ジステアルジモニウムヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説

増粘剤 感触改良剤
ジステアルジモニウムヘクトライト
[化粧品成分表示名称]
・ジステアルジモニウムヘクトライト

[医薬部外品表示名称]
・ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト

粘土鉱物のヘクトライトにカチオン界面活性剤のジステアリルジモニウムクロリドを吸着処理して得られる有機変性の反応生成物(粘土系増粘剤)です。

カチオン界面活性剤(陽イオン界面活性剤)を吸着させて精製されますが、ヘクトライトと反応させることで皮膚刺激性などはなくなります。

オイルベースの増粘や粉体顔料の分散の安定化など化粧品の感触調整、使用感の向上およびゲル化剤目的で配合されます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2011-2012年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

ジステアルジモニウムヘクトライトの配合製品数と配合量の調査結果(2011-2012年)

スポンサーリンク

ジステアルジモニウムヘクトライトの安全性(刺激性・アレルギー)について

ジステアルジモニウムヘクトライトの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Ammonium Hectorites as Used in Cosmetics」(文献1:2013)によると、

  • [ヒト試験] 様々な皮膚タイプの11人の女性被検者に15%ジステアルジモニウムヘクトライトを含むミネラルオイルを48時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去15分後に試験部位を検査したところ、刺激の兆候は観察されなかった(EVIC France.,2003)
  • [ヒト試験] 10人の被検者に15%ジステアルジモニウムヘクトライトを含む化粧品混合物を24時間パッチ適用し、パッチ除去後すぐおよび24時間後に試験部位を観察したところ、皮膚刺激の兆候はなかった(Nikko Chemicals Co Ltd,2008)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激の報告がないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データがみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Ammonium Hectorites as Used in Cosmetics」(文献1:2013)によると、

  • [ヒト試験] 112人の被検者に100%ジステアルジモニウムヘクトライト20μgを誘導期間およびチャレンジ期間に閉塞Finn Chamber適用したHRIPT試験の結果、ジステアルジモニウムヘクトライトは皮膚感作性を示さなかった(TKL Research Inc.,2005)

と記載されています。

試験結果をみるかぎり、皮膚感作の報告はないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんど起こらないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ジステアルジモニウムヘクトライト

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ジステアルジモニウムヘクトライトは■(∗2)となっていますが、試験データをみるかぎり、安全性に問題はないと考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ジステアルジモニウムヘクトライトは安定化成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2013)「Safety Assessment of Ammonium Hectorites as Used in Cosmetics」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581813507722> 2018年5月16日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ