AMPDの基本情報・配合目的・安全性

AMPD

化粧品表示名称 AMPD
医薬部外品表示名称 2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール
医薬部外品表示名称(簡略名) AMPD
化粧品国際的表示名称(INCI名) Aminomethyl Propanediol
配合目的 中和 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される2-アミノプロパン-1,3-ジオール骨格の2位にメチル基(-CH3が結合した脂肪族二価アルコールの誘導体です[1a][2]

AMPD

化粧品表示名称である「AMPD」は、医薬部外品表示名称である「2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール(2-amino-2-methyl-1,3-Propanediol:aminomethyl Propanediol)」の略称です。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 酸性機能成分の中和

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、スキンケア製品、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、ヘアスタイリング製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 酸性機能成分の中和

酸性機能成分の中和に関しては、まず前提知識としてpHについて解説します。

pH(ペーハー:ピーエッチ)とは、水素イオン指数ともいい、水溶液中の水素イオン濃度(H⁺の量)を表す指数であり、0-14までの数値で表され、7を中性とし、7より低いとき酸性を示し、数値が低くなるほど強酸性を意味し、また7より大きいときアルカリ性を示し、数値が高くなるほど強アルカリ性を意味します[3][4]

pH調整図

酸性成分の中にはアルカリで中和することによって機能を発揮する成分が存在し、AMPD(Aminomethyl Propanediol)は水中でアルカリ性を示す(∗1)ことから、酸性機能成分の中和剤として使用されています[1b][5]

∗1 塩基性強度(アルカリ強度)は、AMPトロメタミンの中間です。

代表的な酸性機能成分としてアクリル酸系ポリマー(∗2)があり、アクリル酸系ポリマーは中和することで増粘効果を発揮することから、AMPDと組み合わせて透明ゲル化やクリームの粘度調整に汎用されています。

∗2 アクリル酸系ポリマーとしては、カルボマー(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーなどが汎用されています。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2013年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗3)

∗3 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

AMPDの配合製品数と配合量の調査結果(2013年)

4. 安全性評価

AMPDの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 30年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-軽度
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データ[6a][7]によると、

  • [ヒト試験] 15名の被検者に0.4%AMPDを含むヘアスプレーを単回パッチ適用し、パッチ除去4日目まで皮膚刺激性を評価したところ、4名は皮膚反応がなく、9名に1つの疑わしい反応が、2名にわずかな紅斑がみられた(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1980)
  • [ヒト試験] 30名の被検者に0.073%AMPDを含む製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を閉塞パッチにて実施したところ、いずれの被検者においても皮膚反応はみられず、この試験物質はこの試験条件下において皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(Food and Drug Research Laboratories,1972)
  • [ヒト試験] 59名の被検者に0.5%AMPDを含む製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、この試験物質はこの試験条件下において皮膚感作剤ではなかった(Hill Top Research,1973)
  • [ヒト試験] 107名の被検者に1.92%AMPDを含むマスカラを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、いずれの被検者においても皮膚反応はみられず、この試験物質はこの試験条件下において皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(Consumer Product Testing Co,2001)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データ[6b]によると、

  • [動物試験] 5匹のウサギの片眼に0.4%AMPDを含むヘアスプレーを1秒間噴射し、噴射1および24時間後および2,3,4および7日後に眼刺激性を評価したところ、5匹に重度の虹彩炎および軽度の結膜炎がみられ、これらは24時間で減少し、2日後ですべて消失した(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1980)
  • [動物試験] 10匹のウサギの片眼に0.715%AMPDを含むヘアグルーム0.1mLを適用し、5匹は眼をすすぎ、残りの5匹は眼をすすがず、適用1および24時間後および2,3,4および7日後に眼刺激性を評価したところ、非洗眼群において1時間で5匹に中程度の結膜炎がみられ、1匹は24時間で別の1匹は2日目で、別の2匹は3日目で、最後の1匹は7日目で消失した。洗眼群においては2匹に中程度の虹彩炎および結膜炎がみられたが、24時間で虹彩炎が消失、2日目で結膜炎が消失した(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1980)

このように記載されており、試験データをみるかぎり非刺激-軽度の眼刺激が報告されているため、一般に眼刺激性は非刺激-軽度の眼刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「AMPD」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,1.
  2. 大木 道則, 他(1989)「2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール」化学大辞典,87.
  3. 大木 道則, 他(1989)「pH」化学大辞典,1834.
  4. 朝田 康夫(2002)「皮膚とpHの関係」美容皮膚科学事典,54-56.
  5. Angus Chemical Company(2016)「AMPD ULTRA PC」ULTRA PC AMINO ALCOHOLS,3-5.
  6. abR.L. Elder(1990)「Final Report on the afety Assessment of Aminomethylpropanol and Aminomethylpropanediol」Journal of the American College of Toxicology(9)(2),203-228. DOI:10.3109/10915819009078734.
  7. C.L. Burnett, et al(2009)「Final Amended Report on Safety Assessment on Aminomethyl Propanol and Aminomethyl Propanediol」International Journal of Toxicology(28)(6_suppl),141S-161S. DOI:10.1177/1091581809350932.

TOPへ