メチコンとは…成分効果と毒性を解説

表面処理剤
メチコン
[化粧品成分表示名称]
・メチコン

[医薬部外品表示名称]
・メチルハイドロジェンポリシロキサン

直鎖状のモノメチルポリシロキサンでメチルハイドロジェンシロキサンの重合体(シリコーン油)です。

物性はジメチコンに似ていますが、粉体の表面処理に使用されるシリコーンで、粉体表面の水酸基と脱水素反応によりコーティングすることで汗に強い化粧膜をつくり化粧もちをよくするので、夏用メイクアップ化粧品や日焼け止め製品には欠かせない原料です。

実際にどのような製品に配合されているかというと、海外の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

メチコンの配合製品数と配合量の調査結果(1998-1999年)

スポンサーリンク

メチコンの安全性(刺激性・アレルギー)について

メチコンの現時点での安全性は、使用実績が長く、配合製品数が最も多い成分のひとつで、皮膚刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、一過性の軽度の眼刺激が起こる可能性があるものの、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

安全データや試験結果がみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Stearoxy Dimethicone, Dimethicone, Methicone, Amino Bispropyl Dimethicone, Aminopropyl Dimethicone,Amodimethicone, Amodimethicone Hydroxystearate,Behenoxy Dimethicone, C24-28 Alkyl Methicone,C30-45 Alkyl Methicone, C30-45 Alkyl Dimethicone,Cetearyl Methicone, Cetyl Dimethicone,Dimethoxysilyl Ethylenediaminopropyl Dimethicone,Hexyl Methicone, Hydroxypropyldimethicone,Stearamidopropyl Dimethicone, Stearyl Dimethicone,Stearyl Methicone, and Vinyldimethicone」(文献1:2003)によると、

  • [動物試験] 3つの未希釈のメチコン油0.1mLをそれぞれ2匹のウサギの片眼の結膜嚢に注入し、それぞれ1匹は注入1分後に20秒間水で眼をすすぎ、もう1匹はすすがず、1および4時間後および1,2および3日後に眼を検査したところ、1時間の検査で最小限の虹彩のうっ血がみられ、2日まで持続する軽度の結膜の赤みがみられたが、3つメチコン油はどれも眼に傷害を生じなかった(Dupont De Nemours & Co.,1966)

と記載されています。

試験結果では2日まで軽度の赤みが観察されたと報告されているため、一過性の軽度の眼刺激が起こる可能性があると考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

試験結果や安全性データはみあたりませんが、最も配合数の多い原料のひとつで使用歴も長い中で重大なアレルギーの報告もみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
メチコン

参考までに化粧品毒性判定事典によると、メチコンは■(∗2)となっていますが、これは合成ポリマー共通の判定であり、安全性データも詳細が不明のため、毒性判定の妥当性は判断できません。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

メチコンは表面処理成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:表面処理剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2003)「Final Report on the Safety Assessment of Stearoxy Dimethicone, Dimethicone, Methicone, Amino Bispropyl Dimethicone, Aminopropyl Dimethicone,Amodimethicone, Amodimethicone Hydroxystearate,Behenoxy Dimethicone, C24-28 Alkyl Methicone,C30-45 Alkyl Methicone, C30-45 Alkyl Dimethicone,Cetearyl Methicone, Cetyl Dimethicone,Dimethoxysilyl Ethylenediaminopropyl Dimethicone,Hexyl Methicone, Hydroxypropyldimethicone,Stearamidopropyl Dimethicone, Stearyl Dimethicone,Stearyl Methicone, and Vinyldimethicone」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1080/10915810390204854> 2018年1月14日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ