ステアリン酸Mgとは…成分効果と毒性を解説

分散 感触改良 乳化 パール光沢
ステアリン酸Mg
[化粧品成分表示名称]
・ステアリン酸Mg

[医薬部外品表示名称]
・ステアリン酸マグネシウム

炭素数18の高級脂肪酸であるステアリン酸のマグネシウム塩であり、金属セッケン(Metallic Soap)(∗1)に分類される分子量591.2の陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です(文献3:2019)

∗1 金属セッケンは、一般的には「せっけんカス」と呼ばれており、化学構造的にセッケンと本質的な違いがなく、陰イオン界面活性剤に分類されますが、水に不溶であるため洗浄力や起泡力はありません。

一般的には、医薬分野において錠剤用潤滑剤に、食品分野においてパンケーキや粉体を加圧成型するための滑剤などに応用されています(文献4:1988)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、メイクアップ化粧品、乳化系スキンケア化粧品などに使用されています。

非水系における顔料・粉体の分散

非水系における顔料・粉体の分散に関しては、撥水性(耐水性)および潤滑性を有しており、顔料・粉体の流動性を向上する働きがあることから、ケーキング防止(∗2)目的で非水系メイクアップ化粧品に配合されます(文献4:1988;文献5:2015)

∗2 ケーキングとは、主として固められた粉末化粧品の使用において、スポンジなどで粉末表面をこすった際に粉末と粉末がくっつくことで表面が固まり、使用しにくくなる現象のことです。

潤滑性および付着性向上による感触改良

潤滑性および付着性向上による感触改良に関しては、ステアリン酸Mgはステアリン酸亜鉛には劣るものの柔軟で滑らかなフワフワした粉体特性を有しており、皮膚に対して滑らかな感触を付与して付着性を向上させる目的で、メイクアップ化粧品に汎用されています(文献4:1988)

W/O型エマルションの乳化安定化

W/O型エマルションの乳化安定化に関しては、まず前提知識として乳化とエマルションについて解説します。

乳化とは、1つの液体にそれと溶け合わない別の液体を微細な粒子の状態に均一に分散させることをいいます(文献6:1990)

そして、乳化の結果として生成された分散系溶液をエマルションといい、基本的な化粧品用エマルションとして、以下の図のように、

エマルションの基本構造

水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散している水中油滴型(O/W型:Oil in Water type)と、それとは逆に油を外部相とし、その中に水が微細粒子状に分散している油中水滴型(W/O型:Water in Oil type)があります(文献6:1990)

身近にあるO/W型エマルションとしては、牛乳、生クリーム、マヨネーズなどがあり、一方でW/O型エマルションとしてはバター、マーガリンなどがあります。

ステアリン酸Mgは、流動性の大きなW/O(油中水滴)型エマルションに対する乳化安定効果が優れていることが知られており、W/O型クリームなどに使用されています(文献4:1988)

パール光沢形成・乳濁感付与

パール光沢形成・乳濁感付与に関しては、シャンプーに配合してパール光沢・乳濁感を付与する不透明化剤として用いられると報告されていることから、シャンプーに配合されます(文献4:1988)

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2003年および2016-2019年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ステアリン酸Mgの配合製品数と配合量の調査結果(2003年および2016-2019年)

スポンサーリンク

ステアリン酸Mgの安全性(刺激性・アレルギー)について

ステアリン酸Mgの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:1990)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの健常および擦過した皮膚に100%ステアリン酸Mgを24時間閉塞パッチ適用し、Draize法に基づいてPII(Primary Irritation Index:皮膚一次刺激性指数)を0.0-8.0のスケールで評価したところ、PIIは0.0であり、非刺激性に分類された(S.B. PENICK and Co,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性なしと報告されているため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:1990)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に100%ステアリン酸Mgを適用し、眼はすすがず、Draize法に基づいて1,2および3日目の眼刺激性を評価したところ、1,2および3日目でそれぞれ眼刺激スコアは0であり、非刺激性に分類された(S.B. Penick and Co,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

日本薬局方および医薬部外品原料規格2006に収載されており、また食品添加物としてFDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)にも承認されており(文献2:2018)、古くからの使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

∗∗∗

ステアリン酸Mgは界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. Cosmetic Ingredient Review(1990)「Final Report of the Safety Assessment of Lithium Stearate, Aluminum Distearate, Aluminum Stearate, Aluminum Tristearate, Ammonium Stearate, Calcium Stearate, Magnesium Stearate, Potassium Stearate, Sodium Stearate, and Zinc Stearate」Journal of the American College of Toxicology(1)(2),143-177.
  2. FDA:Food and Drug Administration(2018)「Code of Federal Regulations Title 21 Sec. 184.1440 Magnesium stearate」, <https://www.accessdata.fda.gov/scripts/cdrh/cfdocs/cfcfr/CFRSearch.cfm?fr=184.1440> 2019年9月20日アクセス.
  3. “Pubchem”(2019)「Magnesium stearate」, <https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Magnesium-stearate> 2019年9月20日アクセス.
  4. 吉田 時行, 他(1988)「金属せっけん各論」金属せっけんの性質と応用,112-128.
  5. 宇山 光男, 他(2015)「ステアリン酸Mg」化粧品成分ガイド 第6版,151.
  6. 田村 健夫, 他(1990)「乳化作用」香粧品科学 理論と実際 第4版,270-273.

スポンサーリンク

TOPへ