安定化剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

安定化剤

化粧品(医薬部外品を含む)は使い始めから使い終わるまで製剤の品質を保持しなければならず、様々な原因による品質の劣化防止および最後まで安全に安心して使用できることは、製品設計の重要な要素です。

安定化剤は、製品の品質や安全性を保持するために配合される成分であり、主に以下の5つに分類しています。

6種類の安定化剤(防腐・酸化防止・キレート・pH調整・退色防止・増粘)

防腐

細菌やカビの発生を防止することは、化粧品の品質管理において重要な課題であり、製品を安全に保つために、また実際に使用する際の空気中の汚染源や皮膚からの2次汚染を防止するために、防腐剤・抗菌剤が使用されます。

防腐剤とは、実際は殺菌・抗菌作用であり、殺菌・抗菌は対象とする微生物の種類あるいは作用様式によって様々なものがありますが、一般的にはメチルパラベンに代表されるパラベン類および/またはフェノキシエタノールなど広範囲に効果があり、相乗・相加的な効果によって総合的な防腐剤の配合量を減らせるものが配合されています。

防腐・殺菌と抗菌の間に明確な区別はありませんが、一般的に殺菌的に働く濃度および/または抗菌活性を示す場合は防腐・殺菌剤として、抗菌(菌の抑制)的に働く濃度および/または抗菌活性を示す場合は抗菌剤として使用されます。

抗菌活性をもつ成分の中には皮膚常在菌の抑制・調整などを目的として使用される成分も増えてきており、一般的にこれらの目的で用いられる成分に関しては、抗菌成分のカテゴリで解説しています。

また、防腐剤に関しては、化粧品に配合される防腐剤の解説でも解説しています。

酸化防止

化粧品成分の中には、油脂、脂肪酸、界面活性剤、香料など空気に触れることで酸化しやすい成分が使用されていることも多く、これらの成分は、空気中の酸素を吸収し、徐々に自動酸化を起こして変質し、いわゆる酸敗の現象を呈します。(∗1)

∗1 酸敗(さんぱい)とは、酸化して種々の酸化物を生じ、すっぱくなることをいいます。

酸敗は、不快なにおいや変色などの原因となり、製品の安定性を損なうだけでなく、酸敗によって生じる過酸化物は皮膚刺激物質であり、人体に悪影響をおよぼします。

少量添加によって酸化を防ぐ、あるいは酸化の開始を遅らせる物質のことを酸化防止剤または抗酸化剤といい、化粧品に使用される酸化防止剤は人体に無害であり、持続性があり、かつほかの成分に対して影響を与えない必要があります。

脂質の過酸化反応は、老化との関係でも注目を集めており、酸化防止剤は化粧品成分自体の酸化安定性の確保だけにとどまらず、紫外線照射や老化にともなう皮膚成分の酸化防止においても応用されるものも増えてきています。

皮膚に対する抗酸化作用目的で使用される成分は、抗酸化成分のカテゴリで解説しています。

キレート(金属イオン封鎖)

金属イオンは、化粧品成分の酸化を促進し、変臭、変色の原因となったり、透明系化粧品に濁りや沈殿を生じさせたりするなど、化粧品の品質劣化の原因となります。

また、薬剤の作用を阻害したり、薬剤と化合物をつくり変色することもあります。

これらを防止する目的で金属イオン封鎖剤(キレート剤)が用いられます。

金属イオンにも種類がありますが、必要に応じて有効な金属イオン封鎖剤が配合されます。

pH調整

pH(ペーハー:ピーエッチ)とは、水溶液中の水素イオン濃度(H⁺の量)を表す指数であり、0-14までの数値で表され、7を中性とし、7より低いとき酸性を示し、数値が低くなるほど強酸性を意味し、また7より大きいときアルカリ性を示し、数値が高くなるほど強アルカリ性を意味します。

pH調整図

人間の肌はpH5-6の弱酸性であり、pH5-6から数値が離れるほど肌への刺激が強くなります。

石けんはアルカリ性のものが多く、洗浄後は一時的にアルカリ性に傾きますが、皮膚にはアルカリ中和能という性質が備わっており、アルカリ性のものが触れても自然と弱酸性に戻す働きがあるため、安全性に問題なく使用することができます。

多くの化粧品製剤においては、その機能や品質はpHに依存するため、製造されてから消費者の元に届き使用し終わるまでの長期にわたってpHを安定に保つことは非常に重要です。

製造から使用し終えるまでの長期間の保管中には、製品中の成分が分解したり酸化を受けたりする可能性や成分によってはロット間で品質差が生じる場合もあるため、一般的にはこれらによって引き起こされるpH変動を緩和する目的で、酸性成分とアルカリ成分を組み合わせてpHを維持するpH緩衝機能が組み組まれています。

代表的なpH緩衝剤は、クエン酸とクエン酸Naの組み合わせであり、様々な製品に汎用されています。

増粘

増粘剤とは、液体に溶かすことで様々な粘度(とろみやかたさ)を生じさせるために配合する成分であり、その意味で感触調整成分ではありますが、乳液の分離を抑制する乳化安定作用、ポタポタと液体がたれないようにする使いやすさの向上といった目的でも配合されます。

油は水よりも軽いため、とくに乳液では乳化によって水中に分散している油滴が徐々に浮き上がってきますが、この現象を抑制するために、水に増粘剤を加えてとろみを与え、油滴が浮いてこないようにする処方が一般的に使用されています。

分散

分散剤とは、紫外線散乱剤や顔料などの個体の微粒子を液体中へ均一に分散させる目的で配合される成分であり、液体中に分散しにくい無機または有機顔料や紫外線散乱剤などの個体粒子を均一に分散させて、固体粒子の沈降(∗2)や凝集(∗3)を防止し、分散した状態を形成します。

分散は主に界面活性剤の作用のため、界面活性剤の作用である場合は安定化剤に記載しませんが、界面活性剤でない分散剤は安定化剤に記載しています。

∗2 沈降とは、沈み下がっていくことを意味し、わかりやすい例でいうと、分散粒子のいくつかが凝集して沈み、分散層と上澄み層で明瞭な境界をつくる凝集沈降があります。

∗3 凝集とは、分散粒子同士が付着し、次第に集合体を形成する現象です。

安定化剤一覧

  • 数字 A-Z ア-ワの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です
数字(7) / A-Z(18) / α-ω(3) / ア(8) / イ(1) / ウ(0) / エ(14) / オ(11) / カ(10) / キ(2) / ク(12) / ケ(4) / コ(9) / サ(3) / シ(24) / ス(9) / セ(3) / ソ(2) / タ(5) / チ(0) / ツ(0) / テ(7) / ト(3) / ナ(0) / ニ(3) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(0) / ハ(9) / ヒ(10) / フ(14) / ヘ(9) / ホ(9) / マ(1) / ミ(1) / ム(1) / メ(6) / モ(0) / ヤ(2) / ユ(0) / ヨ(0) / ラ(3) / リ(11) / ル(0) / レ(0) / ロ(3) / ワ(0)

1,2-ヘキサンジオール
1,2-ヘキサンジオール
防腐助剤 溶剤
防腐補助、溶剤目的で化粧品に配合される成分、1,2-ヘキサンジオールの効果や安全性について解説します。
→ 1,2-ヘキサンジオール詳細ページ

1,2-ペンタンジオール
1,2-ペンタンジオール
防腐助剤 溶剤
防腐補助、溶剤目的で化粧品に配合される成分、1,2-ペンタンジオールの効果や安全性について解説します。
→ 1,2-ペンタンジオール詳細ページ

1,3-ブチレングリコール
1,3-ブチレングリコール
保湿成分 防腐助剤 溶剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、1,3-ブチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ 1,3-ブチレングリコール詳細ページ

2,2'-ジヒドロキシ-4,4'-ジメトキシベンゾフェノン-5,5'-ジスルホン酸ナトリウム
2,2'-ジヒドロキシ-4,4'-ジメトキシベンゾフェノン-5,5'-ジスルホン酸ナトリウム
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、2,2'-ジヒドロキシ-4,4'-ジメトキシベンゾフェノン-5,5'-ジスルホン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 2,2'-ジヒドロキシ-4,4'-ジメトキシベンゾフェノン-5,5'-ジスルホン酸ナトリウム詳細ページ

2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル
2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル
紫外線吸収 退色防止
UVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステルの効果や安全性について解説します。
→ 2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル詳細ページ

2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール
2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール
pH調整
酸性機能成分の中和目的で化粧品に配合される成分、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノールの効果や安全性について解説します。
→ 2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール詳細ページ

4-tert-ブチル-4′-メトキシジベンゾイルメタン
4-tert-ブチル-4′-メトキシジベンゾイルメタン
紫外線吸収 退色防止
UVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、4-tert-ブチル-4′-メトキシジベンゾイルメタンの効果や安全性について解説します。
→ 4-tert-ブチル-4′-メトキシジベンゾイルメタン詳細ページ

AMP
AMP
pH調整
酸性機能成分の中和目的で化粧品に配合される成分、AMPの効果や安全性について解説します。
→ AMP詳細ページ

BG
BG
保湿成分 防腐助剤 溶剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、BGの効果や安全性について解説します。
→ BG詳細ページ

BHT
BHT
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、BHTの効果や安全性について解説します。
→ BHT詳細ページ

dl-α-トコフェロール
dl-α-トコフェロール
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、dl-α-トコフェロールの効果や安全性について解説します。
→ dl-α-トコフェロール詳細ページ

d-δ-トコフェロール
d-δ-トコフェロール
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、d-δ-トコフェロールの効果や安全性について解説します。
→ d-δ-トコフェロール詳細ページ

DL-リンゴ酸
DL-リンゴ酸
pH調整
酸性によるpH調整目的で化粧品に配合される成分、DL-リンゴ酸の効果や安全性について解説します。
→ DL-リンゴ酸詳細ページ

DPG
DPG
保湿成分 防腐助剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、DPGの効果や安全性について解説します。
→ DPG詳細ページ

D-マンニット
D-マンニット
安定化剤
アミノ化合物やビタミン類の安定化目的で化粧品に配合される成分、D-マンニットの効果や安全性について解説します。
→ D-マンニット詳細ページ

EDTA-2Na
EDTA-2Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、EDTA-2Naの効果や安全性について解説します。
→ EDTA-2Na詳細ページ

EDTA-3Na
EDTA-3Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、EDTA-3Naの効果や安全性について解説します。
→ EDTA-3Na詳細ページ

EDTA-4Na
EDTA-4Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、EDTA-4Naの効果や安全性について解説します。
→ EDTA-4Na詳細ページ

L-アルギニン
L-アルギニン
保湿成分 pH調整 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、塩基性によるpH調整、ケン化または中和反応によるセッケン合成作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、L-アルギニンの効果や安全性について解説します。
→ L-アルギニン詳細ページ

o-シメン-5-オール
o-シメン-5-オール
防腐 抗菌成分 消臭
製品自体の抗菌・防腐作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、腋臭菌増殖抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、o-シメン-5-オールの効果や安全性について解説します。
→ o-シメン-5-オール詳細ページ

PEG
PEG
ベース成分 保湿 溶剤 結合 増粘
保水、溶剤、結合、増粘目的で化粧品に配合される成分、PEGの効果や安全性について解説します。
→ PEG詳細ページ

PG
PG
保湿成分 防腐助剤 溶剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助、色素および香料の溶剤目的で化粧品に配合される成分、PGの効果や安全性について解説します。
→ PG詳細ページ

PVP
PVP
皮膜形成 増粘 起泡助剤
皮膜形成、親水性増粘、泡持続性強化目的で化粧品に配合される成分、PVPの効果や安全性について解説します。
→ PVP記事を読む

TEA
TEA
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和目的で化粧品に配合される成分、TEAの効果や安全性について解説します。
→ TEA詳細ページ

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
紫外線吸収 退色防止
UVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンの効果や安全性について解説します。
→ t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン詳細ページ

α-シクロデキストリン
α-シクロデキストリン
安定化剤 効果持続 可溶化 分散 増粘
包接による不安定成分の安定化、徐放による有効成分の効果持続作用、疎水性物質の水への可溶化・分散化、粘度調整、線状高分子を包接することによるゲル化目的で化粧品に配合される成分、α-シクロデキストリンの効果や安全性について解説します。
→ α-シクロデキストリン詳細ページ

β-シクロデキストリン
β-シクロデキストリン
安定化剤 効果持続 可溶化 分散 増粘
包接による不安定成分の安定化、徐放による有効成分の効果持続作用、疎水性物質の水への可溶化・分散化、粘度調整、線状高分子を包接することによるゲル化目的で化粧品に配合される成分、β-シクロデキストリンの効果や安全性について解説します。
→ β-シクロデキストリン詳細ページ

γ-シクロデキストリン
γ-シクロデキストリン
安定化剤 効果持続 可溶化 分散 増粘
包接による不安定成分の安定化、徐放による有効成分の効果持続作用、疎水性物質の水への可溶化・分散化、粘度調整、線状高分子を包接することによるゲル化目的で化粧品に配合される成分、γ-シクロデキストリンの効果や安全性について解説します。
→ γ-シクロデキストリン詳細ページ

アスコルビン酸
アスコルビン酸
酸化防止 色素沈着抑制 抗老化成分
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン産生抑制による色素沈着抑制作用、線維芽細胞増殖およびコラーゲン合成促進、製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、アスコルビン酸の効果や安全性について解説します。
→ アスコルビン酸詳細ページ

アラビアゴム
アラビアゴム
乳化 皮膜形成
乳化安定化、皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アラビアゴムの効果や安全性について解説します。
→ アラビアゴム詳細ページ

アルカリゲネス産生多糖体
アルカリゲネス産生多糖体
保湿 増粘 乳化
皮表水分保持による保湿作用、親水性増粘、乳化安定化、三層乳化法による乳化目的で化粧品に配合される成分、アルカリゲネス産生多糖体の効果や安全性について解説します。
→ アルカリゲネス産生多糖体詳細ページ

アルギニン
アルギニン
保湿成分 pH調整 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、塩基性によるpH調整、ケン化または中和反応によるセッケン合成作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、アルギニンの効果や安全性について解説します。
→ アルギニン詳細ページ

アルギン酸Na
アルギン酸Na
増粘
増粘目的で化粧品に配合される成分、アルギン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ アルギン酸Na詳細ページ

アルギン酸ナトリウム
アルギン酸ナトリウム
増粘
増粘目的で化粧品に配合される成分、アルギン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ アルギン酸ナトリウム詳細ページ

安息香酸Na
安息香酸Na
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、安息香酸Naの効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸Na詳細ページ

安息香酸ナトリウム
安息香酸ナトリウム
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、安息香酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸ナトリウム詳細ページ

イソプロピルメチルフェノール
イソプロピルメチルフェノール
防腐 抗菌成分 消臭
製品自体の抗菌・防腐作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、腋臭菌増殖抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、イソプロピルメチルフェノールの効果や安全性について解説します。
→ イソプロピルメチルフェノール詳細ページ

エタノール
エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、エタノールの効果や安全性について解説します。
→ エタノール詳細ページ

エチドロン酸
エチドロン酸
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、エチドロン酸の効果や安全性について解説します。
→ エチドロン酸詳細ページ

エチドロン酸4Na
エチドロン酸4Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、エチドロン酸4Naの効果や安全性について解説します。
→ エチドロン酸4Na詳細ページ

エチルパラベン
エチルパラベン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、エチルパラベンの効果や安全性について解説します。
→ エチルパラベン詳細ページ

エチルヘキシルグリセリン
エチルヘキシルグリセリン
防腐助剤 消臭
防腐補助、腋臭菌増殖抑制による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、エチルヘキシルグリセリンの効果や安全性について解説します。
→ エチルヘキシルグリセリン詳細ページ

エチレン・プロピレン共重合体
エチレン・プロピレン共重合体
増粘
油の増粘による粘度調整目的で化粧品に配合される成分、エチレン・プロピレン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ エチレン・プロピレン共重合体詳細ページ

(エチレン/プロピレン)コポリマー
(エチレン/プロピレン)コポリマー
増粘
油の増粘による粘度調整目的で化粧品に配合される成分、(エチレン/プロピレン)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (エチレン/プロピレン)コポリマー詳細ページ

(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー
(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー
増粘
油の増粘による粘度調整目的で化粧品に配合される成分、(エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (エチレン/プロピレン/スチレン)コポリマー詳細ページ

エデト酸三ナトリウム
エデト酸三ナトリウム
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、エデト酸三ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ エデト酸三ナトリウム詳細ページ

エデト酸二ナトリウム
エデト酸二ナトリウム
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、エデト酸二ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ エデト酸二ナトリウム詳細ページ

エデト酸四ナトリウム四水塩
エデト酸四ナトリウム四水塩
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、エデト酸四ナトリウム四水塩の効果や安全性について解説します。
→ エデト酸四ナトリウム四水塩詳細ページ

塩化Na
塩化Na
増粘 スクラブ
親水性増粘、研磨・スクラブ、保温作用目的で化粧品に配合される成分、塩化Naの効果や安全性について解説します。
→ 塩化Na詳細ページ

塩化ナトリウム
塩化ナトリウム
増粘 スクラブ
親水性増粘、研磨・スクラブ、保温作用目的で化粧品に配合される成分、塩化ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 塩化ナトリウム詳細ページ

塩化ベンザルコニウム
塩化ベンザルコニウム
防腐
製品自体の殺菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、塩化ベンザルコニウムの効果や安全性について解説します。
→ 塩化ベンザルコニウム詳細ページ

オキシベンゾン
オキシベンゾン
紫外線吸収 退色防止
UVBおよびUVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾンの効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン詳細ページ

オキシベンゾン-1
オキシベンゾン-1
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-1の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-1詳細ページ

オキシベンゾン-2
オキシベンゾン-2
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-2の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-2詳細ページ

オキシベンゾン-3
オキシベンゾン-3
紫外線吸収 退色防止
UVBおよびUVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-3の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-3詳細ページ

オキシベンゾン-4
オキシベンゾン-4
退色防止 紫外線吸収
退色防止、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御効果目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-4の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-4詳細ページ

オキシベンゾン-5
オキシベンゾン-5
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-5の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-5詳細ページ

オキシベンゾン-6
オキシベンゾン-6
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-6の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-6詳細ページ

オキシベンゾン-9
オキシベンゾン-9
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾン-9の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾン-9詳細ページ

オキシベンゾンスルホン酸
オキシベンゾンスルホン酸
退色防止 紫外線吸収
退色防止、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御効果目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾンスルホン酸の効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾンスルホン酸詳細ページ

オキシベンゾンスルホン酸ナトリウム
オキシベンゾンスルホン酸ナトリウム
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、オキシベンゾンスルホン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ オキシベンゾンスルホン酸ナトリウム詳細ページ

オクトクリレン
オクトクリレン
紫外線吸収 退色防止 安定化
UVB吸収による紫外線防御効果、退色防止、紫外線吸収剤の光安定化目的で化粧品に配合される成分、オクトクリレンの効果や安全性について解説します。
→ オクトクリレン詳細ページ

カプリリルグリコール
カプリリルグリコール
防腐助剤
防腐補助目的で化粧品に配合される成分、カプリリルグリコールの効果や安全性について解説します。
→ カプリリルグリコール詳細ページ

カプリル酸グリセリル
カプリル酸グリセリル
防腐助剤
製品自体の防腐補助目的で化粧品に配合される成分、カプリル酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ カプリル酸グリセリル詳細ページ

カプリン酸グリセリル
カプリン酸グリセリル
防腐助剤
製品自体の防腐補助目的で化粧品に配合される成分、カプリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ カプリン酸グリセリル詳細ページ

カラギーナン
カラギーナン
増粘
増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、カラギーナンの効果や安全性について解説します。
→ カラギーナン詳細ページ

カルナウバロウ
カルナウバロウ
安定化成分 光沢 感触改良 スクラブ 物理的脱毛
耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ、物理的脱毛目的で化粧品に配合される成分、カルナウバロウの効果や安全性について解説します。
→ カルナウバロウ詳細ページ

カルボキシビニルポリマー
カルボキシビニルポリマー
増粘
塩(アルカリ)との中和反応による増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、カルボキシビニルポリマーの効果や安全性について解説します。
→ カルボキシビニルポリマー詳細ページ

カルボキシメチルセルロースナトリウム
カルボキシメチルセルロースナトリウム
増粘 起泡助剤
増粘、起泡補助目的で化粧品に配合される成分、カルボキシメチルセルロースナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ カルボキシメチルセルロースナトリウム詳細ページ

カルボマー
カルボマー
増粘
塩(アルカリ)との中和反応による増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、カルボマーの効果や安全性について解説します。
→ カルボマー詳細ページ

カンテン
カンテン
増粘 結合 感触改良 表面処理
増粘・ゲル化、結合、感触改良、粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、カンテンの効果や安全性について解説します。
→ カンテン詳細ページ

カンテン末
カンテン末
増粘 結合 感触改良 表面処理
増粘・ゲル化、結合、感触改良、粉体の表面処理目的で化粧品に配合される成分、カンテン末の効果や安全性について解説します。
→ カンテン末詳細ページ

キサンタンガム
キサンタンガム
増粘
増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、キサンタンガムの効果や安全性について解説します。
→ キサンタンガム詳細ページ

キャンデリラロウ
キャンデリラロウ
安定化剤 光沢
耐温性向上による安定化、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、キャンデリラロウの効果や安全性について解説します。
→ キャンデリラロウ詳細ページ

グアーガム
グアーガム
増粘
増粘作用目的で化粧品に配合される成分、グアーガムの効果や安全性について解説します。
→ グアーガム詳細ページ

クエン酸
クエン酸
pH調整 緩衝 収れん成分
弱酸性によるpH調整・pH緩衝、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、クエン酸の効果や安全性について解説します。
→ クエン酸詳細ページ

クエン酸Na
クエン酸Na
pH調整 緩衝 キレート
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、キレート作用目的で化粧品に配合される成分、クエン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ クエン酸Na詳細ページ

クエン酸ナトリウム
クエン酸ナトリウム
pH調整 緩衝 キレート
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、キレート作用目的で化粧品に配合される成分、クエン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ クエン酸ナトリウム詳細ページ

クオタニウム-18ヘクトライト
クオタニウム-18ヘクトライト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、クオタニウム-18ヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ クオタニウム-18ヘクトライト詳細ページ

クオタニウム-18ベントナイト
クオタニウム-18ベントナイト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、クオタニウム-18ベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ クオタニウム-18ベントナイト詳細ページ

グリセリン脂肪酸エステル
グリセリン脂肪酸エステル
防腐助剤
製品自体の防腐補助目的で化粧品に配合される成分、グリセリン脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリン脂肪酸エステル詳細ページ

グリセリン脂肪酸エステル
グリセリン脂肪酸エステル
防腐助剤
製品自体の防腐補助目的で化粧品に配合される成分、グリセリン脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリン脂肪酸エステル詳細ページ

グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
防腐助剤 消臭
防腐補助、腋臭菌増殖抑制による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル詳細ページ

グルコン酸Na
グルコン酸Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、グルコン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ グルコン酸Na詳細ページ

グルコン酸ナトリウム
グルコン酸ナトリウム
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、グルコン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ グルコン酸ナトリウム詳細ページ

クロルフェネシン
クロルフェネシン
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、クロルフェネシンの効果や安全性について解説します。
→ クロルフェネシン詳細ページ

ケイ酸(Al/Mg)
ケイ酸(Al/Mg)
増粘
親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸(Al/Mg)の効果や安全性について解説します。
→ ケイ酸(Al/Mg)詳細ページ

ケイ酸アルミニウムマグネシウム
ケイ酸アルミニウムマグネシウム
増粘
親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸アルミニウムマグネシウムの効果や安全性について解説します。
→ ケイ酸アルミニウムマグネシウム詳細ページ

ケイ酸(Na/Mg)
ケイ酸(Na/Mg)
増粘
親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ケイ酸(Na/Mg)の効果や安全性について解説します。
→ ケイ酸(Na/Mg)詳細ページ

結晶セルロース
結晶セルロース
感触改良 結合 安定化 スクラブ
展延性による感触改良、結合、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、結晶セルロースの効果や安全性について解説します。
→ 結晶セルロース詳細ページ

合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウム
合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウム
増粘
親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウムの効果や安全性について解説します。
→ 合成ケイ酸ナトリウム・マグネシウム詳細ページ

コーンスターチ
コーンスターチ
付着 増粘 スクラブ
付着性の向上、増粘調整、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、コーンスターチの効果や安全性について解説します。
→ コーンスターチ詳細ページ

コカミドDEA
コカミドDEA
起泡助剤 増粘
洗浄剤の起泡力および泡持続性の増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、コカミドDEAの効果や安全性について解説します。
→ コカミドDEA詳細ページ

コカミドMEA
コカミドMEA
起泡助剤 増粘
洗浄剤の起泡力および泡持続性の増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、コカミドMEAの効果や安全性について解説します。
→ コカミドMEA詳細ページ

コハク酸
コハク酸
pH調整 収れん成分
pH調整、穏やかな収れん作用目的で化粧品に配合される成分、コハク酸の効果や安全性について解説します。
→ コハク酸詳細ページ

コハク酸2Na
コハク酸2Na
pH調整
アルカリ性によるpH調整目的で化粧品に配合される成分、コハク酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ コハク酸2Na詳細ページ

コハク酸ニナトリウム
コハク酸ニナトリウム
pH調整
アルカリ性によるpH調整目的で化粧品に配合される成分、コハク酸ニナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ コハク酸ニナトリウム詳細ページ

コメヌカロウ
コメヌカロウ
安定化 光沢 感触改良 スクラブ
耐温性向上による安定化、光沢付与、硬度調整による感触改良、研磨・スクラブ目的で化粧品に配合される成分、コメヌカロウの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカロウ詳細ページ

コレステロール
コレステロール
安定化成分 エモリエント成分
乳化安定化、エモリエント効果、リポソームの安定化目的で化粧品に配合される成分、コレステロールの効果や安全性について解説します。
→ コレステロール詳細ページ

酢酸リナリル変性アルコール
酢酸リナリル変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、酢酸リナリル変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 酢酸リナリル変性アルコール詳細ページ

サリチル酸
サリチル酸
防腐
製品自体の防腐作用目的で化粧品に配合される成分、サリチル酸の効果や安全性について解説します。
→ サリチル酸詳細ページ

サリチル酸エチルヘキシル
サリチル酸エチルヘキシル
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御作用、製品自体の退色・変色防止目的で化粧品に配合される成分、サリチル酸エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ サリチル酸エチルヘキシル詳細ページ

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
紫外線吸収 退色防止
UVA吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル詳細ページ

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液
ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液の効果や安全性について解説します。
→ ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液詳細ページ

シクロデキストリン
シクロデキストリン
安定化剤 効果持続 可溶化 分散 増粘
包接による不安定成分の安定化、徐放による有効成分の効果持続作用、疎水性物質の水への可溶化・分散化、粘度調整、線状高分子を包接することによるゲル化目的で化粧品に配合される成分、シクロデキストリンの効果や安全性について解説します。
→ シクロデキストリン詳細ページ

ジステアリン酸Al
ジステアリン酸Al
増粘 分散 乳化
非水系における顔料の懸濁・分散、増粘・ゲル化、W/O型エマルションの乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸Alの効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸Al詳細ページ

ジステアリン酸PEG-150
ジステアリン酸PEG-150
乳化 増粘
親水性乳化、増粘目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸PEG-150の効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸PEG-150詳細ページ

ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
乳化 増粘
親水性乳化、増粘目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)の効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)詳細ページ

ジステアルジモニウムヘクトライト
ジステアルジモニウムヘクトライト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ジステアルジモニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ジステアルジモニウムヘクトライト詳細ページ

ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン
ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンの効果や安全性について解説します。
→ ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノン詳細ページ

ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム
ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ ジヒドロキシジメトキシベンゾフェノンジスルホン酸ナトリウム詳細ページ

ジヒドロキシベンゾフェノン
ジヒドロキシベンゾフェノン
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、ジヒドロキシベンゾフェノンの効果や安全性について解説します。
→ ジヒドロキシベンゾフェノン詳細ページ

ジブチルヒドロキシトルエン
ジブチルヒドロキシトルエン
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、ジブチルヒドロキシトルエンの効果や安全性について解説します。
→ ジブチルヒドロキシトルエン詳細ページ

ジプロピレングリコール
ジプロピレングリコール
保湿成分 防腐助剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、ジプロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ジプロピレングリコール詳細ページ

ジミリスチン酸Al
ジミリスチン酸Al
分散 増粘 乳化
非水系における顔料の懸濁・分散、増粘・ゲル化、W/O型エマルションの乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ジミリスチン酸Alの効果や安全性について解説します。
→ ジミリスチン酸Al詳細ページ

ジミリスチン酸アルミニウム
ジミリスチン酸アルミニウム
分散 増粘 乳化
非水系における顔料の懸濁・分散、増粘・ゲル化、W/O型エマルションの乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ジミリスチン酸アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ ジミリスチン酸アルミニウム詳細ページ

シメチコン
シメチコン
消泡
消泡目的で化粧品に配合される成分、シメチコンの効果や安全性について解説します。
→ シメチコン詳細ページ

ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト
ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト詳細ページ

ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト
ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト詳細ページ

ジメチルジステアリルアンモニウムベントナイト
ジメチルジステアリルアンモニウムベントナイト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ジメチルジステアリルアンモニウムベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ ジメチルジステアリルアンモニウムベントナイト詳細ページ

ジメチルシリル化シリカ
ジメチルシリル化シリカ
増粘 賦形
非水系増粘、増量・希釈・賦形目的で化粧品に配合される成分、ジメチルシリル化シリカの効果や安全性について解説します。
→ ジメチルシリル化シリカ詳細ページ

酒石酸
酒石酸
pH調整 収れん成分
pH調整、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、酒石酸の効果や安全性について解説します。
→ 酒石酸詳細ページ

シリコーン樹脂
シリコーン樹脂
消泡
消泡目的で化粧品に配合される成分、シリコーン樹脂の効果や安全性について解説します。
→ シリコーン樹脂詳細ページ

シリル化処理無水ケイ酸
シリル化処理無水ケイ酸
増粘 賦形
非水系増粘、増量・希釈・賦形目的で化粧品に配合される成分、シリル化処理無水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ シリル化処理無水ケイ酸詳細ページ

シリル化処理無水ケイ酸
シリル化処理無水ケイ酸
増粘 賦形
非水系増粘、増量・希釈・賦形目的で化粧品に配合される成分、シリル化処理無水ケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ シリル化処理無水ケイ酸詳細ページ

シリル化シリカ
シリル化シリカ
増粘 賦形
非水系増粘、増量・希釈・賦形目的で化粧品に配合される成分、シリル化シリカの効果や安全性について解説します。
→ シリル化シリカ詳細ページ

水酸化K
水酸化K
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和、強アルカリ性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、水酸化Kの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化K詳細ページ

水酸化Na
水酸化Na
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和、強アルカリ性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、水酸化Naの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化Na詳細ページ

水酸化カリウム
水酸化カリウム
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和、強アルカリ性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、水酸化カリウムの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化カリウム詳細ページ

水酸化ナトリウム
水酸化ナトリウム
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和、強アルカリ性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、水酸化ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 水酸化ナトリウム詳細ページ

スイゼンジノリ多糖体
スイゼンジノリ多糖体
保湿 増粘
皮表水分保持による保湿作用、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、スイゼンジノリ多糖体の効果や安全性について解説します。
→ スイゼンジノリ多糖体詳細ページ

ステアラルコニウムヘクトライト
ステアラルコニウムヘクトライト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ステアラルコニウムヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ステアラルコニウムヘクトライト詳細ページ

ステアラルコニウムベントナイト
ステアラルコニウムベントナイト
増粘
疎水性増粘・顔料分散安定化目的で化粧品に配合される成分、ステアラルコニウムベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ ステアラルコニウムベントナイト詳細ページ

ステアリン酸アルミニウム
ステアリン酸アルミニウム
増粘 分散 乳化
非水系における顔料の懸濁・分散、増粘・ゲル化、W/O型エマルションの乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸アルミニウムの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸アルミニウム詳細ページ

ステアリン酸イヌリン
ステアリン酸イヌリン
増粘 安定化剤
増粘・ゲル化、乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸イヌリンの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸イヌリン詳細ページ

セルロース
セルロース
感触改良 賦形 安定化 スクラブ
感触改良、賦形、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、セルロースの効果や安全性について解説します。
→ セルロース詳細ページ

セルロースガム
セルロースガム
増粘 起泡助剤
増粘、起泡補助目的で化粧品に配合される成分、セルロースガムの効果や安全性について解説します。
→ セルロースガム詳細ページ

セルロース末
セルロース末
感触改良 賦形 安定化 スクラブ
感触改良、賦形、乳化安定化、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、セルロース末の効果や安全性について解説します。
→ セルロース末詳細ページ

ソルビン酸K
ソルビン酸K
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、ソルビン酸Kの効果や安全性について解説します。
→ ソルビン酸K詳細ページ

ソルビン酸カリウム
ソルビン酸カリウム
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、ソルビン酸カリウムの効果や安全性について解説します。
→ ソルビン酸カリウム詳細ページ

ダイズステロール
ダイズステロール
安定化剤 エモリエント成分
乳化安定化、エモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、ダイズステロールの効果や安全性について解説します。
→ ダイズステロール詳細ページ

炭酸Na
炭酸Na
pH調整
アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、アルカリ性による洗浄補助(ビルダー)目的で化粧品に配合される成分、炭酸Naの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸Na詳細ページ

炭酸水素Na
炭酸水素Na
pH調整 血行促進成分 保湿
弱塩基性によるpH調整、炭酸ガスによる血行促進作用、皮膚柔軟化および保湿作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素Naの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素Na詳細ページ

炭酸水素ナトリウム
炭酸水素ナトリウム
pH調整 血行促進成分 保湿
弱塩基性によるpH調整、炭酸ガスによる血行促進作用、皮膚柔軟化および保湿作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素ナトリウム詳細ページ

炭酸ナトリウム
炭酸ナトリウム
pH調整
アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、アルカリ性による洗浄補助(ビルダー)目的で化粧品に配合される成分、炭酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸ナトリウム詳細ページ

デキストラン
デキストラン
安定化剤 賦形 保湿成分
ペプチド類の安定化、賦形、水分増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、デキストランの効果や安全性について解説します。
→ デキストラン詳細ページ

デキストラン40
デキストラン40
安定化剤 賦形 保湿成分
ペプチド類の安定化、賦形、水分増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、デキストラン40の効果や安全性について解説します。
→ デキストラン40詳細ページ

デキストリン
デキストリン
増粘 結合 賦形
増粘、結合、賦形目的で化粧品に配合される成分、デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ デキストリン詳細ページ

ドロキシベンゾフェノン
ドロキシベンゾフェノン
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、ドロキシベンゾフェノンの効果や安全性について解説します。
→ ドロキシベンゾフェノン詳細ページ

デヒドロ酢酸Na
デヒドロ酢酸Na
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、デヒドロ酢酸Naの効果や安全性について解説します。
→ デヒドロ酢酸Na詳細ページ

デヒドロ酢酸ナトリウム
デヒドロ酢酸ナトリウム
防腐
製品自体の抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、デヒドロ酢酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ デヒドロ酢酸ナトリウム詳細ページ

天然ビタミンE
天然ビタミンE
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、天然ビタミンEの効果や安全性について解説します。
→ 天然ビタミンE詳細ページ

トコトリエノール
トコトリエノール
退色防止
製品自体の退色防止目的で化粧品に配合される成分、トコトリエノールの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トコトリエノール詳細ページ

トコフェロール
トコフェロール
酸化防止
製品自体の酸化防止目的で化粧品に配合される成分、トコフェロールの効果や安全性について解説します。
→ トコフェロール詳細ページ

トリエタノールアミン
トリエタノールアミン
pH調整
高級脂肪酸の中和によるセッケン合成、酸性機能成分の中和目的で化粧品に配合される成分、トリエタノールアミンの効果や安全性について解説します。
→ トリエタノールアミン詳細ページ

乳酸
乳酸
角質剥離 収れん成分 緩衝
穏やかなピーリング作用、収れん作用、pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、乳酸の効果や安全性について解説します。
→ 乳酸詳細ページ

乳酸Na
乳酸Na
保湿成分 緩衝
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用、pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、乳酸Naの効果や安全性ついて解説します。
→ 乳酸Na詳細ページ

乳酸ナトリウム液
乳酸ナトリウム液
保湿成分 緩衝
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用、pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、乳酸ナトリウム液の効果や安全性ついて解説します。
→ 乳酸ナトリウム液詳細ページ

パラオキシ安息香酸エチル
パラオキシ安息香酸エチル
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸エチルの効果や安全性について解説します。
→ パラオキシ安息香酸エチル詳細ページ

パラオキシ安息香酸ブチル
パラオキシ安息香酸ブチル
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸ブチルの効果や安全性について解説します。
→ パラオキシ安息香酸ブチル詳細ページ

パラオキシ安息香酸プロピル
パラオキシ安息香酸プロピル
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸プロピルの効果や安全性について解説します。
→ パラオキシ安息香酸プロピル詳細ページ

パラオキシ安息香酸メチル
パラオキシ安息香酸メチル
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、パラオキシ安息香酸メチルの効果や安全性について解説します。
→ パラオキシ安息香酸メチル詳細ページ

パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル詳細ページ

パラメトキシケイ皮酸オクチル
パラメトキシケイ皮酸オクチル
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、パラメトキシケイ皮酸オクチルの効果や安全性について解説します。
→ パラメトキシケイ皮酸オクチル詳細ページ

(パルミチン酸・2-エチルヘキサン酸)デキストリン
(パルミチン酸・2-エチルヘキサン酸)デキストリン
増粘 安定化剤
増粘・ゲル化、乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、(パルミチン酸・2-エチルヘキサン酸)デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ (パルミチン酸・2-エチルヘキサン酸)デキストリン詳細ページ

(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン
(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン
増粘 安定化剤
増粘・ゲル化、乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ (パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン詳細ページ

パルミチン酸デキストリン
パルミチン酸デキストリン
増粘 安定化剤
増粘・ゲル化、乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸デキストリン詳細ページ

ビサボロール
ビサボロール
抗炎症成分 防腐助剤
紅斑抑制による抗炎症作用、皮膚刺激感抑制作用、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、ビサボロールの効果や安全性について解説します。
→ ビサボロール詳細ページ

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
紫外線吸収 安定化剤
UVBおよびUVA吸収による紫外線防御効果、紫外線吸収剤の光安定化目的で化粧品に配合される成分、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの効果や安全性について解説します。
→ ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン詳細ページ

ヒドロキシエタンジホスホン酸液
ヒドロキシエタンジホスホン酸液
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシエタンジホスホン酸液の効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシエタンジホスホン酸液詳細ページ

ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液
ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液の効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液詳細ページ

ヒドロキシエチルセルロース
ヒドロキシエチルセルロース
増粘
増粘目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシエチルセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシエチルセルロース詳細ページ

ヒドロキシプロピルメチルセルロース
ヒドロキシプロピルメチルセルロース
増粘 結合
増粘、結合目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシプロピルメチルセルロース詳細ページ

ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸
ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御作用、製品自体の退色・変色防止目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸の効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸詳細ページ

ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸(三水塩)
ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸(三水塩)
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御作用、製品自体の退色・変色防止目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸(三水塩)の効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸(三水塩)詳細ページ

ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム
ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム
退色防止
退色防止目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム詳細ページ

ヒノキチオール
ヒノキチオール
防腐 抗菌 抗フケ
製品自体の防腐、黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用目的で化粧品に配合される成分、ヒノキチオールの効果や安全性について解説します。
→ ヒノキチオール記事を読む

フィチン酸
フィチン酸
キレート 酸化防止 皮脂抑制
製品自体のキレート作用、製品自体の酸化防止作用、皮脂腺細胞分化抑制による皮脂抑制作用目的で化粧品に配合される成分、フィチン酸の効果や安全性について解説します。
→ フィチン酸詳細ページ

フィチン酸Na
フィチン酸Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、フィチン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ フィチン酸Na詳細ページ

フィチン酸液
フィチン酸液
キレート 酸化防止 皮脂抑制
製品自体のキレート作用、製品自体の酸化防止作用、皮脂腺細胞分化抑制による皮脂抑制作用目的で化粧品に配合される成分、フィチン酸液の効果や安全性について解説します。
→ フィチン酸液詳細ページ

フィトステロール
フィトステロール
安定化剤 エモリエント成分
乳化安定化、エモリエント効果、リポソームの安定化目的で化粧品に配合される成分、フィトステロールの効果や安全性について解説します。
→ フィトステロール詳細ページ

フィトステロールズ
フィトステロールズ
安定化剤 エモリエント成分
乳化安定化、エモリエント効果、リポソームの安定化目的で化粧品に配合される成分、フィトステロールズの効果や安全性について解説します。
→ フィトステロールズ詳細ページ

フェニルエチルアルコール
フェニルエチルアルコール
香料 防腐助剤
ローズおよびハチミツ様花香の賦香、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、フェニルエチルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ フェニルエチルアルコール詳細ページ

フェネチルアルコール
フェネチルアルコール
香料 防腐助剤
ローズおよびハチミツ様花香の賦香、防腐補助目的で化粧品に配合される成分、フェネチルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ フェネチルアルコール詳細ページ

フェノキシエタノール
フェノキシエタノール
防腐
製品自体のグラム陰性菌に対する抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、フェノキシエタノールの効果や安全性について解説します。
→ フェノキシエタノール詳細ページ

ブチルパラベン
ブチルパラベン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、ブチルパラベンの効果や安全性について解説します。
→ ブチルパラベン詳細ページ

(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマー
(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマー
増粘
油の増粘による粘度調整目的で化粧品に配合される成分、(ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ブチレン/エチレン/スチレン)コポリマー詳細ページ

プルラン
プルラン
増粘
増粘調整目的で化粧品に配合される成分、プルランの効果や安全性について解説します。
→ プルラン詳細ページ

プロパンジオール
プロパンジオール
保湿成分 防腐助剤 溶剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助、溶剤剤目的で化粧品に配合される成分、プロパンジオールの効果や安全性について解説します。
→ プロパンジオール詳細ページ

プロピルパラベン
プロピルパラベン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、プロピルパラベンの効果や安全性について解説します。
→ プロピルパラベン詳細ページ

プロピレングリコール
プロピレングリコール
保湿成分 防腐助剤 溶剤
角層水分量増加による保湿作用、防腐補助、色素および香料の溶剤目的で化粧品に配合される成分、プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ プロピレングリコール詳細ページ

ペクチン
ペクチン
増粘
増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、ペクチンの効果や安全性について解説します。
→ ペクチン詳細ページ

ヘクトライト
ヘクトライト
増粘
親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ヘクトライトの効果や安全性について解説します。
→ ヘクトライト詳細ページ

ベヘニン酸
ベヘニン酸
安定化
乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ベヘニン酸の効果や安全性について解説します。
→ ベヘニン酸詳細ページ

ベヘン酸
ベヘン酸
安定化
乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ベヘン酸の効果や安全性について解説します。
→ ベヘン酸詳細ページ

ベンザルコニウムクロリド
ベンザルコニウムクロリド
防腐
製品自体の殺菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、ベンザルコニウムクロリドの効果や安全性について解説します。
→ ベンザルコニウムクロリド詳細ページ

変性アルコール
変性アルコール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で配合される成分、変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 変性アルコール詳細ページ

ペンチレングリコール
ペンチレングリコール
防腐助剤 溶剤
防腐補助、溶剤目的で化粧品に配合される成分、ペンチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ペンチレングリコール詳細ページ

ペンテト酸5Na
ペンテト酸5Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、ペンテト酸5Naの効果や安全性について解説します。
→ ペンテト酸5Na詳細ページ

ベントナイト
ベントナイト
増粘 吸着
ゲ親水性増粘、皮脂の吸着目的で化粧品に配合される成分、ベントナイトの効果や安全性について解説します。
→ ベントナイト詳細ページ

ポリアクリルアミド
ポリアクリルアミド
増粘
増粘目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリルアミドの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリルアミド詳細ページ

ポリアクリル酸Na
ポリアクリル酸Na
増粘
粘度調整、分散目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸Naの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸Na詳細ページ

ポリアクリル酸アミド
ポリアクリル酸アミド
増粘
増粘目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸アミドの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸アミド詳細ページ

ポリアクリル酸ナトリウム
ポリアクリル酸ナトリウム
増粘
粘度調整、分散目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸ナトリウム詳細ページ

ポリエチレングリコール
ポリエチレングリコール
ベース成分 保湿 溶剤 結合 増粘
保水、溶剤、結合、増粘目的で化粧品に配合される成分、ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ポリエチレングリコール詳細ページ

ポリヒドロキシステアリン酸
ポリヒドロキシステアリン酸
分散
顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ポリヒドロキシステアリン酸の効果や安全性について解説します。
→ ポリヒドロキシステアリン酸詳細ページ

ポリビニルアルコール
ポリビニルアルコール
皮膜形成 乳化
被膜形成、乳化安定化の安定化目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルアルコール記事を読む

ポリビニルピロリドン
ポリビニルピロリドン
皮膜形成 増粘 起泡助剤
皮膜形成、親水性増粘、泡持続性強化目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルピロリドンの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルピロリドン記事を読む

ポリブテン
ポリブテン
ベース成分 増粘 結合
油性基剤、非水系増粘、結合目的で化粧品に配合される成分、ポリブテンの効果や安全性について解説します。
→ ポリブテン詳細ページ

マンニトール
マンニトール
安定化剤
アミノ化合物やビタミン類の安定化目的で化粧品に配合される成分、マンニトールの効果や安全性について解説します。
→ マンニトール詳細ページ

ミリスチン酸デキストリン
ミリスチン酸デキストリン
増粘 安定化剤
増粘・ゲル化、乳化安定化目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸デキストリン詳細ページ

無水エタノール
無水エタノール
溶剤 収れん 冷感 防腐助剤
他の成分を溶かし込む溶剤、収れん作用、揮発性による清涼感付与効果、防腐補助、乾燥促進による整髪目的で化粧品に配合される成分、無水エタノールの効果や安全性について解説します。
→ 無水エタノール詳細ページ

メタリン酸Na
メタリン酸Na
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、メタリン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ メタリン酸Na詳細ページ

メタリン酸ナトリウム
メタリン酸ナトリウム
キレート
製品自体のキレート作用目的で化粧品に配合される成分、メタリン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ メタリン酸ナトリウム詳細ページ

メチルイソチアゾリノン
メチルイソチアゾリノン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、メチルイソチアゾリノンの効果や安全性について解説します。
→ メチルイソチアゾリノン詳細ページ

メチルクロロイソチアゾリノン
メチルクロロイソチアゾリノン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、メチルクロロイソチアゾリノンの効果や安全性について解説します。
→ メチルクロロイソチアゾリノン詳細ページ

メチルパラベン
メチルパラベン
防腐
製品自体の幅広い抗菌・防腐作用目的で化粧品に配合される成分、メチルパラベンの効果や安全性について解説します。
→ メチルパラベン詳細ページ

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
紫外線吸収 退色防止
UVB吸収による紫外線防御効果、退色防止目的で化粧品に配合される成分、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルの効果や安全性について解説します。
→ メトキシケイヒ酸エチルヘキシル詳細ページ

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
起泡助剤 増粘
洗浄剤の起泡力および泡持続性の増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド詳細ページ

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
起泡助剤 増粘
洗浄剤の起泡力および泡持続性の増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド詳細ページ

ラウラミドDEA
ラウラミドDEA
起泡助剤 増粘
起泡力増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ラウラミドDEAの効果や安全性について解説します。
→ ラウラミドDEA詳細ページ

ラウリン酸ジエタノールアミド
ラウリン酸ジエタノールアミド
起泡助剤 増粘
起泡力増強、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸ジエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸ジエタノールアミド詳細ページ

ラノリンアルコール
ラノリンアルコール
安定化 エモリエント成分
乳化安定化、エモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、ラノリンアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ラノリンアルコール詳細ページ

硫酸Na
硫酸Na
増粘
親水性増粘、保温作用目的で化粧品に配合される成分、硫酸Naの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸Na詳細ページ

硫酸ナトリウム
硫酸ナトリウム
増粘
親水性増粘、保温作用目的で化粧品に配合される成分、硫酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 硫酸ナトリウム詳細ページ

硫酸ナトリウム(乾燥)
硫酸ナトリウム(乾燥)
増粘
親水性増粘、保温作用目的で化粧品に配合される成分、硫酸ナトリウム(乾燥)の効果や安全性について解説します。
→ 硫酸ナトリウム(乾燥)詳細ページ

リンゴ酸
リンゴ酸
pH調整
酸性によるpH調整目的で化粧品に配合される成分、リンゴ酸の効果や安全性について解説します。
→ リンゴ酸詳細ページ

リン酸
リン酸
pH調整
pH調整目的で化粧品に配合される成分、リン酸の効果や安全性について解説します。
→ リン酸詳細ページ

リン酸2Na
リン酸2Na
pH調整 緩衝
塩基性によるpH調整、pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸2Naの効果や安全性について解説します。
→ リン酸2Na詳細ページ

リン酸K
リン酸K
pH調整 緩衝
酸性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸Kの効果や安全性について解説します。
→ リン酸K詳細ページ

リン酸Na
リン酸Na
緩衝
pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ リン酸Na詳細ページ

リン酸一水素ナトリウム
リン酸一水素ナトリウム
pH調整 緩衝
塩基性によるpH調整、pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸一水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸一水素ナトリウム詳細ページ

リン酸二水素カリウム
リン酸二水素カリウム
pH調整 緩衝
酸性によるpH調整・pH緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸二水素カリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸二水素カリウム詳細ページ

リン酸二水素ナトリウム
リン酸二水素ナトリウム
緩衝
pH調整による緩衝目的で化粧品に配合される成分、リン酸二水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ リン酸二水素ナトリウム詳細ページ

ローカストビーンガム
ローカストビーンガム
増粘
増粘・ゲル化目的で化粧品に配合される成分、ローカストビーンガムの効果や安全性について解説します。
→ ローカストビーンガム詳細ページ

ローズマリーエキス
ローズマリーエキス
抗酸化 抗老化 酸化防止
SOD様活性による抗酸化作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、製品自体の酸化防止作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリーエキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリーエキス詳細ページ

ローズマリー葉エキス
ローズマリー葉エキス
抗酸化 抗老化 酸化防止
SOD様活性による抗酸化作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、製品自体の酸化防止作用目的で化粧品に配合される成分、ローズマリー葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ローズマリー葉エキス詳細ページ

TOPへ