ステアリン酸グリセリル(SE)とは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ステアリン酸グリセリル(SE)
[化粧品成分表示名称]
・ステアリン酸グリセリル(SE)

[医薬部外品表示名称]
・自己乳化型モノステアリン酸グリセリル

非イオン界面活性剤であるステアリン酸グリセリルに乳化安定作用のあるアニオン界面活性剤(石けん)もしくはモノ脂肪酸グリセリルを配合した非イオン界面活性剤です。

ステアリン酸グリセリルは油性が強く水に溶けにくいので、水に溶けやすくするために石けんやモノ脂肪酸グリセリルを配合したもので、SEというのはSelf-Emulsifyingの頭文字で日本語では自己乳化型と訳されます。

乳化安定作用が高いため、洗い流し用化粧品だけでなく乳液やフェイスクリームなどのスキンケア化粧品からメイクアップ化粧品まで幅広く使用されています。

海外のレポートになりますが、”Cosmetic Ingredient Review”の「Amended Safety Assessment of Monoglyceryl Monoesters」の中で、1976年と2015年の製品への配合状況や配合量の変化が明らかになっています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ステアリン酸グリセリル(SE)の配合状況の調査結果

約40年の推移になのでかなり異なるのは当然かもしれませんが、配合製品数が5倍以上の約1,500に増え、最小-最大配合量がかなり少なくなっているのがわかります。

この変化は、ステアリン酸グリセリル(SE)が非常に利便性が高く、安全性の高さも明らかになっていき、代表的な界面活性剤のひとつになったことを示しているとも考えられます。

スポンサーリンク

ステアリン酸グリセリル(SE)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ステアリン酸グリセリル(SE)の現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、眼に入った場合は最小の眼刺激性が起こる可能性がありますが、アレルギー(皮膚感作性)の報告もないので、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内海外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Glyceryl Stearate and Glyceryl Stearate/SE」(文献1:1982)によると、

  • [動物試験] 6匹ウサギに100%ステアリン酸グリセリル(SE)を適用し、Draize法で判定したところ、スコア0/4で皮膚刺激性なし
  • [動物試験] 6匹ウサギに100%ステアリン酸グリセリル(SE)を適用し、Draize法で判定したところ、スコア0.25/4で最小の皮膚刺激性あり
  • [動物試験] 6匹ウサギに50%ステアリン酸グリセリル(SE)を含むコーンオイルを適用し、FHSLAで評価したところ、スコア0/4で皮膚刺激性なし

と記載されています。

安全性レポートは1982年のものですが、2015年の更新されたレポートでも1982年のデータがエビデンスとなっていたため、あえてオリジナルのデータを参照しています。

安全性レポートをみてみると、濃度にかかわらず皮膚刺激性なしまたは最小の皮膚刺激性ありという結果になっているため、まれに最小の皮膚刺激が起こる可能性がありますが、総合的に皮膚刺激性や毒性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Glyceryl Stearate and Glyceryl Stearate/SE」(文献1:1982)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギに100%ステアリン酸グリセリル(SE)を点眼したところ、洗浄なしで眼刺激性は観察できなかった
  • [動物試験] 9匹のウサギに50%ステアリン酸グリセリル(SE)を点眼し、眼を洗浄したところ、最初だけ刺激ストア67/110が計測されましたが、それ以降は眼刺激はなくなったため、最小の眼刺激性あり
  • [動物試験] 3匹のウサギに5%ステアリン酸グリセリル(SE)水溶液を点眼したところ、洗浄無しで眼刺激性は起こらなかった
  • [動物試験] 18匹のウサギに50%ステアリン酸グリセリル(SE)を含むコーンオイルを点眼し、6匹は眼を洗浄し12匹は非洗浄のままにしたところ、いずれの場合も軽度の眼刺激性があった

と記載されています。

安全性レポートを参照すると、眼刺激性なしまたは最小の眼刺激性ありという結果が半々のため、眼刺激が起こる可能性は低いですが、最小の眼刺激性が起こる可能性があると考えられます。

アレルギー(皮膚感作性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Glyceryl Stearate and Glyceryl Stearate/SE」(文献1:1982)によると、

  • [動物試験] 6匹のモルモットに0.1%ステアリン酸グリセリル(SE)o.1mLを1日おきに計10回注射し、2週間の休息をとって新しい部位に0.05mLを適用したところ、皮膚感作性は観察されなかった

と記載されています。

安全性レポートでは皮膚感作性はなく、現在まで重大なアレルギーの報告もないため、アレルギーが起こる可能性は低いと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ステアリン酸グリセリル(SE) ■■

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアリン酸グリセリル(SE)は■■(∗2)となっており、界面活性剤ということで毒性の懸念ありとなっていますが、安全性レポートを参照する限りでは、刺激性や毒性はほとんどないため、安全性の高い成分であると考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

安全性についての捕捉

石けんや洗顔料などのリンスオフ製品(洗い流し製品)は問題ないのですが、乳液やクリームなどのリーブオン化粧品(付けっ放し化粧品)の場合、ステアリン酸グリセリル(SE)に添加したものがアニオン界面活性剤(石けん)だと刺皮膚刺激や肌荒れが起きる可能性があります。

ただし、現在は成分設計や配合量によって肌に刺激がほとんど起こらない処方も確立しており、大手化粧品会社をはじめ多くの化粧品会社がリーブオン化粧品にも配合しているので、基本的には刺激がないと考えられます。

また、昔は石けん添加が主流でしたが近年は皮膚刺激の懸念などもあり、モノ脂肪酸グリセリル(ノニオン界面活性剤)の添加が主流になってきていることや乳液やクリームなどのスキンケア化粧品に配合されていても肌トラブルなどの問題は聞こえてこないことも、安全性が高いことの裏付けになると思われます。

∗∗∗

ステアリン酸グリセリル(SE)は界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1982)「Final Report on the Safety Assessment of Glyceryl Stearate and Glyceryl Stearate/SE」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818209021268> 2017年10月4日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ