ステアリン酸ソルビタンとは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ステアリン酸ソルビタン
[化粧品成分表示名称]
・ステアリン酸ソルビタン

[医薬部外品表示名称]
・モノステアリン酸ソルビタン

ステアリン酸とソルビトールまたはソルビタンを反応させることによって得られるソルビタン脂肪酸エステルで、非イオン界面活性剤です。

水と油の両方になじみ、親油性が強く、親水性乳化剤と組み合わせてO/W型エマルションをつくります。

化粧品に配合される場合は、乳液やクリームなどの乳化剤や感触調整剤として使用されたり、洗顔フォームや液状石けんなど幅広く使用されています。

スポンサーリンク

ステアリン酸ソルビタンの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

高級脂肪酸と糖を反応されたエステル油で、使用実績も古いこともふまえて、皮膚刺激や毒性はほとんどなく、アレルギー(皮膚感作性)もないので、安全性の高い成分だと考えられます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアリン酸ソルビタンは■■(∗1)となっており、毒性・刺激があるという判定になっていますが、化粧品毒性判定事典は界面活性剤はすべて■■の極端な判定になっています。

すでに述べたように、ステアリン酸ソルビタンは使用実績も古く、幅広い化粧品に使用されており、皮膚に関する問題が起こっていないことからも、毒性や皮膚刺激の懸念はほとんどないと考えます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

ステアリン酸ソルビタンとセットで使用される成分と効果

・連続した水相中でラメラゲルを形成する自己乳化剤として、以下の成分表示順で使用されます。優れた展延性、滑らかで軽い感触。として、以下の成分表示順で使用されます。
ステアリン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビチル
・連続した水相中でラメラゲルを形成する自己乳化剤として、以下の成分表示順で使用されます。優れた展延性、滑らかで軽い感触。
[化粧品表示] ステアリン酸ソルビタン、ヤシ脂肪酸スクロース
[医薬部外品表示] モノステアリン酸ソルビタン、ショ糖脂肪酸エステル
・酸性安定型モノグリセリドの親油性乳化剤として、以下の成分表示順で使用されます。
[化粧品表示] ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、ステアリン酸ソルビタン、ジオレス-8リン酸Na
[医薬部外品表示] 親油型モノステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、モノステアリン酸ソルビタン、ポリオキシエチレンオレイルエーテルリン酸ナトリウム

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

ステアリン酸ソルビタンは界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

スポンサーリンク

TOPへ