ステアリン酸グリセリル(SE)とは…成分効果と毒性を解説

界面活性剤
ステアリン酸グリセリル(SE)
[化粧品成分表示名称]
・ステアリン酸グリセリル(SE)

[医薬部外品表示名称]
・自己乳化型モノステアリン酸グリセリル

非イオン界面活性剤であるステアリン酸グリセリルに乳化安定作用のあるアニオン界面活性剤(石けん)もしくはモノ脂肪酸グリセリルを配合した非イオン界面活性剤です。

ステアリン酸グリセリルは油性が強く水に溶けにくいので、水に溶けやすくするために石けんやモノ脂肪酸グリセリルを配合したもので、SEというのはSelf-Emulsifyingの頭文字で日本語では自己乳化型と訳されます。

乳化安定作用が高いため、洗い流し用化粧品だけでなく乳液やフェイスクリームなどのスキンケア化粧品からメイクアップ化粧品まで幅広く使用されています。

スポンサーリンク

ステアリン酸グリセリル(SE)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

複数の安全性データシートを参考にしたところ皮膚刺激性や毒性はなく、アレルギー(皮膚感作性)の報告もなく比較的安全性の高い成分であると考えられます。

石けんや洗顔料などの洗い流しの製品は問題ないのですが、乳液やクリームなどのつけっぱなしの化粧品の場合、ステアリン酸グリセリル(SE)に添加したものがアニオン界面活性剤(石けん)だと刺皮膚刺激や肌荒れが起きる可能性があります。

ただし、現在は成分設計や配合量によって肌に刺激がほとんどない処方も確立しており、大手化粧品会社をはじめ多くの化粧品会社が塗りっぱなしの化粧品にも配合しているので、基本的には刺激がないと考えられます。

また、昔は石けん添加が主流でしたが、近年は皮膚刺激の懸念などもありモノ脂肪酸グリセリル(ノニオン界面活性剤)の添加が主流になってきていることや乳液やクリームなどのスキンケア化粧品に配合されていても肌トラブルなどの問題は聞かないことも安全性が高いことの裏付けになると思われます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアリン酸グリセリル(SE)は■■(∗1)となっており、界面活性剤ということで毒性の懸念ありということになっています。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

ステアリン酸グリセリル(SE)とセットで使用される成分と効果

・非イオン界面活性剤を含有する自己乳化型の親油性乳化剤として、以下の成分表示順で使用されます。
[化粧品表示] ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸PEG-10
[医薬部外品表示] 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

ステアリン酸グリセリル(SE)は界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

スポンサーリンク

TOPへ