ステアレス類とは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ステアレス類
[化粧品成分表示名称]
・ステアレス-2、ステアレス-3、ステアレス-4、ステアレス-5、ステアレス-6、ステアレス-7、ステアレス-8、ステアレス-9、ステアレス-10、ステアレス-11、ステアレス-12、ステアレス-13、ステアレス-14、ステアレス-15、ステアレス-16、ステアレス-17、ステアレス-18、ステアレス-20、ステアレス-21、ステアレス-25、ステアレス-27、ステアレス-30、ステアレス-40、ステアレス-50、ステアレス-80、ステアレス-100

[医薬部外品表示名称]
・ポリオキシエチレンステアリルエーテル

油性成分であるステアリルアルコールに水性成分であるポリオキシエチレン(PEG)を反応させて得られる非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)です。

ステアレスの後ろの数値は、ポリオキシエチレンの平均モル数(∗1)で、ステアリルアルコールにポリオキシエチレンをつけて分子量を大きくすることで刺激が緩和し、分子量が大きくなればなるほど刺激は低くなります。

∗1 モル数とは物質量(分子量)のことです。

ステアレス-4以下は親油性であり、ステアレス-20以上は親水性で、乳化力と安定性に優れており、ヘアケア製品、スキンケア製品、メイクアップ化粧品など様々な製品に使用されます。

実際にステアレス類がどのような製品に配合されているかというと、海外の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに表の中の製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ステアレス-2の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-4の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-6の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-7の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-10の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-15の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-16の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-20の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-21の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-25の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-30の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-50の配合製品数と配合量の調査(2010年)

ステアレス-100の配合製品数と配合量の調査(2010年)

スポンサーリンク

ステアレス類の安全性(刺激性・アレルギー)について

ステアレス類の現時点での安全性は、ステアレス-2より高い数値のステアレス類は、皮膚刺激性および眼刺激性はほとんどなく、また化学構造的に数値が高くなればなるほど刺激性は低くなり、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性に問題ない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗2)やレポートを参照しています。

∗2 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

日光ケミカルズの安全データシート(文献1:2016)によると、

– ステアレス-2 –

  • [ヒト試験] 200人の被検者に60%ステアレス-2水溶液を72時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に評価したところ、皮膚刺激および皮膚感作は観察されなかった

と記載されています。

試験結果をみるかぎり、ステアレス-2で皮膚刺激および皮膚感作は報告されておらず、それに伴い化学構造的にステアレス-2以上のステアレス類も皮膚刺激および皮膚感作もほとんどないと考えられるため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

日光ケミカルズの安全データシート(文献1:2016)によると、

– ステアレス-2 –

  • [動物試験] 60%ステアレス-2水溶液の眼刺激性を評価するために、ウサギの眼に点眼し、刺激性を評価したところ、軽度の眼刺激性であった
  • [動物試験] 60%ステアレス-2水溶液の眼刺激性をDraize法に準じて評価したところ、非洗眼でわずかな刺激性、洗眼で無刺激であった

日光ケミカルズの安全データシート(文献2:2016)によると、

– ステアレス-4 –

  • [動物試験] ;60%ステアレス-4水溶液の眼刺激性をDraize法に準じて評価したところ、非洗眼でわずかな刺激性、洗眼で無刺激であった

日光ケミカルズの安全データシート(文献3:2016)によると、

– ステアレス-20 –

  • [動物試験] 60%ステアレス-20水溶液の眼刺激性をDraize法に準じて評価したところ、非洗眼できわめてわずかな刺激性、洗眼で無刺激であった

と記載されています。

試験結果をみるかぎり、60%ステアレス-2でも眼刺激はほとんどなく、濃度依存的に刺激は軽減し、化粧品に配合される場合はほとんどのケースで5%未満であるため、またステアレス-2以上のステアレス類でも眼刺激はほとんどなしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ステアレス-2 ■■
ステアレス-3 ■■
ステアレス-4 ■■
ステアレス-5 ■■
ステアレス-6 ■■
ステアレス-7 ■■
ステアレス-8 ■■
ステアレス-9 ■■
ステアレス-10 ■■
ステアレス-11 ■■
ステアレス-12 ■■
ステアレス-13 ■■
ステアレス-14 ■■
ステアレス-15 ■■
ステアレス-16 ■■
ステアレス-17 ■■
ステアレス-18 ■■
ステアレス-20 ■■
ステアレス-21 ■■
ステアレス-25 ■■
ステアレス-27 ■■
ステアレス-30 ■■
ステアレス-40 ■■
ステアレス-50 ■■
ステアレス-80 ■■
ステアレス-100 ■■

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアレス類は■■(∗3)となっていますが、これは界面活性剤共通の判定です。

安全データをみるかぎり、ステアレス類は最も分子量の小さいステアレス-2でも刺激性および感作性がないことから安全性に問題ないと考えられます。

∗3 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ステアレス類は界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “日光ケミカルズ”(2016)「安全データシート NIKKOL BS-2」, <https://www.chemical-navi.com/product_search/detail348.html> 2018年3月24日アクセス.
  2. “日光ケミカルズ”(2016)「安全データシート NIKKOL BS-4」, <https://www.chemical-navi.com/product_search/detail349.html> 2018年3月24日アクセス.
  3. “日光ケミカルズ”(2016)「安全データシート NIKKOL BS-20」, <https://www.chemical-navi.com/product_search/detail350.html> 2018年3月24日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ