ヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説

増粘剤 安定化成分 感触改良剤
ヘクトライト
[化粧品成分表示名称]
・ヘクトライト

粘土鉱物のベントナイトの主成分であるモンモリロナイトの一種で、コロイド状含水ケイ酸アルミニウムマグネシウムです。

水を抱えてゲル化する天然のジェル状基材で、粒径が細かくサラサラ感があり、振るとジェル状が液状になるチキソトロピー的な性質を有しています。

化粧品に配合される場合は、主にマスカラ、アイライナー、アイブロウ、ファンデーションなどのメイクアップ化粧品、マニキュアなどのネイル製品に使用されます。

また、振るとジェル状が液状になるチキソトロピー的な性質を利用してスプレー式の制汗剤にも使用されます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の1998-1999年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ヘクトライトの配合製品数と配合量の調査結果(1998-1999年)

スポンサーリンク

ヘクトライトの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ヘクトライトの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性は非洗浄の場合は軽度から中等の眼刺激を引き起こす可能性がありますが、洗浄した場合では非刺激であり、また皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、総合的に安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Aluminum Silicate, Calcium Silicate, Magnesium Aluminum Silicate, Magnesium Silicate, Magnesium Trisilicate, Sodium Magnesium Silicate, Zirconium Silicate, Attapulgite, Bentonite, Fuller’s Earth, Hectorite, Kaolin, Lithium Magnesium Silicate, Lithium Magnesium Sodium Silicate, Montmorillonite, Pyrophyllite, and Zeolite」(文献1:2003)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの無傷および擦過した背中の皮膚2箇所にヘクトライト0.5mLまたは0.5gを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去30分および72時間後に部位を検査しスコアリングしたところ、皮膚刺激スコアは0であり、ヘクトライトはウサギの皮膚に対して非刺激性であった(FDRL Inc,1980)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性なしと報告されているため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Aluminum Silicate, Calcium Silicate, Magnesium Aluminum Silicate, Magnesium Silicate, Magnesium Trisilicate, Sodium Magnesium Silicate, Zirconium Silicate, Attapulgite, Bentonite, Fuller’s Earth, Hectorite, Kaolin, Lithium Magnesium Silicate, Lithium Magnesium Sodium Silicate, Montmorillonite, Pyrophyllite, and Zeolite」(文献1:2003)によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの片眼にヘクトライト0.1mLまたは半個体100mgを注入し、6匹は眼を洗浄せず、3匹は約4秒間眼をすすぎ、眼を24,48および72時間および7日後に検査したところ、24時間後で平均眼刺激スコアは2.0であり、その後のスコアは0.0であった。ヘクトライトは洗浄しなかったウサギの眼に中等の刺激性であり、4秒間すすぎ洗いしたウサギの眼には実質的に非刺激性であると考えられた(FDRL Inc,1981)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、洗浄しなかった場合で中等の眼刺激が報告されているため、眼刺激性は洗浄した場合は非刺激性、洗浄しない場合は軽度から中等の眼刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

試験データはみあたりませんが、長年の使用実績および現在の使用状況の中で皮膚感作の報告はみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ヘクトライト 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ヘクトライトは毒性なし(∗2)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ヘクトライトは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2003)「Final Report on the Safety Assessment of Aluminum Silicate, Calcium Silicate, Magnesium Aluminum Silicate, Magnesium Silicate, Magnesium Trisilicate, Sodium Magnesium Silicate, Zirconium Silicate, Attapulgite, Bentonite, Fuller’s Earth, Hectorite, Kaolin, Lithium Magnesium Silicate, Lithium Magnesium Sodium Silicate, Montmorillonite, Pyrophyllite, and Zeolite」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581803022S115> 2018年5月18日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ