リン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

pH調整剤
リン酸Na
[化粧品成分表示名称]
・リン酸Na

リン酸のナトリウム塩で、水によく溶けるpH調製剤です。

化粧品に配合される場合は、pHを調製する目的でスキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、洗浄製品など幅広く使用されています。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2015-2016年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

リン酸Naの配合製品数と配合量の調査結果(2015-2016年)

スポンサーリンク

リン酸Naの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

リン酸Naの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性は非刺激または最小限の刺激が起こる可能性がありますが、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Phosphoric Acid and Its Salts as Used in Cosmetics」(文献1:2016)によると、

  • [動物試験] ウサギの無傷の皮膚にリン酸Naを4時間開放パッチ適用したところ、非刺激性であった(Weiner M.L, et al.,2001a)
  • [動物試験] ウサギの無傷および擦過した皮膚にリン酸Naを24時間閉塞パッチ適用したところ、非刺激性であった(Weiner M.L, et al.,2001b)
  • [動物試験] CBA/Caマウスを用いて10%リン酸Naを含むプロピレングリコールをの局所リンパ節アッセイを実施したところ、非感作性であった(Organization for Economic Co-operation and Development,2011)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激および皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Phosphoric Acid and Its Salts as Used in Cosmetics」(文献1:2016)によると、

  • [動物試験] ウサギを用いてリン酸Naを点眼し、Draize法に従って眼を評価したところ、洗眼した場合では24時間で実質非刺激であり、非洗眼の場合では最小限の眼刺激性であった(Weiner M.L, et al.,2001c)
  • [動物試験] ウサギを用いてリン酸Naを点眼し、眼を評価したところ、最小限の眼刺激性であった(Willhite C.C,2013)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、洗眼した場合は非刺激、非洗眼の場合は最小限の眼刺激性が報告されているため、眼刺激性は非刺激または最小限の眼刺激が起こる可能性があると考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
リン酸Na 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、リン酸Naは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

リン酸Naは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2016)「Safety Assessment of Phosphoric Acid and Its Salts as Used in Cosmetics」,<https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR710.pdf> 2018年6月7日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ