メタリン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

キレート剤
メタリン酸Na
[化粧品成分表示名称]
・メタリン酸Na

[医薬部外品表示名称]
・メタリン酸ナトリウム

メタリン酸のナトリウム塩で、金属イオンと強く結びついて補足するキレート剤です。

食品添加物としては、食品の保水性向上、食感改善、変色防止などで使用されており、医薬品としては、歯の表面をコーティングし、歯石やステインの沈着防止などで歯磨き粉などに使用されています。

化粧品に配合される場合は、安全に使用できるキレート作用目的でスキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ヘアケア製品、入浴洗浄剤、日焼け止め製品など様々な製品に使用されます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2015-2016年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

メタリン酸Naの配合製品数と配合量の調査結果(2015-2016年)

スポンサーリンク

メタリン酸Naの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

メタリン酸Naの現時点での安全性は、医薬品および食品添加物としても承認されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データやレポートを参照しています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Metaphosphate, Sodium Trimetaphosphate, and Sodium Hexametaphosphate」(文献1:2001)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷の皮膚にメタリン酸Na(濃度不明)0.5gを含む溶液を24時間パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚刺激を評価したところ、皮膚刺激スコアは最大8.0のうち0.38であり、軽度の刺激性であった(Stauffer Chemical Company,1972)
  • メタリン酸Naは皮膚刺激を避ける処方設計がされている場合において化粧品として安全に使用できると結論づけられた

と記載されています。

試験の濃度は不明ですが、口腔ケア製品や食品添加物としても使用されており、適切な処方設計によって安全に使用できることが認められているため、適切な処方設計されている場合において、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Metaphosphate, Sodium Trimetaphosphate, and Sodium Hexametaphosphate」(文献1:2001)によると、

  • メタリン酸Naは皮膚刺激を避ける処方設計がされている場合において化粧品として安全に使用できると結論づけられた

と記載されています。

試験データはみあたりませんが、皮膚感作の報告はみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
メタリン酸Na 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、メタリン酸Naは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

メタリン酸Naは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2001)「Final Report on the Safety Assessment of Sodium Metaphosphate, Sodium Trimetaphosphate, and Sodium Hexametaphosphate」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1080/10915810152630756> 2018年5月20日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ