安定化成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして安定化成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

安定化成分は、製品の品質や安全性を高めるための成分で以下の5つに分類しています。

5種類の安定化成分(増粘剤・防腐剤・酸化防止剤・キレート剤・pH調整剤)

・増粘剤(代表的なものはカルボマーやキサンタンガムなど)
増粘剤は、液体に溶かすことで製品の粘度(とろみや固さ)を生じさせるために配合する成分で、水に溶けて水に粘度を与えるものと油に溶けて油に粘度を与えるものに分けることができます。

また、乳液の分離を抑える乳化安定作用や成分を均一に分離させたり質感を保持する使用感の向上や質感にツヤや高級感をだす役割も担います。

水を増粘させる代表的な成分は、微生物がつくりだす粘性成分のキサンタンガム、植物に含まれる繊維質をもとに合成するセルロースガムやカルボマー、泥や粘土の成分をもとにつくられるケイ酸やベントナイトなどがあります。

油を増粘させる代表的な成分は、ロウ・ワックス・高級アルコールなどの固形のものから泥や粘土の成分を油と混ざるように改良したジステアルジモニウムヘクトライト、ステアラルコニウムヘクトライト、パルミチン酸デキストリンなどがあります。

・防腐剤(代表的なものはメチルパラベン、エチルパラベン、フェノキシエタノールなど)
水分や栄養分がたくさん配合されている化粧品は、使用していると微生物や菌が繁殖するため、微生物や菌の繁殖を防ぎ最後まで安全な品質を保つように防腐剤が配合されます。

配合できる防腐剤は使用が許可されているものに限り、中でも古くから使用され、高い安全性が確認されているメチルパラベン、エチルパラベン、フェノキシエタノールがよく使用されます。

・酸化防止剤(代表的なものはBHT、トコフェロール、アスコルビン酸など)
化粧品には油脂、ロウ類、界面活性剤、ビタミンなど空気に触れることで酸化しやすい成分がたくさん使われており、それらの成分が参加するとにおいや色や性質が変化したり、肌に悪影響を及ぼすこともあります。

酸化が起きないようにする、酸化スピードを遅くするな酸化による品質の劣化を防止するのが酸化防止剤です。

・キレート剤(代表的なものはエチドロン酸、EDTA-sNaなど)
キレート剤というと聞き慣れないかもしれませんが、水の中には様々なミネラル(カルシウムイオンや鉄イオンなどの金属イオン)が入っており、他の成分と反応して化粧品を褐色に変色させてしまうことがあります。

水のミネラル(金属イオン)と他の成分が反応して変色や変質しないよう防止するためにキレート剤が配合されます。

・pH調整剤(代表的なものは水酸化Na、TEA、クエン酸、リンゴ酸など)
pHはペーハーやピーエイチと読み、酸性やアルカリ性の度合いを示す値です。

pH調整解説図

人間の肌はpH5~6の弱酸性と言われており、pH5~6から離れるほど肌への刺激が強くなるため、pH値を調整する必要があるときに配合されます。

安定化成分一覧

A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。



AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)とは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 酸化防止剤
主に動物性油脂の酸化を防止する目的で化粧品に配合される成分、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)について具体的にわかりやすく解説します。
→ BHT記事を読む

DL-リンゴ酸
DL-リンゴ酸とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整や角質軟化効果(ピーリング効果)目的で化粧品に配合される成分、DL-リンゴ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ DL-リンゴ酸記事を読む

EDTA-2Na
EDTA-2Na(エデト酸二ナトリウム)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
硬水を軟化させたり、金属イオンを不活性にしたり、抗菌を補助する目的で化粧品に配合される成分、EDTA-2Na(エデト酸二ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ EDTA-2Na記事を読む

EDTA-4Na
EDTA-4Na(エデト酸四ナトリウム)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
硬水を軟化させたり、金属イオンを不活性にしたり、抗菌を補助する目的で化粧品に配合される成分、EDTA-4Na(エデト酸四ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ EDTA-4Na記事を読む

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンとは…成分効果と毒性を解説
乳化剤 安定化成分
シリコーンオイルを水相に乳化したり、シリコーンを含むオイルの乳化物を安定化する目的で化粧品に配合される成分、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン記事を読む

TEA(トリエタノールアミン)
TEA(トリエタノールアミン)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整目的や界面活性剤の原料として配合される成分、TEA(トリエタノールアミン)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ TEA記事を読む


アスコルビン酸
アスコルビン酸とは…成分効果と毒性を解説
酸化防止剤
→ アスコルビン酸記事を読む

アルギニンとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 pH調整剤
pH調整や天然保湿因子に含まれるアミノ酸組成を考慮した保湿能向上目的で化粧品に配合される非必須アミノ酸、アルギニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルギニン記事を読む

安息香酸ナトリウム(安息香酸Na)
安息香酸Na(安息香酸ナトリウム)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
弱酸性の微生物や菌類を静菌する目的で化粧品に配合される成分、安息香酸Na(安息香酸ナトリウム)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 安息香酸Na記事を読む

エチドロン酸4Na(エチドロン酸)
エチドロン酸4Na(エチドロン酸)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
毒性や刺激性の少なさから金属イオンを不活性にする目的でEDTAの代わりに化粧品に配合される成分、エチドロン酸4Na(ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ エチドロン酸4Na記事を読む

エチルパラベン
エチルパラベンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンと併用することで防腐・抗菌効果を高める目的で化粧品に配合される成分、エチルパラベンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ エチルパラベン記事を読む

EDTA-2Na
エデト酸二ナトリウム(EDTA-2Na)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
硬水を軟化させたり、金属イオンを不活性にしたり、抗菌を補助する目的で化粧品に配合される成分、EDTA-2Na(エデト酸二ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ エデト酸二ナトリウム記事を読む

EDTA-4Na
エデト酸四ナトリウム(EDTA-4Na)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
硬水を軟化させたり、金属イオンを不活性にしたり、抗菌を補助する目的で化粧品に配合される成分、EDTA-4Na(エデト酸四ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ エデト酸四ナトリウム記事を読む

塩化Na
塩化Naとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
乳化の安定化や粘度の調整目的で化粧品や洗浄製品に配合される成分、塩化Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 塩化Na記事を読む

塩化ベンザルコニウム
塩化ベンザルコニウムとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐および殺菌目的で配合される成分、塩化ベンザルコニウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 塩化ベンザルコニウム記事を読む

塩化ベンザルコニウム液
塩化ベンザルコニウム液とは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐および殺菌目的で配合される成分、塩化ベンザルコニウム液の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 塩化ベンザルコニウム液記事を読む


カラギーナン
カラギーナンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘効果や感触調整目的で化粧品に配合される成分、カラギーナンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ カラギーナン記事を読む

カルボキシメチルセルロースナトリウム
カルボキシメチルセルロースナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分 感触改良剤
乳化の安定化や粘度および感触調整、無機粉末類の懸濁目的で化粧品に配合される成分、カルボキシメチルセルロースナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ カルボキシメチルセルロースナトリウム記事を読む

カルボマー(カルボキシビニルポリマー)
カルボマー(カルボキシビニルポリマー)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
質感にとろみをつけたりゲル状にする目的で化粧品に配合される成分、カルボマー(カルボキシビニルポリマー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ カルボマー記事を読む

カンテン
カンテンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
ゲル化剤や増粘剤または分散安定剤や感触調整目的で化粧品に配合される成分、カンテン(カンテン末)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ カンテン記事を読む

キサンタンガム
キサンタンガムとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
とろみのある質感で肌に皮膜をつくるので水分蒸発防止目的で保湿系化粧品に配合される成分、キサンタンガムについて具体的にわかりやすく解説します。
→ キサンタンガム記事を読む

クエン酸
クエン酸とは…成分効果と毒性を解説
pH調整剤 キレート剤
pHの調整、キレート作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、クエン酸の効果や安全性について解説します。
→ クエン酸記事を読む

クエン酸Na
クエン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
キレート剤 pH調整剤
金属イオンによる沈殿防止、化粧品自体の酸化防止、またpHの緩衝目的でクエン酸と合わせて化粧品に配合される成分、クエン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ クエン酸Na記事を読む

グルコン酸Na
グルコン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤
キレート作用目的で化粧品に配合される成分、グルコン酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ グルコン酸Na記事を読む

クロルフェネシン
クロルフェネシンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
防腐目的で化粧品に配合される成分、クロルフェネシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ クロルフェネシン記事を読む

ケイ酸(Al/Mg)
ケイ酸(Al/Mg)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸(Al/Mg)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ケイ酸(Al/Mg)記事を読む

ケイ酸アルミニウムマグネシウム
ケイ酸アルミニウムマグネシウムとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸アルミニウムマグネシウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ケイ酸アルミニウムマグネシウム記事を読む

ケイ酸(Na/Mg)
ケイ酸(Na/Mg)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘やゲル化目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸(Na/Mg)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ケイ酸(Na/Mg)記事を読む

硬化ヒマシ油
硬化ヒマシ油とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 感触改良剤 増粘剤
カルナウバロウまたはキャンデリラロウの代替や増粘目的で化粧品に配合される成分、硬化ヒマシ油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 硬化ヒマシ油記事を読む

硬化油
硬化油とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 増粘剤 感触改良剤
ワセリンの代替や基剤の感触改良および増粘目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 硬化油記事を読む

硬化油
硬化油とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 感触改良剤 増粘剤
カルナウバロウまたはキャンデリラロウの代替や増粘目的で化粧品に配合される成分、硬化油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 硬化油記事を読む

合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウム
合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウムとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘やゲル化目的で化粧品に配合される成分、合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウム記事を読む

コーンスターチ
コーンスターチとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
感触や伸びの改良目的で化粧品に配合される成分、コーンスターチの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ コーンスターチ記事を読む

コハク酸
コハク酸とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤 収れん成分
穏やかな収れん作用やpH調整目的で化粧品に配合される成分、コハク酸の効果や安全性について具解説します。
→ コハク酸記事を読む

コハク酸2Na
コハク酸2Naとは…成分効果と毒性を解説
pH調整剤
pH調整目的で化粧品に配合される成分、コハク酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ コハク酸2Na記事を読む

コレステロール
コレステロールとは…成分効果と毒性を解説
保湿成分 エモリエント成分 安定化成分
角質層の潤いやエモリエント効果、リポゾームの安定化目的で化粧品に配合される成分、コレステロールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コレステロール記事を読む


ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液
ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液とは…成分効果と毒性を解説
キレート剤
キレート目的で化粧品に配合される成分、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液の効果や安全性について解説します。
→ ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液記事を読む

シクロデキストリン
シクロデキストリンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 可溶化剤
揮発性成分や不安定な物質の安定化、機能性成分の持続性の向上、水に溶けにくい成分の可溶化目的で化粧品に配合される成分、シクロデキストリンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ シクロデキストリン記事を読む

ジステアリン酸Al
ジステアリン酸Alとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触改良剤
粉体同士がダマになるのを防いだり、油性成分をゲル化する目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸Alの効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸Al記事を読む

ジステアルジモニウムヘクトライト
ジステアルジモニウムヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触改良剤
油性成分の増粘、粉体顔料の分散および感触調整目的で油性化粧品に配合される成分、ジステアルジモニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ジステアルジモニウムヘクトライト記事を読む

シメチコン
シメチコンとは…成分効果と毒性を解説
消泡剤 表面処理剤
消泡、ツヤ出し、表面処理目的で化粧品に配合される成分、シメチコンの効果や安全性について解説します。
→ シメチコン記事を読む

ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト
ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触改良剤
油性成分の増粘、粉体顔料の分散および感触調整目的で油性化粧品に配合される成分、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト記事を読む

ジメチルシリル化シリカ
ジメチルシリル化シリカとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
油性成分の粘度を上げたり、硬さを調整する目的で化粧品に配合される成分、ジメチルシリル化シリカの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ジメチルシリル化シリカ記事を読む

シリコーン樹脂
シリコーン樹脂とは…成分効果と毒性を解説
消泡剤 表面処理剤
消泡、ツヤ出し、表面処理目的で化粧品に配合される成分、シリコーン樹脂の効果や安全性について解説します。
→ シリコーン樹脂記事を読む

シリル化処理無水ケイ酸
シリル化処理無水ケイ酸とは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触調整粉体
油性成分の粘度を上げたり、硬さを調整する目的で化粧品に配合される成分、シリル化処理無水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ シリル化処理無水ケイ酸記事を読む

→ シリル化処理無水ケイ酸記事を読む

シリル化シリカ
シリル化シリカとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触調整粉体
増量やソフトフォーカス効果、または化粧持ちをよくするためや油性成分の増粘効果目的で化粧品に配合される成分、シリル化シリカの効果や安全性について解説します。
→ シリル化シリカ記事を読む

水酸化K(水酸化カリウム)
水酸化K(水酸化カリウム)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
乳化の安定性を高める目的で化粧品に配合される成分、水酸化K(水酸化カリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 水酸化K記事を読む

水酸化Na(水酸化ナトリウム)
水酸化Na(水酸化ナトリウム)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
乳化の安定性を高める目的で化粧品に配合される成分、水酸化Na(水酸化ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 水酸化Na記事を読む

水添パーム油
水添パーム油とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 増粘剤 感触改良剤
ワセリンの代替や基剤の感触改良および増粘目的で化粧品に配合される成分、水添パーム油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 水添パーム油記事を読む

水添ヒマシ油
水添ヒマシ油とは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 感触改良剤 増粘剤
カルナウバロウまたはキャンデリラロウの代替や増粘目的で化粧品に配合される成分、水添ヒマシ油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 水添ヒマシ油記事を読む

ステアラルコニウムヘクトライト
ステアラルコニウムヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
油性成分の粘度を高めたり、油中水型の安定性や顔料粒子の分散性を安定させる目的で化粧品に配合される成分、ステアラルコニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ステアラルコニウムヘクトライト記事を読む

no-image
ステアラルコニウムベントナイトとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分 感触改良剤
油性成分の粘度を高めたり、油中水型の安定性や顔料粒子の分散性を安定させる目的で化粧品に配合される成分、ステアラルコニウムベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ ステアラルコニウムベントナイト記事を読む

ステアリン酸Ca
ステアリン酸Caとは…成分効果と毒性を解説
分散剤 感触改良剤
粉体がダマにならないように流動性を与えて固結を防止し滑らかにする目的でメイクアップ化粧品に配合される成分、ステアリン酸Caの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸Ca記事を読む

ステアリン酸Mg
ステアリン酸Mgとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 分散剤
粉体がダマにならないように分散して滑らかな感触をつくる目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸Mgの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ステアリン酸Mg記事を読む

ステアリン酸亜鉛
ステアリン酸亜鉛とは…成分効果と毒性を解説
分散剤 感触改良剤
滑らかな感触をつくり、付着性および耐水性を向上させ、またコンパクトパウダーに用いて油様質感を与えて製品価値を向上させる目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸亜鉛の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸亜鉛記事を読む

ステアリン酸アルミニウム
ステアリン酸アルミニウムとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 感触改良剤
粉体同士がダマになるのを防いだり、油性成分をゲル化する目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸アルミニウム記事を読む

ステアリン酸カルシウム
ステアリン酸カルシウムとは…成分効果と毒性を解説
分散剤 感触改良剤
粉体がダマにならないように流動性を与えて固結を防止し滑らかにする目的でメイクアップ化粧品に配合される成分、ステアリン酸カルシウムの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸カルシウム記事を読む

ステアリン酸マグネシウム
ステアリン酸マグネシウムとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 分散剤
粉体がダマにならないように分散して滑らかな感触をつくる目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸マグネシウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ステアリン酸マグネシウム記事を読む

ステアロイル乳酸Na
ステアロイル乳酸Naとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果や毛髪のコンディショニング目的で洗浄製品に配合される成分、ステアロイル乳酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ステアロイル乳酸Na記事を読む

ステアロイル乳酸ナトリウム
ステアロイル乳酸ナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果や毛髪のコンディショニング目的で洗浄製品に配合される成分、ステアロイル乳酸ナトリウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ステアロイル乳酸ナトリウム記事を読む

ステアロイルラクチレートNa
ステアロイルラクチレートNaとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果や毛髪のコンディショニング目的で洗浄製品に配合される成分、ステアロイルラクチレートNaの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ステアロイルラクチレートNa記事を読む

セルロースガム
セルロースガムとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分 感触改良剤
乳化の安定化や粘度および感触調整、無機粉末類の懸濁目的で化粧品に配合される成分、セルロースガムの効果や安全性について解説します。
→ セルロースガム記事を読む

ソルビン酸K
ソルビン酸Kとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐目的で化粧品に配合される成分、ソルビン酸Kの効果や安全性について解説します。
→ ソルビン酸K記事を読む

ソルビン酸カリウム
ソルビン酸カリウムとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐目的で化粧品に配合される成分、ソルビン酸カリウムの効果や安全性について解説します。
→ ソルビン酸カリウム記事を読む


デキストリン
デキストリンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 保湿成分
→ デキストリン記事を読む

デヒドロ酢酸Na
デヒドロ酢酸Naとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
防腐剤として静菌目的で化粧品に配合される成分、デヒドロ酢酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ デヒドロ酢酸Na記事を読む

トコトリエノール
トコトリエノールとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 抗酸化成分 安定化成分
抗酸化作用による抗老化、紫外線による光老化抑制、天然オイルの安定化目的で化粧品に配合される成分、トコトリエノールの効果や安全性について解説します。
→ トコトリエノール記事を読む

トコフェロール
トコフェロールとは…成分効果と毒性を解説
抗老化成分 抗酸化成分 酸化防止剤
抗酸化作用や皮膚の血液循環作用による抗老化目的や酸化防止剤として化粧品に配合される成分、トコフェロールについて具体的にわかりやすく解説します。
→ トコフェロール記事を読む

TEA(トリエタノールアミン)
トリエタノールアミン(TEA)とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整目的や界面活性剤の原料として配合される成分、TEA(トリエタノールアミン)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トリエタノールアミン記事を読む

トリエチルヘキサノイン
トリエチルヘキサノインとは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 安定化成分
収穫量や季節変動で価格や質がブレやすい天然油脂の代替品目的で配合されるベース成分、トリエチルヘキサノインの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トリエチルヘキサノイン記事を読む


ハチミツとは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 保湿成分 増粘剤
独特の保湿や肌荒れ防止や天然の増粘目的で化粧品に配合される成分、ハチミツの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ハチミツ記事を読む

パラオキシ安息香酸エチル
パラオキシ安息香酸エチルとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンと併用することで防腐・抗菌効果を高める目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸エチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ パラオキシ安息香酸エチル記事を読む

パラオキシ安息香酸ブチル
パラオキシ安息香酸ブチルとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンおよびエチルパラベン、プロピルパラベンと併用することで防腐・抗菌効果を高める目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸ブチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ パラオキシ安息香酸ブチル記事を読む

パラオキシ安息香酸プロピル
パラオキシ安息香酸プロピルとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンの配合量を減らし効果的に防腐・抗菌する目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸プロピルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ パラオキシ安息香酸プロピル記事を読む

パラオキシ安息香酸メチル
パラオキシ安息香酸メチルとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
微生物や菌の殺菌目的で防腐剤として化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸メチルについて具体的にわかりやすく解説します。
→ パラオキシ安息香酸メチル記事を読む

パルミチン酸デキストリン
パルミチン酸デキストリンとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 分散剤 感触改良剤
液状油性成分のゲル化、粉体および顔料の分散、乳化安定化、ワックスの感触改良目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸デキストリン記事を読む

ヒドロキシエチルセルロース
ヒドロキシエチルセルロースとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 分散剤
増粘や分散目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシエチルセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシエチルセルロース記事を読む

ヒドロキシプロピルメチルセルロース
ヒドロキシプロピルメチルセルロースとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 表面処理剤
増粘、または有効成分や着色剤の表面処理目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシプロピルメチルセルロース記事を読む

ヒノキチオール
ヒノキチオールとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤 抗菌
防腐剤として化粧品に配合される成分、ヒノキチオールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒノキチオール記事を読む

フィチン酸Na
フィチン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 キレート剤 酸化防止剤
キレート作用による製品の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、フィチン酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フィチン酸Na記事を読む

フェノキシエタノール
フェノキシエタノールとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
グラム陰性菌の殺菌目的で化粧品に配合される成分、フェノキシエタノールの効果や安全性について解説します。
→ フェノキシエタノール記事を読む

ブチルパラベン
ブチルパラベンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンおよびエチルパラベン、プロピルパラベンと併用することで防腐・抗菌効果を高める目的で化粧品に配合される成分、ブチルパラベンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ブチルパラベン記事を読む

プロピルパラベン
プロピルパラベンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
メチルパラベンの配合量を減らし効果的に防腐・抗菌する目的で化粧品に配合される成分、プロピルパラベンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ プロピルパラベン記事を読む

ペクチン
ペクチンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘目的で化粧品に配合される成分、ペクチンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ペクチン記事を読む

ヘクトライト
ヘクトライトとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分 感触改良剤
ゲル化、粉体の分散、質感の改良、増量目的で化粧品に配合される成分、ヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ヘクトライト記事を読む

べヘニルアルコール
べヘニルアルコールとは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 安定化成分
安定性の高い乳化目的で乳液やクリームに配合されるベース成分、べヘニルアルコールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ べヘニルアルコール記事を読む

ベンザルコニウムクロリド
ベンザルコニウムクロリドとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐および殺菌目的で配合される成分、ベンザルコニウムクロリドの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ベンザルコニウムクロリド記事を読む

ペンテト酸5Na
ペンテト酸5Naとは…成分効果と毒性を解説
キレート剤
キレート目的で化粧品に配合される成分、ペンテト酸5Naの効果や安全性について解説します。
→ ペンテト酸5Na記事を読む

ベントナイト
ベントナイトとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 充填剤
ゲル形成、多量の水分を吸収する膨潤能、充填、乳化などの目的で化粧品に配合される成分、ベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ ベントナイト記事を読む

ポリアクリルアミド
ポリアクリルアミドとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分
増粘、乳化安定、粘度調整目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリルアミドの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリルアミド記事を読む

ポリアクリル酸Na
ポリアクリル酸Naとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤
乳化物の増粘および安定性の向上、またメイクアップ製品の粉体分散目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸Naの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸Na記事を読む

ポリアクリル酸アミド
ポリアクリル酸アミドとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤 安定化成分
増粘、乳化安定、粘度調整目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸アミドの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸アミド記事を読む

ポリアクリル酸ナトリウム
ポリアクリル酸ナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
増粘剤
増粘、乳化安定、粘度調整目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸ナトリウム記事を読む


メタリン酸Na
メタリン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
キレート剤
キレート目的で化粧品に配合される成分、メタリン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ メタリン酸Na記事を読む

メタリン酸ナトリウム
メタリン酸ナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
キレート剤
キレート目的で化粧品に配合される成分、メタリン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ メタリン酸ナトリウム記事を読む

メチルイソチアゾリノン
メチルイソチアゾリノンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
防腐目的で洗浄製品に配合される成分、メチルイソチアゾリノンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ メチルイソチアゾリノン記事を読む

メチルクロロイソチアゾリノン
メチルクロロイソチアゾリノンとは…成分効果と毒性を解説
防腐剤
防腐目的で化粧品に配合される成分、メチルクロロイソチアゾリノンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ メチルクロロイソチアゾリノン記事を読む

メチルパラベン
メチルパラベンとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 防腐剤
微生物や菌の殺菌目的で防腐剤として化粧品に配合される成分、メチルパラベンについて具体的にわかりやすく解説します。
→ メチルパラベン記事を読む


ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンとは…成分効果と毒性を解説
乳化剤 増粘剤 感触改良剤
水、油、シリコーンをまとめて乳化したり、油性成分の増粘、メイクアップ製品の感触改良目的で化粧品に配合される成分、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン記事を読む

ラウロイル乳酸Na
ラウロイル乳酸Naとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 安定化成分
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果目的で洗浄製品に配合される成分、ラウロイル乳酸Naについて解説します。
→ ラウロイル乳酸Na記事を読む

ラウロイル乳酸ナトリウム
ラウロイル乳酸ナトリウムとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 安定化成分
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果目的で洗浄製品に配合される成分、ラウロイル乳酸ナトリウムについて解説します。
→ ラウロイル乳酸ナトリウム記事を読む

ラウロイルラクチレートNa
ラウロイルラクチレートNaとは…成分効果と毒性を解説
界面活性剤 安定化成分
皮膚保護作用をもつ乳化安定効果目的で洗浄製品に配合される成分、ラウロイルラクチレートNaについて解説します。
→ ラウロイルラクチレートNa記事を読む

ラノリンアルコール
ラノリンアルコールとは…成分効果と毒性を解説
ベース成分 エモリエント成分 安定化成分
エモリエント効果と乳化補助目的で化粧品に配合される成分、ラノリンアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ラノリンアルコール記事を読む

硫酸Na
硫酸Naとは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分 増粘剤
親水性増粘目的で洗浄系製品に、また角質柔軟、ピーリング目的で洗顔料や入浴剤に配合される成分、硫酸Naの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸Na記事を読む

リンゴ酸
リンゴ酸とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整や角質軟化効果(ピーリング効果)目的で化粧品に配合される成分、リンゴ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ リンゴ酸記事を読む

リン酸Na
リン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
pH調整剤
pH調製目的で化粧品に配合される成分、リン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ リン酸Na記事を読む

ローカストビーンガム
ローカストビーンガムとは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 増粘剤
増粘目的で化粧品に配合される成分、ローカストビーンガムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ローカストビーンガム記事を読む

TOPへ