コハク酸の基本情報・配合目的・安全性

コハク酸

化粧品表示名称 コハク酸
医薬部外品表示名称 コハク酸
化粧品国際的表示名称(INCI名) Succinic Acid
配合目的 pH調整収れん など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される有機酸かつ2つのカルボキシ基(-COOH)をもつジカルボン酸です[1a][2a]

コハク酸

1.2. 分布

コハク酸は、自然界において貝類をはじめとする動植物に広く存在しています[2b][3a]

1.3. 生体におけるコハク酸の働き

以下の生体におけるATP産生メカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

細胞のATP産生メカニズム

生体のエネルギー伝達物質であるATP(adenosine tri-phosphate:アデノシン三リン酸)は、細胞内に入った単糖の一種であるグルコースが分解され、「解糖系」「クエン酸回路」「電子伝達」とよばれる分解過程でそれぞれ産生されることが知られています[4a]

このATP産生メカニズムの中でクエン酸回路は、以下のクエン酸回路のメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

クエン酸回路のメカニズム

解糖系の産物であるピルビン酸がアセチルCoAに変換されることでこれを回路に取り込み、8段階の反応の中で電子伝達体である3分子のNADH(Nicotinamide adenine dinucleotide)と1分子のFADH2(flavin adenine dinucleotide)を生成します[4b]

これら電子伝達体は、電子伝達系に供給されて生物に使いやすい形のエネルギーに変換されます[4c]

コハク酸はこのクエン酸回路の中で中間体として存在しており、生体において重要な役割を担っています。

1.4. 化粧品以外の主な用途

コハク酸の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 貝類のうま味成分の酸としてよく知られており、独特な酸味とうま味を有していることから清酒や合成酒、味噌、醤油などの酸味やうま味の調整かつ調味料目的で用いられています[3b]
医薬品 pH調節、矯味目的の医薬品添加剤として経口剤、各種注射に用いられています[5]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 酸性によるpH調整

主にこれらの目的で、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、スキンケア化粧品、シート&マスク製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、トリートメント製品、クレンジング製品、洗顔料、アウトバストリートメント製品、デオドラント製品、ネイル製品、入浴剤など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 酸性によるpH調整

酸性によるpH調整に関しては、まず前提知識としてpHと皮膚との関係について解説します。

pH(ペーハー:ピーエッチ)とは、水素イオン指数ともいい、水溶液中の水素イオン濃度(H⁺の量)を表す指数であり、0-14までの数値で表され、7を中性とし、7より低いとき酸性を示し、数値が低くなるほど強酸性を意味し、また7より大きいときアルカリ性を示し、数値が高くなるほど強アルカリ性を意味します[6][7a]

pH調整図

皮膚のpHとは、皮膚表面を薄く覆っている皮表脂質膜(皮脂膜)のpHのことを指し、皮表脂質膜は皮脂の中に存在する遊離脂肪酸や汗に含まれている乳酸やアミノ酸の影響でpH4.5-6.0の弱酸性を示し、一般にこの範囲であれば正常であると考えられ、一方でpHが4.5-6.0の範囲から離れるほど肌への刺激が強くなっていくことが知られています[7b]

多くの化粧品製剤には、pHが変動してしまうと効果を発揮しなくなる成分や品質の安定性が保てなくなる成分などが含まれており、コハク酸は酸性を示す有機酸であることから、製品自体のpH調整や製品に化粧品原料を配合する際に中和するpH調整剤として使用されています[1b][8a]

2.2. 収れん作用

収れん作用に関しては、コハク酸は酸性を示す有機酸であり、処方として酸性に寄せることで化学的に緩和な収れん作用を発揮するため、収れん化粧水や乳液などに使用されます[8b][9]

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2009-2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗1)

∗1 表の中の製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

コハク酸の配合製品数と配合量の調査結果(2009-2010年)

4. 安全性評価

コハク酸の現時点での安全性は、

  • 食品添加物の指定添加物リストに収載
  • 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

食品添加物の指定添加物リスト、医薬品添加物規格2018および医薬部外品原料規格2021に収載されており、40年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「コハク酸」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,411-412.
  2. ab大木 道則, 他(1989)「コハク酸」化学大辞典,806-807.
  3. ab樋口 彰, 他(2019)「コハク酸」食品添加物事典 新訂第二版,138-139.
  4. abc二井 將光(2017)「植物から動物へ。糖を変換してATPエネルギー生産」生命を支えるATPエネルギー メカニズムから医療への応用まで,31-68.
  5. 日本医薬品添加剤協会(2021)「コハク酸」医薬品添加物事典2021,233-234.
  6. 大木 道則, 他(1989)「pH」化学大辞典,1834.
  7. ab朝田 康夫(2002)「皮膚とpHの関係」美容皮膚科学事典,54-56.
  8. ab鈴木 一成(2012)「コハク酸」化粧品成分用語事典2012,427.
  9. 西山 聖二・熊野 可丸(1989)「基礎化粧品と皮膚 (Ⅱ)」色材協会誌(62)(8),487-496. DOI:10.4011/shikizai1937.62.487.

TOPへ