イソステアリン酸グリセリルとは…成分効果と毒性を解説

乳化 分散
イソステアリン酸グリセリル
[化粧品成分表示名称]
・イソステアリン酸グリセリル

[医薬部外品表示名称]
・モノイソステアリン酸グリセリル、イソステアリン酸グリセリル(2)

化学構造的に炭素数18の合成飽和脂肪酸であるイソステアリン酸を疎水基(親油基)とし、多価アルコール(∗1)の一種であり、3個の水酸基(ヒドロキシ基)をもつグリセリンを親水基としたモノエステル(∗2)であり、多価アルコールエステル型のグリセリン脂肪酸エステルに分類される分子量358.6の非イオン界面活性剤(ノニオン界面活性剤)です(文献3:2019)

∗1 多価アルコールとは、非常に高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に最も汎用されている保湿剤です。名称に「アルコール」がついているので勘違いしやすいですが、一般的なアルコール(エタノール:エチルアルコール)は一価アルコールであり、多価アルコールと一価アルコールは別の物質です。二価以上を多価アルコールといい、グリセリンは三価アルコールです。

∗2 モノエステルとは分子内に1基のエステル結合をもつエステルであり、通常はギリシャ語で「1」を意味する「モノ(mono)」が省略され「エステル結合」や「エステル」とだけ記載されます。2基のエステル結合の場合はギリシャ語で「2」を意味する「ジ(di)」をつけてジエステルと記載されます。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディケア製品などに使用されています。

乳化

乳化に関しては、まず前提知識として乳化とエマルションについて解説します。

乳化とは、1つの液体にそれと溶け合わない別の液体を微細な粒子の状態に均一に分散させることをいいます(文献4:1990)

そして、乳化の結果として生成された分散系溶液をエマルションといい、基本的な化粧品用エマルションとして、以下の図のように、

エマルションの基本構造

水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散している水中油滴型(O/W型:Oil in Water type)と、それとは逆に油を外部相とし、その中に水が微細粒子状に分散している油中水滴型(W/O型:Water in Oil type)があります(文献4:1990)

身近にあるO/W型エマルションとしては、牛乳、生クリーム、マヨネーズなどがあり、一方でW/O型エマルションとしてはバター、マーガリンなどがあります。

また、界面活性剤の水と油への親和性の程度を表す指標としてはHLB(Hydrophilic-Lipophilic Balance:親水親油バランス)が用いられることが多く、以下の図のように、

界面活性剤のHLB値とその作用、分散・溶解の挙動

HLB値は、0から20までの値を取り、0に近いほど親油性が高く20に近いほど親水性が高くなり、また界面活性剤が水中に分散するためには3以上、溶解するためには10以上が要求されることが知られており、HLB値によってその界面活性剤の性質や用途もある程度決定されます(文献5:2015)

イソステアリン酸グリセリルの特性は、

HLB 作用 分散・溶解性
4.0 W/O型乳化 わずかに分散

このように報告されています(文献6:-)

イソステアリン酸グリセリルは、W/O型乳化剤(親油性界面活性剤)ですが、他のO/W乳化剤(親水性乳化剤)と組み合わせることでO/W型乳化安定剤として使用されます。

分散

分散に関しては、顔料・粉体の分散性に優れていることから、メイクアップ化粧品の分散剤として使用されています。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の1998-1999年および2014-2015年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

イソステアリン酸グリセリルの配合製品数と配合量の調査結果(1998-1999年および2014-2015年)

スポンサーリンク

イソステアリン酸グリセリルの安全性(刺激性・アレルギー)について

イソステアリン酸グリセリルの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 光毒性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:2004)によると、

  • [動物試験] 3匹のウサギの皮膚にイソステアリン酸グリセリルを4時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去1,24,48および72時間後にPII(Primary Irritation Index:皮膚一次刺激性指数)を0-4のスケールで評価したところ、この試験物質はウサギにおいて皮膚刺激物ではないと結論付けられた(Biogir S.A. Conseil Recherche,1989)
  • [動物試験] 6匹のウサギの皮膚にイソステアリン酸グリセリル0.5mLを23時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去24および72時間後にPII(Primary Irritation Index:皮膚一次刺激性指数)を0-4のスケールで評価したところ、PIIは0.21であり、この試験物質は非刺激剤に分類された(Insiitut Frangais de Recherches et Essais Biologiques,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性なしと報告されているため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:2004)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に100%イソステアリン酸グリセリル0.1mLを点眼し、1,2,3,4および7日目に眼刺激スコアを0-20のスケールで評価したところ、この試験物質は非刺激性に分類された(Institut Franfais de Recherches et Essais Biologiques,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:2004;文献2:2015)によると、

  • [動物試験] 10匹のモルモットに2.5%イソステアリン酸グリセリル溶液0.1mLを皮内注射した5-7日後に100%イソステアリン酸グリセリル溶液を48時間閉塞パッチ適用(誘導パッチ)し、約2週間の休息期間後にチャレンジパッチを適用した。パッチ除去24および48時間後に感作反応を評価したところ、24時間目で1つ、48時間目で2つの陽性反応がみられたため、再チャレンジパッチを実施したところ、いずれのモルモットにおいても感作反応は認められなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)

– 個別事例 –

  • [個別事例] かゆみをともなう顔面紅斑を有する35歳の女性患者に0.01%イソステアリン酸グリセリルを対象にパッチテストを実施したところ、強い陽性反応が観察された。報告によると、かゆみをともなう顔面の紅斑は、1.77%ジイソステアリン酸グリセリルを含むファンデーションの使用から生じたものであり、ジイソステアリン酸グリセリルには不純物としてイソステアリン酸グリセリルを含んでいることに注意することが重要です(Tanaka et al,1993)
  • [個別事例] リップクリームによる皮膚炎の病歴を有する18歳の女性に0.01%イソステアリン酸グリセリルを対象にパッチテストを実施したところ、パッツ除去48および72時間後で++の陽性反応を誘発した(Hayakawa et al,1987)
  • [個別事例] 5種類の異なるリップスティックの使用後に唇にかゆみをともなう紅斑を生じた病歴を有する女性に同様の5種類のリップスティックを対象にパッチテストを実施したところ、すべての製品に陽性反応を示した。各成分を対象にパッチ試験を実施したところ、2つの成分に陽性反応を示し、そのうちのひとつが1%イソステアリン酸グリセリルを含む軟膏であった。健常な皮膚を有する3人の被検者に1%イソステアリン酸グリセリルを対象に同様のパッチテストを実施したところ、陰性であった(S Inui et al,2009)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚感作なしと報告されているため、皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

光毒性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:2004)によると、

  • [動物試験] 20匹のモルモットの背中にUVAのみ、UVBのみ、イソステアリン酸グリセリルのみ、イソステアリン酸グリセリル+UVA、イソステアリン酸グリセリル+UVBと処置パターンを分けて、24時間適用し、UV照射パターンについては適用後に30分UV照射した後、皮膚反応を評価したところ、UV照射の有無によって重大な皮膚反応の誘発はなかった(Unichema International,1997)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性なしと報告されているため、光毒性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

イソステアリン酸グリセリルは界面活性剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:界面活性剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. Cosmetic Ingredient Review(2004)「Final Report of the Amended Safety Assessment of Glyceryl Lau rate, Glyceryl Lau rate SE, Glyceryl Laurate/Oleate, Glyceryl Adipate, Glyceryl Alginate, Glyceryl Arachidate, Glyceryl Arachidonate, Glyceryl Behenate, Glyceryl Caprate, Glyceryl Caprylate, Glyceryl Caprylate/Caprate, Glyceryl Citrate/Lactate/Linoleate/Oleate, Glyceryl Cocoate, Glyceryl Collagenate, Glyceryl Erucate, Glyceryl Hydrogenated Rosinate, Glyceryl Hydrogenated Soyate, Glyceryl Hydroxystearate, Glyceryl Isopalmitate, Glyceryl Isostearate, Glyceryl Isostearate/Myristate, Glyceryl Isostearates, Glyceryl Lanolate, Glyceryl Linoleate, Glyceryl Linolenate, Glyceryl Montanate, Glyceryl Myristate, Glyceryl Isotridecanoate/Stearate/Adipate, Glyceryl Oleate SE, Glyceryl Oleate/Elaidate, Glyceryl Palmitate, Glyceryl Palmitate/Stearate, Glyceryl Palmitoleate, Glyceryl Pentadecanoate, Glyceryl Polyacrylate, Glyceryl Rosinate, Glyceryl Sesquioleate, Glyceryl/Sorbitol Oleate/Hydroxystearate, Glyceryl Stearate/Acetate, Glyceryl Stearate/Maleate, Glyceryl Tallowate, Glyceryl Thiopropionate, and Glyceryl Undecylenate」International Journal of Toxicology(23)(2),55-94.
  2. Cosmetic Ingredient Review(2015)「Safety Assessment of Monoglyceryl Monoesters as Used in Cosmetics」Final Amended Report.
  3. “Pubchem”(2019)「Glyceryl 2-isostearate」, <https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Glyceryl-2-isostearate> 2019年10月19日アクセス.
  4. 田村 健夫, 他(1990)「乳化作用」香粧品科学 理論と実際 第4版,270-273.
  5. 野々村 美宗(2015)「親水性・親油性バランス」化粧品 医薬部外品 医薬品のための界面化学,35-39.
  6. 日光ケミカルズ株式会社(-)「NIKKOL MGIS」技術資料.

スポンサーリンク

TOPへ