ラウリル硫酸アンモニウムとは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ラウリル硫酸アンモニウム
[化粧品成分表示名称]
・ラウリル硫酸アンモニウム

[医薬部外品表示名称]
・ラウリル硫酸アンモニウム

[慣用名]
・ALS

ラウリルアルコールの硫酸エステルのアンモニウム塩で、アニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)です。

洗浄力が高く、細かく濃密な気泡が得られることからシャンプーや洗剤の基剤として使用されます。

同じ用途で代表的なアニオン界面活性剤のひとつであるラウリル硫酸Naと比べると、ラウリル硫酸Naは分子量が小さく皮膚に浸透しやすいために皮膚刺激が起こりやすいのに対し、ラウリル硫酸アンモニウムは分子量が大きく皮膚に浸透しないために皮膚刺激がかなり少ないという違いがあります。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ラウリル硫酸アンモニウムの配合製品数と配合量の調査結果

スポンサーリンク

ラウリル硫酸アンモニウムの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ラウリル硫酸アンモニウムの現時点での安全性は、1%前後に希釈した配合範囲において、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性は一時的なスティンギング(刺すような痛み)があるものの実質的に非刺激であり、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もありませんが、累積使用によって皮膚への疲労感が報告されているため、注意が必要な成分であると考えられます。

皮膚への疲労感とはバリア機能の低下を指し、使用を続ければ続けるほどバリア機能が低下し、湿疹や肌荒れを招く可能性があります。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Lauryl Sulfate and Ammonium Lauryl Sulfate」(文献1:1983)によると、

  • [ヒト試験] 53人の被検者に11%ラウリル硫酸アンモニウムを含むシャンプーの1%水溶液(ラウリル硫酸アンモニウムを0.11%濃度に調整)を誘導期間において2週間にわたって合計8回、24時間パッチ適用し、各パッチ除去後に試験部位を評価し、最後のパッチから2週間の休息期間を空けた後に24時間チャレンジパッチを適用し、適用から24,48および72時間後に試験部位を評価したところ、誘導期間において1人の被検者で4回目と8回目のパッチ後に、2人の被検者が7回目のパッチ後に軽度の紅斑が観察されたが、これらは疲労反応であると考えられた。感作は認められなかった
  • [ヒト試験] 52人の被検者に15%ラウリル硫酸アンモニウムを含むシャンプーの1%水溶液(ラウリル硫酸アンモニウムを0.15%濃度に調整)を誘導期間において2週間にわたって合計8回、24時間パッチ適用し、各パッチ除去後に試験部位を評価し、最後のパッチから2週間の休息期間を空けた後に24時間チャレンジパッチを適用し、適用から24,48および72時間後に試験部位を評価したところ、誘導期間において7人の被検者で軽度の紅斑が観察されたが、疲労反応だと考えられ、また2人の被検者で中等の紅斑および1人の被検者で浮腫が生じた。感作は認められなかった
  • [ヒト試験] 209人の被検者(男性47人、女性162人)の背中に1.68%,0.84%および0.42%ラウリル硫酸アンモニウム水溶液を誘導期間において合計10回にわたって24時間パッチ適用し、各パッチ適用48時間後に反応を評価した。最後のパッチ適用14日後に同じ試験部位と上腕の未処置部位に0.84%ラウリル硫酸アンモニウム水溶液を24時間チャレンジパッチ適用し、パッチ適用24,48および96時間後に部位を評価したところ、1.68%濃度は16人の被検者において非常にわずかまたは軽度の一次刺激剤であり、2回以上の累積効果によって56人の被検者に実質的な疲労剤であることが判明した。0.84%濃度は刺激を生じなかったが、2人の被検者で疲労剤であった。0.42%濃度は非刺激であった。それぞれの試験物質は皮膚感作を引き起こさなかった
  • [ヒト試験] 56人および52人の被検者の背中に0.84%および0.98%ラウリル硫酸アンモニウム水溶液をそれぞれ10回にわたって24時間おきに解放パッチ適用し、適用後に試験部位を評価した。13日の休息の後に48時間チャレンジパッチを背中に適用し、2回目のチャレンジパッチをさらに7日後に適用し、チャレンジパッチは適用48および72時間後に評価したところ、どちらの濃度の試験物質でも刺激およびアレルギー反応は起こらなかった
  • [ヒト試験] 53人および54人の被検者の背中に1.12%ラウリル硫酸アンモニウム洗剤希釈物をそれぞれ10回にわたって24時間おきに解放パッチ適用し、適用後に試験部位を評価した。13日の休息の後に48時間チャレンジパッチを背中に適用し、2回目のチャレンジパッチをさらに7日後に適用し、チャレンジパッチは適用48および72時間後に評価したところ、1人の被検者に+1の反応が生じたが、この試験物質は安全であると判断され、刺激剤およびアレルゲンではないと結論付けられた

と記載されています。

先に補足ですが、各試験でラウリル硫酸アンモニウムを10%希釈して試験しているのは、ラウリル硫酸アンモニウムが洗剤やシャンプ-など水で薄める前提で使用されるからです。

試験結果をみるかぎり、まれに軽度の紅斑が生じる可能性がありますが、多くの場合で非刺激性であり、また皮膚感作の報告もないため、非刺激またはわずかな皮膚刺激が起こる可能性があり、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、累積使用によって皮膚への疲労感が蓄積する報告があるので、累積使用による疲労感があると考えられます。

皮膚への疲労感とはバリア機能の低下を指し、使用を続ければ続けるほどバリア機能が低下し、湿疹や肌荒れを招く可能性があります。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Lauryl Sulfate and Ammonium Lauryl Sulfate」(文献1:1983)によると、

  • [ヒト試験] 44人の被検者を用いて11.0%ラウリル硫酸アンモニウムを含む2つのシャンプー製剤の眼刺激性を評価した。21人の被検者グループに試用試験したところ最小から中等の刺激性があり、眼に安全に注入できる製品の最高濃度を決定した。シャンプー製剤を生理食塩水で希釈したもの(実際のラウリル硫酸アンモニウム濃度は1.1%)を26人の被検者グループの片眼に点滴注入し、対照としてもう片方の眼に生理食塩水を点眼した。スティンギング(刺すような痛み)および刺激(結膜炎、角膜の発赤、虹彩の刺激など)は0(刺激なし)~3(重度)のスケールでスコアリングされた。1つの製品の平均スティンギングスコアは2.1(中等)であり、スティンギングの平均持続時間は42.9秒であった。点滴直後の平均刺激スコアは0.5であり、1時間後には0.1であり、2時間後には0.0であった。2つ目のシャンプー製剤希釈物(ラウリル硫酸アンモニウム濃度は1.1%)の点眼後の平均スティンギングスコアは1.2(軽度)であり、平均持続時間は21.4秒であった。点滴直後および点滴1時間後の平均刺激スコアはそれぞれ0.08および0.02で、実質的に非刺激であった

と記載されています。

試験結果をみるかぎり、1%にラウリル硫酸アンモニウムは一過性のスティンギングが報告されていますが、眼刺激性は実質的に非刺激と報告されているため、一過性のスティンギングがあるものの実質的に非刺激であると考えられます。

補足ですが、スティンギングとは刺すような痛みで目に染みる感じやヒリつく感じの痛みであり、試験で眼刺激に分類しているものは結膜炎、虹彩炎、発赤、混濁などでスティンギングとは分けて考えられています。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ラウリル硫酸アンモニウム ■■

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ラウリル硫酸アンモニウムは■■(∗2)となっていますが、これは合成界面活性剤の共通判定です。

試験結果をみるかぎりでは、刺激性および感作性の報告はないため、安全性に問題はないと考えられますが使用を継続することによる皮膚の疲労感が報告されています。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ラウリル硫酸アンモニウムは界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1983)「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Lauryl Sulfate and Ammonium Lauryl Sulfate」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818309142005> 2018年4月17日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ