(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマーの基本情報・配合目的・安全性

化粧品表示名 (アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー
INCI名 Acrylates/Ethylhexyl Acrylate/Dimethicone Methacrylate Copolymer
配合目的 分散

1. 基本情報

1.1. 定義

アクリル酸2-エチルヘキシル、メタクリル酸ジメチコンおよびアクリル酸(∗1)、メタクリル酸(∗2)またはこれらの単純エステルからなるモノマー1種以上との共重合体(∗3)です[1]

∗1 アクリル酸(化学式:CH2=CHCOOH)とは、最も簡単な不飽和カルボン酸であり、水、エタノール、エーテルに易溶です。アクリル酸は適当な重合開始剤または酵素などの作用により容易に重合し、ポリアクリル酸となります。この重合体はカルボキシ基を多数もつことから非常に親水性が高くなります。

∗2 メタクリル酸(化学式:CH2=C(CH3)COOH)とは、低分子のカルボン酸であり、水に可溶、エタノールおよびエーテルに易溶です。工業的にはメタクリル酸メチルのようなエステルの形で用いられることが多く、メタクリル酸エステルはアクリル酸と同様に重合しやすく、アクリル樹脂の原料となったり、様々な用途で使用されています。

∗3 重合体とは、複数の単量体(モノマー:monomer)が繰り返し結合し、鎖状や網状にまとまって機能する多量体(ポリマー:polymer)のことを指し、2種類以上の単量体(モノマー:monomer)がつながってできているものを共重合体(copolymer:コポリマー)とよびます。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 分散

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、コンシーラー製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 分散

分散に関しては、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマーはアクリルポリマーとジメチルポリシロキサンから成るシリコーン系界面活性剤であり、分岐鎖としてシリコーン鎖および親水性官能基を有することにより顔料表面への吸着性に優れ、顔料を均一かつ安定的に分散することから[2][3]、油性基剤中に顔料を均一に分散させる目的でメイクアップ製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、コンシーラー製品などに使用されています。

3. 安全性評価

(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマーの現時点での安全性は、

  • 15年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

3.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

15年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

3.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル/メタクリル酸ジメチコン)コポリマー」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,115.
  2. 信越化学工業株式会社(2021)「アクリルシリコーンタイプ」化粧品用シリコーン オリジナル原料 Plus,8.
  3. 信越化学工業株式会社(2015)「シリコーン分散剤」製品カタログ.

TOPへ