石ケン素地とは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
石ケン素地
[化粧品成分表示名称]
・石ケン素地

高級脂肪酸と水酸化ナトリウムを中和反応させて、もしくは油脂と水酸化ナトリウムを加水分解(ケン化反応)させてつくられる固形石けんの原料となるアニオン界面活性剤で、一般的に石けんと呼ばれている成分です。

油との親和性がありつつ水と強くなじむ性質があるので、主に固形石鹸の洗浄成分として幅広く使用されています。

水に溶けにくい性質があるので、浴用石けんに使用されますが、水道水に含まれるミネラルと反応すると石けんカスができます。

石けんカスが毛髪につくと、強いきしみが生じて洗いにくく、毛髪を痛めやすくなります。

製造過程でソルビトールやスクロースなどの糖類や保湿剤のグリセリンを配合することで透明な石けんがつくれます。

石ケン素地のつくり方は、成分を読み解く上でも重要なので詳しく解説しておきます。

すでに解説したように石ケンの作り方には中和法とケン化法があり、それぞれの方法で必要な成分やできる成分が異なることに注意してください。

  • 中和法   :高級脂肪酸 + 水酸化Na → 石ケン + 水
  • ケン化法:油脂 + 水酸化Na → 石ケン + グリセリン

石ケン素地は、この2つのつくり方をみても特殊で、成分表示方法の記載方法も以下のように4パターンあります。

  1. 石ケン素地
  2. 高級脂肪酸、水酸化Na
  3. 油脂、水酸化Na
  4. 高級脂肪酸Naまたは油脂脂肪酸Na

①はそのままなので解説の必要はないと思うので、②から説明します。

高級脂肪酸は、主にラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸のうち3種類ほど使われることが多いですが、たとえば中和法で以下のように石ケンがつくられた場合、

  • ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸 + 水酸化Na → 石ケン + 水

となります。

この場合、成分表示欄には「石ケン素地、水」とだけ記載されることもありますが、「ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化Na」と記載されることもあります。

高級脂肪酸が成分表示欄の上のほうに3種類ほどあって、水酸化Naも記載されていたら石ケン素地の可能性が高いということです。

続いて③の解説です。

油脂は、主にパーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油のうち数種類が使われることが多いですが、たとえばケン化法で以下のように石ケンがつくられた場合、

  • パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油 + 水酸化Na → 石ケン + グリセリン

となります。

この場合、成分表示欄には「石ケン素地、グリセリン」とだけ記載されることもありますが、「パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油、水酸化Na」と記載されることもあります。

油脂が成分表示欄の上のほうに3種類ほどあって、水酸化Naも記載されていたら石ケン素地の可能性が高いということです。

最後に④の解説ですが、これは成分表示方法が違うだけです。

高級脂肪酸の場合は、②のように「ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、水酸化Na」とバラバラに表示することもできますが、高級脂肪酸と水酸化Naを反応させて「ミリスチン酸Na、パルミチン酸Na、ステアリン酸Na」と表示させることもあります。

油脂の場合は、③のように「パーム油、パーム核油、ヤシ油、オリーブ果実油、水酸化Na」とバラバラに表示することもできますが、油脂と水酸化Naを反応させて「パーム脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、オリーブ脂肪酸Na」と表示することもあります。

スポンサーリンク

石ケン素地の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

石けん素地は使用歴が最も古く実績もあり、毒性や皮膚刺激性はなく、アレルギーの報告もないため、安全性の高い成分であると考えられています。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、石ケン素地は毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

石ケン素地は界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

スポンサーリンク

TOPへ