ヒドロキシプロピルメチルセルロースとは…成分効果と毒性を解説

増粘剤 表面処理剤
ヒドロキシプロピルメチルセルロース
[化粧品成分表示名称]
・ヒドロキシプロピルメチルセルロース

[医薬部外品表示名称]
・ヒドロキシプロピルメチルセルロース

メチルセルロースおよびプロピレングリコールの混合エーテルで、水溶性の高分子セルロース誘導体(増粘剤)です。

化粧品に配合される場合は、保護コロイド性、保水作用、被膜形成能が優れており、水に溶けてとろみを与える増粘剤として使用されます。

また、有効成分や着色剤をヒドロキシプロピルメチルセルロースで包んで乾燥させ、目に見える大きさの顆粒状にしたものを配合することもあります。

実際の配合製品数や配合量の範囲は、海外の2009年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの配合製品数と配合量の調査(2009年)

スポンサーリンク

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、一過性の軽度の眼刺激性が起こる可能性があるものの、皮膚感作(アレルギー)もほとんどないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Amended Safety Assessment of Cellulose and Related Polymers as used in Cosmetics」(文献1:2009)によると、

  • [動物試験] 2匹のウサギの剃毛した腹部に100%ヒドロキシプロピルメチルセルロースを14日間にわたり10回塗布した。塗布した部位はガーゼパッドで覆い、皮膚との接触が2週間継続するようにした。1匹のウサギは乾燥固体の試験物質を適用し、もう1匹には水で湿らせた試験物質を塗布した。各ウサギはさらに擦過傷皮膚部位に3日間毎日試験物質を塗布した。乾燥した試験物質との接触から皮膚刺激は観察されなかった。湿った試験物質はわずかな赤みを生じたが、皮膚に付着している物質に起因すると考えられた。固体の試験物質は本質的に非刺激性であり、皮膚に吸収されなかった(CTFA,1978a)
  • [動物試験] 4匹のウサギの剃毛した皮膚(湿った部位と擦った部位の両方)に1.1%ヒドロキシプロピルメチルセルロースの10%濃度水溶液を含む洗顔料0.5mLを24時間閉塞パッチ適用し、試験部位をDraize法に準じて24および72時間後に評価したところ、この洗顔料の刺激スコアは最大8.0のうち0.6であった(CTFA,1972)

と記載されています。

試験結果では、共通でほとんど皮膚刺激の報告がないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report of the Cosmetic Ingredient Review Expert Panel on the Safety Assessment of Methyl Acetate」(文献1:2012)によると、

  • [ヒト試験] 10人の被検者にヒドロキシエチルセルロースを含むまたはヒドロキシプロピルメチルセルロースを含む3つの目薬の分散作用について試験した。各目薬を5分間隔で4滴結膜嚢に滴下し、1,2および3時間後に観察したところ、この試験では刺激の兆候は認められなかった(Capella and Schaefer,1974)
  • [動物試験] 1匹のウサギの両眼に100%ヒドロキシプロピルメチルセルロース0.1mgを適用し、片眼を洗浄し、もう片眼は洗浄せずに両眼を評価したところ、適用後に軽度の結膜刺激が認められたが、48時間以内に回復した。この試験物質は一過性の眼刺激を引き起こす可能性があると結論付けられた(CTFA,1978b)

と記載されています。

試験結果では、一過性の軽度の眼刺激性が報告されているため、一過性の軽度の眼刺激が起こる可能性があると考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Amended Safety Assessment of Cellulose and Related Polymers as used in Cosmetics」(文献1:2009)によると、

  • [ヒト試験] 25人の被検者に1.1%ヒドロキシプロピルメチルセルロースを含む洗顔料を2週間使用してもらったところ、皮膚感作の兆候は認められなかった
  • [動物試験] 1実験用、未処理、陽性対照の各10匹のマウスの剃毛した肩に50%フロイントアジュバント生理食塩水0.1mL、1%ヒドロキシプロピルメチルセルロース生理食塩水0.1mL、50%フロイントアジュバントおよび1%ヒドロキシプロピルメチルセルロース生理食塩水0.1mLを3回皮内注射し、1週間後に同じ部位に10%ラウリル硫酸Naを含むワセリンで前処理し、25%ヒドロキシプロピルメチルセルロースを含むワセリンで48時間閉塞適用した。2週間の休息後、マウスの剃毛した側面に25%ヒドロキシプロピルメチルセルロースを含むワセリンを24時間閉塞チャレンジパッチ適用し、パッチ除去24および48時間後に反応を評価したところ、試験物質は感作反応を示さず、非感作剤と考えられた(CTFA,1980)
  • [動物試験] 10匹のモルモットの背中に2%ヒドロキシプロピルメチルセルロース水溶液0.1mLを10日間で4回適用した。3回目の適用時点で障害部位に隣接するいくつかの部位にフロイントアジュバント0.2mLを皮内注射した。2週間の無処置期間を経て未処置部位にチャレンジパッチを適用し、別の10匹のモルモットにも陽性対照で試験した。ヒドロキシプロピルメチルセルロース群では感作反応は認められなかったが、陽性対照は中程度から重度の赤みを示した。これらの結果からこの試験物質は非感作剤であることを示した(CTFA,1978c)

と記載されています。

試験結果では、共通して皮膚感作なしと報告されているため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ヒドロキシプロピルメチルセルロース

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ヒドロキシプロピルメチルセルロースは■(∗2)となっていますが、これは合成ポリマー共通の判定です。

安全性試験結果をみるかぎり、刺激性および感作性はなく、安全性に問題ないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ヒドロキシプロピルメチルセルロースは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2009)「Amended Safety Assessment of Cellulose and Related Polymers as used in Cosmetics」,<https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR508.pdf> 2018年2月20日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ