エトキシジグリコールとは…成分効果と毒性を解説

溶剤
エトキシジグリコール
[化粧品成分表示名称]
・エトキシジグリコール

[医薬部外品表示名称]
・ジエチレングリコールモノエチルエーテル

化学構造的に一価アルコール(∗1)であるエタノールと二価アルコールの一種であるグリコール(∗2)の二量体であるジエチレングリコール(∗3)が結合した分子量134.2のエーテルアルコールです(文献2:1994)

∗1 一価アルコールとは、一分子中に水酸基(ヒドロキシ基:-OH)を1個もつアルコールのことです。

∗2 多価アルコールとは一分子中に水酸基(ヒドロキシ基:-OH)を2個以上もつアルコールのことであり、グリコールとは、化学構造的に鎖式脂肪族炭化水素または環式脂肪族炭化水素の2つの炭素原子に1つずつ水酸基(ヒドロキシ基:-OH)が置換した構造を持つ多価アルコールの一種である二価アルコール(ジオール)です。多価アルコールは、水酸基の影響で高い吸湿性と保水性を有しており、化粧品においては保湿剤・基剤に用いられることが多いです。

∗3 複数の分子結合がまとまって機能する複合体を多量体(重合体)といいますが、ジエチレングリコールとは2個のエチレングリコールが脱水縮合し二量体(平均重合度2)として機能する重合体です。ギリシャ語で「2」を「ジ(di)」ということから、ジエチレングリコールと呼ばれます。

一般的な用途としては、塗料分野において染料や樹脂の溶剤やペイント除去剤などに、またブレーキ液、可塑剤の原料などに使用されています(文献2:1994;文献3:1986)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的でスキンケア化粧品、クレンジング製品、洗顔料、ボディソープ製品、ヘアカラー製品、メイクアップ化粧品、ボディケア製品、アウトバストリートメント製品、ネイル製品など様々な製品に使用されています。

溶剤

溶剤に関しては、エトキシジグリコールは非常に吸湿性の高い溶剤であり、油性成分、染料、樹脂、高分子化合物、植物エキスなどを溶かし込む目的で(文献4:2016;文献5:2012)、様々な製品に使用されています。

実際の配合製品の種類や配合濃度範囲は、海外の2002-2003年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

エトキシジグリコールの配合製品数と配合量の調査(2002-2003年)

スポンサーリンク

エトキシジグリコールの安全性(刺激性・アレルギー)について

エトキシジグリコールの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 30年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:2%濃度以下においてほとんどなし-最小限
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:1985)によると、

  • [ヒト試験] 12人の被検者に2%エトキシジグリコールを含むペーストマスクを対象に21日間累積刺激性試験を閉塞パッチにて実施し、累積刺激を0-630のスケールで評価したところ、累積刺激スコアは36であり、実質的に非刺激とみなされた(Hill Top Research,1979)
  • [ヒト試験] 213人の被検者に2%エトキシジグリコールを含むペーストマスクを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、この試験を通じてこの試験物質は最小の皮膚刺激剤であり、また皮膚感作の兆候は観察されなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1979)
  • [ヒト試験] 93人の被検者に1%エトキシジグリコールを含むボディローションを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、この試験を通じてこの試験物質は最小の皮膚刺激剤であり、また皮膚感作の兆候は観察されなかった(Testkit Laboratories,1981)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚感作なしと報告されており、皮膚刺激は非刺激-最小限の刺激が報告されていることから、一般に皮膚感作性はほとんどなく、皮膚刺激性は非刺激-最小限の皮膚刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

∗∗∗

エトキシジグリコールは溶剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:溶剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. Cosmetic Ingredient Review(1985)「Final Report on the Safety Assessment of Butylene Glycol, Hexylene Glycol, Ethoxydiglycol, and Dipropylene Glycol」Journal of the American College of Toxicology(4)(5),223-248.
  2. 有機合成化学協会(1994)「ジエチレングリコールモノエチルエーテル」新版 溶剤ポケットブック,572-573.
  3. 小川 時彦, 他(1986)「ガスクロマトグラフィーによるアイスクリーム中のジエチレングリコールモノエチルエーテルの分析法の検討」食品衛生学雑誌(27)(6),656-661.
  4. 日光ケミカルズ(2016)「エーテル」パーソナルケアハンドブックⅠ,56-61.
  5. 鈴木 一成(2012)「ジエチレングリコールモノエチルエーテル」化粧品成分用語事典2012,648.

スポンサーリンク

TOPへ