クエン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

キレート剤 pH調整剤
クエン酸Na
[化粧品成分表示名称]
・クエン酸Na

[医薬部外品表示名称]
・クエン酸ナトリウム

クエン酸を炭酸ナトリウムで中和した無臭で水に溶けやすい無色の結晶、または白色の結晶粉末です。

化粧品に配合される場合は、金属イオンによる沈殿防止、化粧品自体の酸化防止、またpHの緩衝目的で多くの化粧品にクエン酸と併用されています。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2011年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

クエン酸Naの配合製品数および配合量の調査結果(2011年)

スポンサーリンク

クエン酸Naの安全性(刺激性・アレルギー)について

クエン酸Naの現時点での安全性は、長い使用実績があり、また非常に幅広い化粧品に配合されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗1)やレポートを参照しています。

∗1 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Citric Acid, Inorganic Citrate Salts, and Alkyl Citrate Esters as Used in Cosmetics」(文献1:2014)によると、

  • [ヒト試験] アトピー性皮膚炎を有した49人および健常な56人の被検者に10%クエン酸Naを含む水溶液を20分間閉塞パッチ適用したところ、即時反応(非免疫学的接触性蕁麻疹)はなかった(Lahti A,1980)

と記載されています。

試験データはひとつでエビデンスとしては弱いのですが、医療および食品添加物としても使用されており、化粧品での使用実績も長く、また幅広く非常に多くの化粧品に使用されている中で、皮膚刺激の報告がないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データがみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

試験データはみあたりませんが、医療および食品添加物としても使用されており、化粧品での使用実績も長く、また幅広く非常に多くの化粧品に使用されている中で、皮膚感作の報告がみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
クエン酸Na 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、クエン酸Naは毒性なし(∗2)となっており、安全性に問題ない成分であると考えられます。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

クエン酸Naは安定化成分にカテゴライズされています。

他の安定化成分など安定化成分一覧は以下からお読みください。

参考:安定化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2014)「Safety Assessment of Citric Acid, Inorganic Citrate Salts, and Alkyl Citrate Esters as Used in Cosmetics」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581814526891> 2018年5月15日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ