(エチレン/プロピレン)コポリマーとは…成分効果と毒性を解説

増粘
(エチレン/プロピレン)コポリマー
[化粧品成分表示名称]
・(エチレン/プロピレン)コポリマー

[医薬部外品表示名称]
・エチレン・プロピレン共重合体

炭化水素(∗1)の一種である炭素数2のエチレン(∗2)と、同じく炭化水素の一種である炭素数3のプロピレン(∗3)の共重合体(∗4)であり、疎水性の合成高分子です。

∗1 炭化水素とは、炭素と水素のみからなる化合物であり、化学的に極めて不活性な物質です。

∗2 エチレン(ethylene 化学式:C₂H₄)とは、気体のエチレンガスであり、炭素3個に二重結合を1つ持つ不飽和炭化水素(炭化水素ガス)です。

∗3 プロピレン(propylene 化学式:C₃H₆)とは、気体のプロピレンガスであり、二重結合で結ばれた炭素2個を持つ不飽和炭化水素(炭化水素ガス)です。

∗4 重合体とは、複数の単量体(モノマー:monomer)が繰り返し結合し、鎖状や網状にまとまって機能する多量体(ポリマー:polymer)のことを指し、2種類以上の単量体(モノマー:monomer)がつながってできているものを共重合体(copolymer:コポリマー)と呼びます。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的でメイクアップ化粧品などに汎用されています。

油の増粘

油の増粘に関しては、(エチレン/プロピレン)コポリマーは油に溶解することで油を硬くすることができるため(文献1:-;文献2:2015)、粘度調整目的で以下の油性成分(文献1:-)と併用して口紅、リップカラーなどスティック状製品をはじめ、アイシャドー、アイライナー、アイブロー、マスカラ、チーク、コンシーラーなどに使用されています。

(エチレン/プロピレン)コポリマーと併用する油性成分
水添ポリデセン
水添ポリイソブテン
ポリイソブテン
イソドデカン
イソヘキサデカン
ホホバ種子油
イソドデカンメドウフォーム油
イソドデカンオリーブ果実油
イソドデカンヒマワリ種子油
安息香酸アルキル(C12-15)
安息香酸アルキル(C12-15)メトキシケイヒ酸エチルヘキシルt-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
スクワラン

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2013-2015年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

(エチレン/プロピレン)コポリマーの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2015年)

スポンサーリンク

(エチレン/プロピレン)コポリマーの安全性(刺激性・アレルギー)について

(エチレン/プロピレン)コポリマーの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

医薬部外品原料規格2006に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

∗∗∗

(エチレン/プロピレン)コポリマーは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. The Innovation Company(-)「Creagel Crystal」Technical Data Sheet.
  2. 宇山 光男, 他(2015)「(エチレン/プロピレン)コポリマー」化粧品成分ガイド 第6版,171.

スポンサーリンク

TOPへ