ラウラミドプロピルベタインとは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ラウラミドプロピルベタイン
[化粧品成分表示名称]
・ラウラミドプロピルベタイン

[医薬部外品表示名称]
・ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンをカルボキシメチル化して得られるベタイン系両性界面活性剤です。

低刺激でマイルドな洗浄力および起泡力を有しており、アニオン・カチオン・ノニオン界面活性剤との相溶性に優れ、幅広いpH領域で相乗効果を示します。

川研ファインケミカルの試験データによると、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインラウリルヒドロキシスルタイン、ラウラミドプロピルベタインおよびラウリルベタインの起泡力を比較するために、それぞれ0.25%濃度、pH7.0に統一して泡の高さ(mm)を比較したところ、

ラウリン酸系両性界面活性剤の起泡力比較

ラウラミドプロピルベタインは30分後でも高い起泡力を示しています(文献2:2009)

化粧品に配合される場合は、高い起泡力および洗浄力目的、またアニオン界面活性剤との起泡力および洗浄力の相乗効果目的でシャンプー、ボディソープ、洗顔料などの洗浄製品に配合されます。

皮膚および眼粘膜に対する刺激が極めて低いとされており、赤ちゃん用洗浄剤の基剤としても使用されます。

また、帯電防止効果も有しており、カチオン界面活性剤と相乗効果目的でリンス、トリートメントなどに配合されることもあります。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ラウラミドプロピルベタインの配合製品数と配合量の調査結果(2010年)

スポンサーリンク

ラウラミドプロピルベタインの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ラウラミドプロピルベタインの現時点での安全性は、洗浄製品のみに配合され、水に希釈して洗い流す前提条件下で、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もなく、総合的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report of the Cosmetic Ingredient Review Expert Panel on the Safety Assessment of Cocamidopropyl betaine」(文献1:2012)によると、

  • [ヒト試験] 25人の被検者に14%活性ラウミドプロピルベタインを含むシャワージェルを0.5%に希釈した水溶液を誘導期間およびチャレンジ期間において適用およびスコアリングしたところ、有害または予想外の皮膚反応は起こらず、接触アレルギーの兆候はなかった。14%活性ラウミドプロピルベタインを含むシャワージェルを0.5%に希釈した水溶液は通常の使用条件下で接触感作反応を引き起こす可能性は低いと結論付けられた(Ivy Laboratories,1996)
  • [ヒト試験] 51人の被検者の背中に4.2%活性ラウミドプロピルベタインを含むシャンプーの1%水溶液(0.042%)を誘導期間において合計9回適用し、2週間の休息期間を設けた後に未処置部位に24時間チャレンジパッチを適用した。パッチ除去24および72時間後に試験部位をスコアリングしたところ、誘導期間およびチャレンジ期間においてなんらかの皮膚反応の兆候はなく、皮膚刺激および接触皮膚感作剤ではないと結論づけられた(Consumer Product Testing,2002)
  • [ヒト試験] 109人の被検者の背中に3.955%活性ラウミドプロピルベタインを含むボディ洗浄剤の1%水溶液(0.03955%)を誘導期間において合計9回にわたって24時間パッチ適用し、各パッチ除去24時間後に試験部位の刺激をスコアリングした。2週間の休息期間の後に背中の未処置部位に24時間チャレンジパッチを適用し、パッチ適用から48および72時間後に評価したところ、誘導期間の1または2日目に何人かの被検者でほとんど知覚できない紅斑が観察され、チャレンジ期間では皮膚反応の兆候はなかった。この試験条件下で1%に希釈した3.955%ラウラミドプロピルベタインを含むボディ洗浄剤は皮膚刺激および皮膚感作を誘発する可能性を示さないと結論づけられた(Clinical Research Laboratorie,2008)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、洗浄製品のみの使用および水に希釈して使用する前提条件で、共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データはみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ラウラミドプロピルベタイン ■■

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ラウラミドプロピルベタインは■■(∗2)となっていますが、これは合成界面活性剤の共通判定であり、試験データをみるかぎりでは、洗浄剤として1%程度水で希釈して使用する場合は安全性に問題はないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ラウラミドプロピルベタインは界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2012)「Final Report of the Cosmetic Ingredient Review Expert Panel on the Safety Assessment of Cocamidopropyl betaine」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581812447202> 2018年5月1日アクセス.
  2. 川研ファインケミカル株式会社(2009)「アミドスルホベタイン型両性界面活性剤 ソフタゾリン LSB」, <https://www.kawakenfc.co.jp/dcms_media/other/softazoline_lsb.pdf
    > 2018年5月2日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ