EDTA-4Na(エデト酸四ナトリウム)とは…成分効果と毒性を解説

キレート剤
EDTA-4Na(エデト酸四ナトリウム)
[化粧品成分表示名称]
・EDTA-4Na

[医薬部外品表示名称]
・エデト酸四ナトリウム

[慣用名]
・EDTA

エチレンジアミンとクロロ酢酸ナトリウムより合成されるEDTA(エデト酸)の四ナトリウム塩で、水によく溶け強いアルカリ性を示す白色の結晶~結晶性粉末です。

キレート作用、酸化防止作用、変色防止作用、ビタミンCや過酸化物の安定化作用、殺菌作用などがあり、石けんなどに配合されます。

同じEDTAとして化粧品によく使われる成分に、EDTA-2Naがありますが、EDTA-2NaとEDTA-4Naの違いは、水へ溶かしたときの溶解度とpHになりますが、同仁化学研究所の数字を参考にすると、25℃の100mLの水に対して、

  • EDTA-2Na:11.1g(溶解度)、4.2~4.8%(溶解時のpH)
  • EDTA-4Na:60.0g(溶解度)、10.0~12.0%(溶解時のpH)

という違いになります。

参考:EDTA-2NaとEDTA-4Naの性能の違い新しいウィンドゥが開きます

また、EDTAは旧表示指定成分で、旧表示指定成分だからといって必ずしも安全ではないということではないのですが、EDTA-4Naは皮膚刺激性が明らかになっており、化粧品や石けんでの使用は減ってきています。

参考:化粧品における旧表示指定成分の解説

EDTA-2NaとEDTA-2NaとDTA-4Naの違いをまとめると以下のようになります。

EDTA-2NaとEDTA-2NaとDTA-4Naの違い

EDTA-2Naに関しては以下を参考にしてください。

参考:EDTA-2Naの成分効果と毒性を解説

1998年の海外のものですが、EDTA-4Naの配合製品の種類や数および配合量の調査レポートが、”Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of EDTA, Calcium Disodium EDTA, Diammonium EDTA, Dipotassium EDTA, Disodium EDTA, TEA-EDTA,Tetrasodium EDTA, Tripotassium EDTA, Trisodium EDTA, HEDTA, and Trisodium HEDTA 」に掲載されているので、以下に記載しておきます。

EDTA-4Naの配合製品数と配合量の調査(1998年)

シャンプーや入浴石鹸およびクレンジングなど洗い流しの製品への配合が多いことがわかります。

スポンサーリンク

EDTA-4Naの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

EDTA-4Naの現時点での安全性は、ひとによっては軽度~中程度の皮膚刺激を感じることがあり、眼刺激性が起こる可能性もあるため、注意が必要な成分だと考えられます。

アレルギー(皮膚感作性)に関しては、2004年に1例陽性反応がでていますが、ほかに重大な報告はみあたらないため、アレルギーが起こる可能性は低いと考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

CERI 化学物質評価研究機構の有害性評価書(文献1:2006)によると、

  • [動物試験] ウサギを用いた改良Draize法で80%水ペーストを投与した結果、20時間後に強い発赤、8日後に皮膚剥落
  • [動物試験] ウサギを用いたDraize法でND量(検出できないくらいの量)を投与した結果、中程度の刺激性
  • [動物試験] ウサギを用いたOECD401法でND量(検出できないくらいの量)を投与した結果、刺激性なし
  • [動物試験] ウサギを用いた改良Draize法とOECDパッチテストで40%水溶液を投与した結果、どちらも皮膚刺激性なし

と記載されています。

試験方法によって刺激度が変わりますが、微量でも中程度の皮膚刺激が認められているデータもあるため、軽度~中程度の皮膚刺激性がある考えられます。

眼刺激性について

CERI 化学物質評価研究機構の有害性評価書(文献1:2006)によると、

  • [動物試験] ウサギを用いた改良Draize法で80%水ペーストを投与した結果、顕著な発赤、混濁、浮腫、炎症が起こり、8日後もわずかに発赤、混濁残存があり、眼刺激性あり
  • [動物試験] ウサギを用いたOECD法で40%水溶液を投与した結果、刺激性あり
  • [動物試験] ウサギを用いた改良Draize法で40%水溶液を投与した結果、わずかに発赤、わずかに刺激性あり

と記載されています。

微量でのデータがないので、根拠としては弱くなりますが、すべてのデータで刺激性があるため、目刺激性ありと考えられます。

アレルギー(皮膚感作性)について

昭和化学の安全性データシート(文献2:2016)によると、

  • [ヒト試験] 再発性の下腿潰瘍を有する78歳女性がEDTA-4Na水溶液に2回の接触で陽性反応を示した

と記載されています。

この資料のみでアレルギーが起こると結論づけるのは早計ですが、国内の重大なアレルギーの報告がないことを考慮して、現時点ではアレルギーが起こる可能性は低いと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
EDTA-4Na

参考までに化粧品毒性判定事典によると、EDTA-4Naは■(∗2)となっており、毒性に関しては心配するほどではないですが、他の成分配合と合わせて考慮する必要があります。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

安全性についての捕捉

これらの安全性の資料を参照するとわかるように、EDTA-4Naは皮膚刺激や眼刺激が起きる可能性があるため、現在は化粧品においてはあまり使用されておらず、石けんにおいてもEDTA-4Naに代わってエチドロン酸やエチドロン酸4Naの使用が増えています(∗3)

∗3 エチドロン酸やエチドロン酸4NaはEDTA-4Naと同じ金属イオン封鎖剤で、刺激性がまったくないというわけではなくEDTA-4Naよりも刺激性が少ないという成分です。

参考:エチドロン酸4Na(エチドロン酸)の成分効果と毒性を解説

また、ネット上では発がん性も懸念されていますが、化学物質評価研究機構の有害性評価書によると、国際機関(IARC,2001;ACGIH,2001;日本産業衛生学会,2001;U.S.EPA,2002;NTP,2000)では、EDTAの発がん性は評価しておらず、現時点では発がん性はないと考えられています(文献1:2006)

洗濯石けんなど洗浄製品の成分表示の場合、パッケージに金属イオン封鎖剤としか書かれていないことがありますが、公式サイトの全成分表示を調べるとEDTA-4ナトリウムと書かれていることが多いので、注意してください。

∗∗∗

EDTA-4Naは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. CERI 化学物質評価研究機構(2006)「有害性評価書 エチレンジアミン四酢酸」, <http://www.cerij.or.jp/evaluation_document/yugai/60_00_4.pdf> 2017年9月3日アクセス.
  2. CERI 昭和化学株式会社(2016)「安全データシート」, <http://www.st.rim.or.jp/~shw/MSDS/05140230.pdf> 2017年9月3日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ