLB値とその作用、水への分散・溶解の挙動

HLB値「7」を基準とし、「7」以上でどちらかといえば親水性を、「7」以下でどちらかといえば親油性を示すことが予想され、またHLBが8-18の界面活性剤はO/W型エマルションを、HLB3.5-6の界面活性剤はW/O型エマルションを形成することが知られていることから、界面活性剤型乳化剤の作用を知る上で有用であると考えられています[7b]

乳化剤の配合目的

水と油のように互いに溶け合わない2種の液体の一方を微細な液滴(乳化粒子)にして他方の液体中に均一に分散した、乳液やクリームのようなエマルションを生成する目的で様々な製品に汎用されています[2b]

参考文献

  1. 薬科学大辞典編集委員会(2013)「乳化」薬科学大辞典 第5版,1150.
  2. ab鈴木 敏幸(2003)「乳化」化粧品事典,638-639.
  3. 日本化粧品工業連合会(2013)「乳化剤」日本化粧品成分表示名称事典 第3版付録,676-686.
  4. 鈴木 敏幸(2003)「エマルション」化粧品事典,356.
  5. 田村 健夫・廣田 博(2001)「乳化作用」香粧品科学 理論と実際 第4版,270-273.
  6. 鈴木 敏幸(2003)「親水性-親油性バランス」化粧品事典,531.
  7. ab野々村 美宗(2015)「親水性・親油性バランス」化粧品 医薬部外品 医薬品のための界面化学 -基礎から応用まで,35-39.

乳化剤一覧

数字(0) / A-Z(14) / α-ω(0) / ア(2) / イ(11) / ウ(0) / エ(0) / オ(10) / カ(3) / キ(0) / ク(2) / ケ(0) / コ(0) / サ(0) / シ(22) / ス(34) / セ(13) / ソ(0) / タ(2) / チ(0) / ツ(0) / テ(7) / ト(4) / ナ(0) / ニ(0) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(3) / ヒ(0) / フ(0) / ヘ(4) / ホ(31) / マ(0) / ミ(2) / ム(0) / メ(0) / モ(25) / ヤ(6) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(15) / リ(1) / ル(0) / レ(1) / ロ(0) / ワ(0)

化粧品表示名オレイン酸Na
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式オレイン酸Na
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名オレイン酸ナトリウム
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式オレイン酸ナトリウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名カリウム石けん用素地
配合目的カリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名カリウム石けん用素地(2)
配合目的カリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名カリ石ケン素地
配合目的カリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
ステアリン酸
配合目的油性基剤、セッケン合成による乳化、無機酸化物の表面改質 など
化学式ステアリン酸
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸K
配合目的カリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式ステアリン酸K
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸Na
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式ステアリン酸Na
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-2
配合目的親油性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-2
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-10
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-10
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-25
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-25
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-40
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-40
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-45
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-45
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-55
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-55
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-75
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-75
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名ステアリン酸PEG-100
配合目的親水性乳化 など
化学式ステアリン酸PEG-100
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ステアリン酸カリウム
配合目的カリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式ステアリン酸カリウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名ステアリン酸ナトリウム
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式ステアリン酸ナトリウム
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名石ケン素地
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名石ケン用素地
配合目的ナトリウムセッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式 
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
化粧品表示名
医薬部外品表示名
パルミチン酸
配合目的セッケン合成による洗浄作用、セッケン合成による乳化 など
化学式パルミチン酸
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
医薬部外品表示名モノステアリン酸ポリエチレングリコール
配合目的乳化
化学式モノステアリン酸ポリエチレングリコール
レポート→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ
→ 基本情報・配合目的・安全性ページ

TOPへ