セルロースガムとは…成分効果と毒性を解説

増粘剤 安定化成分 感触改良剤
セルロースガム
[化粧品成分表示名称]
・セルロースガム

[医薬部外品名]
・カルボキシメチルセルロースナトリウム

アルカリセルロースにモノクロロ酢酸ナトリウムを反応させてつくられるセルロース誘導体の一種で、水溶性増粘剤です。

乳化物の安定性を高めたり、溶液の粘度や感触の調整に優れているため、化粧水、乳液、クリームなどに粘度調整や乳化安定剤として配合されます。

ほかにもシャンプーなど洗浄製品の粘度調整や泡の安定性増加として、またファンデーションや乳液の懸濁剤としてやコンパクトパウダーやコンパクトルージュの粘結剤にも用いられます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2009年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

セルロースガムの配合製品数と配合量の調査結果(2009年)

スポンサーリンク

セルロースガムの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

セルロースガムの現時点での安全性は、皮膚刺激性、光毒性および眼刺激性はほとんどなく、また皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Hydroxyethylcellulose, Hydroxypropylcellulose, Methylcellulose, Hydroxypropyl Methylcellulose, and Cellulose Gum」(文献1:1986)によると、

  • [ヒト試験] 200人の被検者に100%セスロースガムを誘導期間において5日間連続でパッチ適用した後にチャレンジパッチ適用したところ、一次刺激ではなく、感作性も示さなかった(CTFA,1952)
  • [ヒト試験] 15人の被検者に3%セルロースガムを含むリンクルスムージングクリームを誘導期間において5日間連続でパッチ適用した後にチャレンジパッチ適用したところ、平均皮膚激スコアは最大4のうち0.17であり、対照との間に有意な違いは観察されなかった(CTFA,1979)
  • [ヒト試験] 86人の被検者に1.1%セルロースガムを含む化粧水を誘導期間およびチャレンジ期間にパッチ適用し、反応を検査したところ、誘導期間において3人の被検者にほとんど知覚できない後半が観察されたが、チャレンジ期間では皮膚反応は観察されず、セルロースガムは非刺激性および非感作性であると結論付けられた(CTFA,1977)
  • [ヒト試験] 97人の被検者に1%セルロースガムを含むペーストマスクを誘導期間およびチャレンジ期間にパッチ適用し、反応を検査したところ、誘導期間において1人の被検者で軽度の皮膚刺激が観察されたがチャレンジ期間に皮膚反応はなく、1%セルロースガムを含むペーストマスクは非刺激性および非感作性であると結論付けられた(CTFA,1978)
  • [ヒト試験] 17人の被検者に0.5%セルロースガムを含むアイライナーを21日間連続使用してもらったところ、累積刺激スコアは最大630のうち2.1であり、実質的に累積刺激性なしと結論づけられた(Concorde Laboratories,1982)
  • [ヒト試験] 209人の被検者に0.5%セルロースガムを含むアイライナーを誘導期間およびチャレンジ期間にパッチ適用し、反応を検査したところ、誘導期間において皮膚反応は観察されず、チャレンジ期間では2人の被検者に軽度の皮膚反応が観察されたが、臨床的に意味のある反応とはみなされず、0.5%セルロースガムを含むアイライナーは非刺激性および非感作性であると結論付けられた(International Research Services,1979)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Hydroxyethylcellulose, Hydroxypropylcellulose, Methylcellulose, Hydroxypropyl Methylcellulose, and Cellulose Gum」(文献1:1986)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼にセルロースガム0.1mgを含む水溶液を点眼し、Draize法に従って評価したところ、すべての眼は3日目には眼刺激スコア0であった(CTFA,1974)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に3%セルロースガムを含むリンクルスムージング製剤を点眼し、Draize法に従って評価したところ、1日目の平均眼刺激スコアは0であり、非刺激性であると結論づけられた(CTFA,1980)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に1.1%セルロースガムを含む化粧水を点眼し、Draize法に従って評価したところ、1日目の平均眼刺激スコアは1、2日目のスコアは0であり、最小限の眼刺激性であると結論づけられた(CTFA,1977)
  • [動物試験] 9匹のウサギの片眼に0.5%セルロースガムを含むリキッドアイライナーを適用し、3匹は洗眼し、6匹は洗眼せず、Draize法に従って評価したところ、洗眼の有無にかかわらず眼刺激性は観察されず、非刺激剤であると結論付けられた(Food and Drug Research Laboratories,1979a)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、ほとんどの試験で共通して眼刺激性なしと報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

光毒性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Final Report on the Safety Assessment of Hydroxyethylcellulose, Hydroxypropylcellulose, Methylcellulose, Hydroxypropyl Methylcellulose, and Cellulose Gum」(文献1:1986)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの剃毛した背中2箇所に0.5%セルロースガムを含むアイライナーを閉塞パッチ適用し、2時間後に1つのパッチを除去し、部位にSylvania No. F40-BLBランプを照射して部位をアルミニウムオイルで保護し、照射部位を再密閉して覆った。すべてのパッチを48時間後に除去し、49,72および96時間で評価したところ、非照射部位の平均刺激スコアは最大8のうち0.22で、照射部位の平均刺激スコアは最大8のうち0.39であり、両者とも最小限の刺激性とみなされた。この製品はウサギの皮膚に最小限の皮膚刺激性ではあるが、光毒性ではないと結論づけられた(Food and Drug Research Laboratories,1979b)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性なしと報告されているため、光毒性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
セルロースガム

参考までに化粧品毒性判定事典によると、セルロースガムは■(∗2)となっていますが、これは合成ポリマーの共通判定であり、安全データをみるかぎり、安全性に問題はないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

セルロースガムは安定化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(1986)「Final Report on the Safety Assessment of Hydroxyethylcellulose, Hydroxypropylcellulose, Methylcellulose, Hydroxypropyl Methylcellulose, and Cellulose Gum」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.3109/10915818609141925> 2018年5月18日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ